■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


愚策を通達した電通・石井社長への提言

2016年10月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161018

 

電通の石井社長は、新入社員の過労自殺を受けて、

「月間労働時間の上限を5時間引き下げる」などと、

社員に通達しました。

 

この報道に対して、「素早い行動だ」と

一部で賛辞の声が上がっているようですが、

内情を少なからず知る私は、「愚策でしかない」

と捉えています。

 

そもそも、亡くなった新入社員に

多大なサービス残業があったことは明白です。

 

その風潮を是正せずに、時間短縮だけを命ずるのは、

社員にさらなる負担と、サービス残業を強いるだけです。

 

そして、電通の経営陣にとっては、何の痛みも無く、

高い人件費を圧縮できる好機に過ぎないということです。

 

電通には、中堅以上と若手の労働量に、

圧倒的な格差があります。

 

他の会社でも見られる光景でしょうが、

電通社内では、それが異常なほどに存在します。

 

特に、新入社員は、

早朝から深夜まで、トイレに行く時間も無い程に

大量の仕事が押し寄せてくる環境の中で、

先輩の弁当やタバコを買いに行かされます。

 

それに少しでも不快な表情や言動をすると、

殴られたり、蹴られたり、罵声を浴びせられる、

そういう文化です。

 

そのような軍隊さながらの環境の中で、

入社前までに持っていた自尊心は見事に破壊されて、

上司の犬になることを求められます。

 

そして、広告ビジネスではその悪しき文化を材料に、

クライアントを口説いていくのです。

 

「こいつが3日風呂に入らず、会社に寝泊まりして、

 今回のプレゼン資料を作ってきたんですよ」

 

滑稽な根性論で、

 

「電通さんなら、何でも気合いでやってくれる」

 

という評価を勝ち取り続けてきたということです。

 

一方で、仕事のスキルが、上司と部下で

逆転していることも少なくありません。

 

私が新入社員の頃は、

パワーポイントやエクセルを使いこなせない

無能の上司が、社内に無数にいました。

 

死ぬ程働いている自分が年収700万円程度、

パワポもエクセルもできずに、

部下に丸投げの上司が年収2000万円以上。

そんな会社のあり方に、

疑問を持たない方がおかしいでしょう。

 

また、電通の時代錯誤を象徴するのが、

鬼十則をいつまでも重宝しているところです。

 

例えば、その1つは、

「取り組んだら放すな、殺されても放すな、

 目的完遂までは……。」

私自身は、鬼十則を完全には否定しません。

 

むしろ、起業して少なからず成功できたのは、

鬼十則からの学びによるところも大きいと感じています。

 

しかしながら、この異常な根性論を

前向きに受け止められるのは、

私の世代が最後ではないでしょうか。

 

今の20代は、生まれてきてからずっと、

日本が右肩下がりであり、根性を強いても

素直に従えるはずがありません。

 

石井社長は、時代にそぐわなくなった鬼十則を

破り捨てることから始めるべきだと思います。

 

そして、今回、

新入社員にセクハラ、パワハラをした上司達と共に、

自ら率先して重い刑を受けるべきです。

 

彼女を死に追い込んだ犯人達が

今回もお咎めなしなら、

電通の文化は全く変わりません。

 

このまま、上が痛みを味わわず、

下に責任を押し付け続けるなら、

必ず、次の犠牲者が出ます。

 

ですから、これ以上の犠牲者を出さないために、

石井社長に提言をさせていただきます。

 

今回の文書の最後にある「この難局を打開する、、、」は、

「難局」と言っている時点で、当事者意識も

責任感も全く感じません。

 

もし、石井社長が少なからず責任を感じているならば、

抜本的改革のために、以下3点を早急にご検討ください。

 

1.鬼十則の廃止(少なくとも一部改訂)

 

2.彼女を死に追い込んだ社員への懲戒と刑罰(経営陣含む)

 

3.無能社員の減給・リストラ、若手社員の増員・待遇改善

 

賛否両論あると思いますが、

あなたはどう思われますか?

