■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


教育無償化「住民税非課税世帯」で検討

2017年11月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

政府が、大学などの「高等教育」に加え、

2歳児以下」の認可保育園の費用に関して、

「住民税が課されない世帯」を対象に

無償化する方向で検討に入っています。

 

住民税非課税世帯とは、

「年収約250万円未満」であり、

低収入の方から救っていくのは

社会の格差是正のためにも、政府の予算の観点でも、

合理的だと考えられているのでしょうが、

私は、違和感を覚える政策です。

 

その理由は、以下の通りです。

 

・各家庭が所得を減らそうという圧力となり、

 労働力不足に拍車をかけてしまう。

 

・認可外保育園が対象外のため、

 待機児童解消が余計に困難になる。

 

・教育は親のためではなく子供のためのものであり、

 社会の未来のためのものなので、

 親の収入で差別するべきではない。

 

子供の時は、全員が「無収入」です。

 

ですから、どんな家庭にとっても、

平等な「教育無償化」こそが、

文明国の証だと感じます。

 

もちろん、低収入の人が全員、

努力していないとは言いませんが、

高収入の人は確実に努力していますし、

高い税金も納めています。

 

それなのに、子供の教育に関しても

努力が報われないような社会になることに

私は大きな危惧の念を抱きます。

 

短期的な経済状況ばかりを気にして、

 

「財源が無いから、この対策しかできません」

 

ではなくて、

 

「未来の日本のためにこうするべきで、

 そのために必要なことは、これだ。」

 

というような未来創造型の議論を

進めていくことが大切だと思います。

 

現代の日本は、貧困層だけではなく、

一般的な層までもが、

育児をする中で苦しんでいることが、

大問題なのです。

 

社会全体の底上げになるような新たな施策を

政府には期待したいと思います。

 

その上で、国がやらないのであれば、

自分で「時間」と「お金」を生み出す努力を

続けていくしかありませんね。

 

追伸;

 

本日の写真は、娘&実家のワンちゃんです!

 

娘は少し前まで犬を怖がっていたのに、

最近は優しく、背中を撫でてあげられています^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

田舎の「お互いさま」と「無料」の意識格差

2017年08月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

妻の実家は、目の前が大きな畑と田んぼで、

その周辺の道を、先日コストコで買ったばかりの

「ラジオフライヤー」で誰にも邪魔されず、

思いっ切り走ることができます。

 

道の両脇の木々や田んぼの中には、

セミ、トンボ、カエルなどがたくさんいて、

東京では体感し辛い、自然に溢れています。

 

また、家のお庭も広く、大声で笑いながら、

プールに冷たい水を入れて、裸で遊ぶこともできて、

小さい子どもの育児には最高の環境だと感じます。

 

最近は、インターネットの発達に伴い、

どこでも仕事をすることができるので、

田舎への移住を選ぶ方も増えているようです。

 

ところが、そのような方と、

元々、その地域に住んでいた方との間にある

意識の格差が、顕在化しているようです。

 

日本の多くの地方では、今でも、

近所の人間同士が様々なものを分け合う文化が

残っています。

 

一方で、都会では、あらゆるモノやサービスが

「お金」で清算されます。

 

ですから、この都会の感覚に慣れてしまうと、

近所の方が無償で提供したものも、

0円で手にする契約が完了したと勘違いし、

「無料のサービス」として受け取ってしまうのです。

 

もちろん、「タダ」であげた方も、

自分だけに見返りを求めている訳ではありません。

 

自分達が暮らすコミュニティーの中で、

余っているものは提供し合うという

「お互いさま」の文化が根付いているからこそ、

このような善意が地域に循環していくことを

願っているのです。

 

ですから、受け取った方が、

与えてくださった方に何かを返すだけではなく、

輪の中で、それぞれができることをすれば良い、

というように考えているのです。

 

つまり、可能な範囲で資源を分かち合う

「循環型のシステム」として、自然と、

相互扶助の関係が結ばれているのです。

 

