■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「インフルエンサー」を企業が採用優遇

2017年10月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

SNSで発信力がある「インフルエンサー」が、

企業の採用において優遇されています。

 

メガネ通販の「オンデーズ」は、

TwitterInstagramのフォロワー数が

1500人以上であることを条件に、

1回目の面接を「最終面接」とする仕組みを

今期から取り入れました。

 

日本発ブランドを世界に発信する

ファッションカンパニー「TOKYO BASE」は、

ZOZOTOWNの着こなし発信アプリ

WEAR」で1000人以上、あるいは、

Instagram2000人以上のフォロワーがいれば、

書類審査や1次面接を免除するとして、

すでに2018年新卒採用の内定者を出しています。

 

アパレル販売の「ベイクルーズ」も、

応募者の15枚の着こなし写真をもとに選考する

「ファッションインフルエンサー・セレクション」

という制度を新たに設け、採用を開始しました。

 

このように、個人が発信力を持つことにより、

企業の広告・広報のあり方は激変しています。

 

近い未来に、企業の専属インフルエンサーとして

年収1億円以上を得る個人も出てくるでしょう。

 

これまでの「CMタレント」のように、

複数の業種を掛け持ちして、それぞれから、

高い報酬を得る個人も増えていきます。

 

効果が激減しているマスコミに

無駄な広告費を垂れ流すよりも、

SNSで力がある個人に投資した方が、

圧倒的な効果が期待できるからです。

 

もちろん、課題も多々あります。

 

まず、フォロワーの「数」だけでは、

実際の影響力は測れないことです。

 

企業は、個人がどれだけの信用を得ているかを、

しっかりと分析・調査した上で、

的確な判断をすることが必要となります。

 

また、個人のメディアが

企業側の伝えたいメッセージばかりになってしまい、

「本音」かどうかの信用を失って、

影響力が無くなってしまうことも懸念されます。

 

その企業の商品やサービスを心から愛し、

嘘偽りなく紹介できる場合のみ、

成功するマーケティングだということです。

 

さて、昨晩は妻と娘がお腹が空かず、

息子と2人で恵比寿までドライブして、

「九十九ラーメン」を食べました。

息子は「醤油ラーメン」、

 

 

私は、妻と2人でハマった「チーズラーメン」。

 

 

久しぶりの味に感動しましたし、

息子も、「このお店、美味しい!!」と興奮して、

これからの親子でのラーメン屋さん巡りが

とても楽しみになりました。

 

 

私は、当然、「九十九ラーメン」からは

1円もいただいていません。

 

本当に良い「食事」「映画」「本」などは、

広告料など関係なく、ご紹介したくなるものです。

 

「広告のあり方」を個々人が考えさせられる時代、

この変化を楽しみながら、私達11人が、

未来を創っていきたいですね^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

成功するかどうかは、90%が「運」

2017年09月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

パナソニックの創業者・松下幸之助さんは、

社員採用の最終面接で、こう質問しました。

 

「あなたは、運が良いですか?」

 

これに対し、「運が悪いです」

と答えた人は、採用しなかったのです。

 

私が起業してからお会いする成功者は、

全員、「運が良い」と言います。

 

中には、「運だけで生きている」

とまで言う方もいます。

 

私自身も、

 

「なんて、運の良い人生なんだろう」

 

と感じながら、生きています。

 

そして、どんな失敗も、

思い通りにならなかったことも、

未来につながる「糧」とできるかどうか。

 

それが、「運」をどう考えるかによって

決まってくると捉えています。

 

「運が良い」と考える方の特徴は、

 

・謙虚で、自分の力に酔いしれない

 

・人に恵まれてきたからこそ、

 社会に恩返しをしたいと考えている

 

・他人に与えた好意は、自分に返ってくると捉え、

 積極的に他者を助ける

 

・失敗も運なので、過度に落ち込まない

 

一方で、「運が悪い」と考えている方は、

 

・自分は運が悪くて成功しないと恨みを持つ

 

・自分はもっと評価されるべきだと、

 自己の過大評価に陥っている

 

・成功は自分の手で勝ち取ったものだから、

 自分だけのものとして独占しようとする

 

・成功者を妬み、失敗者を努力不足だと責める

 

このような傾向があります。

 

松下幸之助さんは、成功は90%が「運」で、

残りの10%が「努力」だとおっしゃっています。

 

この感覚を、私はとても大切にしていて、

自分を「運が良い」と認識しながら、

その上で、努力することを忘れずに、

様々なビジネスや投資に取り組んでいます。

 

現在、私が参画させていただいている

FXのコミュニティーの中においても、

同じ「勝敗」を味わいながらも、

運が良いと考える方と、

運が悪いと考える方がいらっしゃり、

両者の成果は、

時が経つにつれて2極化していきます。

 

運が良いと考えている方は、

目の前の損切からも学び、

次の機会につなげていきますが、

運が悪いと考えている方は、

損切が続くと不安が拡大し、

次のチャレンジができなくなっていきます。

 

そして、「大勝」を逃すのです。

 

昨日は、FXを学ばせていただいている

kei先生とそのご家族に、日頃の感謝を込めて

ご馳走させていただきました。

 

 

 

お会計の時間が、ルール上の決済の時間でしたので、

朝エントリーしたトレードの状況を見たら、

100pips以上」の利益となっていました。

 

つまり、お支払いした額の数十倍の金額を、

家族同士で談笑している間に稼いだことになります。

 

