■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


映像はとても正直。だからこそ魅力的。

2018年07月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

動画SNSTik Tok」が、中国、日本、タイ、

ベトナムなどで大流行しています。

 

インターネットの個人媒体としては、

最初にブログが流行した後、

FacebookInstagramなどが爆発的人気となり、

現在、YouTubeなどに加えて、アジアでは

Tik Tokが急拡大している状況になっています。

 

この流れは、まさに、

 

「文章」「写真」「映像」

 

です。

 

以前は、インターネットの中に

ファンタジーが求められ、

そのような加工が簡単であった「文章」が

主流となっていました。

 

そこに、写真が加わって、より、

リアルの世界に近付いていきました。

 

しかし、写真もある程度の加工ができますし、

その「瞬間」しか写し出さないので、

リアルとは違う印象を持つことも少なくありません。

 

一方で、「映像」というのは、

加工が難しく、とても正直な情報です。

 

現実世界をそのまま投影することが可能な

唯一のコンテンツになり得るのです。

 

そして、インターネットに「リアル」を求める声が

どんどん高まっていく中で、いよいよ、

映像が個人媒体でも加速的に普及しています。

 

コンテンツの発信を支える技術面も、

 

「文章」「写真」「映像」

 

の順にハードルが高くなりますから、

当然、それらの技術が進んだことが、

この流れを後押ししているのは間違いありません。

 

ただ、人々が求めるものが、

一気に「映像」に向かっていることは、

別世界だったインターネットが、

より現実社会に近づいてくる証左のように感じます。

 

つまり、これまでは、

無理してでも「加工」することで

勝ち取ることが可能だったポジションを、

これからは、簡単には獲得することが

できなくなっていくでしょう。

 

リアルの世界で要求される「人間力」が、

インターネットの世界でも必要とされる時代に

確実に入っていくことになります。

 

このような変化を認識した上で、

背伸びせずとも魅力的な人間であれるよう、

自分を磨き続けなければいけないですね。

 

追伸;

 

息子が、妻と私に「踊って良いよー!」と言って、

上手く踊れない私達に、お手本を示してくれた映像。

 

 

 

 

やっぱり、映像は正直で、

リアリティを映し出すなーと感じながら、

上手に踊るカッコイイ息子と、その後ろで

最後だけこっそり踊る可愛い娘を見つめて、

リピート再生しています^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

江戸時代の「子育て」と父の「あり方」

2015年11月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa1120

 

私が子煩悩なのは、母子家庭で育った

私自身のコンプレックスの裏返しだと

自覚しています。

 

私が与えて欲しかった父親の愛を

私自身が父として息子に与えることで

心に抱え込んだコンプレックスを

解消しているのです。

 

現在のところ、それは息子にとっても

幸せなことだと考えていますが、

バランスを欠いて過保護になり過ぎないよう、

息子の年齢に合わせて距離を変化させたいと

考えています。

 

ただ、譲れないこともあります。

 

それは、息子が「正直な心」を持つまでは、

どんな障害があっても

私が責任を持って育てていくということです。

 

私は、水戸黄門の制作を長く担当し、

江戸時代の時代背景を学んだことで、

家庭の中での父親のあり方に関して、

とても大きな影響を受けています。

 

現代より20年寿命が短く、

子供が20歳前後で結婚していた江戸時代、

父の家庭における子育ての責任は

とても大きいものでした。

 

その中で、

江戸の人育て、人づくりの根底には、

「正直」思想があったことを知りました。

 

正直こそが、貴賎や職分に関係なく、

すべての人間が守るべき最高の徳目とされ、

父から子に受け継がれていたということです。

 

現在の日本は教育の低下が叫ばれており、

その問題が学校に押し付けられています。

 

ところが、私は江戸時代の人育て、人づくりを

水戸黄門の制作に関わりながら学んだことで

教育の問題は学校に押し付けるべきではなく、

家庭での心の教育こそを見直すべきだと

考えてきました。

 

現代は、正直者は馬鹿を見るとか、

正直でない者が経済的に成功すると

捉えられている側面もあります。

 

しかし、私の価値観においては、

例え古いと言われても、

江戸の父親のあり方を継承したいのです。

 

そして、それこそが、

現代の価値観が崩れた先、

新たな時代の到来と共に、

改めて支持されると考えています。

 

