■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


神社の御神体「鏡」が説く「逆」の発想

2016年08月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa20160815

 

お金に困っている方に共通する特徴は、

「自分の都合ばかりを考えている」

ということです。

 

自分だけ良ければ良いと思っていたら、

自分だけは何とか救えそうですが、

実は、全く逆だと感じています。

 

例えば、同じ学びの場の中で、

 

「私だけついていけない」

 

「もっとレベルを下げて欲しい」

 

「誰も助けてくれない」

 

などと言う方の環境は、どんどん悪化します。

 

その一方で、

 

「みんなで切磋琢磨して、

 レベルアップしましょう」

 

「私のわかる範囲で、お教えしますよ」

 

などと、

積極的に周囲の方への貢献を考える方は、

その後に大きく飛躍しています。

 

自分のことを考える人の人生が良くなるのではなく、

相手のことを考え続ける人こそが、

より良い人生を歩んでいくということですね。

 

つまり、「逆」の発想をしなければいけない、

ということです。

 

ところで、

神社の御神体が「鏡」であることが多いのは、

「かがみ」の真ん中の「我」を無くせば、

そこに映るのは「神」であるからと言われます。

 

つまり、

「我を捨てなさい」

というメタファーだということで、

このメッセージからも、

学ぶべきことがありますね。

 

そして、御神体が鏡であることにはもう一説あり、

「この世界は全て逆だ」

ということを

教えてくれているとも言われています。

 

例えば、神社では、

お願いをしにくる人の願いが叶うのではなくて、

神様の願いを聞きに来てくれる人の願いが叶う、

ということです。

 

あるいは、お守りに守ってもらおうとする人が

守られるのではなく、お守りを守ろうと

大切にする人が、守られるということです。

 

自分のことばかりではなく、

誰かを、何かを、大切にしようという心掛けが、

人生において極めて重要だと認識したいですね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

戦略とは捨てることなり

2015年04月20日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

tsubasa0420

 

秋元康さんの企画の発想法は、

 

「幕の内弁当は作らない」

 

だそうです。

 

あれもこれもと詰め込むと

その魅力が半減してしまうので、

「断捨離すべき」ということです。

 

実際に、全国の人気駅弁ランキングでは、

幕の内弁当は出てきません。

 

釜飯、牡蠣飯、鯖寿司、イカ飯など、

その他のおかずを削ぎ落とした

「単品」弁当が並んでいます。

 

幕の内弁当は平均的に愛されますが、

印象には残らないということですね。

 

ビジネスにおいても同じで、

あれもこれもやると成果に繋がらず、

「捨てる」ことを意識すれば、

より大きな成果を出すことが可能です。

 

例えば、欧米の経営の教科書にも紹介される

トヨタの「カイゼン」や「カンバン」は、

「無駄を省く」思想から生まれています。

 

欧米は、

大きな工場に大量の在庫を溜めて

車を作っていました。

 

しかし、

地価が高く土地が狭い日本において、

トヨタは必要最小限の在庫で

あらゆる無駄を徹底して削減し、

コスト低減と品質向上を両立させて

世界一の自動車メーカになったのです。

 

また、Appleの強みは、

すべてを自社でやろうとせずに

部品の製造をアジアに任せて、

Appleは商品企画に集中したことですね。

 

このように、

「捨てる」ことこそが、

「戦略」になるのです。

 

ビジネスに取り組む方の中には、

あれもこれも「やらなければいけない」

と考えて、どれも中途半端になり、

成果が出ない方が多くいらっしゃいます。

 

そのような場合は、

まず、「捨てる」ことを意識して下さい。

 

成果の出ていない事業を削り、

必要の無いオフィスを解約し、

必要以上のスタッフを雇わず、

無駄な交際を無くし、、、

断捨離していくのです。

 

ビジネスの成果が出ないと、

ついつい、

あれもやった方が、

これもやった方が、、、

と、「追加する」方向で

考えてしまいます。

 

しかし、一度視点を変えて、

あれはやめよう、

これもやめよう、、、

と、余計なものを「捨てる」ことに

意識を向けてみて下さい。

 

