■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「五体不満足」乙武洋匡さん講演を、息子と拝聴!

2019年11月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

昨年に引き続き、幕張メッセで開催された

「CYBOZU DAYS 2019」に、

今年は息子と2人で、参加しました。

 

 

「モンスターへの挑戦状」

 

と題されたイベント会場は、

「前例主義や慣習=モンスター」と戦い、

新たな価値観を生み出していこう!

 

という力に満ち溢れていました。

 

 

特に、最後の乙武洋匡さんの講演が

とても素晴らしかったので、その内容をシェアします。

 

 

彼は、不倫等で、社会を大きく騒がせてしまったので、

その後も表舞台に出続けることに対して

賛否両論あるかと思います。

 

私自身も、実の父の不倫で苦しんだ過去がありますから、

きっと、多くの女性の方のご意見に近い感覚を持っています。

 

しかしながら、

600万部以上売れた著書「五体不満足」で、

日本に大きな衝撃を与え、

障害がある方への理解を深める力を持つ貴重な方として、

敬意も持っています。

 

そんな乙武さんは、

以下のようなお話をしてくださいました。

 

「私は、若い学生と接する機会が多いのですが、

 私が話をしている時に、下を向いて、

 スマホを触っている姿に、

 苛立ちを覚えることがありました。

 

 ところが、、、

 

 その学生とゆっくりお話ししてみると、

 

 “乙武さんのお話をお聞きする中で、

  わからない言葉がありました。

 

  そして、話を遮ってしまうよりも、

  理解しないままで流してしまうよりも、

  手元のスマホで検索して、自分ですぐに

  解決して理解した方が、周囲の人や

  乙武さんにご迷惑をお掛けしないと思ったんです”

 

 と聞いて、ハッとしたんです。

 

 デジタルネイティブの世代にとっては、

 話を聞いている時に、スマホで自分で調べるのが、

 “スマート”で、“マナーのある行動”だと思っている。

 

 つまり、

 

 “人の話を聞いている時は、

  スマホをいじるべきではない”

 

 という価値観でさえ、

 “当たり前”ではなく、疑って掛かるべきではないか」

 

本当にそうですね。

 

時代が変われば、価値観も大きく変わっていきます。

 

「紙とペン」でメモを取るのはOKで、

パソコンやスマホでメモを取るのはNGということも含め、

“世代間の価値観の差”を理解し、

それを是正していくことが大切です。

 

この度、乙武さんより重度な障害を持ったお2人が、

国会議員として当選したことに対しても、

 

「あんな障害を持った方が、

 国会議員を務められるのか?」

 

などという批判が一定数見受けられましたが、

“成り立たない”と諦めるのではなく、

“成り立たせる”ために、環境を整備することで、

社会が変わっていきます。

 

彼らも、身体を張って、

「モンスター」と戦ってくれていると捉えるべきだと

乙武さんは主張されていました。

 

現在、乙武さんは、

 

「悪名は無名に勝るので、

 義足の広告塔として、

 白羽を立てていただいた」

 

とおっしゃり、

 

・膝が無い

 

・手が無い

 

・歩いた経験が無い

 

という「三重苦」を乗り越えて、

義足で、スムーズに歩くことに挑戦しています。

 

私や家族が健常者として生まれたことが、

当たり前ではなく、とても有り難いことなのだと

改めて感じましたし、生まれて初めて、

手足が無い人を目の前で見た息子が、

乙武さんを不思議そうに見つめながらも、

何かを感じ取ってくれたと、感謝しました。

 

追伸;

 

本日の写真は、幕張メッセの会場の様子です!

 

 

乙武さんを見つめる息子!

 

 

「手や足があることでさえ、 

 当たり前じゃないんだよ。

 神様に感謝しなきゃね」

 

きっと、この子にとっても、

貴重な経験になりますね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

自分の人生からの「挑戦状」

2015年09月19日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0919

 

人生には必ず、何らかの「挑戦状」が

突きつけられる時があります。

 

それは、受験や就職だけではありません。

 

スポーツ、音楽、恋愛、起業、、、

あらゆることで、挑む「チャンス」が

到来します。

 

多くの方は、その挑戦状を素通りして、

色々な口実で自分を納得させます。

 

私自身も、過去を振り返ると、

音楽活動で大きな結果が出せなかったこと、

熱中したバスケットボールでも

大きな成果を出せなかったことなど、

「自分はもっとできたはずだ!」

と思うことがいくつかあります。

 

だからこそ、起業の挑戦状が来た時は、

絶対に成し遂げたいと果敢に挑んだのです。

 

結果、しっかり行動すれば

「勝てる」ということを確信しました。

 

ですから、もし、

息子の人生に何らかの「挑戦状」が

突きつけられたら、果敢に挑戦させたいと

考えています。

 

何か特定のものを、親の「エゴ」で

強制するつもりはありません。

 

スポーツでも、アートでも、ビジネスでも、

本人にとっての何らかのチャンスが到来したら、

絶対に掴みに行かせたいのです。

 

苦労や困難は避けて、

「できるだけ安全な道へ」と考えるのが、

「親心」かもしれません。

 

しかし、ただ甘やかしていては、

社会の荒波の中を、強く逞しく

生き抜くことはできません。

 

時には、険しい道に挑み、

思い通りにいかないような経験を

させるべきだと思うのです。

 

30代、40代、

あるいは50代以上になって、

「若い時にもっと挑戦すれば良かった」

と言っている方を、

私はたくさん知っています。

 

もしかしたら、

あなたも、そうかもしれませんね。

 

人生が自分に戦いを挑む時は、

多くの場合、「勝つ条件」が

揃っているはずなのです。

 

ただし、多くの人は、

それを「受けて立つ勇気」がありません。

 

生き方、生活形態、時間の使い方など、

人生のあらゆることの「変更」を

余儀なくされることになる機会に直面すると、

それをすぐに受け入れることが難しいのですね。

 

また、多くの場合は、リスクを考え過ぎです。

 

成功しなかったからと言って、

命を奪われる訳ではありません。

 

頭の中に築き上げる「悲劇」は、

酷く、的外れであることが多いのです。

 

 

 人の世には 潮があって

 満潮に乗り出せば 幸運をもたらし

 無視すれば その後悔はすべて

 浅瀬に乗りあげ 不幸に終る

 

 

シェイクスピアの言葉を、

息子と、挑戦状を手にしたあなたに

送りたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料