お金は、このような善意を

お互いにわかりやすく示すための

ツールだったはずです。

 

ところが、いつの間にか、

人はお金にとらわれてしまい、

元々持っていた思いやりを失いつつあります。

 

そして、都会から田舎に移住する方のように、

相手の善意を搾取するだけになる人間を

生み出してしまっているのだと感じました。

 

お金の価値がどんどん希薄化していく未来、

もしかしたら、「古い」と感じがちな

現在の田舎の価値観の方が、実は、

都会に暮らす「今」の価値観よりも

何歩も進んでいると言えるかもしれません。

 

都会で流行りつつあるシェアリングエコノミーも、

田舎では当たり前のことですからね。

 

田舎には田舎の良さがあり、

都会には都会の良さがあります。

 

私達は、様々な視点で都会を選び、

東京のど真ん中で生活していますが、

人間が本来持っていた、助け合いの文化や

周囲の方に少しでも貢献するという意識は

絶対に忘れないようにしたいと考えています。

 

そのようなことを思い出させてくれた

妻のお義父さんと、ご近所の方々に感謝して、

これから、東京に戻ります^^

 

追伸;

 

本日の写真は、妻の実家最終日の

子供達の様子です!

 

 

プールの写真は特に、息子も、娘も、

笑顔が一段と輝いていて、お気に入りです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「コストコ」時給1800円と地域格差問題

2017年08月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ


 

妻の実家に帰省して、お義父さんや姪っ子も一緒に

近くの「コストコ」に買い物に来ました。

 

店舗スペースが巨大だからか、

気持ちもそれに合わせて大きくなり、

ついつい、あれもこれも買ってしまいます。

 

今回も、息子におねだりされるがままに

次々と買ってあげて、その中の一つ、

POLICEの制服を着た息子に、早速、

帰宅後に逮捕された父親です。。。笑

 

 

 

さて、コストコと言えば、

時給が高いことでも有名です。

 

全国一律1200円以上で募集していて、

1000時間ごとに昇給し、

最高で1800円になります。

 

これは、首都圏の賃金設定を

全国で採用しているからであり、

日本だけではなく、コストコが進出する

どの国でも、同じルールが適用されるという

グローバルスタンダードに基づくものです。

 

時給700-800円の地域は、

コストコの進出によって、

 

「都市に働きに出ていた人も

 地元に戻ってくるきっかけになる」

 

と喜ぶ一方で、

 

「人材獲得が困難になる可能性がある」

 

と危惧する声も出ているようです。

 

私は、後者のような見解を持つ企業は、

努力が足りず、これから淘汰されていくと

考えています。

 

従業員に厚待遇で報いるのが

経営者としての務めですから、

それを放棄して他社に文句を言うのは、

情けないとしか言えません。

 

収入が高くなった個人が

消費も活発に行うことで、

その他の産業も潤っていくのです。

 

特に日本は、企業の内部留保で

経済が低迷しているのですから、

社員への還元を急ぐべきでしょう。

 

国内企業が率先してやるべきことを、

外資にやらされている訳ですが、

むしろ、コストコに感謝して、

どんどん変化していくべきだと思います。

 

日本では、保育や介護などに関わる方の

報酬が低いのも、大問題です。

 

既得権益を持つ企業や個人ばかりが

潤う社会ではなく、

価値のある大変な仕事をしている方こそが、

高い報酬を得る社会に変えなければいけませんね。

 

追伸;

 

実家に戻る途中に、花火を見ました!

