■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「預金封鎖」「デノミ」の可能性

2019年04月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

新紙幣の報道の後、やはり再燃した懸念が、

「預金封鎖」「デノミ」などの可能性です。

 

大前研一氏などは、10年以上前から、

 

「日本はデフォルトする。

 ハイパーインフレが起こり、

 日本円は紙くずになる」

 

と言い続けてきましたが、

それは現実になっていません。

 

この見解への反論として、

 

「日本は世界一の金持ち国家。

 日本経済は、長期的に安泰である」

 

という強気の論調も多く拝見します。

 

私は一時期、これらの議論に関して

自分なりの答えを見出したいと考え、

関連本を何十冊も読みました。

 

その結果、前者は感情的な考察が多く、

後者はロジカルに分析したものが多いと捉え、

私自身は、後者側の視点で日本を見ていました。

 

「国の借金が1100兆円となり、

 1人あたり885万円」

 

などの報道もありますが、

借金をしているのは日本政府であり、

私達国民は、お金を貸している側です。

 

増税をしたいがために財務省が行う

このようなプロパガンダにも、

辟易していました。

 

ただ、「預金封鎖」「デノミ」に関しては、

政府がやろうと思えば、できてしまうことです。

 

ですから、そのリスクは、

ゼロでは無いと考えています。

 

国富の切り崩しは、海外(アメリカ中心)に

迷惑を掛けてしまいますが、

国内でのリセットであれば、

世界政治を鑑みても、まだ、

ソフトランディングが可能だからです。

 

そして、新紙幣によって、

その可能性が変化したとすれば、

高まった方でしょう。

 

「戦後の預金封鎖を大蔵大臣として実施したのが、

 新1万円札の顔となる渋沢栄一の孫で、

 のちの日銀総裁となる渋沢敬三である」

 

という繋がりも、

暗示のように思えてしまい、

預金に最大90%の財産税をかけられる、

悪夢が蘇ってきます。

 

ただ、注意したいのは、

 

「円のままにしておくと危ないから、

 今のうちにこれを買っておきましょう」

 

などと、海外の不動産や生命保険、

そして仮想通貨などをセールスされることです。

 

本物かどうかを見極めてから購入しないと、

とんでもないものを買わされたという

トラブルになりかねません。

 

資産をどう構築していくかに関しては、

自己責任で組み立てるしかありません。

 

今後、最悪なことが起こらないとしても、

通貨分散や資産の分散に関して、

個々人で考え続けて、それぞれにとって

最適なポートフォリオを組んでいきたいですね。

 

追伸;

 

「預金封鎖」「デノミ」が起こると、

日本の世代間格差が解消されるので、

子ども達の時代はより生きやすくなるかもしれません。

 

子ども達には、世界がどう変わっても、

お金を生み出し、増やし続ける力を

授けていきたいと思っております。

 

本日の写真は、先程、

陽が落ちるまで遊んでいた公園での様子です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

映画「ボクの妻と結婚してください。」

2017年11月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

ネット上で「賛否両論」あった映画、

「ボクの妻と結婚してください。」を観ました。

 

膵臓癌で「余命6ヶ月」と宣告されてしまった

テレビ局・バラエティ番組の放送作家である

三村修治(織田裕二)が、妻である彩子(吉田羊)に、

自分が亡くなる前に「新たな夫」と出会わせるという

奇想天外なストーリーです。

 

反対意見の大半は、

 

「重篤な病気をコメディタッチで描くこと」

 

であり、そのお気持ちは理解できます。

 

「この夫は、妻の気持ちを全然理解できていない」

 

というご意見も、ごもっともだと思います。

 

しかしながら、私は、この映画を観て、

とても感動しましたし、自分の人生を改めて、

考える良いきっかけになりました。

 

