■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


大企業の残業時間、20年から公表義務付けへ

2017年05月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

厚生労働省は、「働き方改革」の一環として、

2020年にも、「従業員の残業時間の公表」を

大企業に義務付けることになりました。

 

それぞれの企業の労働実態を外部から見えやすくし、

過度な長時間勤務を、未然に防ぐのが狙いです。

 

従業員301人以上の約15000社が対象で、

従業員300人以下の中小企業に関しては、

罰則を伴わない「努力義務」に留めるそうです。

 

結局、「時間」だけがクローズアップされることに、

私は違和感を覚えますし、2020年からという遅さに、

本気で改革する気があるのか疑問ですが、、、

 

まあ、1歩、前進したと言えるのでしょうか。

 

ただし、虚偽が疑われるような企業には

行政指導を実施し、悪質な場合には

「最大20万円のペナルティーを科す」、

というレベルなので、各社が本気で従うとは思えません。

 

また、企業側で「抜け穴」を作ることも、

容易にできるでしょう。

 

私が、昨今の働き方で問題だと思うのは、

 

・上司が部下に膨大な仕事を押し付け、

 強制的に働かせること

 

・大半の会社員が「サービス残業」を強いられ、

 「命」である「時間」を軽視されていること

 

・「上司がいるから帰れない」という風潮や、

 残業代のために、無駄な残業をすること

 

です。

 

これらを抜本的に改革するために、

各企業が国に任せることなく主体的に、

対策を講じるべきだと考えています。

 

また、「時間」を問題にするのであれば、

官僚や、学校の先生なども、超長時間労働ですから、

それらにもしっかりメスを入れて、

社会全体で「時短」を推進するべきでしょう。

 

一方、私は現在、

「投資」を真剣に学んでいるので、

睡眠時間を削り、「超長時間」、

パソコンや本に向かっています。

 

学べば学ぶほど、わからないことが出てきますし、

それを吸収して自己成長した先に、

収入が複利でどんどん増える未来も見えているので、

寝る間を惜しんで勉強しているのです。

 

もちろん、育児にも、

生徒さんとのコミュニケーションにも、

引き続き、全力で取り組んでいます。

 

ですから、大企業で働いていた頃よりも、

「長時間労働」していると言えますが、

全く、ストレスは無く、「疲弊」もしていません。

 

自分が楽しんでやることと、

誰かにやらされることは、全く違うということです。

 

日本は、大企業を中心に、

これからどんどん監視社会になっていくので、

「会社員」として生きていくことのストレスは

増大するばかりだと感じます。

 

その中で、「自由に生きたい」と望む方が

ますます増えていくと思いますので、

未来にそのような方達を救えるよう、

今のうちに、磐石な地盤を創っていきたいと思います。

 

追伸;

 

本日の写真は、私から紹興酒を奪おうとする娘と、

幼稚園で走り疲れて、とっても眠そうな息子との

3ショットです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


「フィンテック」等新事業育成へ、規制凍結

2017年05月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本政府が発表する施策として、久しぶりに、

とても前向きなニュースがありました。

 

「規制改革」のスピードを上げるために、

金融とITを融合した「フィンテック」や、

共有型経済である「シェアリングエコノミー」など、

急拡大する先進的な市場に対して、

関連法則を一時凍結し、規制に風穴を開け、

企業の新事業育成を促していくのです。

 

凍結が想定される規制は、

 

・金融業務にベンチャー企業が参入しにくい「銀行法」

 

・個人の旅行プランに対価を得られない「旅行業法」

 

・電柱にカメラやセンサーを設置できない「電波法」

 

などです。

 

これらにビジネスチャンスを感じながらも、

日本の規制で参入できなかった個人や企業に、

素晴らしいチャンスが舞い込みます。

 

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」

 

という名称で、未来投資会議で提言され、

政府が6月にまとめる成長戦略の柱に据える

とのことです。

 