 

 

昨年までは大きな音に怖がっていた息子も、

キラキラの美しさを見て喜ぶようになり、

この小さな成長に感動しています^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「心のケアと育み」、経済的成功への伴走

2016年12月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

格差社会、不安定な雇用環境の拡大が進む現代、

最も必要とされるのは、「心のケアと育み」、

そして、経済的成功への「伴走」だと考えています。

 

見えない不安や恐怖を抱えながら、

生きづらい毎日を懸命に生きている方が

たくさんいらっしゃいます。

 

心にぽっかりと穴が空いてしまったような、

居心地の悪い自分を感じている方が、

社会の中のすぐ隣で、苦悩を抱えています。

 

そして、どうしようもないような生きづらさを

わが身に引き受けざるを得ない方の声が、

毎日のように、私の耳に届きます。

 

その声は、決して大きいものばかりではありません。

 

多くの場合は、ささやくような小さな声で、

自らの物語を語り始めているのです。

 

私は、そのささやきにじっと耳を傾けて、

共に希望を紡ぎたいと願っています。

 

そのために、過去2回、

木村龍星さん、小堀豊さんと共に開催してきた

「エニアグラム・マスターワークショップ」は、

たくさんの方にお集まりいただき、当日は皆様に、

素敵な笑顔を咲かせてきました。

 

混迷を深める社会の中で、

闇の中にほんのり浮かび上がる「灯火」を、

共に見つけてきたのです。

 

次回、3回目となるワークショップでは、

これまでの内容に加え、経済的成功への道標も

皆様に授けていくことが可能になりました。

 

心を見つめ、心を学びながら、

新たな収入源を手にすることができる。

 

そのような希望の光を、

与えられたら嬉しいと考えています。

 

来年2017年の122日(日)13時半、

場所は「渋谷Hikarie」です。

 

先着30名様に、こちらからお申込みいただけますので、

是非、いらっしゃってくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/eniamaster_b

 

当日は17時半から懇親会も予定していますので、

「新年会」として、皆様と交流できるのを

心から楽しみにしています。

 

私達はこれからも、自らの生き方を問い、

歩み続けて行きます。

 

そして、私達が創り合うべき未来の光景を、

心をケアし、育み続ける中で、

あなたと共に描き合っていくことを願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

愚策を通達した電通・石井社長への提言

2016年10月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161018

 

電通の石井社長は、新入社員の過労自殺を受けて、

「月間労働時間の上限を5時間引き下げる」などと、

社員に通達しました。

 

この報道に対して、「素早い行動だ」と

一部で賛辞の声が上がっているようですが、

内情を少なからず知る私は、「愚策でしかない」

と捉えています。

 

そもそも、亡くなった新入社員に

多大なサービス残業があったことは明白です。

 

その風潮を是正せずに、時間短縮だけを命ずるのは、

社員にさらなる負担と、サービス残業を強いるだけです。

 

そして、電通の経営陣にとっては、何の痛みも無く、

高い人件費を圧縮できる好機に過ぎないということです。

 

電通には、中堅以上と若手の労働量に、

圧倒的な格差があります。

 

他の会社でも見られる光景でしょうが、

電通社内では、それが異常なほどに存在します。

 

特に、新入社員は、

早朝から深夜まで、トイレに行く時間も無い程に

大量の仕事が押し寄せてくる環境の中で、

先輩の弁当やタバコを買いに行かされます。

 

それに少しでも不快な表情や言動をすると、

殴られたり、蹴られたり、罵声を浴びせられる、

そういう文化です。

 

そのような軍隊さながらの環境の中で、

入社前までに持っていた自尊心は見事に破壊されて、

上司の犬になることを求められます。

 

そして、広告ビジネスではその悪しき文化を材料に、

クライアントを口説いていくのです。

 

「こいつが3日風呂に入らず、会社に寝泊まりして、

 今回のプレゼン資料を作ってきたんですよ」

 

滑稽な根性論で、

 

「電通さんなら、何でも気合いでやってくれる」

 

という評価を勝ち取り続けてきたということです。

 

一方で、仕事のスキルが、上司と部下で

逆転していることも少なくありません。

 

私が新入社員の頃は、

パワーポイントやエクセルを使いこなせない

無能の上司が、社内に無数にいました。

 

死ぬ程働いている自分が年収700万円程度、

パワポもエクセルもできずに、

部下に丸投げの上司が年収2000万円以上。

そんな会社のあり方に、

疑問を持たない方がおかしいでしょう。

 

