■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通が「週休3日制」検討、労働時間2割減へ

2017年07月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

電通が「労働環境改革」の基本計画を発表し、

36協定違反」などの過重労働をゼロにした上で

「週休3日制」への移行も含める大転換を図ります。

 

2014年度の総労働時間「2252時間」を、

2019年度には「1800時間」と2割削減する目標を掲げ、

人員増強や業務の効率化を進めるということです。

 

これらに対して、

 

「ただのポーズだ」

 

「実現出来るわけがない」

 

「サービス残業が増えるだけ」

 

という批判の声が挙がっていますが、

私は少し、違う見方をしています。

 

悲しい過労自殺が「労働時間」だけの問題に

すり替えられてしまっていた中、今回、

各局に「ハラスメント防止」を担当する局長補を

配置することも同時に発表していることを、

前向きに受け止めているからです。

 

最近は、「電通」と名が出るだけで、

すぐに叩かれてしまう風潮になりました。

 

もちろん、罪を犯した企業ですから、

私自身もそこにある問題を

指摘する立場を取っていましたし、

私が電通の出身であるという事実を、

「前科一犯」と受け止めていることは

以前も書いた通りです。

 

ただし、いつまでも、

電通を批判し続けるつもりはありません。

 

本気で改革を進めるならば、

そのプロセスをしっかり見守っていきたいと

考えています。

 

批判されるということは、

それだけ、注目されているということです。

 

私自身も、自分のメディアが大きくなる中で、

私の記事に対する批判を目にすることも増えました。

 

以前は、そのような批判を受けて

悲しい気持ちを覚えることもありましたが、

最近は、その方が、時間を掛けて、

私の記事を読んでくださっていることに、

感謝するようになっています。

 

その上で、私が改善すべき点は、

できるだけ吸収したいと考えています。

 

そして、電通にも、そのような姿勢で、

現在の社会からの批判を受け止めて、

今回の計画を絵に描いた餅にしない努力を

続けて欲しいと期待しています。

 

株価は好意的に反応していて、

日経平均が0.67%下げる中で、

電通は0.78%上昇しています。

 

電通が、本当に生まれ変わっていく姿を、

日本社会に是非、見せて欲しいですね。

 

追伸;

 

息子の幼稚園のお友達のご自宅にお邪魔して、

お庭のプールで遊ばせていただきました!

 

私達はずっとマンションで暮らしてきましたが、

このような広いお庭がある戸建は、

育児環境として、とても良いなーと感じました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「フィンテック」等新事業育成へ、規制凍結

2017年05月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

日本政府が発表する施策として、久しぶりに、

とても前向きなニュースがありました。

 

「規制改革」のスピードを上げるために、

金融とITを融合した「フィンテック」や、

共有型経済である「シェアリングエコノミー」など、

急拡大する先進的な市場に対して、

関連法則を一時凍結し、規制に風穴を開け、

企業の新事業育成を促していくのです。

 

凍結が想定される規制は、

 

・金融業務にベンチャー企業が参入しにくい「銀行法」

 

・個人の旅行プランに対価を得られない「旅行業法」

 

・電柱にカメラやセンサーを設置できない「電波法」

 

などです。

 

これらにビジネスチャンスを感じながらも、

日本の規制で参入できなかった個人や企業に、

素晴らしいチャンスが舞い込みます。

 

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」

 

という名称で、未来投資会議で提言され、

政府が6月にまとめる成長戦略の柱に据える

とのことです。

 

今秋から制度設計を始めて、

早ければ来年度中にも

トライアル期間の開始を見込むということなので、

これは期待したいですね。

 

また、このトライアル期間が終了した後も、

実証が成功して、課題が整理できれば、

「規制自体を無くす」ことも有り得るとのことです。

 

私は、中途半端な「支援」よりも、

「規制緩和」の方が圧倒的に革命につながると

感じていますから、この動きに着目し、私自身も、

ビジネスチャンスを探したいと考えています。

 

さて、「サンドボックス」とは、

安全が約束された「砂場」で子供が遊ぶように、

何かに守られた特別な環境の中で、

新規事業にチャレンジしていくことを指します。

 

元々は、インターネット上で

セキュリティーチェックのために、

ソフトウェアの動作などを制限する環境を指し、

それが広義に解釈されるようになりました。

 

私自身、子供たちを砂場で遊ばせたり、

その他の公園の守られた環境の中で遊ばせる中、

「遊び」が「創意工夫」につながることを

日々、感じています。

 

 

