■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


世界の日野皓正「ビンタ否定」の愚

2017年09月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

ジャズトランペット奏者の日野皓正さんが、

東京都世田谷区で開催されたコンサートの最中、

ドラムを演奏していた男子中学生の髪をつかみ、

顔を往復ビンタしてしまった件。

 

実際の映像もネットやテレビで公開されましたが、

世論は賛否両論の意見で、二分されていました。

 

「さすがにあれは行き過ぎた指導。

 親や、他のお客さんの前で、虐待だ、、、」

 

「中学生が調子に乗り過ぎていた。

 暴力的な指導も、致し方無い。」

 

私自身も、微妙な問題だと思っていました。

 

映画「セッション」で描かれた通り、

音楽には「喜び」や「楽しさ」がある一方、

人前で演奏するスキルを手にするまでに、

「恐怖」や「狂気」があるのも事実です。

 

演奏者の可能性を最大限に引き出すために、

時に、指導者が「鬼教師」になる必要が

あることも理解できます。

 

しかしながら、本番は指導の場ではなく、

エンターテインメントの場です。

 

お客様からお金をいただいている限り、

たとえドラムの生徒が和を乱す行為をしても、

突然、演奏を止めて暴力で指導するのは

避けなければいけません。

 

むしろ、本番までに、

演奏者全員をそのレベルまで指導できなかった

指導者側に問題があると捉え、反省するべきだと

感じていました。

 

もちろん、日野さんは

誰もができないような努力を続けてきたからこそ、

世界的な音楽家になれたという自負があり、

生徒の皆さんにもそのレベルを求め、

真剣に指導してきたのでしょう。

 

本番でそれをぶち壊すような行為があったことで、

感情を抑えきれなかったのだと思います。

 

ですから、日野さんには、

 

「私も本番で最高の演奏を実現したかったから、

 感情的になってしまった。

 

 親御さんや会場の皆さんには、謝罪したい。

 

 皆さんの声をしっかり受け止めて、

 今後の指導のあり方を検討したい。」

 

などという言葉を期待していました。

 

しかし、

 

「ビンタはしていない。

 ちょっと軽く触っただけ。」

 

と言ってしまった記者会見を見て、、、

とても残念でした。。

 

暴力が許されなくなっている

時代の変化もあります。

 

日々の言動が、写真や映像で

すぐに拡散され叩かれてしまう社会で、

閉塞感を覚える人も多いでしょう。

 

様々な要因もあり複雑な問題ですが、

それぞれが家庭や学校、会社の中で、

「指導」のあり方を見つめる

良い機会にしたいですね。

 

追伸;

 

我が家の「音楽教育」は、スパルタ排除!

 

とにかく、音に触れて楽しませることを、

強く意識しています。

 

 

写真の通り、息子と娘が一緒にピアノを弾く姿は、

私にとっても、幸せなひと時です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

感動的なX JAPAN「アコースティック」ライブ

2017年07月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


激しいドラム演奏で頸椎椎間孔狭窄症を患い、

首に穴を開ける人工椎間板置換手術をした

X JAPANのリーダー、YOSHIKI

 

5月のLAでの手術からまだ2ヶ月、

手に強い痺れが残っている状態ですが、

 

「生きる目標にするために、決行したい」

 

と、ドラム無しのアコースティックライブが

大阪城ホールに続き、横浜アリーナで開催されました。

 

今回の手術は、極めてリスクの高いものであり、

事前に「遺書」を書かされたというYOSHIKIは、

 

「自分の命が無くなることよりも、

 アーティスト生命が終わることの方が

 とても怖かった。」

 

と語り、音楽家として生き続けるための

最善の選択をしたと、振り返ります。

 

それでも、手術前よりも手や指に痛みが出て、

歩行さえ困難になった手術直後の身体の状態に、

 

X JAPANを再結成しなければ、

 こんなことにならなかったのではないかと

 複雑な思いも抱えた」

 

と吐露していました。

 

その上で、

 

「音楽を自分から奪ったら、何も残らない」

 

からこそ、辛いリハビリを乗り越え、

2ヶ月でピアノを弾き続けられる状態まで回復し、

今回のアコースティックライブが実現したのです。

 

私は、今しか見ることのできないX JAPAN

この目でしっかり見ようと、妻と共に参戦。

 

 

本来はハードな楽曲も、

アコースティックのアレンジで生まれ変わり、

とても感動的な時間を過ごさせていただきました。

 

YOSHIKIは最後に、

 

「ドラマーがドラムを叩かないライブで、

 ファンの皆さんを感動させられるか不安だった。

 

 それなのに、来てくれて本当にありがとう。

 これからも、何度も転ぶことがあると思うけど、

 (本当は転びたくないけど)

 何度でも立ち上がって、挑戦を続けていきたい。

 

 皆も、辛いことがたくさんあるかもしれないけど、

 目の前の壁を、ぶち壊していって欲しい」

 

メンバーの脱退、死、洗脳、そして、病。

 

様々なドラマを乗り越えていく彼らの生き様は、

音楽の感動と共に、たくさんの学びを与えてくれます。

 

YOSHIKIToshIに、

 

「俺達、もう40年以上の付き合いだよね。

 途中10年間、ToshIは違う星に行ってたけど。

 洗脳星(せんのうせい)ね、

 なんか、本当にありそうな名前の星だね!ww

 

などと笑って言えるようになった幼馴染の絆も、

とても微笑ましくて、感慨深いものがありました。

 

久しぶりの夫婦2人だけの時間でリフレッシュできて、

明日への活力をいただいたことに、心から感謝です^^

 

追伸;

 

素敵な方々からのお花もたくさんあって、

会場の外も豪華絢爛でした^^

(残念ながら、会場内は撮影禁止)

 

 

また、両親に預けていた息子が、私達が帰宅後、

 

「つっくんも行きたかった!」

 

と言うので、

 

「小学生になるまで、もう少しの辛抱だよ!」

 

と慰め、ペンライトをプレゼントしました。

 

 

明後日のWOWOW生放送も、

家族でペンライトを振りながら、

一緒に楽しもうと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料