■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「批評家」で終わるか、「創造」するか

2017年08月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

娘がお兄ちゃんを見習って、紙とペンで

色んなものを書いて、私や妻に自慢しながら

見せてくるようになりました。

 

まだ文字や絵にはなっていませんが、

自分が何かを書いて誰かに見せるという欲求は、

人間が生まれながらにして持っているものなのだと

気付かされます。

 

SNSが発展する時代に、自分の言葉を綴り、

自らの写真とともに誰かに届けていく欲求も、

このような表現欲求、承認欲求が、

その根本にありますね。

 

私自身も、それらの欲求があるからこそ、

こうして日々、書き綴っています。

 

そして、書き続けるという習慣は、

人間の能力を間違いなく向上させると感じています。

 

常に、「何を書くか?」と、

アウトプット前提で生きるからこそ、

日常のあらゆるインプットに敏感になりますし、

感度高く、様々なものに触れることが

可能になるからです。

 

そして、そこから得られる学びをシェアすることで、

それが確実に、自分のものになっていきます。

 

その中で、注意したいことがあります。

 

それは、書くことだけに満足して、

ただの「批評家」にならないことです。

 

政治経済や人生哲学、ビジネスに関することなど、

自分の見解を発信して、それに賛否両論の反応を

していただけることは、とても楽しいものです。

 

ただ、それだけで終わってしまうと、

それ以上の発展は何も無く、

社会の中に何か具体的なものを

生み出すことはできません。

 

ですから、発信だけでは終わらせずに、

その発信で出会えた仲間と組んだり、

そこで起こった摩擦から学んだりしながら、

何かを「創造」することを考えるべきです。

 

私は、仲間と共にコミュニティを運営したり、

新たなビジネスに一緒に挑戦していくなど、

発信とは別次元の変化を、

日々の発信の延長線上に必ず起こしています。

 

そうして、情報発信の先に、

何か少しでも「創造」することを意識しているのです。

 

発信することだけでも一つの行動ですから、

何もしないよりは確実に人生に変化があるのですが、

その先に、もう一歩行動することで、

人生はさらに変わっていきます。

 

ただの批評家で終わらないように。

 

批判に屈さず、自分の信念に従いながら、

どんどん、行動していきましょう。

 

世界に貢献する何かを、

創造できることを夢見ながら。

 

追伸;

 

本日の写真は、私の両親の家のカーペットで

娘が一生懸命書く(描く)姿です。

 

 

 

これから、息子から字を習い、絵を習い、

成長していく娘がとても楽しみです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「批評家」に留まらず、「行動家」へ

2016年10月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family20161021

 

日本社会への「批判」はこれまで多く繰り返され、

国民も、メディアも、政治家も、

「今すぐ変化すべきだ」と言い続けてきました。

 

しかしながら、変化を求めながらも、実際は、

その変化を恐れ、行動が全く伴っていません。

 

選挙の投票率が上がらないことも、

国民が行動していないことを如実に表しています。

 

現在、社会の中には、様々な「歪み」が生じ、

それが国民を苦しめています。

 

ところが、国民の多くは、

その「歪み」を批判するだけで、

具体的な行動をしません。

 

現状に対して、自分は支持していない、

という態度を示しながらも、

現状を容認してしまっているということです。

 

今、私達に必要なのは、「行動」することです。

 

もちろん、「批判をする」ということも、

何もしない人に比べると動いていることになります。

 

ただ、批判するだけで終わってしまったら、

これまでの過ちを繰り返すだけです。

 

具体的に、自分がどう行動していくのか、

その行動の利益が、社会にどう還元されるのか、

それを真剣に考え、実際に動き出さなければ、

日本社会はいつまでも変わらないでしょう。

 

この度の電通の過労自殺を受けて、

私自身は、複数の行動を始めています。

 

1つ目は、ビジネススクールの設立です。

個人でできるビジネスは、

「怪しい」「詐欺だ」「胡散臭い」など、

否定的な意見が散見されます。

 

実際に、一昔前は、そのようなものも

混在していたと思います。

 

しかし、現在は、素晴らしビジネススキームが

確立されていて、その再現性も高まっています。

 

ですから、

現在会社員である方、あるいは、これから、

社会に出る方に、会社への就職以外の道を提案し、

学び合う場を作りたいと思っています。

 

この場が、現在の働き方に苦悩を抱え、

未来に不安を持つ方を救うと信じています。

 

2つ目は、「心」の教育です。

 

自分を知り、他人を知ることで、

コミュニケーションによるストレスを

緩和することが可能だと考えています。

 

多くの人の人格は、幼少期の経験、

特に、両親との関係性で決まっています。

 

そうして築かれた個々人の違いを理解することが、

ストレス社会を癒していくと考えています。

 

私自身にとっても、人生を大きく変えるような

素敵な方との出会いと深い学びがありましたので、

きっと多くの方が必要とするものだと捉えています。

 

こちらは、まずは身近な方に、近日中にご案内します。

 

3つ目は、マスメディアへの取材記事掲載です。

現在、複数の新聞社さん、雑誌社さんから、

取材のご依頼をいただいています。

 

私の見解がすべて正しい訳では無いですし、

反論ある方もたくさんいるでしょう。

 

しかし、今回のことを風化させないためにも、

私がマスメディアで語り、活発な議論をし続ける環境を

維持したいと考えています。

 

私自身が批判の矛先になる可能性も大きくありますが、

それでも、声を求められる限り、

お受けするのが私の使命だと思っています。

 

その他、まだ公にはできないプロジェクトも含め、

主体的に、積極的に行動を続けています。

 

現状維持が一番ラクです。

 

しかし、全員がそう考えてしまうと、

日本には、明日がありません。

 

ですから、私達は今こそ、

「批評家」から「行動家」へと

生まれ変わるべきではないでしょうか。

 

そのためにも、私は多少のリスクもとりながら、

社会を大きく変えられるように

活動を続けていきたいと思います。

 

あなたが、少しでも行動し、

人生を変えるきっかけを創れたら幸いです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料