■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「こんまり」40億円超を資金調達へ

2019年03月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

日本が誇る「片付けのエキスパート」、

「こんまり」こと近藤麻理恵さんが、

ベンチャーキャピタルに「40億円超」の

資金調達を交渉しています。

 

Eコマースのプラットフォーム構築に使い、

ビジネスで大々的に、仕掛ける予定です。

 

この報道を受けて、私が感じたことは、

 

・個人が世界を動かす時代

 

 2010年に出版した

 『人生がときめく片づけの魔法』が、

 国内で150万部を突破した後、

 世界40カ国で翻訳されて、

 シリーズ累計1000万部を超える

 世界的大ベストセラーとなり、瞬く間に、

 世界を動かす個人になられました。

 

 このことは、現代の大いなるチャンスを

 象徴していると感じます。

 

Netflixのメディアとしての台頭

 

 アカデミー賞で3部門を受賞した

 「ROMA」に続き、Netflixが、

 社会を大きく変えつつあります。

 

 2019年からNetflixでスタートした冠番組

 『KonMari人生がときめく片づけの魔法─』

 が、190カ国で放映されていることが、

 彼女のブランドを一気に押し上げました。

 

 ネットメディアが台頭し、

 「時代を創る」社会になっています。

 

・夫婦で会社を創業

 

 彼女が夫婦で受けた取材記事を拝見して、

 ご主人が「麻理恵さん」と呼んでいるのが

 とても印象的でした。

 

 彼女への敬意を持ちながら、夫婦で創業し、

 夫婦で世界を変えようとチャレンジされるお姿は、

 結婚のあり方としても、先進的です。

 

 「女性が活躍する時代」であり、

 「夫婦で支え合って、ビジネスを展開する時代」。

 

 その先駆者として、学ばせていただいています。

 

実は、私の会社は元々、

妻のプライベートサロン事業をメインとして

創業しました。

 

その後、妻は育児でお休みしていて、

私が様々な事業で頑張ってきましたが、

また妻がサロン等を再開する際には、夫として、

全面的に協力したいと思っています。

 

日本人夫婦が、

まさに世界を変えようとしている現在、

私達夫婦も刺激をいただいて、

チャレンジし続けたいと感じています。

 

追伸;

 

最近、ラーメンの食べ過ぎで、太っています。

 

昨夜も、肉が大盛りのラーメンを食べて、

お腹がはち切れそう!!

 

 

 

でも、濃厚で美味しかったよー!

とご満悦な、息子と私の2ショットです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

誘導タスクで最初の一歩を

2014年08月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

brixton

 

やろうと思っていることが

なかなか出来ない場合は、

「誘導タスク」の設定をお薦めします。

 

例えば、

部屋の片付けがなかなか進まず、

気付いたら荷物の山になっていた

というご経験はありませんか?

 

そんな時は、

片付けたい荷物の山を、

外出する時に玄関に置いてから

出発するのです。

 

そうすると、帰宅時に必然的に

片付けなければいけなくなり、

嫌でも片付けに向き合いますね。

 

あるいは、

読みたいと思って買って来たけど、

全然目を通さない本が、もう5冊も

積み重なっている・・・なんてことも

あるのではないでしょうか。

 

そんな時は、

それらの本を枕の横に置き、

朝起きた瞬間に1ページでも

目を通し始めるのです。

 

このようにして、

強引に「最初の一歩」を踏み出すと、

今まで進まなかった作業が

進んでいきます。

 

どんなことも、

最初の一歩が重要なのです。

 

ですから、自ら、

「誘導タスク」を仕掛けて、

その作業に自分を導きましょう。

 

やらなければいけない状況を

自ら創り出す工夫をして、

今すぐ「出来る」人に

なって下さいね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

身体もデスクもメタボ検診を!

2014年08月02日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

desk0802

 

仕事で成果を上げられない時は、

デスクがメタボになっていないか、

確認してみましょう。

 

メタボと言うと、

ポッコリお腹を想像しがちですが、

本来の意味は「代謝症候群」。

 

不要物を排泄出来ず、

機能不全に陥る状態を指します。

 

あなたが毎日を過ごす大切な場所が

メタボデスクになっていたら、

成果が出なくて当然なのです。

 

年収1500万円以上と

年収500万円台の2グループを対象にした

「片付け」に関するアンケートでは、

下記のような明確な差が出ています。

 

◆毎日書類を捨てているか?

 

年収1500万円以上 56%

年収500万円台    42%

 

◆名刺をデジタル管理するか?

 

年収1500万円以上 27%

年収500万円台      3%

 

◆新聞雑誌記事をクリッピングするか?

 

年収1500万円以上 31%

年収500万円台    16%

 

◆自宅を毎日整理整頓するか?

 

年収1500万円以上 18%

年収500万円台      5%

 

◆マインドマップで思考を整理するか?

 

年収1500万円以上 25%

年収500万円台      8%

 

稼ぐ人は、

デスクも、部屋も、頭の中も、

常に整理し続けているのです。

 

身体の場合は、

食べて(IN)、

栄養分を吸収して(STOCK)、

排泄(OUT)します。

 

これと同様に、

ビジネスの場面でも、

データや書類を入れて(IN)、

収納し、頭に記憶して(STOCK)、

不要なものを捨てる(OUT)ことが

繰り返されますね。

 

身体はSTOCKの工程で、

デンプンをブドウ糖に分解します。

 

そして、整理をする工程でも、

この「分解」が大切なのです。

 

資料の必要な部分だけ切り取ったり、

データをフォルダや日付で管理して

不要なものはゴミ箱に入れる技術を

鍛えなければいけません。

 

「時系列で並べる」

 

「頻繁に使うものは手前に配置する」

 

「1ヶ月経過したものは捨てる」

 

など、明確なルールを

設ける必要がありますね。

 

必要な資料やデータを探すのに

不必要な時間を掛けるのは

明らかな無駄です。

 

1枚の紙を探し出す為に

30分も掛かってしまったり、

パソコンのフォルダから

目当てのデータを見付け出せずに

また2時間掛けて作り直したり・・・。

そのようなことを繰り返す限り、

ライバルより大きな成果を

上げることは難しいでしょう。

 

IN-STOCK-OUTの工程を

しっかり見つめ直して、

生産性を飛躍的に向上させることを

意識して下さいね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料