 

これは電通だけの問題ではなく、日本社会全体の問題です。

ご意見いただけると幸いです。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼

 

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「努力と根性」の過大評価

2016年01月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo_tsubasa0130

 

夏の甲子園に代表されるように、

日本は「努力と根性」を過大に評価し、

過酷な状況を乗り切る姿が美しいとされます。

 

連日連投で延長戦も投げ抜くようなピッチャー、

炎天下で倒れそうになりながら走る外野手、

そんな彼らの姿を、全員が讃えます。

 

私も、彼らの努力をテレビで見て、

感動し、元気を頂きますから、

その感情は理解できます。

 

しかしながら、

彼らの未来のことを真剣に考えると、

もう少し違う判断があっても良いと思います。

 

未来に偉大なプロ野球選手になり、

メジャーでも活躍する可能性がある選手が、

この環境によって芽が潰されるリスクもある、

と感じるのです。

 

ですから、身体を休めるために、

試合の一部は空調の効いたドームを活用したり、

ピッチャーの連投を制限するなど、

もっと選手のことを考えた議論を

積極的にしていくべきだと思います。

 

会社員の長時間労働が評価されるのも、

同じ理屈だと言えます。

 

プライベートを削って、

会社に身を捧げる人こそが、

どんどん評価されていく。

 

サービス残業も厭わず、

すべての時間を仕事に使う人こそが、

しっかり休みを取る人より昇進する。

 

そんな風土が、まだまだ残っています。

 

私は、努力することを

否定している訳ではありません。

 

ただ、努力の仕方を、

見直すべきだと思います。

 

大切なのは、

 

「長時間やること」

 

「寝ないでやること」

 

「自分の人生を削ること」

 

ではありません。

 

「効率的に、要領良くやること」

 

なのです。

 

私は、あらゆる予定の前に、

プライベートの予定を組みます。

 

「どこで食事をするか」

 

「どこに旅行をするか」

 

「誰と会うか」

 

人生を豊かにするために、

自分の人生を生きるために、

自分の幸せをとことん考えます。

 

そして、その時間を確保するために、

仕事を効率的に実践していくのです。

 

先進国の多くが

平均睡眠時間が7時間を超えているのに、

日本は6時間台だという調査があります。

(サノフィ・アベンティス睡眠実態調査等)

 

私も短眠法を試しましたが、

私の場合は、生産性が明らかに落ちました。

 

高い集中力を維持するためには、やはり、

しっかり睡眠をとることが大切です。

 

一部、ショートスリーパーの方もいますが、

それは特定の方に与えられた「ギフト」です。

 

一般的には、

7時間程度の睡眠確保が重要なのに、

それができていないからこそ、

日本は労働生産性が低いとも言えるでしょう。

 

あなたも是非、

世間に流されず、他人の価値観で生きず、

自分の人生を歩んでくださいね。

 

そのために、

「努力と根性」を過大評価せず、

効率的に、要領良く行動し、

幸せな人生を送って頂きたいと思います。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「武道」と精神の教育について

2015年11月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa_papa1109

 

息子にはあらゆる体験をさせたいと思い、

視野を広げて検討していますが、その中で、

「武道」にも興味を持っています。

 

私自身、空手を小学生の時に習っていて、

その体験の中で、「礼」を学び、

「根性」を身に付けたと考えているからです。

 

ただ、空手は流派が300もあり、

日本の中では組織が統一されていません。

 

全日本選手権で毎年、

300人以上の全日本チャンピオンが

生まれてしまっている状況なので、

指導の内容も、レベルも、

バラバラだという印象を持っています。

 

そのような観点で見ると、

警察にも取り入れられていて、

国内の組織がしっかりしている

「剣道」か「柔道」の方がベターだと

感じています。

 

そして、これらの中でも

特に興味を持っているのが、

「剣道」です。

 

その理由は、

 

・打たれることへの感謝が芽生えること

 

・長短一味を学べること

 

