■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


40歳を目前に、「裸の変化」を注視

2019年01月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

娘の熱性痙攣に関して、多くの方から、

ご心配の声を頂戴し、感謝を申し上げます。

 

驚いたのは、同じ症状をご経験された

先輩の親御様が多くいらっしゃったことです。

 

娘を診てくださった医師から、

 

5-10%前後のお子様に見られる症状」

 

「中には、繰り返してしまうケースもある」

 

とは聞いていたものの、

「何度も繰り返した」という方もいらっしゃり、

それを想像すると、血の気が引いてしまいます。

 

我が子が呼吸を止め、泡を吹くような姿を

もう2度と見たくないと思っていた私達にとっては、

あれを繰り返してしまう姿を見ることは、

本当に恐ろしいことです。

 

そして、だからこそ、それを乗り越えて、

「親」を立派に務めていらっしゃる方々のことを、

心から尊敬いたします。

 

その後、薬が効いた娘は、

微熱で落ち着いていますが、

引き続き、しっかり支えていきますね。

 

さて、そのためにも大切だと思うのは、

自分自身の健康維持です。

 

私は、暴飲暴食の年末年始の後、

正月明けからのインフルエンザで、

もう2週間以上、トレーニングできていません。

 

昨年は、週に2-3回、低酸素で走り込み、

筋トレはほぼ毎日、継続していたのですが、

これだけ怠けてしまうと、身体が気持ち悪いです。

 

今月末、私は40歳になります。

 

若い頃に想像していた40歳は、

もっともっとオジサンでしたが、

尊敬するYOSHIKIが、50歳を超えても、

(本人は年齢非公表)引き締まった身体を

維持し続けているので、私もそうでありたいと

思っています。

 

ということで、今日現在では中途半端な身体ですが、

自戒のためにも、裸の写真をアップしました。

 

 

 

40代、過去最高の身体を更新し続けられるよう、

努力を続ける日々にしたいと思っています。

 

追伸;

 

昨年末の「感染性胃腸炎」は、

私が唯一生き残りましたが、

年明けの「インフルエンザA型」は、

息子が1人、生き残ることになりそうです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

娘が「熱性痙攣」で、家族がパニックに

2019年01月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私がインフルエンザを発症してから、

自宅の中でしっかり隔離してもらい、

子ども達との接触は特に、避けてきました。

 

しかしながら、お手洗いやお風呂など、

共有スペースを使わざるを得ない生活の中では、

ウィルスを完全に制御することは、

やはり難しかったようです。

 

昨日の朝、妻と娘の体温が急に上がり、

妻は39度、娘は40度を超えてしまいました。

 

病院にて、2人とも、私と同じ

 

「インフルエンザA型」

 

という検査結果が出て、

吸引型の「リレンザ」や「イナビル」ではなく、

飲み薬の「タミフル」が処方されました。

 

「異常行動」などの副作用が心配されたものの、

医師の診断を信じて、治癒に向けてしっかり

服用させようと考えていました。

 

感染源が私ですから、本当に申し訳なく、

1日でも早く完治させたいと思っていました。

 

ところが、午後、娘の様子が変なのです。

 

目の焦点が合っていなくて、

明らかに、ボーッとしている様子。

 

心配で、ずっと見守っていたら、

急に全身に力が入り、痙攣し始めてしまいました。

 

黒目が上を向き、白目をむいたまま戻らない

眼球上転の状態となり、呼吸が止まりました。

 

そして、顔面蒼白となった唇からは泡を吹き、

私と妻は、パニックになってしまいました。

 

息子も、異常な妹と、動揺する私達の様子を見て、

わんわん泣き始めてしまいます。

 

薬を処方していただいた病院に、慌てて電話をすると、

個人病院なのでお昼休みに入ってしまっていて、

致し方なく、救急車に連絡させていただきました。

 

到着を待つ間に、娘の呼吸はなんとか戻ったものの、

意識が戻らず、私達は手を握り続け、

必死に、声を掛け続けました。

 

初めてのことなので、本当に怖くて、

 

「自分はどうなっても良いから、

 どうかこの子を、元気な状態に戻して欲しい」

 

と願い続けました。

 

しばらくして、駆け付けてくださった救急の方々、

受け入れてくださった自衛隊中央病院の先生方が、

とても温かく、迅速な対応をしてくださり、

娘の状態を真剣に診てくださいました。

 

そして、血液検査などの結果から、

「単純型の熱性痙攣」だと診断され、

その後、点滴でそのまま、タミフル5日分を

1回の点滴で済ませる「ラピアクタ」を

静脈注射していただきました。

 

24時間以内に痙攣が再発してしまった場合、

「インフルエンザ脳症」や「癲癇」が疑われる、

とのことで、昨夜から今朝にかけては、

ほとんど寝られずに、娘の様子を見ていましたが、

特に症状が出ないまま、24時間以上が経過し、

一安心したところです。

 

私は、日本の医療ビジネスには懐疑的でしたが、

今回のような緊急事態には、

素人にできることは何もなく、無力です。

 

こうして、専門知識があり、経験がある方々が、

こんなにすぐ近くにいらっしゃることは、

本当に有り難いことだと感じました。

 

命の大切さを改めて教えてくれた娘、

大きな問題無く健康に育ってくれている息子、

いつも献身的に家族を支えてくれる妻、

すぐに食事や飲み物を走り届けてくれる母、

娘を守ってくださった医療関係の皆様、全員に、

心から、感謝を申し上げます。

 

追伸:

 

自分自身のインフルくらいでは、

記事更新を休むことは無いのですが、

娘の異常事態で、昨日は久しぶりに、

記事更新をお休みさせていただきました。

 

本日の写真は、昨日の病院の中で、

娘が意識を取り戻して安定した後に、

自宅で待っていた妻に送ったものです。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b