■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ニュージーランド首相の「産後休業」

2018年06月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

201710月に就任したニュージーランド女性首相、

ジャシンダ・アーダンさん(37歳)が、

今月中旬に第1子を出産する予定です。

 

1990年パキスタンのベナジル・ブットさん以来、

非常に稀な、現職首相の出産となりますが、

彼女は、SNSで、

 

「私たちは二つの役割を果たす

 他の多くの親御さんたちの仲間入りをします」

 

と報告し、パートナーである

テレビ司会者クラーク・ゲイフォードさん(40歳)が

主夫として育児に専念することを明かしています。

 

このおめでたいニュースと素敵な宣言に、

様々なことを気付かされます。

 

・国のトップが出産する年齢の女性であることは、

 日本ではまず考えられません。

 

 日本の男性と高齢に偏った政治が

 いかに愚かであるか。

 

 だからこそ、日本ではちゃんとした

 子育て政策が出てこないのではないでしょうか。

 

・パートナーとは籍を入れていないとのこと。

 日本では批判されがちな出産を

 リーダー自らが実践していることに、

 多様性を認め合う新時代を感じます。

 

・テレビ司会者でお忙しいパートナーの男性が

 「主夫」になるという形は、日本の低過ぎる

 男性育休取得率(3%台)への良きアンチテーゼ。

 

日本もこうならなきゃ!

 

と考えさせられる素敵なニュースだと思います。

 

予定日ギリギリまでお仕事をされるということで、

くれぐれもお身体に気を付けて、

元気な赤ちゃんを産んで欲しいと願っています。

 

ちなみに、ニュージーランドで育児に協力的な夫を、

国鳥キウィになぞらえて

 

「キウィハズバンド」

 

と言うそうです。

 

日本の「イクメン」より

キュートで愛国心に溢れたネーミング。

 

まあ、「キウィハズバンド」も「イクメン」も、

社会から無くなるくらい、夫が育児を担うのが

当たり前の社会になって欲しいですけどね。

 

そんなことを考えながら、

私は2人の子どもと散歩しております。

 

 

平日に父親と子どもが外にいる光景、

私たち以外全く見ませんが、

この現状を変えていきたいですね。

 

私にできること、頑張って続けます!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

出産手当金と社会保険料免除への感謝

2016年04月04日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0404

 

第二子の出産予定日まで約1ヶ月となり、

妻には産前産後休業に入ってもらっています。

 

出産日の42日前から、出産後56日まで、

健康保険から出産手当金が支給されるので、

標準報酬月額を高く設定していた妻は

過去1年に支払ってきた健康保険分の保険料の

3倍以上の金額を受け取ることになります。

 

支払っている時はとても高く感じる保険料も、

こうして受給させていただく状況になると、

その有り難みを強く感じます。

 

保険は元来、

「社会の中での助け合いの制度である」

ということを、再認識しますね。

 

また、平成26年4月から、

産休、育休中の社会保険料が免除されたので、

法人、個人ともに、子供が3歳になるまで

保険料が一切掛かりません。

 

保険料を1円も納めなくても、

年金まで納めたことにしてくれるのです。

 

しかも、妻の場合は、

社会保険の厚生年金保険料が最高額にあたるので、

その金額を最大3年間、国が代わりに払ってくれる

ということになります。

 

年金は破綻すると言われますが、

国の基盤となる社会保障ですから、

生活保護も含めた総合的な改革を進め、

維持していかざるを得ないでしょう。

 

受給開始が70歳とか、

それ以上になるかもしれませんが、

設計時と比べると寿命も延びていますし、

少子高齢化が想像以上に進んでしまったので、

致し方ない部分もあるかと思います。

 

どうせ受給できないからと

社会保険に加入していなければ、

今回のような有り難みも感じなかったので、

私は、加入して良かったと捉えています。

 

(本来は、法人の「義務」ですけどね)

その上で、社会保障が安泰ではない認識を持ち、

国や会社に依存せず、

個々人でも経済的な未来設計をすることが

必要な時代だと考えています。

 

さて、この数年間、

私の事業を一生懸命支えてくれた妻には、

仕事はしばらく休んでもらい、私に任せてもらって、

育児という素晴らしい事業へと

専念してもらおうと思います。

 

一方で、私も、仕事は更に減らして、

子供2人の育児の時間をたっぷり作ります。

 

親族や友人の意見を聞くと、

子供が2人になった途端、

育児の負荷は2倍では済まないようですから、

今から、覚悟して体制を整えておきますね!

 

追伸;

 

経営者の家族は雇用保険に入れないので、

育児休業給付金は支給されません。

 

ご夫婦やご家族で会社を設立される方は、

お気を付けくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

夫婦愛を冷めさせる「落とし穴」

2016年01月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0109

 

「産後クライシス」という言葉が

一時期流行した通り、出産後、夫婦愛が

急激に冷める家庭が多いそうです。

 

その一番の原因は、

夫が子育てに協力しないこと。

 

夫から妻への愛よりも、

妻から夫への愛が冷めやすいのは、

夫婦の子育てにおける意識の違いが

主因なのですね。

 

夫は、「稼げば良いだろ」と考え、

妻は、「それよりも子供を見て欲しい」と

願っているということです。

 

私の周囲を見ても、

夫が十分に子育てに協力していない家庭は

夫婦の関係が悪化しています。

 

夫婦の関係が悪いという環境は

子供の心の成長を大きく阻害するので、

これは真剣に考えるべき問題ですね。

 

そして、

夫婦関係を良好にするためには、

夫婦それぞれが歩み寄ることが

とても大切だと考えています。

 

夫が、妻の子育ての負荷を

可能な限り減らす努力をするのは

当然です。

 

仕事が忙しいことを言い訳にして

奥様に子育てを押し付けるのではなく、

まずは1日数分からでも、自分が担えることを

進んで行う意識を持つべきです。

 

一方で、奥様の方にも、

意識して欲しいことがあります。

 

ご主人が仕事ばかりで家庭を顧みないなら、

家庭の中で「承認」されていないと

感じている可能性が高いです。

 

仕事の場でしか

承認欲求が満たされないと、

夫は、どんどん、

家庭を蔑ろにしてしまいます。

 

奥様がご主人の承認欲求を

家庭の中でも満たしてあげる努力が、

ご主人の家庭への協力姿勢を

引き出していくのです。

 

このように、お互いに、

「与えてもらう」のではなく、

「与えてあげる」ことで

円満な家庭を築いていきたいですね。

 

私達夫婦は、

在宅の仕事をお互いが支え合い、

家事育児も共に分担しているので、

出産後も変わらず、

夫婦愛を維持することができています。

 

これからも、

このようなメッセージを通して

社会の夫婦の意識を変えていくこと、

そして、その先には、

働き方も変えて頂くことを目指し、

日本社会に少しでも貢献したいと願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料