今秋から制度設計を始めて、

早ければ来年度中にも

トライアル期間の開始を見込むということなので、

これは期待したいですね。

 

また、このトライアル期間が終了した後も、

実証が成功して、課題が整理できれば、

「規制自体を無くす」ことも有り得るとのことです。

 

私は、中途半端な「支援」よりも、

「規制緩和」の方が圧倒的に革命につながると

感じていますから、この動きに着目し、私自身も、

ビジネスチャンスを探したいと考えています。

 

さて、「サンドボックス」とは、

安全が約束された「砂場」で子供が遊ぶように、

何かに守られた特別な環境の中で、

新規事業にチャレンジしていくことを指します。

 

元々は、インターネット上で

セキュリティーチェックのために、

ソフトウェアの動作などを制限する環境を指し、

それが広義に解釈されるようになりました。

 

私自身、子供たちを砂場で遊ばせたり、

その他の公園の守られた環境の中で遊ばせる中、

「遊び」が「創意工夫」につながることを

日々、感じています。

 

 

そして本来、ビジネスもそうであるはずで、

誰かに与えられた義務をこなすのではなく、

自分の才能を最大限に発揮する遊びの延長に、

新しいイノベーションがあり、それが、

誰かの幸せにつながっていくはずです。

 

ですから、私はこれからも、

子供たちを安全な場所で遊ばせながら、

私自身も、日本政府の新たなチャレンジの中で遊び、

社会を変革できる何らかの新しいものを

生み出していきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


電通、検察が立件へ 国策捜査とその深層

2017年04月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

電通の違法残業事件で、ついに検察当局が、

法人としての電通を立件する方針を固めました。

 

長時間労働を容認する企業体質が根付いていたため、

個人の刑事責任を問うのは困難だという理由で、

本支社幹部の4人は起訴猶予となる公算が大きいようです。

 

ただ、強制捜査着手から、1部の書類送検までには

たったの1ヶ月半しか掛かっておらず、

検察幹部も「国策と言われても仕方ない」と

語っているほどです。

 

この裏にあるのは、日露接近を恐れている米国が、

それを主導する大物政治家と、その政治家と共に

大きなお金を動かす電通を追い込んでいるためだ、

という説もあります。

 

違法残業をさせている企業は無数にあるので、

電通だけがここまでやられるのは、確かに、

何らかの深層があるのでしょう。

 

働き方改革の広告塔(見せしめ)、

というだけでは無さそうです。

 

しかしながら、私は、そこを追及することには

興味がありません。

 

今回の事件の発端となった、

過労自殺してしまった電通の新入社員、

高橋まつりさんが苦しんだのは、

残業だけでは無いはずです。

 

人を死に追い込む、残酷な企業風土(パワハラ)が、

そこにあったのです。

 

それなのに、こうして「残業時間」だけが

取り上げられ続けることに、強い違和感を覚えています。

 

東大に入る努力をして、一流企業に入ったのに、

奴隷のように扱われ、自己尊厳を破壊されて、

生きる気力を失ってしまった。

 

そこにこそ、再発防止策を講じて、

社会全体に周知していく必要があります。

 

就活生に関わる友人に聞くと、

昨年末にあれだけ社会問題になっても、

電通を希望する学生はあまり減っていないようです。

 

そうすると、電通が抜本的に変わらなければ、

必ず、また苦しむ若者が生まれてしまいます。

 

そして、電通だけではありません。

 

現在、有名企業を含んだ多くの会社員が、

会社を辞めて個人で生きていくことを望み、

私のアドバイスを求めてくださっています。

 

ですから、私の知見がお役に立てるのであれば、

そして、今苦しんでいる方に希望を与え、

命を救うこともできる可能性があるのなら、

私は、もっと積極的に啓蒙活動をして、

多くの方と出会っていきたい。

 

そう願って、新たなプロジェクトを立ち上げました。

 

本日の写真は、そのために撮影したものの中の、1枚です。

 

