■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


働く女は、結局中身、オスである

2019年03月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

 

女性ファッション誌「Domani」の

地下鉄駅構内に張り出された広告コピー、

 

「働く女は、結局中身、オスである」

 

が、「女性蔑視」だと批判を浴びています。

 

多様化社会の中では、

 

「男は、こういう生き物だ」

 

「女は、こうあるべきだ」

 

というような表現が、

時代にフィットしなくなっていますね。

 

私は、「働く」という言葉の定義が、

「傍(はた)を楽にする」ということならば、

家事・育児を担っている妻の方が、

よっぽど、「働いている」と感じます。

 

そして、その力は、

生物学的な「オス」が持つものではなく、

「メス」の本能的な愛によるものだと思います。

 

そのような考え方をしていますので、

Domani」の今回の広告には、

「?」というのが、正直なところです。

 

ただ、否定をしている訳ではありません。

 

私自身も、広告業界に長くいましたから、

コピー1つを生み出すのに、

ライターがどれだけ努力しているかを

知っているからです。

 

1000本ノックで、徹夜で書き続け、

すべて却下、、、というような世界です。

 

そして、情報化社会の中では、

尖った表現を使わないと、誰も見てくれませんから、

現場はさらに、過酷になっているでしょう。

 

一方で、尖り過ぎると、

SNSなどで、今回のようにすぐに炎上するので、

ストライクゾーンが、かなり狭くなっています。

 

広告・出版などは、華やかな世界に見えますが、

現代は特に、大変だと思います。

 

さて、私自身も、尖った表現を使い、

批判を浴びることがありました。

 

・腹が割れていない男は、「ゴミ」だ!

 

・「元電通マン」は「前科一犯」に等しい

 

・「藤沢涼はイクメン」に物申す

 

「伝えたい」という気持ちが強くなると、

どうしても、その表現が強くなり、

反論もいただきます。

 

ただ、その度に、こう思います。

 

「言葉の力って、やっぱり凄い」

 

時代は「動画」ですが、今でも、こうして、

「言葉」が人の心を動かしていることを、

とても嬉しく思います。

 

私自身の発信においても、

動画へのシフトを考えているところですが、

「言葉」への感謝を忘れず、

紡ぎ出す言葉を大切にしたいと考えています。

 

追伸;

 

本日の写真は、

 

・妻と息子の、焼き鳥屋さんでの2ショット

 

 

・そのお店で頼んだ「ハート型」のお鍋

 

 

・妻が作った「てんどんまん」弁当

 

 

です!

 

私にとっては、妻こそが、「働く女」!

 

息子がお願いする「てんどんまん」弁当を、

サクッと作り上げる愛情、、、

 

こんなに素敵な仕事、私にはできません!!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「藤沢涼はイクメン」に物申す!

2015年04月16日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0416

 

「イクメン」という言葉がある日本は、

今まで男性が育児参加していないことの

裏返しであり、恥ずべきことと思います。

 

海外では、男性が育児に参加することは

極めて当たり前のことであり、

育児をする男性を指した言葉は

全く見当たりません。

 

厚生労働省は、男性の育休取得率が

少しずつ改善していると言いますが、

まだ、2.03%です。

 

10年前は0.3%でしたから、

多少は上昇していますが、

まだまだ、圧倒的に少数派なのです。

 

また、育休を取得したとしても、

その期間は驚く程に短いのが現状です。

 

なんと、1~5日が4割、

5日~2週間が2割ですから、

ほとんどの方は、数日~数週間程度の

「なんちゃって育休」を取っているに

過ぎないということです。

 

これは、世界的に見れば本当に「異常」で、

例えば、スウェーデンでは80%の父親が

半年から1年の長期育休を

堂々と取得しています。

 

安倍政権は、2020年までに

男性の育休取得率を13%まで

上げると言っていますが、

それは実現しないでしょう。

 

実際、私の友人が

会社に長期の育休申請をしたのですが、

同僚からは冷たい視線を浴びせられ、

上司から、

 

「頼むから、1週間で復帰してくれ。」

 

と言われてしまったそうです。

 

日本人は、まだまだ、

 

「夫は外で働き、

 妻が家庭を守るべきである。」

 

という価値観に支配されています。

 

その証拠として、

この価値観に反対する男性は、

スウェーデンが74.5%、

日本ではたったの、8.2%なのです。

 

私は、このような考え方は

戦前の価値観を引きずっているとしか

思えないのですが、私のような見解こそが

現段階では「異常」なのでしょう。

 

国や会社に任せていたら、

生まれたばかりの子供と

触れ合う人生は送れません。

 

もし、あなたが、

自分の子供に向き合い、しっかり育てるという

父親として当たり前の生き方を望むなら、

自分の力で人生を変えるしかありませんね。

 

私は、「イクメン」ではなく、

「人として当たり前の父親」を

増やしていきたいと願っています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料