また、電通の時代錯誤を象徴するのが、

鬼十則をいつまでも重宝しているところです。

 

例えば、その1つは、

「取り組んだら放すな、殺されても放すな、

 目的完遂までは……。」

私自身は、鬼十則を完全には否定しません。

 

むしろ、起業して少なからず成功できたのは、

鬼十則からの学びによるところも大きいと感じています。

 

しかしながら、この異常な根性論を

前向きに受け止められるのは、

私の世代が最後ではないでしょうか。

 

今の20代は、生まれてきてからずっと、

日本が右肩下がりであり、根性を強いても

素直に従えるはずがありません。

 

石井社長は、時代にそぐわなくなった鬼十則を

破り捨てることから始めるべきだと思います。

 

そして、今回、

新入社員にセクハラ、パワハラをした上司達と共に、

自ら率先して重い刑を受けるべきです。

 

彼女を死に追い込んだ犯人達が

今回もお咎めなしなら、

電通の文化は全く変わりません。

 

このまま、上が痛みを味わわず、

下に責任を押し付け続けるなら、

必ず、次の犠牲者が出ます。

 

ですから、これ以上の犠牲者を出さないために、

石井社長に提言をさせていただきます。

 

今回の文書の最後にある「この難局を打開する、、、」は、

「難局」と言っている時点で、当事者意識も

責任感も全く感じません。

 

もし、石井社長が少なからず責任を感じているならば、

抜本的改革のために、以下3点を早急にご検討ください。

 

1.鬼十則の廃止(少なくとも一部改訂)

 

2.彼女を死に追い込んだ社員への懲戒と刑罰(経営陣含む)

 

3.無能社員の減給・リストラ、若手社員の増員・待遇改善

 

賛否両論あると思いますが、

あなたはどう思われますか?

 

これは電通だけの問題ではなく、日本社会全体の問題です。

ご意見いただけると幸いです。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼

 

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

ビジネスの成功と「譲る」意識の重要性

2016年10月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161001

 

エレベーターで乗り合わせたご年配の女性から、

人生において「譲る」ということの大切さを

教わりました。

 

私達がボタンを押して、その方に

先に出ていただこうと思っていたのですが、

 

「こんなに小さい子供達を育てているのですもの。

 一番可愛いけど、とても大変な時期よね。

 お先にどうぞ。」

 

と声を掛けてくださって、

私達を先に出してくださったのです。

 

子供達だけでなく、荷物も抱えていたので、

とても有り難く感じるとともに、社会の中で

「我先に」と自分主導で言動するのではなく、

誰かに何かを譲るという心配りが、

こんなに人を幸せにするものなのだと

改めて気付かされました。

 

ビジネスの世界に身を置いていると、

このような思いやりとは

全く逆の価値観が蔓延していることを

認識させられます。

 

「早く、大きく、稼いだ者が勝ち」

 

という、極端に偏った考え方です。

 

本当に価値のあるものを提供できているならば、

それは素晴らしいことであり、

全く問題がありません。

 

しかしながら、

人の道から外れるようなことをやってまで、

「奪ったものが偉い」と捉えるような意識は、

改めなければいけません。

 

もし、私達が島の中で少人数民族の生活をするなら、

取れた獲物を譲り合い、分け合うはずです。

 

しかし、現在、社会の中で余っているお金は、

ビジネスや金融の世界で奪い合う対象になっていて、

結果として、それが格差に結び付いています。

 

人は、名を残すためや、財産を残すために、

生まれてきた訳ではありません。

 

人としてどう生きるかの叡智を与え合い、

命を次の世代に譲っていくために存在しています。

 

つまり、「譲る」という意識が、

社会全体を幸せにするには欠かせないのです。

 

だからこそ、私はビジネスにおいても、

成功した時は仲間のおかげ、

失敗した時は自分の責任だと常に意識して、

相手に譲る気持ち、仲間で分け合う姿勢を

持ち続けたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

国富を持続させる「利他」の概念

2016年04月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0403

 

