■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


日経平均株価2万円突破、暴落はいつか?

2017年06月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

日経平均株価が1年半ぶりに2万円を突破して、

先行きの景気回復持続を裏付ける明るい材料だと

受け止められています。

 

ただ、実態としては、米国株が最高値を更新し、

世界の株の時価総額も最高となる中で、マネーが

日本株にも流入しているだけだと言えるでしょう。

 

世界市場を牽引するのは、

AppleGoogleMicrosoft

AmazonFacebookなどの米国新興企業ばかりですが、

日本国内の上位は、トヨタ、NTT、三菱UFJなど、

伝統的な企業ばかりです。

 

日本においても、米国のように、

革新的で世界を変えていくような企業が生まれ、

名実ともに、景気回復していくことを願っています。

 

さて、これだけ株が上がってくると、

ダウンサイドリスク(下落で損失を被る可能性)

も気になります。

 

私は、「頭と尻尾はくれてやれ」の精神で、

国内株の一部は現時点の利益を確定して売却し、

FX投資の原資にしました。

 

短期的な利回りで見ると、

月利10%以上が目指せるFXに比べて、

株式での利回りが相対的に低いために、

方針転換をすることにしたのです。

 

「最高値を更新」

 

というニュースが駆け巡る時に飛び付くと、

暴落にやられることを、先日のビットコインも、

証明してくれましたよね。

 

株などの長期投資をするのであれば、

暴落してバーゲンセールになるまで待つか、

バフェットのように、確実に未来が明るい企業を

時間を掛けて選び抜いていくかです。

 

私は、短期的にはもっとレバレッジを利かせた

資産拡大をしたいと考え、FXをメインにしています。

 

FOMCでも3月に株高が指摘されていましたし、

NYダウは、株価暴落の前兆とされる

「ヒンデンブルグ・オーメン」も点灯したようですから、

注意したいですね。

 

ところで、最近私は、事業の多角化も進めていて、

恋愛系にも関わらせていただいています。

 

その中でお聞きしたのは、

 

・彼氏に送るべきメール

 

・彼氏に送ってはいけないメール

 

だと、圧倒的に後者の方が注目を集めるということです。

 

「株の暴落」「日本破産」などもそうですが、

人は失敗を恐れるので、ネガティブなもの、

悲観的なものにこそ興味を持つということを、

改めて学びました。

 

追伸;

 

親しくさせていただいている有本周平さんから

脂の乗った「石垣牛」をいただき、

家族で美味しくいただきました^^

 

 

有本さん、いつもありがとうございます!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

Apple株価最高値と、ピケティ「r > g」

2015年02月20日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0220

 

Appleの株価は過去最高値を付け、

世界の企業で初めて、時価総額が

7000億ドルを超えました。

 

大多数の国のGDPを上回る金額を、

創業40年足らずの一企業の市場価値が

上回っているのです。

 

世界第4位の人口大国である

インドネシアのGDPをも

超えてしまっている状況です。

 

Appleの躍進は、企業努力の賜物であり、

ジョブズ亡き後も発展し続けていることは

とても素晴らしいことだと思います。

 

ただし、その一方で、

富が一部に集まり過ぎていることは

無視出来ない問題であると考えています。

 

ピケティの著書「21世紀の資本」が

これだけ話題になっているのも、

誰もが、「格差」の拡大に懸念を

持っていることの表れですよね。

 

実際に米国では、

上位10%の総所得のシェアが、

1980年には30%だったのが、

現在は50%まで高まっています。

 

日本でも、同30%が現在、

40%になっています。

下層から上層へ、大規模な所得移転が

起こっているのが現状なのです。

 

ピケティは、資本収益率(r)が

経済成長率(g)を上回る国では、

格差が拡大し続けると主張しました。

 

色々な記事で目にする、

「r > g」ですね。

そして、この格差を是正するために、

世界的に「富裕税」を導入するべきだ

と言っています。

 

日本は今年から

相続税を大きく引き上げたので、

実質的に富裕税を課したようなものですが、

若年世代に富を還元する仕組みを作らなければ、

ただの搾取です。

 

若年世代に有利な税制に再調整すべきであり、

その観点では、

消費増税も愚策であるという意見に

私は大いに賛成です。

 

現在、世界中の人々が、

ピケティをきっかけに格差を考えるのは

とても良いことだと思います。

 

ただ、

ウォール・ストリート・ジャーナル紙に、

気になる記事がありました。

 

電子書籍リーダーの履歴データを見ると、

ピケティ「21世紀の資本」の読了率は

最下位だそうです。

 

700ページの大著なのに、

平均して25ページしか読まれていません。

 

ブームに乗って手に取ったものの、

読んではいない・・・ということです。

 

日本のような人口減少社会では、

相続や家族間の富の移転が

格差拡大にさらに重要な影響を及ぼします。

 

現在のピケティブームを、

一過性のものにするのではなく、

全世代の人間が真剣に

格差問題を考えるきっかけに

していきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料