私に賛同してくださり、力強く支えてくださる

素敵なプロジェクトメンバーにも恵まれ、

全員の力を合わせて、社会を改革していきたいと

意気込んでいます。

 

幸せな「働き方」、「生き方」を、

日本中に拡げられるように。

 

全力で、挑んでいきます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


「こども保険」と「働き方改革実行計画」

2017年03月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

自民党の小委員会は、子育て世帯を支援するために、

厚生年金や国民年金の保険料に「こども保険」を上乗せし、

児童手当を増額して給付する制度を構想しています。

 

小委のリーダーは小泉進次郎氏で、本日午後、

公式に記者発表される予定となっています。

 

現行のモデルで算出すると、

年収400万円で入学前の子供が2人いる30代の世帯は、

月間「240円」の保険料負担に対し、

児童手当が「1万円」増額されることになるようです。

 

子育て世代にとっては有難い制度ですが、

小さな子どもがいない世帯にとっては、

保険料の負担だけが増えるために、

反対意見も数多くあるでしょう。

 

また、そもそも、

年金自体が実質破綻しているような状況の中、

抜本的な見直し策を講じる前に、

このようなマイナーチェンジすることを

社会が受け止めるかも問題です。

 

年金をさらに破綻させていく選択にならないよう、

具体的な中身を見ていきたいですね。

 

なお、その一方で決定になったのは「働き方改革実行計画」。

 

・同一労働同一賃金の実現

 

・罰則付き残業時間の上限規制導入

 

などを盛り込むとのことで、

その内容も吟味すべきですが、

法施行自体が平成314月予定で2年後とのことで、

迅速な改革が必要な働く現場に対して、

対応がとても遅いと感じます。

 

また、労働生産性を向上させるためにも、

「脱時間給」、「解雇規制の緩和」、そして、

「フリーランスの保全」なども同時に進めるべきで、

国がどこまで既得権益層にメスを入れられるのか、

注視していくべきでしょう。

 

たとえば、ノルウェーでは2006年、

 

「取締役の40%を女性とすることを企業に義務付ける」

 

という法律が制定され、各企業が懸命に努力して、

2008年には、44.2%まで上昇させています。

 

このような「決定力」と「実行力」が、

現在の日本には求められています。

 

ただ、最近の報道を見ていつも感じるのは、

日本は、「国」も「企業」も、

「のろま」であるということです。

 

各企業も、各個人も、自社、自分でできることに

主体的に取り組んでいかなければ、

人生はあっという間に終わってしまうと感じます。

 

国や企業に依存したがために、

自分の人生を失わないように、、、

 

自ら、積極的に行動していきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料


労働環境改革に70億円、電通の後輩から…

2017年02月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

会社員時代に可愛がっていたものの、

私が退社してから音信不通になっていた後輩から、

4年ぶりに連絡がありました。

 

「先輩、ごめんなさい。

 正直に申し上げると、先輩のこと、

 バカにしてしまっていました。

 

 突然、電通を辞めてしまうなんて、

 有り得ないことだと感じていました。

 

 でも、昨年の電通の様々な問題があって、

 先輩の活躍を拝見してから、、、

 

 ずっと先輩の連絡を無視していた自分を

 恥ずかしく思いました。

 

 バカだったのは、僕でした。。。」

 

私自身は、「バカ」であることを否定しません。

 

世界の歴史を見ても、社会を改革している人は、

誰もが、常識外の言動をしているように感じるからです。

 

現在の、私の娘のような「赤ちゃん」が

何でも好奇心を持って食べようとするように、

好奇心旺盛にトライする人の中に、

奇跡を起こす人が現れています。

 

たとえば、スティーブ・ジョブズは、

「インド放浪」や「禅の修行」が転機となり、

マーク・ザッカーバーグは、Facebook

「女子大生人気投票サイト」でスタートしました。

 

予期せぬ行動が、予期せぬ成功を産み、

社会が大きく変わっています。

 

