■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


選択的「夫婦別姓」へ、国を提訴

2017年11月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

外国人との結婚では同姓か別姓かを選べるのに、

日本人同士の結婚だと選択できないのは

「法の下の平等」を定めた憲法に反するとして、

サイボウズの青野慶久社長が国を提訴しました。

 

青野社長は、旧姓の「青野」で

経営者としての信頼を築き、経営するサイボウズを

2000年に東証マザーズに上場させています。

その後、2001年のご結婚で姓が変わりましたが、

 

所有していた株式の名義を戸籍上の姓に書き換えるのに

300万円の費用を要したそうです。

 

「働き方が多様になった方が

 働きやすくなるのと同じで、

 姓も選択できる方が生きやすさにつながる」

 

と訴えていらっしゃり、私も賛同します。

 

なぜなら、私の母は、3度の結婚をしていて、

姓を3回も変えて4つの姓を名乗ってきたという半生で、

その度に、母がとても苦労しているのを

目の前で見ているからです。

 

さらに、私も思春期の改姓によって

周囲の方の視線を痛く感じた過去が

現実としてあるからです。

 

もちろん、結婚によって一緒になったことの「幸福」が

「同姓」によって少なからず得られることは、

全く否定しません。

 

しかし、それがすべてだとは思いません。

 

最も大切なのは、

 

「名前のつながり」

 

ではなく、

 

「心のつながり」

 

なのです。

 

「夫婦同姓」に縛られることでネガティブに働く何かが、

社会の中に少なからずあるのであれば、

それを解放する「自由」があってしかるべきだと

私は考えています。

 

たとえば、先日IT企業を設立した柴咲コウさんも、

お名前は「芸名」であり、ご本名ではありません。

 

ですから、会社の登記は、ご本名でされています。

 

ところが、会社のHPなどでは、

代表取締役「柴咲コウ」として、

堂々と表記されています。

 

そして、この事実に関して、

私は、全く問題無いと捉えています。

 

社会の中で生きていくために、自ら選んだ名前を、

そのまま刻めば良いと思うからです。

 

「夫婦は同姓でなければいけない」

 

「戸籍上の名前を名乗らなければいけない」

 

このような、個人を縛り付けるような古い常識は

「ダイバーシティ」「LGBT」を認める現代に

相応しくありません。

 

少子化を解決するために、結婚の制度自体も、

これから変化を求められるでしょうが、

まずは、選択的「夫婦別姓」だけでも、

認められる社会であって欲しいと思います。

 

それにしても、青野社長は、

「働き方改革に関するお詫び」広告などをはじめ、

社会活動を積極的にされていて、凄いですね。

 

今回の提訴も、社会を大きく変える一歩となることを

心から願っています。

 

追伸;

 

平日の午後は、「人気カフェ」ものんびりできます!

 

 

何にも縛られずに「自由」であることは、

本当に幸せなことだと、私は感じております^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

柴咲コウ、山田孝之「IT企業」で描く未来

2017年10月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

私が電通時代に大変お世話になった芸能事務所

「スターダストプロモーション」を牽引する2人、

柴咲コウさん、山田孝之さんが、

IT企業を設立する動きに注目が集まっています。

 

柴咲さんがCEOを務める「レトロワグラース」は、

Bダッシュベンチャーズなどから16000万円の

資金調達をすでに実現しており、

ファンクラブを前身としたメディア事業や

EC事業など、様々な事業を拡大していきます。

 

山田さんがトランスコスモスと共同で設立した

「ミーアンドスターズ」も、名前貸しではなく

本気で経営していくことが発表され、海外を含め、

ライブ配信による商品の紹介や販売などが

提供されていきます。

 

SMAPのメンバー3人も、

ジャニーズ時代に禁止されていたSNS

積極的に活用していく予定ですし、

西野亮廣さんも、ブログやクラウドファンディングなど

ネットを介した個人の活動における売上の一部を

吉本興業に自主的に入れています。

 

インターネットの発展に伴い、

大手事務所が弱体化していく中で、

「個人の時代」が、いよいよ、

芸能界にも本格的に到来しつつあると言えますね。

 

柴咲さんの会社のHPには、

以下のようなメッセージがあります。

 

「個々の特性を最大限活かし、

 真実の未来を奏でます。」

 

「情報社会の成熟と技術革新によって、

 従来の組織と個人のパワーバランスは

 根本から覆り始めました。」

 

「芸能に従事し、様々なバイアスの中で生きる私が

 社長となり、上場を目指す。」

 

「新時代の象徴のような存在となれたら嬉しいです。」

 

撮影現場で拝見した彼女は、

メディアのイメージ通り、

「信念を貫き通す人」という印象でした。

 

ですから、上記のような強い意志表明に、

彼女ならやってくれると期待しています。

 

また、山田さんに関しては、

スターダストの社員さんが私に、

 

「うちの山田に似てると言われませんか?」

 

とおっしゃってくださった過去があり、

当時は「電車男」のイメージで

ピンと来なかったのですが(笑)、

大俳優となられた現在は、とても誇りに感じています。

 

実際に、私も「鹿児島出身」ですし、「電車男」ですし、、、

 

何かとご縁を感じる方です。w

 

柴咲さん、山田さん、

その他芸能界の方々の「ITへの挑戦」からも学び、

「個人の時代」を、私なりに

描いていきたいと考えています。

 

追伸;

 

当社を牽引するタレントである娘が、

とても女の子らしくなってきました^^

 

 

ついつい、社長自ら、

ずっと写真撮影してしまいます!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b