ですから、しっかり利確した上で、改めて、

私の自宅でも祝杯を挙げ、最高の美酒を味わいました。

 

kei先生をはじめ、

先日ご紹介したTAKA先生など、

とても素敵な方々に出会えて、

私は、本当に運が良いです^^

 

これからも、自分の運に感謝しつつ、

努力を忘れずに歩んでいきたいと思います。

 

そして、私の仲間達にも、

「運」に関する意識改革をしていただいた上で、

真剣に学び、果敢に挑戦し続けて欲しいと

心から願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「千円札は拾うな。」社長の失敗談

2017年06月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

ワイキューブの元社長・安田佳生さんが、

経営破綻に至った経緯をこう語っています。

 

「日本で一番給料の高い会社にしたかった。

 そのために、銀行からの借入金を原資にして、

 社員の給料を2年で2倍にした。」

 

中小・ベンチャー企業向けの

「人材採用コンサルティング」で一世を風靡し、

学生からの人気も高かったワイキューブですが、

2011330日に、負債総額40億円で

民事再生法の適用を申請しました。

 

コンサルティングという

利益率の高いビジネスでありながら、

顧客獲得コストが増大した上で、

自社のコンサルティングノウハウを真似した

競合企業に半額で対抗されたことなどで、

一気に業績が悪化したのです。

 

それなのに、上記の発言の通り、

無理矢理、社員に還元しようとしたために、

負債がどんどん膨らんだのですね。

 

日経ビジネスで取り上げられた

彼の失敗談を拝読しましたが、

 

「社員のため、自社のため」

 

という意識が強過ぎて、

 

「顧客のため」

 

という意識が欠けていたように感じました。

 

社員を愛する気持ちも素晴らしいですが、

その前に、お客様がいてこそ、

ビジネスが成り立つことを

忘れてしまっていたのだと思います。

 

あらゆるビジネスを見ていて思うのですが、

短期的には、「自分のため」でも、

軌道に乗ることがあります。

 

そこに先見性・斬新性のあるビジネスモデルならば、

引く手数多の状態になり得るからです。

 

しかし、長期的に成功するためには、

「お客様のため」という視点が無いと、

どこかに必ず、落とし穴があると思います。

 

お客様を欺くような態度は、

周囲の誰かが、必ず見ています。

 

安田さんは、

 

「千円札は拾うな。」

 

という書籍でも有名な方です。

 

千円札にばかり目をとらわれて

一万円札に気づかない、

大きな利益を得たつもりになっているが、

実際には一万円札ではなく

千円札を拾ってしまっている、

ということに気付かせてくれる

示唆に富んだ内容です。

 

しかしながら、

自社の社員に必要以上にお金を拾わせてしまい、

結果的には、それが破綻に結び付いたのです。

 

この安田さんの言葉と対極的で、

私が最近大切にしているのは、

ウォーレン・バフェットが、

落ちている1セント硬貨を拾って言った

 

「次の10億ドルへの、第一歩さ」

 

です。

 

それぞれのフェーズによって、

人生の指針となる言葉を見出していきたいですね。

 

追伸1

 

息子が公園で2000円を拾ったので、

交番に届けました。

 

3ヶ月、持ち主が判明しなかったら、

私達がいただけるそうです。

 

次の10億ドルへの、第一歩にしたいと思います^^

 

追伸2

 

本日の写真は、我が家で1000円を拾う娘です!w

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

高学歴ワーキングプア、大量発生

2015年04月01日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

tsubasa0401

 

学歴を求めて大学生が増え過ぎた結果、

大卒の就職内定率は8割になっています。

 

また、大学院生の数は、この25年で

7万人から27万人と4倍になっていますが、

彼らの就職先である大学教員は

15万人から20万人にしか増えていません。

 

このように、

博士号を取っても就職できないという

「高学歴ワーキングプア」が

大量に発生しているのです。

 

有名大学は偏差値を維持するために

入試の定員を絞って推薦入学を増やすので、

例えば、早稲田大学の政治経済学部では、

一般入試を受けて入学する学生は

全体の40%程度になっているのが現状です。

 

こうして、学歴のインフレが急激に進み、

大学名が持っていた価値は

どんどん毀損されていくでしょう。

 

ですから、ユニクロのように

入学してすぐに採用するという方針が

時代に適しているのでしょうね。

 

企業は、特定の専門知識よりも

素直で順応力の高い「便利屋」を求めるので、

大学で何を学んだかよりも、

「入学」の事実だけを評価しているのです。

 

最近は、大学生でありながら、

インターネットを活用して

月収数十万円、数百万円を得る方も

増えて来ています。

 

先日、慶應義塾大学の後輩を

コンサルさせて頂きましたが、

彼は大学1年生でありながら、

ほぼ不労で、月収20万円を得ています。

 

私から、収益を更に引き上げる戦略を

お教えさせて頂きましたので、

彼の年収はあっという間に

会社員の平均的な年収を超えてしまうでしょう。

 

そうすると、「就職」という選択肢は

自ずと消えていくでしょうね。

 

高学歴でも就職できない現実と、

大学生の時から、個人ビジネスで

会社員以上の収入を得られてしまう現実。

 

「良い大学から良い会社へ」という常識が

崩壊してしまうことは、時代の必然なのでしょう。

 

この社会的な革命を傍観するのではなく、

ど真ん中に入って舵を切っていくことが

私に与えられた人生のシナリオであり、

使命なのだと感じております。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料