そして、フロンティア精神が、アメリカを作り、

そのアメリカが、世界を牽引しています。

 

新たな挑戦は、当然失敗することも多いので、

「常識人」はバカにして敬遠しますが、

だからこそ、挑戦した人が報われるのです。

 

若者・バカ者・よそ者こそが、

「次代」を切り拓くということですね。

 

電通の山本敏博新社長は、

「労働環境改革費用」として、

2017年に70億円を投資すると発表しています。

 

一時的な減収減益を、

中長期の成長のための必須プロセスとして、

電通を改革しようと本気で挑むようです。

 

そこで、後輩にはこう伝えました。

 

「おまえが個人で自由に生きたいなら、

 俺が直接指導するよ。

 

 でも、電通は生まれ変わろうとしている。

 

 

 だから、電通に残るのなら、

 その改革を役員に任せずに、現場から、

 会社を変えていって、社会を変えて欲しい。

 

 俺は、どれだけバカにされても、

 引き続き、「個人の時代」を到来させるべく、

 努力していくよ。

 

 お互い、バカであり続けようぜ。」

 

彼とは、近日中に飲みに行って、

人生を語り合いたいと思います。

 

さて、私は、子供の教育でも、常識に染まらず、

視野を拡げていくことを重んじています。

 

ですから、今日の写真のように、

息子がちょっと個性的な表情をしてくれると、

「よし、子育て順調!w」と感じます^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


日常の中に「二毛作」の小さな改革を

2017年02月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

娘がつかまり立ちできるようになったので、

ベビーカーのメインスペースは娘専用に、

優しい息子は可愛い娘に譲ってあげて、

前方の小さなスペースにちょこんと座っています。

 

同じスペースを2人で共有する。

同じ時間で2つのことを実行する。

 

春には米を作り、秋には麦を作るように、

同じ場所から2倍以上の成果を生んでいく

「二毛作」のような意識が、

人生を向上させるために重要だと感じます。

 

私は、お風呂に本とパソコンを持ち込み、

 

・複数の書籍から着想を得て、自分の記事を「書く」

 

・未熟で稚拙な文章で、恥を「かく」

 

・半身浴で、大量の汗を「かく」

 

という「三かき」習慣を取り入れていますが、

これはつまり、「二毛作」を超えた「三毛作」を

日々、実践しているということです。

 

読書やパソコンで記事を書く時間は

身体を動かせないですが、それでも、

半身浴で血行を良くすることが可能になりますし、

時に恥をかくことも厭わないことによって、

自分がどんどん成長するのを感じます。

 

また、ずっと家族と一緒にいる生活の中で、

お風呂の時間は大切な「1人の時間」も担います。

 

有限の時間の中で、

こうして「二毛作」以上の時間を設けることは、

124時間という万人に平等な時間を

部分的にでも2倍以上に延ばしていくことが可能になる、

1種の魔法のようなものです。

 

息子と公園で走り回る時は、

私も全力で走ることで運動不足を解消しますし、

息子が甘えて抱っこや肩車をオネダリしてくる時は、

自分の脚力や腕力を高めることを意識しています。

 

寝ている時間でさえも、

バイオラバーで目を温めてみたり、

足元だけ湯たんぽを入れて頭寒足熱をしてみたり、

様々なことを取り入れてみながら、

体調の変化を観察しています。

 

このように、移動の時間に何か別のこともできないか、

趣味を楽しみながら、それをビジネスに繋げられないか、

常に、プラスαを考え続けることが、

人生を着実に変えていきますね。

 

当然ながら、1つのことに集中すべき時は、

それ以外のものを断つことが大切になります。

 

同時並行でも質が落ちないものがあれば、

積極的に取り入れていくべきだということです。

 

日常の中でいつの時も、「二毛作」を意識して、

小さな改革を起こしていきましょう。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


電通・石井直社長の「引責辞任」を受けて

2016年12月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 



かつての上司達が頭を下げ続ける記者会見を見て、

心苦しくなりました。

 