子育てはとても難しいもので、

親の望む通りに子供が育たないことも

多いのかもしれません。

 

しかし、とても難しいからこそ、

子供との距離感を考え、与える言葉を考え、

真剣に向き合い続けることが、

親としての使命と言えるのではないでしょうか。

 

そして、江戸時代のように

父親が子供にしっかり向き合える

豊かな時間を創り出すために、

多くの方の働き方の改革をお手伝いすることが、

私の社会貢献の一つだと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

仕事の成功に重要な「ウソ・ハッタリ」

2015年06月19日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

 

mama_tsubasa0619

 

ビル・ゲイツは、BASIC未完成の状態で

MITSに売り込み、契約が成立してから

大急ぎで開発したと言われます。

 

同様に、Windowsも、

先に売り込んでから開発したという

逸話が残されています。

 

スティーブ・ジョブズも、

引き渡す商品ができていなくても、

ハッタリでなんとかする名人でした。

 

「ウソをついてはいけない」

 

「ハッタリはカッコ悪い。」

 

彼らがそんな風に考えていたら、

今のマイクロソフトやアップルは

存在していないのです。

 

「ウソでも現実にしてやる」

 

という意気込みが、成功の秘訣だとも

言えますよね。

 

私達が仕事をしていると、

 

「できるか?できないか?」

 

という仕事の依頼を受けることが

あります。

 

もしその時、

自分の現在の能力では

与えられた仕事の達成が

難しいと感じたとしても、

「できません」と言ってはいけません。

 

その途端に、成長のチャンスが

消え去ってしまいます。

 

ハッタリでも良いので、

「できます」と引き受けて、

それを必死にモノにするよう

努力をすることが大切ですね。

 

日本の芸能界で、次から次に

流行を創り出している秋元康さんは、

 

「僕は自分が詐欺師だと言っている。

 次の流行は誰にも分からない。

 でも、時代が見えるとウソを言って

 それを本当に流行らせる努力をするのが

 僕の仕事なんだ。」

 

と語っていました。

 

仕事への意気込みと覚悟を感じる

素晴らしい言葉ですよね。

 

もちろん、

誰かを騙すための悪意あるウソや

他人に迷惑をかけるハッタリは

避けるべきだと思います。

 

しかし、

正直になり過ぎても、

抜きん出た存在になることはできません。

 

適度なウソやハッタリを交えて、

それらを絶対に達成するという気概を持ち、

自己を成長させることを視野に入れて

歩んでいきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

正直は最大の戦略である

2014年02月05日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

201401111_7

 

「勝てば官軍」という思想があります。

 

負けたら何も言えないから、

汚いことをしてでも勝ちにいくんだ、

といった論理です。

 

この思想は、

正しい側面もあるのでしょう。

でも、私には、息苦しさを感じます。

 

子供っぽいと言われるかもしれませんが、

勝てなくて、官軍にはなれないとしても、

正直者がバカを見ない社会にしたい、

と願っているのです。

 

そんな私にとって、

救われるような思いがした

実験結果があります。

 

社会心理学者の山岸俊男氏の著書

「信頼の構造」の中で、

紹介されたものです。

 

山岸氏は、ある種のゲームを繰り返し、

どういう戦略を持った人間が

そのゲームの勝利を得るか、

という実験を重ねました。

 

その結論が、

 

相手を騙したり

裏切ったりするプレイヤーよりも

正直なプレイヤーの方が

大きな収穫を得る。

 

というものです。

 

自分を偽って

大人っぽく振る舞ったり、

悪ぶったりする必要は無い。

 

正直にやればいい、

ということなんです。

 

世の中で信じられている、

「やっぱり悪が勝つ」

という法則は気持ち悪い。

 

一方で、悪いことをしないで

貧しい人生を選ぶ、

という清貧の思想も不自由です。

 

私達は、正直に生きれば良い。

 

正直こそが、最大の戦略なんです。

 

企業も、正直な企業が選ばれます。

 

無駄に着飾って

お客様を騙すような企業は

衰退していくでしょう。

 

考え方、モラル、センス。

 

そんなところに

賛成される企業こそが、

生き残っていくのです。

 

もちろん、個人も同じですね。

 

嘘がまかり通る

インターネットの世界だからこそ、

正直に生きていきたいですよね。

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料