国富は自動的に形成されるものではなく、

社会の中で個々人が周囲の方に配慮し、

最善の行動を取ることによって実現します。

 

もし、現在の日本において、

年齢の高い世代が利己的な行動に走れば、

票数という力によって国の財源を使い果たします。

 

子世代、孫世代、そして、

まだ生まれていない未来の世代に対して

意識と財源を配っていく心が、

日本の豊かな経済社会を持続するのです。

 

もちろん、若い世代が上の世代から

お金を搾取すれば良いということではありません。

 

若い世代は、

豊かな日本を築いてくれた先人達に感謝しながらも、

両者が納得できる形で

格差を埋めていく仕組みづくりをするべきですね。

 

そのような観点では、

介護事業をはじめとした、

若い力が先人達を支えるビジネスに、

緩和や助成をしていく政治も必要になるでしょう。

 

祖母がお世話になっている施設では、

若い方が朝から晩まで、一生懸命働いています。

 

しかし、彼らが受け取っている賃金は、

決して高いものではありません。

保育事業も含めて、「命」に関わる仕事は、

国家的事業として、もっと重んじられるべきですね。

 

また、現在の社会福祉制度は、

日本の高度成長期に設けられたものですから、

少子高齢化を迎えた現代には相応しくありません。

遠くない未来に、

人口の半分が65歳以上になる日本は、

社会設計の抜本的な改革が必要です。

 

金融資産の6割以上が、

60歳以上に偏っている世代間格差を、

至急、是正していかなければいけないのです。

 

このような過程においては、

それぞれの世代が利己だけを考えることなく、

利他の心を忘れないようにしたいですね。

 

結婚生活においても、

会社の同僚とのコミュニケーションにおいても、

あらゆる場面でそうですが、

利己に走ってしまうと、その関係は破綻します。

 

いかに相手を思いながら、

社会全体の国富を維持していくかを

個々人が考えなければいけない時代ですね。

 

そして、そのような気持ちを土台に行動すれば、

どのような行為も、関係も、ビジネスも、

価値のあるものになると信じています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

教育の「経済格差」と「情報格差」

2015年10月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

東京大学では、年収400万円以下の

家庭の学生の授業料が全額免除になり、

この層の合格者が増えています。

 

これは、2008年から

始まっている制度ですが、

まだ、ご存知無い方も多いようです。

 

教育に関しては、「経済格差」によって

子供の所得も大きく差が出てしまうと言う

「格差の再生産」が叫ばれていますが、

「情報格差」も、見逃すことができません。

 

子供達のために、親が真剣に情報を取り、

最適な判断をしていくべきですね。

 

お金の運用を考えても、以前は、

郵便局や銀行に預けているだけで

高い金利により自動でお金が殖えました。

 

しかし、現代は(特にこの数年は)、

いくら大きなお金を持っていたとしても、

銀行に預けているだけだと

世界基準で見て資産が減ってしまいます。

 

金融の知識を身に付け、

リスクを取って投資しなければ

お金は殖やせない時代なのです。

 

正しい情報と

的確な判断力を持った人だけが、

富を構築していくことが可能だ、

ということですね。

 

教育も全く同じで、

子供の豊かな未来を確保するために、

正しい情報を掴んで、

実行していく行動力が必要なのだと

感じています。

 

さて、東京大学をはじめ、複数の大学が、

親の年収によって学費を全額、

または一部免除する施策を行っていますが、

あなたはどう思いますか?

 

私は、賛成です。

 

親が高収入であれば、

質の高い教育を受けられて当然です。

 

でも、そのような至れり尽くせりの環境で

学んで来た子供は、他者に甘えていて、

主体性の無い人間になっている可能性も

内在していると思います。

 

一方、親が高収入ではない家庭でも

必死に学んで学力を高めた学生は、

ガッツがあって、未来を切り拓く方だと

感じるのです。

 

もちろん、反対意見も多い事案だと

考えています。

 

そもそも、

これからの時代に学歴は必要なのか?

東京大学に行く価値はあるのか?