 

石井社長、中本副社長、越智局長、

電通の記者会見に登壇した3名は、

私の電通人生で大きな影響を受けた方々です。

 

 

ですから、感謝の念を持つ先輩達が、

社会に対して謝罪をしている姿に、

悲しい感情を抱いたのは事実です。

 

しかしながら、石井社長の言葉の通り、

すべての責任は経営側にあります。

 

「過剰なクオリティ志向」

 

「過剰な現場主義」

 

「強すぎる上下関係」

 

電通が認めた改善点の中で、

特に、最後の「強すぎる上下関係」、

つまり、「軍隊的な超縦社会」を是正する策を

これまで全く講じてこなかったことが、

悲劇の発端だと考えます。

 

大きな会社なので、

部署によっては別会社のように風土が違います。

 

元同僚の中でも、

クリエイティブやマーケティング部門にいる社員は、

上下関係が無くフラットな環境で、自由に働いています。

 

ところが、

今回亡くなった女性社員が在籍した部署のように、

部分的にでも、部下を奴隷のように扱う

異常な文化が残っているのが、現実です。

 

私自身も、新入社員の時には

そのような文化が最も色濃く残った部署へ配属になり、

実体験として、愚かで、恐ろしい光景を目の前で見て、

生きる意味を見失った時期がありました。

 

ですから、私は何度も言い続けていますが、

次の犠牲者を出さないためにも、

この悪しき文化の抜本的な改革が急務だと考えています。

 

その改革案が発表されると期待しましたが、

石井社長は、「辞任」という形で責任をとると発表しました。

 

このことに関して、私は、とても残念に感じています。

 

「鬼十則に疑問を持ったことは無かった」

 

と言うのであれば、

 

 取り組んだら「放すな」、 殺されても放すな、目的完遂までは・・・。

 

この言葉の通り、電通の抜本的改革を成し遂げるまで、

責任を持って、命を懸けて、取り組んで欲しいと思うからです。

 

その後、記者に詰められて、

 

「鬼十則には、一部、誤解を招く表現があったり、

 時代に合わない内容があったと認識している」

 

と改めましたが、

そうであれば、現時点のトップとして、

時代に合わせた新たな社訓を掲げるなど、今こそ、

強いリーダーシップを発揮するべきではないでしょうか。

 

石井社長は、広告マンとしては、

とても素晴らしい、尊敬できる方でした。

 

だからこそ、この難局からも逃げずに、

立ち向かって欲しいと願っています。

 

そして、現役の電通社員や、関係者の皆さんも、

もっと主体的に取り組み、個々人でできることを

積み重ねて欲しいと思います。

 

今回の悲劇を止められなかったのは、

彼女の周囲の社員だけでは無く、退社した私を含めて、

あの文化を変えられなかったすべての人間に

少なからず責任があるという意識が大切だと思うからです。

 

そのような意識を持つからこそ、私も微力ながら、

こうして発信させていただいているのです。

 

発注先に無理難題を押し付けすぎていないか、

自分の後輩に厳しすぎる指導をしていないか、

生産性の低い仕事を疑問も持たずに続けていないか、

電通に関わる人間だけでは無く、社会全体が、

「自分ごと」として今回の問題を捉えることが、

「働き方改革」の大きな一歩だと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


電通、SMAP、ジョージ・マイケル…

2016年12月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

昨年のクリスマス当日に、

電通の後輩社員が自死を選んだ悲劇を受け、

今年のクリスマスは、とても複雑な心境でした。

 

家族と穏やかな時間を過ごしながらも、

ふと彼女のことを思い浮かべては、

悲しい気持ちを抱えていました。

 

 

亡くなった彼女のお母様の手記は、

このような言葉で始まっていました。

 

「去年の1225日、

 クリスマス・イルミネーションできらきらしている

 東京の街を走って、警察署へ向かいました。

 

 嘘であってほしいと思いながら・・・。」

 

