■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


著作権、「死後70年」まで延長の方針

2018年02月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

政府は、「小説」や「音楽」の著作権保護期間を

現行の「死後50年」から20年延長し、

「死後70年」とする方針を固めました。

 

欧米は、1990年代に「70年」としている国が大半で、

日本は「映画」だけが、2003年に「70年」に

延長されていましたが、いよいよ、この流れが

「小説」や「音楽」にまで拡がることになりそうです。

 

「遺族を含めた、著作権者の利益を守るべきだ」

 

というのが、その真因とされていますが、

実際は、ディズニーなどを中心とした

大量の著作権を持ち、繁栄する企業の主張に

迎合しているように感じます。

 

もし私が、「小説」や「音楽」の権利ホルダーであり、

早くに死んでしまうと想定したら、

少なくとも、妻が生きている間は、

私の著作権の権利を持って欲しいと感じますし、

そこから収入が生まれるなら、

堂々と受け取って欲しいと思います。

 

しかしながら、子供に関しては、

ただお金を与えていくことが

良い未来につながるとは思えません。

 

親の責務は、子供に対して

「自分の力で生きていく術」を与えることであり、

お金で守ってあげるのは、10代までで十分だと思うからです。

 

ですから、これまでの「死後50年」というのは、

ちょうど良い期間(これでも長過ぎるくらい)と

考えていました。

 

また、過去の作品を、広く社会で活用していくためには、

早期に著作権フリーになることが重要だとも思います。

 

もちろん、作者や遺族の権利を守ることも重要ですが、

これらのバランスを考えると、「死後70年」は、

あまりにも長過ぎるのではないでしょうか。

 

たとえば、素晴らしい音楽が、

著作権の問題で演奏されずに社会から忘れられるのと、

著作権フリーとなり、誰もが自由に演奏し、

みんなに歌い継がれ、愛され続けていくのでは、

確実に後者の方が、健全な社会だと感じます。

 

そして、作者の多くの方も、それを望むと思います。

 

確かに、寿命は伸びているので、

親族が「生きている間」を重んじるなら、

延長することも理解ができます。

 

ただ、その一方で、

時代の流れが劇的に速くなっている中で、

さらに延長していくことに関しては、

時代に逆行しているとも感じてしまいます。

 

ということで、私は「死後50年」のままで良い、

と考えているのですが、あなたはどう思われますか?

 

様々なご意見をお聞きしたいです^^

 

追伸;

 

本日の写真は、まさに著作権が関わる「カラオケ」での

「息子&私」、「息子&娘」の2ショット、2枚です。

 

 

息子は、私の隣より、娘の隣の時の方が、

明らかに機嫌が良さそうです! ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「情報発信」と「FX」のプロコン

2017年06月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

私は現在、「情報発信」において、

トップクラスの実績を出すことができています。

 

・社長ブログランキング「1位」

 

 

・人気メルマガ(24時間)ランキング「3位」

 

 

・人気メルマガ(7日)ランキング「5位」

 

 

たくさんの方からご評価いただき、

心から感謝しています。

 

本当に、ありがとうございます。

 

「情報発信」の最大の魅力は、

「仲間との出会い」です。

 

自分の価値観を発信し続けることにより、

自然と、似たような価値観を持った方が

集まって来てくださいます。

 

そして、私と共に、輝かしい未来に向かって

人生を変えていく「同志」になってくださいます。

 

また、そのためのコストが、とても低いことにも、

感謝せずにはいられません。

 

FacebookYouTube等は「無料」ですし、

ブログやメルマガも、

それらから得られる対価に比べると、

格段に安い費用で運用することが可能です。

 

一方で、私が最近、「FX」に夢中なのは、

「情報発信」には全く無い、

数多くの魅力に溢れているからです。

 

これらの「長所」と「短所」、

つまりプロコン(pros and cons)をまとめます。

 

「再現性」と成果が出るまでの「期間」

 

 情報発信の場合は、大きな収入が得られるまでに

 数ヶ月、あるいは半年以上掛かる方が多いです。

 

 ですから、そこまでが耐えられず、

 諦めてしまう方も少なくありません。

 

 一方で、FXの場合は、正しいルール通りにやれば、

 初日から大きな収入になります。

 

 周囲の方と信頼関係を構築する期間が不要なので、

 収入が発生しないストレスとは無縁です。

 