私は、2012年に初版された樋口卓治さんの

同名タイトル小説は読めておらず、

2014年の舞台、2015年のNHKドラマ

(両方、内村光良さん主演)も観られていないので、

この脚本自体、初めての体感でした。

 

そして、常識の範囲外だからこそ反論もあり、

「考えるべき余地」があると感じる私は、

最初から最後まで、真剣に観させていただいたのです。

 

「愛する妻に自分以外の夫を」

 

という感覚は、現時点の私は持っていません。

 

しかし、抗うことがことができない病に侵され、

自分の命が消えてしまうことへの覚悟ができたなら、

妻や子供達に、「パパがいない家庭」を強要しようとは

思わないと感じました。

 

私の命には、生命保険が4億円ほど掛かっているので、

家族が経済的な部分で路頭に迷うことは無いと思います。

 

しかし、家庭に必要なのは「お金」だけではなく、

「愛」や「笑顔」がどれだけ大切なものか、そして、

「父親」という存在がどれだけ重要なものかを、

母子家庭だった私は良く知っています。

 

ですから、私自身も、不摂生によって

膵臓をはじめとした身体を悪くしないよう、

改めて気を付けようと思いましたし、

何か辛いことがあっても笑いに変えていく力を

磨いていきたいと考えさせられました。

 

あまり書くとネタバレになるので、ここまでにして、、、

 

寒い冬は、「床暖」と「映画」が良いですねー!

 

これからは、溜まっているWOWOW映画の数々を、

家族で見るシーズンにしたいと思います!

 

追伸;

 

街はクリスマスモード!

 

 

今日の写真は、少し早めの

「家族とクリスマス気分」です^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

2億円の生命保険に加入しました

2016年06月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0619

 

私に万が一のことがあった時の事を考え、

死亡保障2億円の生命保険に加入しました。

 

保険は、法人の節税目的と認識されますが、

実際は、税の繰り延べに過ぎません。

 

日本は法人税が減税されていく環境下ですから、

多少のメリットは有り得ますが、

私自身は、節税に重きを置いていません。

 

妻、息子、娘、3人の人生を守るために、

今期末の利益の一部を活用して、

保険料を納めさせていただきました。

 

私が選んだのは、

死亡保障1億円の長期平準定期と

同じく死亡保障1億円の逓増定期の2種類で、

半損で資産計上していくものであり、

いずれも、解約返戻金が100%を超えます。

 

返戻金のピークタイミングが

それぞれ数年ズレますので、

会社の健全経営にも寄与するものです。

 

ただ、今回の法人保険の最も大きな効果は、

実質、1円も支払うことなく、

2億円の死亡保障を手にすることであると

捉えています。

 

私は、個人でも、不動産投資における

団体信用生命保険で1億円、

その他の保険で5000万円の死亡保障を

すでに持っていますので、

合計で、3.5億円の資産を

残すことができることになります。

 

現時点では、私は健康そのものですが、

現代は、若くしてガンなどの

重い病気になる方も増えていますし、

いつ、どんな事件、事故に巻き込まれるか

分かりません。

 

ですから、家族のことを考えて、

万が一に備えておきたいと判断したのです。

 

さて、今回の保険商品選定にあたり、

代理店さん含め複数社さんに

ご提案いただきました。

 

 

その中には、法人保険を個人に移転して、

資産を低税率で個人に移行する

プランなどもありました。

 

しかし、節税や資産移転などを

主目的にしてしまうことは、

誤った判断を招くと感じました。

 

財政の苦しい日本は、

現時点で「グレー」あるいは「白」でも

今後は「黒」と認定していく方向でしょうし、

それに怯えてマインドシェアを奪われると、

精神的に豊かな人生を送れないからです。

 

こうして、磐石な基盤を整えた上で、

さらなる自由と富を目指し、

家族と共に歩んでいきたいと思います。

 

追伸;

 

写真は駒沢の超有名店、「ナポリスタカ」です!

こちらのピザは、本当に絶品ですよー^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料