そして本来、ビジネスもそうであるはずで、

誰かに与えられた義務をこなすのではなく、

自分の才能を最大限に発揮する遊びの延長に、

新しいイノベーションがあり、それが、

誰かの幸せにつながっていくはずです。

 

ですから、私はこれからも、

子供たちを安全な場所で遊ばせながら、

私自身も、日本政府の新たなチャレンジの中で遊び、

社会を変革できる何らかの新しいものを

生み出していきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

最も長期「75年」にわたる「幸福の研究」

2017年05月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

息子の幼稚園のイベント「親子遠足」で、

世田谷の「砧公園」に来ています。

 

平日の朝ということもあり、約120世帯の中で、

父親が来ているのは、3世帯だけです。

 

「パパにも来て欲しいと言ったけど、

 会社を休んでくれなかった、、、」

 

悲しそうに話すお母さんがいらっしゃり、

こういう時にこそ、

私が自由な働き方を確立できたことを、

とても幸せに感じます。

 

メルマガの広告配信も、

生徒さんとのコミュニケーションも、

FXのトレードも、その他あらゆるビジネスが

iPhone」と「MacBook」で完結します。

 

ですから、こうして遠足に来ている間にも、

収益を生み出すことができるのです。

 

人生を幸せにするのは

「名声」や「富」だと考える方は

とても多くいらっしゃいます。

 

しかし、75年にもわたる長期の研究で、

そうではないことが明らかになりました。

 

心理学者ロバート・ウォールディンガーが、

TEDで発表した内容によると、

私達を幸福にし、健康に導くのは、

 

「良好な人間関係」

 

です。

 

いくらお金があっても、

社会的に評価されていても、

それだけでは幸せになりません。

 

身近な家族を愛していなかったり、

反対に愛されていなかったり、

ビジネスの関係者と確執があったり、

プライベートでお付き合いできる友人がいなければ、

幸福度は下がり、健康を害するのです。

 

孤独な人生は、心も身体も破壊します。

 

このような研究結果を知り、

私は、これまでの選択が正しかったことを

改めて、強く感じています。

 

妻や子供達との時間を大切にして、

愛をたっぷり与えてきたこと。

 

ビジネスパートナーと支え合い、

先に与えることを重んじてお付き合いしてきたこと。

 

生徒さんとの信頼関係を大切に、

いつまでも真摯に向き合ってきたこと。

 

その他、社会の中で関わるあらゆる方と、

良い関係を構築してきたことが、

現在の幸せの源になっています。

 

本日の遠足でも、子供たちがお互いに

お菓子をプレゼントし合う様子を見て、

この子達が「幸せに生きていく原点」を、

ここで学ばせていただいていると感じました。

 

息子の幼稚園に関わる皆様に、心から感謝です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

子どもの数、36年連続で減少し最低更新

2017年05月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

子どもの幸せを願う「こどもの日」。

 

 

悲しいことですが、本日こそ、「日本の現実」に

向き合わなければいけないと思います。

 

総務省が発表した人口推計によると、

外国人を含む14歳以下の子どもの数は、

昨年より17万人も減ってしまい、1571万人と、

36年連続の減少となりました。

 

ピークだった1954年の2989万人から、

半減近いという「激減」です。

 

少子化をこのまま放置すれば、

国が滅びてしまいますから、

日本において「最優先課題」であるはずなのに、

昨日取り上げた「教育無償化」を含め、

遅々として進まない状況です。

 

現在の日本で子どもを産み育てることは、

ますます歪になる人口ピラミッドを支えるための

「老人の奴隷を育てることになる」

という見解もあります。

 

しかしながら、だからと言って

子どもを産まない選択をする人が増えれば、

日本はさらに加速的に、破滅に向かいます。

 

ですから、「財源」の確保の前に、

子供が多いほど所得税が軽減される

NN乗方式」などの税の仕組みや、

不妊への助成などをはじめ、打てる施策を

次々と打っていかなければいけません。

 

子どもを持つ世帯の経済的な負担を軽減し、

各家庭が子どもを産み育てることを、

「国全体」で支えていくことが大切です。

 

また一方で、個々人も主体的に、

「時間」と「お金」を生み出すことを

真剣に考えなければいけません。

 

私自身も、大企業を退社して起業したことで、

育児に対して全力で向き合うことができています。

 

あのまま会社員を続けていたら、

そもそも、子どもを授かっていない可能性が

とても高いと感じていますし、

もし、幸運にも授かることができていたとしても、

プライベートの時間が無く、収入も増えずに、

育児への不安やストレスに苛まれていたでしょう。

 

国民が、国の新たな政策を期待し、

働き掛けていくことも大切ですが、同時に、

当事者である私達親世代が、未来に希望を持って、

自らの可能性を拡大していくために、

努力し続けなければならないと思います。

 

子ども達に「光」を与えられるよう、

個々人ができることを積み重ねたいですね!

