■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


経験の「メタ化」による加速成長

2015年07月12日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0712

 

宮本武蔵は「一道は万芸に通ず」と言い、

世阿弥も「一芸は万芸に通ず」と残しました。

 

これらの言葉の意味は、

 

「一つの道を極めていけば、

 他の道をも理解する力が身に付く」

 

ということです。

 

宮本武蔵は

生涯一度も負けることの無い

「剣豪」でありながら、

書画や文才にも秀でた人物でした。

 

総合芸術世阿弥は

目の前の一芸にこだわり抜いて

「能」を総合芸術として大成させました。

 

ある道で力を発揮する人は

実際に多芸の方が多く、

現代のアーティストでも、

歌や楽器だけではなく、

絵画や書画などの素晴らしい作品を

残す方が多くいらっしゃいます。

 

それでは、

単純に一つのことだけ

やり続ければ良いかと言うと、

残念ながら、

一つの分野だけは素晴らしくても

常識外れになってしまう方がいます。

 

「専門バカ」などと揶揄されて

しまうような方です。

 

このように、一芸に通じながらも、

万芸に通じる人物に成長する人と、

専門バカになってしまう人の違いは、

どこにあるのでしょうか?

 

私は、それを

対象の情報を抽象化する、

つまり、「メタ化」する力が

あるかどうかに因ると考えています。

 

例えば、目の前の絵を見て、

色使いや線の書き方だけを学ぶのではなく、

どうしてこの絵で人の心が動くのか、

明暗なのか、色彩の変化なのか、

そもそも、どうして人は絵に惹かれるのかを

学んでいくのです。

 

また、例えばレストランの接客であれば、

料理を出す段取りから、お客様にとって

心地良いタイミングでのサービスを学び、

同じ労力で効果が全く違うことを学び、

意図は段取りが無ければ実現しないことを

学んでいくのです。

 

普段、目の当たりにする

具体的な事象をメタ化して、

あらゆる場面で使える知識へと

昇華させていくということですね。

 

「これは自分の人生において

 どんな学びになるだろう?」

 

目の前の事象を見て

リアルタイムに考え続けることが

とても大切です。

 

そのような意識で生活をすれば、

日常生活は学びの宝庫になりますね。

 

経験をメタ化して、

成長を加速させていきましょう。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

最高の能力を引き出す「フロー」

2015年04月06日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa0407

 

宮本武蔵は「五輪書」という兵法書に、

「人は揺らぎ、とらわれると死ぬ。」

と表記しています。

 

真剣で戦っていた時代、

ノンフロー(集中力を欠いた状態)で

パフォーマンスの質が下がってしまったら、

それは即刻、「死」を意味していた

ということです。

 

現代でも、

イチロー選手のバッティングや、

羽生名人が将棋を指す姿を見ると、

フロー(完璧な集中力)状態に

入っていることが分かりますね。

 

他人と違う成果を出すためには、

目の前の活動に完璧に没頭できる

「フロー」状態を創り出すことが

必要だということです。

 

私も、これまでの人生で

何度かフローを経験しています。

 

例えば、

バスケットボール部だった中学生時代、

一人で残って練習を続け、気が付くと、

3ポイントシュートを何度でも、

目を閉じたままで入れられるように

なっていました。

 

大学受験の時は、

時間が止まったように集中して、

ふと時計を見ると5時間勉強していた、

というようなこともありました。

 

今、当時のようなバスケのプレーや、

勉強への集中力を出せるかと言われると、

それは難しいと思います。

 

何故なら、当時は

目の前のことに「本気」だからこそ、

できたことだからです。

 

私達は幸運なことに、

フローにならなくても

死なない時代に生きています。

 

しかし、だからこそ、

本気になることが出来ないとも

考えられますね。

 

そのような中で、

他者よりも優れた成果を出すために、

私達は自ら、フロー状態に導かなければ

いけません。

 

その為に、ノンフローに導くような

無駄なモノやコトを削ぎ落として、

目の前のことに「本気」になる習慣を

付けていくべきですね。

 

そして、フローになっている方達の

言動を参考にしながら、

自分なりのフローへのスイッチを

探っていきましょう。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料