彼女の死が、日本の働き方を

変えるきっかけになっていることは

間違いありません。

 

しかし、生きて社会に貢献したいと願った

彼女の気持ちを考えると、彼女も、お母様も、

本当に悔しいでしょう。

 

そして、抜本的な改革が期待される電通は、まだまだ、

明確な方針を打ち出したとは言い難い状況です。

 

私は、彼女のお母様の思いを見て、完全に同意でしたので、

原文のまま、引用させていただきます。

 

「会社は、夜10時以降消灯をしているとのことですが、

 決して見せかけではなく、本当の改革、

 労働環境の改革を実行してもらいたいと思います。

 

 形のうえで制度をつくっても、人間の心が変わらなければ

 改革は実行できません。

 

 会社の役員や管理職の方々は、

 まつりの死に対して、心から反省をして、

 二度と犠牲者が出ないよう、決意していただきたいと思います。

 

 そして社員全ての人が、

 伝統を重んじることに囚われることなく、

 改善に向かって欲しいと思います。

 

 日本の働く人全ての人の意識が変わって欲しいと思います。」

 

あまりにも古いピラミッド型組織、

 

パワハラ・セクハラが横行する社内風土、

 

社員の命である「時間」を軽視する経営、、、

 

すべてをゼロから見直して、働き方を再生するべきです。

 

クリスマスには、もう一つ、悲しいことがありました。

 

クリスマスの定番ソング「ラストクリスマス」を

作詞・作曲し歌ったジョージ・マイケルが、

クリスマス当日に亡くなってしまいました。

 

また、昨夜は、想像より呆気なく、

日本のエンターテイメントを20年間も彩ってきた

SMAP×SMAP」が終了し、寂しさを抱く年末です。

 

このような世相を受け、例年より一層、自分自身を見つめ直し、

来年以降の生き方を定める年の瀬にしたいと思います。

 

追伸;

 

1/22のワークショップは、満員御礼となりました。

お申込みいただいた皆様、誠にありがとうございます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


成宮寛貴「引退」と「報道」のあり方

2016年12月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

週刊誌のスクープ競争が激化している中で、

私は報道が行き過ぎることを懸念していました。

 

そして、今回の「FRIDAY」による

成宮寛貴さんの薬物使用等に関する記事は、

明らかに一線を越えていると感じます。

 

コカイン等の薬物使用は現時点では確認されず、

個人でできる尿鑑定では陰性だったことが

所属事務所から発表されています。

(病院での検査は未だの模様)

 

また、本人が隠していたセクシャリティの部分を

広く社会に周知してしまった報道のあり方は、

たとえ薬物使用が「真実」だったとしても、

大変疑問に感じます。

 

何らかの罪を犯した人や組織は、

その罪においては糾弾されるべきですが、

それとは全く関係のない部分に関しては

侵されるべきではないと考えるからです。

 

私は電通勤務時代に複数のメディアの方とお付き合いし、

最近は電通の実態をどう伝えるかに苦慮してきたので、

「報じる側」が抱える葛藤も知っています。

 

例えば、今年、

数多く報じられた「不倫」の問題においては、

その報道が人の人生を大きく狂わせます。

 

ですから、「疑わしきは罰せず」で、

決定的証拠を掴まない限りは、

報じてはならないと考えます。

 

しかしながら、「推測」で記事にされ、

それを社会が「事実」として受け止めることも

少なくなかったと感じます。

 

来年以降、このような報道のあり方は

社会の中でさらに疑問視されていくでしょう。

 

私がこれまで一緒にお仕事をさせていただいた

新聞・雑誌の記者さんやテレビのディレクターさんは

この観点で見て、信頼できる方だけを選んできました。

 

記事にインパクトを持たせるためだけに

私の見解を捻じ曲げて取り上げようとする方は、

取材をお断りさせていただきました。

 

