■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


息子と娘の初!共同制作「兄妹愛の歌」

2018年11月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

私が育児を通して、子ども達に願っていることは、

 

・愛に溢れた人に育って欲しい

 

・「好きになったこと」を貫いて欲しい

 

そして、もう1つ挙げるとすれば、

 

・音楽を愛して欲しい

 

ということです。

 

私も、妻も、幼少期にクラシックピアノを習い、

音楽の素晴らしさを体感してきました。

 

そして、その後に片親になった時の辛い心を、

X JAPANの音楽に救われたのも、同じです。

 

ですから、子ども達にも、

音楽を好きになって、その力を感じてくれたらと

心から願っています。

 

そのために、私の自宅では、ジャンルを問わず、

(少し、X JAPANが多めですが 笑)

様々なジャンルの音楽を流し続けた上で、

一緒にピアノを弾くなど、

「音」に触れ続けてもらっています。

 

そのような環境で育てているからか、

突然、息子と娘が、可愛らしい「歌」を創り、

一緒に歌い始めました。

 

「ランラランララーン♪だーいすき!」

 

と連呼する歌、たまらなく可愛いです。

 

どことなく、

エビスビールのCMで使われている

 

「第三の男のテーマ曲」

 

のメロディに似ていますが、大丈夫!

 

何事も、最初は「模倣」から始まるものであり、

「学ぶ」は「真似ぶ」とも言われているから!

 

と、兄妹初めての共同制作の歌の誕生を、

とても喜んでいます。

 

歌だけではなく、息子が、

 

「だーいすき!」

 

と言いながら、

娘をぎゅーっと、「ハグ」するのが感動!

 

そして、娘はまだ、

 

「だーいすちぃ!」

 

としか言えないのが、愛おし過ぎる!

 

と、なんとも親バカな心境になっておりますが、

是非、お時間ある時に見ていただき動画です^^

 

 

育児において大切なこの時期に、

「ビジネス」と「投資」で自由になって、

このような瞬間瞬間に立ち会い続けていることが、

本当に幸せです。

 

電通退社に、何一つ文句を言わず、

応援し続けてくれている妻に、

改めて、感謝しています!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

文句を言うのは依存している証拠

2013年07月07日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

0614_1

会社の上司や付き合っている恋人の、
文句ばかりを言う人がいます。

そんなに嫌なら、会社を辞めたり、
恋人と別れれば良いのに・・・
と思うのですが、そうはしないけど、
腹を立ててばかりいるのです。

その理由は何故でしょうか?

私は、それは、
相手に依存しきっているから
と考えています。

あらゆる事象を、
自分の責任において
処理することが出来ず、
相手に委ねているから、
そうなってしまうのです。

すべてを主体的に捉え、

「彼がこう指示するのは、
私のこの能力が足りないから」

「彼女がこんなことを言うのは
私があんなことをしたから」

というように、
自分の中で解決できれば、
余計に腹を立てたり、
文句を言うことは無くなります。

人は、相手に依存した途端に、
傲慢になってしまうのです。

「相手を尊敬できない」

という場合も、同じです。

原因は相手にあるのではなく、
自分にあります。

自分を尊敬できないからこそ、
相手の良い部分に
目を向けられないのです。

全ての人間関係は、
自分自身との関係の投影。

誰かの文句ばかりを言う人は、
未熟な自分を曝け出していると
自覚しましょう。

 

※10万円相当のメール講座をプレゼントします。

⇒ http://bit.ly/13MImVc

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料