そうして手元に残ったものこそが

本来の輝きを取り戻し、

大きな成果に繋がっていくはずです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

シュガーマンの逆転発想セールス

2015年02月17日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

fujisma0217

 

ブルーブロッカーというサングラスを

テレビ通販で2000万本以上販売したのが、

「世界No.1セールスマン」と称される

シュガーマンです。

 

このサングラスは、

かけると世界が3Dで見える上に、

視力まで改善されるという

キャッチーで魅力的な商品です。

 

ただ、これだけのヒットになったのは、

シュガーマンの販売手法が

とても素晴らしかったからです。

 

彼は、心理学を巧みに用いた

戦略を使います。

 

ブルーブロッカーを手に取り、

いきなり、こう始めるのです。

 

「見て下さい、この商品。

 ダサいでしょう?」

 

売りたい商品を、

自ら「ダサい」と伝えるなんて、

普通の感覚ではないですね。

 

しかし、心理学では、

人は、正直なことを言う人の言葉に

注目するということが分かっています。

 

お客様は、「本当、ダサい形だな・・・」

と笑いながら、シュガーマンの言うことを

ちゃんと聞こうと、心を開くのです。

 

そして、その直後に、

 

「でも、この商品はあなたを異次元に誘います。

 目の前の物が浮かんで見えるんですよー!

 更に、これで周囲を見続けたら、

 なんと、目が良くなってしまうのです。

 

 これらの機能が可能になるのは、

 このダサい形状の中に凄い仕掛けがあるからです。

 この部分こそが、画期的な商品を生み出したのです!」

 

と続けます。

 

「商品のダサさ」という欠点を、

一番の魅力にひっくり返してしまうのです。

 

その後、紫外線の恐怖、

その他のサングラスを付けることの無意味さなど、

ブルーブロッカーを手に取らないといけない理由で

どんどん固めていき、一気に購入に結び付けるのです。

 

この手法は、

個人が自分を売り込みたい時にも

有効な手法です。

 

例えば、ある方は、

 

「ポッチャリだけど、優良物件です。」

 

と自己紹介します。

 

これは秀逸な自己紹介で、

一瞬にして相手の心を開かせます。

 

「ポッチャリ」

という欠点を堂々と告白し、

笑ってもらった上で、

「優良物件」ってどういうところだろう?と、

一気に興味喚起するのです。

 

欠点は、先に伝えることで、

あなただけの武器になるということですね。

 

是非、あなたも、欠点の先にある、

あなたの長所を効果的にPRし、

多くの方の心を掴んで下さい。

 

あなた自身が「売れ」たなら、

当然、あなたの商品やサービスも

売れていきますよ!

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

出世競争は太古の発想

2014年10月22日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa1022

 

会社の中で昇進していくことに

幸せを感じる時代ではなくなりました。

 

会社が無くなってしまった時、

一番大変なのは、

中途半端なポジションの方だからです。

 

若くて他の会社でも

求められる能力を持っている方や、

開発などの特殊なスキルを持つ方は

次の企業にすぐ転職出来るでしょう。

 

しかし、

そこそこのポジションにいて

給料もそれなりにもらっていても

仕事は誰でもできること、という方は、

同じ条件の仕事を探すことは

かなり難しいと言えます。

 

また、

昇進することを追い求めると、

どんどん制約が増えていきます。

 

部下の管理をする為に、

自由を失うケースも多いでしょう。

 

それに伴い、

ストレスが増大する方も

多いはずです。

 

そもそも、

昇進を目標にするのは、

 

「◯◯が昇進したから

 自分も頑張らなくては!」

 

というように、

他人や世間体など、

他の誰かと「比較する」ことで

満足感を得るからです。

 

「◯◯が家を買ったから

 自分も早く買わなくては!」

 

とか、

 

「◯◯が高級車を買ったから

 自分も買い替えなくては!」

 

というように、

物質至上主義であり、

時代遅れの考え方です。

 

これからは、

会社の中にいても、

昇進を狙うのではなく、

より自由な環境を得る為に、

より自己成長に繋がる仕事に

取り組めるように、努力すべきです。

 

会社を取り巻く環境が

激変する現代では、

会社の中での意識を大きく変えないと

時代に取り残されてしまいますね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料