・圧倒的な集中力を宿してくれること

 

です。

 

剣道は、竹刀で打たれることを、

精神的に充実していない「虚」の部分や

技術的に熟達していない「幼稚」な部分を

叩いて教えてくれると学びます。

 

現代社会では、

打たれ弱い人が増えていますから、

今こそ、この「叩かれることへの感謝」を

身につけるべきだと感じているのです。

 

また、剣道形の一つである

「小太刀三本」において、

「ものごとすべてに長所と短所がある」

ことを学べることも大切です。

 

間合によって、長刀が遠い時に有利、

近い時に不利になり、逆に、

小太刀は遠くでは不利であり、

近くでは有利になるということを知ります。

 

この、両面を知ることが、

謙虚さと傲慢さの行き過ぎを防ぐことに繋がり、

バランス感覚の良い人間に育つと考えています。

 

最後に、集中力に関しては、

完全な私見なのですが、剣道における集中力が

最もレベルが高いと思うのです。

 

電通時代に木村拓哉さんのCM現場に

立ち会わせて頂いたことがあるのですが、

彼のオンオフの切り替えは

凄まじいものがありました。

 

彼のプロフィールを知って、

きっと、剣道からあれだけの

集中力を得たのだと感じたのです。

 

アイドルでありながら、ふわふわせず、

揺るがない芯の強さを持っていらっしゃるのも、

武道で培ったものだと思います。

 

以上の理由で、息子にやらせるなら、

剣道が良いかなと感じています。

 

もちろん、精神の教育以外の観点で、

取り組んだ先に何を得られるかを教えるのも

親の義務だと思います。

 

経済的な成功を考えると、

野球やサッカー、あるいはゴルフなどに

本気で取り組ませた方が良いでしょう。

 

親がどこまで道を用意するかは

難しいところですが、

父親が主導していかなければ、

イチローや石川遼が生まれなかった訳ですから、

武道か、スポーツか、具体的に何をさせるのか、

私も真剣に考えたいと思います。

 

あなたが武道経験者や

お子様に武道を習わせていらっしゃれば、

そのご経験から、ご意見下さいますと幸いです!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「自由」と「規律」のバランス

2015年04月09日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0409_1

 

「練習中は水を飲むな!」

 

学生時代の部活などで、

このような理不尽な指導を

受けた方も多いと思います。

 

会社の中でも、

 

「今は大変だろうけど、

 3年、我慢してくれ。」

 

などと、根拠の無い苦悩を

強いられた方も多いでしょう。

 

このように、日本人の中には、

「苦しむこと=努力すること」という

意識が染み付いています。

 

これにはあらゆる要因がありますが、

戦争における圧倒的な戦力不足を、

「精神力でカバーする」という、

帝国陸軍以来の伝統が一因でしょうね。

 

そして、戦後の日本経済は、

組立加工業を中心に発展しました。

 

加工業には「正確性」が求められ、

それは「規律」によって生み出されるので、

多くの会社は「規律」を重んじました。

 

結果的に経済が発展したのですが、

時代の流れの中で、組立加工業だけでは

世界の中で取り残されるようになっています。

 

ソフト産業やコンテンツ産業など、

「規律」で「がんじがらめ」ではない、

「自由」な発想が求められているのです。

 

つまり、「規律」で「苦しむ」のではなく、

「自由」に「楽しむ」ことが大切なのです。

 

日本でも、この発想の転換が必要です。

日本には「楽しむ」心が足りないので、

それが得意なイタリア人が生み出すような

素敵なデザインや斬新な発想が生まれません。

 

ですから、私達は、

規律に縛られるのではなく、

ゼロレベルから発想できるよう、

苦しみから離れて楽しんでいくことが

大切だと考えています。

 

私自身も、

「仕事は苦しいもの」という発想から、

「仕事を楽しもう」と切り替えたことで、

大きな成果が出るようになりました。

 

あなたも、目の前のビジネスを

規律で制限せずに、自由に、楽しみながら、

取り組んでいって下さいね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料