必要な「コスト」

 

 FXの場合は、一時的に「損失」を抱えてしまう

 リスクがあります。

 

 それを将来の利益のための「必要経費」だと

 理解できる方は良いのですが、

 その痛みに耐えられず、次のチャレンジが

 できなくなる方もいらっしゃいます。

 

 一方で、情報発信は、

 コストがほとんど掛からないために、

 継続することの金銭的リスクがありません。

 

税金

 

 情報発信の先に得られる大きな収益には、

 多額の税金の支払いが求められます。

 

 法人でできる節税は、

 税の繰り延べに過ぎないものが多く、

 結果的に、法人で30%の納税、

 個人でも最大55%の納税が必要になります。

 (個人の税を不動産等で圧縮することは可能)

 

 一方、FXは、10億を得ても、100億を得ても、

 分離課税で20%であり、8割を残せます。

 

「複利」運用による資産形成

 

 個人で行う情報発信の収入は、

 年収1億円程度がMAXです。

 

 一方、投資による収益は、

 複利で運用することにより、

 「兆」が目指せるものであることを、

 ウォーレン・バフェットや

 ジョージ・ソロスが証明しています。

 

以上のようなプロコンの中で、

初期の低収入に耐えつつ、

長期的に仲間を創っていきたい方には

「情報発信」を。

 

早期に、そして長期的に

経済的な成功を求める方には、

FX」にチャレンジすることを、

お勧めしている次第です。

 

私は今後も、それぞれを学び、実践しながら、

より豊かな人生を目指していきたいと考えています。

 

追伸;

 

昨日も、FXの同志と学び合った後、

2日連続、美味しいパエリアを食べに行きました!

 

 

自分の姿は撮り忘れたので、少し前に、

同志の皆様に感謝の気持ちを込めて

シャンパンの差し入れをさせていただいた時の写真も

アップさせていただきます^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「フィンテック」等新事業育成へ、規制凍結

2017年05月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本政府が発表する施策として、久しぶりに、

とても前向きなニュースがありました。

 

「規制改革」のスピードを上げるために、

金融とITを融合した「フィンテック」や、

共有型経済である「シェアリングエコノミー」など、

急拡大する先進的な市場に対して、

関連法則を一時凍結し、規制に風穴を開け、

企業の新事業育成を促していくのです。

 

凍結が想定される規制は、

 

・金融業務にベンチャー企業が参入しにくい「銀行法」

 

・個人の旅行プランに対価を得られない「旅行業法」

 

・電柱にカメラやセンサーを設置できない「電波法」

 

などです。

 

これらにビジネスチャンスを感じながらも、

日本の規制で参入できなかった個人や企業に、

素晴らしいチャンスが舞い込みます。

 

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」

 

という名称で、未来投資会議で提言され、

政府が6月にまとめる成長戦略の柱に据える

とのことです。

 

今秋から制度設計を始めて、

早ければ来年度中にも

トライアル期間の開始を見込むということなので、

これは期待したいですね。

 

また、このトライアル期間が終了した後も、

実証が成功して、課題が整理できれば、

「規制自体を無くす」ことも有り得るとのことです。

 

私は、中途半端な「支援」よりも、

「規制緩和」の方が圧倒的に革命につながると

感じていますから、この動きに着目し、私自身も、

ビジネスチャンスを探したいと考えています。

 

さて、「サンドボックス」とは、

安全が約束された「砂場」で子供が遊ぶように、

何かに守られた特別な環境の中で、

新規事業にチャレンジしていくことを指します。

 

元々は、インターネット上で

セキュリティーチェックのために、

ソフトウェアの動作などを制限する環境を指し、

それが広義に解釈されるようになりました。

 

私自身、子供たちを砂場で遊ばせたり、

その他の公園の守られた環境の中で遊ばせる中、

「遊び」が「創意工夫」につながることを

日々、感じています。

 

 

そして本来、ビジネスもそうであるはずで、

誰かに与えられた義務をこなすのではなく、

自分の才能を最大限に発揮する遊びの延長に、

新しいイノベーションがあり、それが、

誰かの幸せにつながっていくはずです。

 

ですから、私はこれからも、

子供たちを安全な場所で遊ばせながら、

私自身も、日本政府の新たなチャレンジの中で遊び、

社会を変革できる何らかの新しいものを

生み出していきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料