などの議論もあるかと思いますが、、、

 

その点はまた別の機会で考えるとして、

まずはこの施策に関して、

あなたのご意見もお聞かせ頂けると幸いです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

移ろいゆく「美しいもの」

2015年08月03日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0803

 

大量の情報に接していると、

どうしても不安に煽られます。

 

「勝ち組・負け組の格差社会」

「老後には◯◯◯◯万円必要だ」

「年金崩壊」「日本破綻」、、、、

 

それらに対策するために、

また大量の情報を集め始め、

そうして、どんどんと

情報の渦に巻き込まれていきます。

 

せっかく、自分の未来を

強化するために集めた情報で、

自分の不安までをも

強化させてしまうのです。

 

誰もが、

落ちこぼれてしまわないように、

少なくとも、

人並みでいられるように、

未来に備えて一生懸命ですよね。

 

これが、現代の情報化社会の

負の側面だと考えています。

 

私は、情報によって

大きく人生を変えましたし、

これからも、情報を大切にして

生きていくつもりです。

 

ただ、必要以上の情報を浴び続けて

情報にとらわれて生きていくことは、

目の前の大切なことを

忘れさせてしまうと危惧しています。

 

目の前には、美しいもの、

大切にすべきものが

たくさん存在しているはずです。

 

子供の成長、

移ろう季節、

色とりどりの花、

流れる雲、

青い海や空、

老いていく親、、、、

 

儚い人生の中で

いつ何が起こっても

大きな後悔をしないように、

目の前の、美しく、大切なものを

見つめるべきだと感じています。

 

そして、やりたいこと、

できることは、今、やることです。

 

それは、「非日常の贅沢をしよう」

ということではありません。

 

感謝すべき人に、

「ありがとう」と伝えること。

 

愛している人に、

「愛している」と伝えること。

 

そんな当たり前のことを

情報の渦の中で忘れないようにしたいと、

息子と手をつなぎ歩く散歩道で感じました。

 

移ろいゆく美しいものを、

心から、大切にしていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

これからの時代の「働く意味」

2015年06月24日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0624

 

資本主義の経済では、利益追求の競争で

社会が発展していくという前提があります。

 

ですから、

 

「仕事は会社の利益を上げるためにする」

 

という考え方が主流になります。

 

しかし、利益を追求するだけでは、

社会は良くなっていきません。

世界の政治や経済のシステムは

残念ながら完璧とはほど遠い状態であり、

 

貧困、格差、地球温暖化、紛争、テロ、、、

 

と、地球規模の課題がこれだけ

起こっているのが、何よりの証拠です。

 

もちろん、これらを解決するのは

国や政治家の仕事です。

 

しかしながら、

グローバル化が進み、

国境を越えて資本や情報が

行き来している現代では、

国や政府という枠組みを超えて

解決を図る必要があります。

 

ここで、私自身が、

個人でそんな大層なことができると

言いたいのではありません。

 

しかし、今現在も

救いの手を必要とする人がいる現実があるのに、

その人達に手を差し伸べることをせず、

「誰かがやってくれる」と見ないフリをするのは

大きな問題だと思います。

 

また、「正しい」と思われていた価値観が

一瞬で壊れる今の時代においては、

もはや自分だけが幸せになるための

働き方や生き方というものは有り得ないと

多くの方が気付いているはずです。

 

ですから、一人一人が、

自分だけではなく、他人を幸せにして、

社会をより良くしていくという

意識を持つことが極めて大切です。

 

そして、仕事においても、

他人や社会にどう貢献するかという

観点を持ち合わせることが

これからの時代の「働く意味」に

繋がると捉えています。

 

そのためにも、

個人ビジネスで「稼ぐ」というだけでなく、

社会にどう関わるかという意識まで

情報共有していくことが、

先に成果を出している人間の「使命」

なのではないでしょうか。

 

これは個人的見解であり、

誰かに強要するつもりもありませんが、

少なくとも、私から学んで頂いて

成果を出された皆さんには、

この理念を継承したいと考えています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料