■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「理想的な海外移住国」ランキング

2019年01月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

子どもの教育や老後の暮らしの選択肢として、

「海外移住」を検討する人が増えている中、

HSBCが「理想的な海外移住国」ランキングを

発表しました。

 

上位5つの国と、その要因を転載すると、

 

1位:シンガポール

 

 治安や医療、教育などの生活基盤が安定

 

2位:ニュージーランド

 

 投資家や起業家が税率の優遇制度に注目

 

3位:ドイツ

 

 育児や教育に熱心な社会であり、経済も安定

 

4位:カナダ

 

 多様性への理解が高く、AIやゲーム産業が活発

 

5位:バーレーン

 

 育児や医療の環境が充実

 

とのことです。

 

なお、日本は、

昨年の「22位」から、「30位」へと、

大幅に順位を落としてしまいました。

 

「起業のしやすさ」

 

「ワークライフバランス」

 

「友達の作りやすさ」

 

などの点で、下位に甘んじてしまっている

ということです。

 

ただし、治安は「1位」。

 

私達夫婦の協議の中でも、

日本の「治安の良さ」への感謝があり、

海外移住の検討が止まっています。

 

子どもへの教育のことや、税金のことなど、

色々と考えることはありますが、

治安の悪化によって失ってしまうものがあれば、

本末転倒だからです。

 

特に、お正月のこの時期は、

家族や親族、妻の実家の周辺の皆様との

様々な触れ合いの中で、

日本に住むことの有り難さを感じます。

 

今年も、私達家族は、結婚式を挙げた

妻の実家近くの妻沼聖天山歓喜院に、

初詣に行きました。

 

寒さが厳しい中で、心を温めてくれる、

我が家の毎年の恒例行事。

 

ここから始まる新たな1年で、

家族のための最適な選択をするため、

引き続き情報を取り、検討を進めたいと思います。

 

追伸;

 

本日の写真は、我が家の初詣の様子と、

新年早々に家族でいただくのが楽しみな

定番の「いくら丼」です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

世界の勝ち組・ユダヤ人の子育て

2014年11月29日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

family1129

 

世界の富を牛耳るユダヤ人は

子供の教育に極めて熱心で、

「ジューイッシュ・マザー」

(ユダヤ人の教育ママ)という言葉が

広く知られる程です。

 

ジューイッシュ・マザーは

「過保護」で「教育熱心」であり、

「勉強は一生続けるもの」という

信念を持って教えています。

 

日本にも、

以前はそのような母親がいて、

それが高度経済成長に導く一因と

考えられていました。

 

しかし、最近では、

「過保護」ではあっても、

「教育熱心」な母親は減ってしまい、

それが国力の減退に繋がっています。

 

この現状は、

 

「教育ママが子供の自主性を損なう」

 

と批判的な情報を発信し続けた

マスコミの責任が大きいですね。

 

私は、あらゆることに

好奇心を持つことの大切さ、

やり遂げることの素晴らしさを

子供に伝えることは、

国の未来を担う

親の責務でもあると考えます。

 

ユダヤ人は

アメリカ全人口の2%ですが、

アメリカ経済を引っ張る

国際金融やIT産業などを牛耳っています。

 

ロスチャイルド、

ソロモン・ブラザーズ、

ゴールドマン・サックスなどは

すべてユダヤ系ですし、

ジョージ・ソロスも、

ビル・ゲイツもユダヤ人です。

 

「ユダヤ人は金に汚い」

というような批判もありますが、

ユダヤ人が秀でているのは

お金儲けだけではありません。

 

物理学者アインシュタイン、

「資本論」のマルクス、

ノーベル経済学賞学者フリードマン、

チャップリンやスピルバーグなど、

学問や文化・芸術などの世界をも

牛耳っていると言えます。

 

これだけの名だたる偉人を

輩出しているのですから、

素直に、彼らの真似をすべきだ

というのが、私の考えです。

 

だからこそ、

子育ては国に任せず、

妻だけにも任せず、

家庭で出来る「教育」を

しっかり行っていきます。

 

ユダヤ人の子育ての基本は、

 

「徹底的に子供を愛することで、

 子供が自分を信じられる人間になる」

 

というものです。

 

収入が二極化する未来には、

ユダヤ人の子育てを学び、

世界で勝てる子供に育てなければ、

子供を幸せに導けません。

 

そして、

そう考える親が増えれば、

日本の未来は少なからず

明るくなっていくと考えています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料