■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


家族や仲間の「愛」に救われた日々

2016年11月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

  

先月の電通の過労自殺報道を受け、

亡くなった高橋まつりさんのTwitterを見てから、

あまりの悲しさに、辛く、苦しい1ヶ月でした。

 

彼女が残した言葉から感じる苦悩は、

私自身が電通の新入社員だった頃に抱えた苦悩と

大変酷似していて、他人事に思えなかったのです。

 

だからこそ、尊い命を絶ってしまった彼女の代わりに、

「新聞」、「雑誌」、「テレビ」などのメディアで

電通の実態を明かし、問題提起をし続けてきました。

 

電通の異常な働き方や縦社会の悪しき文化によって

今回の悲劇が起こってしまった以上、

電通社内の真相を知る人間として、

それを社会に伝える使命があると感じたのです。

 

しかしながら、

古巣を糾弾することは、本意ではありませんし、

とても、心苦しいことでした。

 

私には、お世話になった先輩、

可愛がっていた後輩がたくさんいて、

彼らは、今でも電通で頑張っていますから、

私の胸中は、とても複雑でした。

 

その心労は隠せず、

テレビや雑誌での私の暗い表情を見た方から、

私の疲労や痩せたことを心配するメッセージを

たくさんいただきました。

 

そして、色々とお気遣いくださいました。

 

引きこもりがちだった私を、

会合に連れ出して元気付けてくださった方、

私が抱える本当の気持ちを察して、

温かく、優しい言葉を送ってくださった方、、、

たくさんの方に、力を与えていただきました。

 

また、今回、少しでも元気になって欲しいと、

家族写真撮影の機会を作ってくださったのが、

Ryo’s Partyの岡野学さんです。

 

岡野さんは、これまで、

介護事業などに取り組まれてきた経営者さんで、

現在、インターネットを活用するビジネスを

私から学んでくださり、初月から数十万円の収入を

手にされている実力者です。

 

彼が紹介してくださったカメラマン、

堀口マモルさんが、

 

「地球上で最強なのは、ピュアな赤ちゃんの笑顔!」

 

「赤ちゃんの笑顔で、世の中をHAPPYに!」

 

という理念で、

NPO「スマイリングベイビー」を運営され、

様々な社会貢献活動をされていて、その一環で、

娘、息子、そして家族一同の写真を撮ってくれました。

 

family20161115_3

 

 

family20161115_2

 

 

 

 

 

family20161115_1

 

堀口さんは、東北の被災地や、フィリピンの病院などに、

積極的に寄付をしていらっしゃるので、

私も、素敵な写真を撮ってくださった御礼に、

心を込めて、寄付させていただきました。

 

社会貢献活動の詳細や、

可愛い赤ちゃん達の写真が掲載されている

スマイリングベイビーのHPは、こちらです。

 

http://www.smilingbaby.jp/

 

電通という大きな力を糾弾している昨今、

家族の写真を公開し続けることに対して、

複数の方から、心配の声をいただきます。

 

しかし、妻は、

 

「あなたは、何も間違ったことをしていない。 

 不安も少しはあるけど、あなたを1人にしないよ。」

 

と言ってくれています。

 

「日本社会に、新たな家族のあり方を示したい」

 

と願う、私の自己表現の1つの原点を

守り続けてくれる妻にも、改めて、感謝です。

 

私はこれからも、「働き方改革」に加え、

「家族のあり方改革」にも本格的に着手し、

笑顔溢れる家族を、日本に増やせるよう努力しますね。

 

この度、素敵な機会をくださった岡野さん、堀口さん、

本当にありがとうございました!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

金閣寺、清水寺に救われた日々

2016年01月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

kyoto0127_1

 

20代で京都太秦の撮影現場に入った当初、

京都の方々はとても怖い存在でした。

 

ドライで、排他的で、ガラが悪く、

若い私に真剣に向き合ってくれる方は

全くいないと感じていました。

 

スタッフ間の喧嘩も頻繁にあり、

怒号が飛び交う度に、

胃がキリキリ痛む、、、

そんな日々を送っていたのです。

 

視聴者として見ると、

とても温かい番組である「水戸黄門」も、

現場では揉めることが多くありました。

 

・演じる「俳優」

 

・放送する「TBS」

 

・制作する「東映太秦映像」

 

・番組提供する「松下電器(現パナソニック)」

 

それぞれに思惑があり、

時にそれらが交錯することで

現場に多大なストレスが溜まります。

 

その時、それを解決する役回りは、

広告代理店である電通の、

現場担当=私だったのです。

 

その様相は、

「板挟み」ではなく、「四面楚歌」。

 

20代前半の私にとって、

あまりにも荷が重い仕事でした。

 

ですから、時々、

現場から逃げるようにして、

金閣寺や清水寺の壮大な景観を眺めに行き、

心を落ち着かせていたことを思い出します。

 

kyoto0127_2

kyoto0127_3

kyoto0127_4

kyoto0127_5

kyoto0127_6

 

その後、

未熟ながらも一生懸命奮闘する私を見て、

京都の方々も少しずつ心を開いてくださり、

番組担当後半には、「心の友」のように

とても優しく接してくださいました。

 

このようにして

絆をとても大切にされる姿勢を見て、

最初は苦手だった京都の方や京言葉を、

私は愛するようになったのです。

 

快晴に恵まれた中、

久しぶりに金閣寺、清水寺を訪れ、

これらの場所が大切なことを

思い出させてくれました。

 

当時の関係各位の皆様には改めて、

感謝申し上げたいと思います。

 

お寺巡りの後は、京友禅を初体験しました。

 

元禄時代から続く京都の文化を

この手で実際に味わえて、

素晴らしい経験となりました。

 

私は、妻、息子、私、

それぞれの干支の絵を描いた

ハンカチを作りましたよ^^

 

kyoto0127_7

kyoto0127_8

kyoto0127_9

 

最後に、「北山モノリス」という

デザイナーズ空間で頂いた懐石料理も、

とても素晴らしかったです。

 

kyoto0127_10

kyoto0127_11

kyoto0127_12

kyoto0127_13

kyoto0127_14

kyoto0127_15

kyoto0127_16

kyoto0127_17

 

さて、明日は私の誕生日です。

 

ご報告させて頂きたいことがありますので、

また明日もご覧になってくださいね!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料