そのような意識で出会った方の中には、

社会に「改革」を起こす気概で取り組んでいる

「真のジャーナリスト」だと感じる方もいらっしゃり、

そのプロフェッショナルとしての姿勢から

学ばせていただくことも多くありました。

 

現在、私は、その中のお1人、

信頼できる記者さんとタッグを組み、

ある総力取材の記事化を進めています。

 

その工程では、今回の報道によって

成宮さんを「引退」にまで追い込んでしまい、

社会の中に「廃刊」を望む声が拡がっている

FRIDAY」の記事のあり方を反面教師にして、

決定的な「罪」だけに迫ろうと考えています。

 

個人的に、成宮さんは大好きな俳優でした。

 

母子家庭で育った後、14歳で大切なお母様を亡くし、

1人で、弟のために頑張って働いてきた生き方も、

心から尊敬していました。

 

薬物の件は現時点では不明ですが、

セクシャリティを面白おかしく書いた「FRIDAY」、

そして、その情報源となった友人達の罪は

とても大きいと考えています。

 

社会の中にある問題をどう捉え、どう伝えていくか、

これは「1億総ジャーナリスト」となる未来を前に、

私達全員が考えなければいけない問題ですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料


取材を受けた電通社員に「戒告」の懲戒処分

2016年12月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo20161203

 

電通の抜本的改革を期待して待っている中、

改革とは逆行するような、社員を懲戒処分にした

悲しい事実が明らかになりました。

 

NHKの取材に対して、

「自浄能力が無い会社だと思う」

と顔を出して答えた社員に対し、石井社長は、

始末書を書かせる「戒告」処分を与えたのです。

 

これに対しては、同社の社員からも、

 

「ごく普通の意見で処分の必要無し」

 

「経営に都合の悪い話を締め付ける目的」

 

「かわいそう、、、」

 

という、同情の声ばかりが出ています。

 

石井社長は、

強制捜査の日に行われた社員への説明会で、

 

「社員の皆さんの声を取り入れたい」

 

「ご自分の考えを述べることは構わない」

 

と伝えていたのですが、

その通りに言動した社員を、

戒告処分にしてしまったという明らかな矛盾が、

そこに横たわります。

 

この現実に、「本音」と「建前」が透けて見え、

電通の軍隊気質が改めて露呈されたと言えるでしょう。

 

10月中旬には、安倍官邸に石井社長が呼び出され、

直々に注意を受けていたようですが、、、

(その安倍首相は、東京五輪への悪影響を懸念している模様)

 

会社を少しでも「変えたい」と願う社員を

このような形で潰してしまうようであれば、

これからも、大きな変化は期待できません。

 

現在ノミネートしている「ブラック企業大賞2016」も、

受賞間違い無しではないでしょうか。

 

電通に関しては、労働局の捜査結果発表や、

不正請求事件の全容発表が、これから行われます。

 

違法な長時間労働とその隠蔽が確定し、

取引先への詐欺が巨額であることが判明したら、

電通へのバッシングはさらに大きくなるでしょう。

 

私は、戒告を受けた社員が悪いとは思いません。

 

そして、その社員の年代を間違え、

モザイクなしの顔出しで報道したNHK

必要以上に責めるつもりもありません。

 

一番問題視しているのは、

社外に対しても、社内に対しても、

電通の変化に向けた言動を全くしない

経営陣や、社員達です。

 

組織や既得権にしがみつくような生き方は、

これからの時代では価値を持ちません。

 

坂本龍馬が「脱藩」したように、

織田信長が「新たな社会体制」を作り上げたように、

混乱する時代の中では、横紙破りな存在が必要です。

 

会社に「依存」するのではなく、

少なくとも、「心の脱藩」をして、俯瞰的に、

自社や自分を見つめることが重要なのではないでしょうか。

 

私は、電通に関しては、年末年始に、

きっと大きな動きがあると睨んでいます。

 

その中で、状況を注視しながら、

私自身のフィルターを通した問題提起を、

発信し続けたいと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料