■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


数字の「悪用」に騙されないように!

2016年09月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo20160919

 

社会には数字の「悪用」で誤った印象を与え、

導きたい方向に誘導しているものが散見されます。

 

特に、テレビ番組などにおいては日常茶飯事で、

「あるある大辞典」の捏造事件の頃から

若干改善してはいるものの、油断は禁物です。

 

例えば、番組が独自に行った

極少数の方が対象のアンケートを

「日本人の声」として堂々と紹介しているものなど、

まだまだ、私達の「疑う力」が

必要とされるものが多くあります。

 

また、街の中にも、罠がたくさんあります。

 

その1つが、LEDPR広告で謳われた「普及率70%」。

5年前の当時、とても話題になりましたが、

この数字は「金額」ベースで算出されたものでした。

 

LED電球の価格は、白熱電球の30倍程度でしたので、

金額をベースとすると数字のマジックが起こり、

「普及率70%」ということになるのです。

 

しかしながら、一般的に使われている

「数量」をベースにすれば、25%です。

LEDを売りたい人は、

「すでに70%も普及しているんだ。

 出遅れないように、うちもLEDに替えなければ!」

という心理に誘導したいのです。

 

だからこそ、一般的ではない「金額ベース」を使い、

数字のトリックで人を動かそうとしたのですね。

 

このような、「嘘」ではないけれども、

「意図」された数字というのは、

世の中にたくさんあります。

 

その首謀者は、個人や企業はもちろん、

国であっても、例外ではありません。

 

広く知られるのが、農林水産省が発表している

「食料自給率」で、それが40%というのは、

「カロリーベース」で算出されたものです。

 

「日本の食は危ない」という

キャンペーンに頻繁に使われてきましたが、

実は、生産額ベースで計算すると、70%あります。

 

日本産のものを食べて欲しい立場にある人は、

カロリーベースの数字を声高に喧伝するのです。

 

また、日本の借金が1人あたり830万円というのも、

増税したい財務省の罠です。

 

借金しているのは政府であり、

私達は1人あたり830万円のお金を

日本政府に貸している立場にあります。

 

いつまでも、このようなおかしな表現が

是正されないのが奇妙ですが、ここは前向きに、

私達の思考力を育んでくれていると捉えましょう。

 

何も考えずに受け取ると、

誰かの思う壺にはまります。

 

数字は力が強いからこそ、その「使い方」、

そして「使われ方」には、十分に注意したいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

元電通マンの告白25~捏造~

2013年12月14日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1214_1 2

「納豆を食べたら痩せる」

 

データを改竄し、

多くの国民を欺いた番組、

「発掘!あるある大事典」事件。

 

覚えていらっしゃるでしょうか?

 

テレビが公にしない

この事件の最大の問題は、

下請けの制作会社に作らせた番組を

ノーチェックで垂れ流したことです。

 

この点を指摘すると

自社にも火の粉が降りかかるので、

各社ともただ、騒動が落ち着くのを

待つのみでした。

 

公共の電波を格安で使い、

多くの国民に詐欺行為を働いた罪。

 

これは、テレビの「大罪」と

言えるでしょう。

 

私は、テレビ現場にいた実感として、

このような事件がいつ起こっても

おかしくないと考えていました。

 

テレビの裏取りは、

実にいい加減。

 

ネタが掲載された

新聞や雑誌の編集者に、

制作会社の若手社員が問い合わせ、

 

「この記事は本当ですか?」

 

「もちろん、本当です。」

 

・・・

 

これで終わってしまうのです。

 

マスコミに一番必要な力は、

どんな情報も疑ってかかり、

検証する力だと考えます。

 

しかし、実態は、

目の前の情報を

ただただ垂れ流すだけ。

 

中でも、テレビは最も、

いい加減です。

 

新聞、雑誌は、

形として残ります。

 

しかしテレビは、

放送されたら消えてなくなる。

 

証拠が残らないからこそ、

言いたい放題にしてきたのが、

テレビの汚いところです。

 

それでも、新聞、雑誌より

圧倒的に見ている人が多いのも、

テレビです。

 

だからこそ、捏造により、

被害者が大量に発生しています。

 

今も、番組制作現場では、

環境が大して改善されないまま

怪しい情報が垂れ流されています。

 

私達はいつまで、

テレビの捏造を許すのでしょうか?

 

平気で捏造し、

国民を陥れるテレビ局の社員が

国民の中で一番高い給与を得ている。

 

おかしいと思いませんか?

 

この状況を変えない限り、

正しい情報が日本全体に

浸透して行くことは、

有り得ないでしょう。

 

鵜呑みにしない、

と考えていても、

自然と洗脳されるのが

テレビの恐ろしさです。

 

個々人が、

正しい情報を掴み、

共有し合える時代へ。

 

共に改革していきましょう。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

・vol.3 「ナンパ」と「合コン」と「ネットビジネス」

→ http://fujisawa-ryo.com/nanpa_goukon

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料