 

追伸;

 

ますます「変顔」が上手になる息子と、

父親の「髭剃り」を「スマホ」と間違える娘。w

 

 

この子達の様子を見つめ続ける人生は、

笑いが絶えず、最高の幸せを感じられて、

生まれて来てくれたことに感謝する毎日です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

アカデミー賞「作品賞」発表での大珍事

2017年02月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

WOWOWで放送されたアカデミー賞授賞式で、

「作品賞」を間違えるという珍事が起こりました。

 

授賞式の最後を飾る「作品賞」受賞が発表され、

「ラ・ラ・ランド」の関係者が登壇した直後、

まさかの、スタッフの封筒の渡し間違いということで、

「ムーンライト」に訂正されたのです。

 

各報道機関も、「ラ・ラ・ランドが受賞!」と、

速報を流した直後、訂正を余儀なくされました。

 

生中継で見ていた私達は、

それも含めてジョークなのかと感じていましたが、

登壇された俳優や監督などの表情を見て、

本当のアクシデントなのだと理解したと同時に、

冷静にオスカーを譲る登壇者の皆さんの姿に、

寛大さを感じました。

 

「シックス・センス」など、

ラストにどんでん返しを起こす映画を創る

M・ナイト・シャマラン監督のツイート、

 

I wrote the ending of the academy awards 2017.  

 @jimmykimmel we really got them!

 

も、さすが、機転が利いていますよね。

 

「タイタニック」と並ぶ史上最多タイとなる

14部門にノミネートされた「ラ・ラ・ランド」は、

作品賞の大本命でもありましたが、

残念ながら、作品賞以外の6冠となりました。

 

さて、授賞式全体から感じたのは、

トランプ大統領への痛烈な批判です。

 

司会を担ったコメディアン、ジミー・キンメルが、

冒頭から、

 

「生放送が世界の225カ国以上で中継されています。

 今では、みんな、私達を嫌っていますが。

 

 ハリウッドは国籍で差別しません。

 年齢と体重では差別しますが。」

 

とユーモアたっぷりに展開。

(昨年のアカデミー賞が白人だらけだったことも含め)

 

ゴールデングローブ賞でトランプを批判し、

トランプから逆に、「過大評価されている女優」と

攻撃されたメリル・ストリープに対し、

 

「その素敵なドレスは、

 イバンカ(トランプの長女のブランド)のものですか?」

 

と皮肉ったり、

 

「今からトランプにツイートする」

 

と実際にトランプへのTwitterをスクリーンに映し出して

リアルタイムに「Hey @realDonaldTrump u up?」と

ツイートするなど、終始、トランプへの攻撃を続けていました。

 

日本では有り得ない光景だと感じたと同時に、

こうして全員が「国のこと」を考えているからこそ、

アメリカは強いのだと痛感しました。

 

日本は、自分の意見を持たず、言わないことが、

美学のように考えられて来ましたが、

これだけ政治が迷走している昨今、

私達も積極的に政治に介入して、

個々人が思い描く日本を創っていくべきですね。

 

追伸;

 

本日の写真は、娘が大好きなブランコ。

 

 

この笑顔に、力をもらっています^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通発表「日本の広告費」に見る異常

2017年02月24日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

電通が発表した「日本の広告費」によると、

インターネット広告費が全メディアの中で

初めて、20%を超えました。

 

各媒体の広告費と構成比は、下記の通りです。

 

・プロモーションメディア 21,184億円(33.7%)

 

・テレビ 19,657億円(31.3%)

 

・インターネット 13,100億円(20.8%

 

・新聞 5,431億円(8.6%

 

・雑誌 2.223億円(3.5%)

 

・ラジオ 1,285億円(2.1%

 

2016年「日本の広告費」)

 

図をご覧になれば、すぐにお分かりになる通り、

新聞、雑誌の広告費が10年で半減している間に、

インターネットは、約4倍と急進しています。

 

ただ、このインターネットの伸び率は

その他の先進国に比較するとまだまだで、

アメリカは、すでにテレビと同等の規模ですし、

イギリスは、テレビを凌駕しています。

 

