■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


仮想通貨の「税金」と、世界的な法人税「減税」

2017年12月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

2017年は仮想通貨で大きな利益を出した方が多く、

日本国内に住んでいれば、その納税も多額になります。

 

仮想通貨の取引で生じる利益は

原則で「雑所得」となり、給与などと合わせて

全体の所得額に応じた「5-45%」の税率が

適用されることになります。

 

また、損益通算も不可能です。

 

「株」や「FX」での利益が

分離で約20%であることと比べると、現時点では、

大きな利益を出した人ほど、重税感は否めません。

 

私がビットコインへの投資をお勧めして

10倍の利益で一部確定した会社員の方々も、

「初めての確定申告」だとおっしゃっていて、

概算での所得税額に驚いていました。

 

今後、環境が整えば「株」や「FX」のように

どれだけ利益を出しても

20%となる可能性はありますが、

今年、円に換えて利益確定してしまった分は、

しっかり納税しなければいけませんね。

 

FXで一時期、脱税が話題になったように、

2018年は、国内の仮想通貨脱税が騒がれるでしょう。

 

国税庁が定めた「ルール」ですから、

国民の義務として、しっかり納税しなければいけません。

 

一方、法人での収益に赤字がある場合は、

法人の所得(と認められるならば)として

個人で納税するより安くなる可能性はありますが、

そこは税務署が厳しく見てくるでしょうね。

 

なお、法人税に関しては、

「積極的な賃上げ」と「革新的な技術への投資」をすれば

実質「20%程度」に下げるという方針を

政府が発表しました。

 

アメリカもフランスも、法人税を下げる方向にある中、

日本も条件付きで追随する形ですが、

もっとシンプルな形にしないと、

このままで経済に効果があるのか、疑問です。

 

むしろ、役人のために

新たな仕事を創っているだけのような、、、

 

これからの時代は、

「税金」で有利な場所を選ぶ「人」や「会社」が

どんどん増えていくでしょう。

 

それこそ、今年は仮想通貨の利益確定を見送って、

海外移住後に現地通貨に換える予定の方も、

少なからずいらっしゃいます。

(国がどう判断するかは不明)

 

私は、総合力で日本を選んでいますが、

引き続き、様々な視点で、

最も豊かに、幸せに生きることができる空間を

選定したいと考えております。

 

追伸;

 

友人お勧めのお蕎麦「渋谷・RYAN」。

 

 

お刺身も、お魚料理も、お蕎麦も、食後のコーヒーも、

すべて、とっても美味しかったです^^

 

美味しいお食事が安価でいただけることは、

間違いなく、日本の「高得点」の一因ですね!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

減税すべきは法人ではなく個人

2014年09月29日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

iPhone6plus0929

日本の法人税は高いと言いますが、

実際は、様々な抜け穴があります。

 

例えば、商社の実質的な税負担率は、

下記の通りです。

 

企業名  税抜き前利益  負担税  負担率

 

 丸紅   3665億円    7億円        0.2%

 

 伊藤忠  1805億円  187億円    2.4%

 

 三井物産 10875億円   683億円   6.3%

 

 三菱商事 22224億円 2272億円    10.2% 

 

名目上の法人実効税率が35%程度なのに、

実質的には10%も払っていないような

企業ばかりなのです。

 

これらの企業が優遇されているのは、

現地法人を作り、その株を保有し、

利益を配当で得ているからです。

 

現地法人からの配当所得の95%には

税金が課せられません。

 

つまり、輸出して稼げば稼ぐだけ、

税金が安くなるという仕組みです。

(もちろん現地の法人税は納めます)

 

また、租税特別措置法により、

「試験研究費」の10%を

法人税の20%を限度に

減税できることになっています。

 

実質的に、大企業は特別に

20%減税されているのです。

 

このようなメリットを活かし、

日本の大企業はこの10年で、

100兆円もの内部留保金を

蓄えています。

 

すでに、300兆円もの大金が、

大企業の中で眠っているのです。

 

それなのに、

国は更に法人税を下げて、

個人の所得税を上げ、

消費税を上げようとしています。

 

大企業を優遇し過ぎてきたことが

日本をおかしくしたのに、

全く、是正しようとしていません。

 

今、税を取るべきなのは、

個人ではありません。

 

抜け穴を使って

税を逃れている大企業に、

しっかりと矛先を向けるべきです。

 

お人好し国家日本の国民も、

そろそろ、牙を剥かなければなりません。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料