日本は、ネットへの転換でかなり出遅れているのです。

 

私が電通で営業を担当していた頃を振り返ると、

いかに利益が取れる「テレビ」に寄せるかという意識が

常に働いていましたから、その力が、テレビの下降を防ぎ、

インターネットの伸びも抑止していることは

否めないと考えています。

 

私達が日々接するメディアがこれだけ変化しているのに、

テレビが広告費を維持しているのは「異常」なことで、

その裏には、何かがあると考えるべきなのです。

 

そして、そのように数字を何らかの力で歪めてしまうと、

バネが反発するように、どこかで必ず、

何らかの揺り戻しが起こると、私は考えています。

 

一方、インターネットの声を見ると、

 

「そもそも、不正請求をする会社が出す数字は信用できない」

 

「架空請求の広告費も入っているのですか?」

 

などというものもあり、

一度失った信頼を回復するのは

本当に大変なことだと感じています。

 

私がお世話になった古巣ですから心苦しいですが、

これから信頼を回復できるよう、

努力して欲しいですね。

 

さて、今後の未来展望において間違い無いのは、

インターネットの広告費が確実に伸び続けていき、

そのプラットフォームに乗った人の中から、

人生を激変させる人が出てくるということです。

 

ただ、一つ、注意点があります。

 

インターネットは「上りのエスカレーター」ですが、

すでに、満員御礼になっているエスカレーターも複数あります。

 

そのエスカレーターに無理矢理乗ると、

エスカレーター自体が壊れてしまい、

乗っていた人が大ケガをしたり、

一気に落ちていくリスクがあるのです。

 

私達に大切なのは、いかに、

空いている上りのエスカレーターを見つけるかです。

 

市場を見つめていると、

 

「このエスカレーターはぐんぐん上っていて、

 誰も気付いていなくて、快適だな、、、」

 

というものを、いくつも見付けます。

 

このようにアンテナを張って、

家族や仲間を、そのエスカレーターで

幸せな人生に導いていきたいですね。

 

追伸;

 

息子は42ヶ月になりました。

 

 

 

先月の41ヶ月はお店でのお祝い写真を掲載したので、

自宅で撮り直したものも、改めてアップします^^

 

 

娘はいつも笑顔なのですが、

集合写真ではいつも、無表情(怒ってる?)ですが、、、

 

でも、このような表情も大好きです!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

モノを減らせば、時間が増える

2015年08月01日

※あの有名な社長達の中で、

 藤沢涼が急上昇中です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0801

 

空間的に広い場所と狭い場所では、

時間の流れる速さが異なることが、

山口大学時間学研究所などの研究で

発表されています。

 

実際に、都会にいる時よりも、

広い海や山で過ごす時の方が

時間がゆっくり流れるように感じますよね。

 

これは室内でも同じで、

モノが少ない空間の方が広々と感じ、

モノでいっぱいの空間に比べると

相対的に時間がゆっくり流れます。

 

つまり、

 

「モノを減らせば、時間が増える」

 

と言えるのです。

 

これは、その空間における

心理的な要因だけではありません。

 

モノが増えると、

その収納場所を確保したり、

出し入れに手間が必要だったり、

使った後の汚れを落とす必要があったり、

しばらくすると修理を要するなど、

モノの数だけ、物理的にも、

時間を消費していきます。

 

現代人は忙しい、忙しいと嘆きますが、

その主因は、モノが増え過ぎていることだと

言えるかもしれません。

 

多くの方に経験があると思うのですが、

部屋を綺麗に掃除すると、

その空間が静かになるように感じます。

 

これは、そこにあったモノが発していた

音の無い騒音のようなものが遮断され、

本来の空間の静けさが戻るのでしょうね。

 

そして、静けさを取り戻した空間の

最大の効用は、

 

「考えることができるようになる」

 

ことです。

 

視界に入る異物が無くなることで、

脳がしっかりと動き出します。

 

つまり私達は、

「モノを減らす」ことにより、

心理的にも、物理的にも、

時間を生み出すことができて、

人生の質を向上させることが可能です。

 

ですから、

ついつい買ってしまった

無駄なモノはどんどん処分し、

捨てられず溜まっていく本などは

図書館に寄贈するなどして、

私達は意識的にモノを減らすべきです。

 

そして、これ以上、

必要の無いモノを手にしないように

注意しなければいけません。

 

人生の大半を過ごす空間を

異物と騒音だらけの場所にしないよう、

しっかりと意識したいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料