■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


成功するかどうかは、90%が「運」

2017年09月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

パナソニックの創業者・松下幸之助さんは、

社員採用の最終面接で、こう質問しました。

 

「あなたは、運が良いですか?」

 

これに対し、「運が悪いです」

と答えた人は、採用しなかったのです。

 

私が起業してからお会いする成功者は、

全員、「運が良い」と言います。

 

中には、「運だけで生きている」

とまで言う方もいます。

 

私自身も、

 

「なんて、運の良い人生なんだろう」

 

と感じながら、生きています。

 

そして、どんな失敗も、

思い通りにならなかったことも、

未来につながる「糧」とできるかどうか。

 

それが、「運」をどう考えるかによって

決まってくると捉えています。

 

「運が良い」と考える方の特徴は、

 

・謙虚で、自分の力に酔いしれない

 

・人に恵まれてきたからこそ、

 社会に恩返しをしたいと考えている

 

・他人に与えた好意は、自分に返ってくると捉え、

 積極的に他者を助ける

 

・失敗も運なので、過度に落ち込まない

 

一方で、「運が悪い」と考えている方は、

 

・自分は運が悪くて成功しないと恨みを持つ

 

・自分はもっと評価されるべきだと、

 自己の過大評価に陥っている

 

・成功は自分の手で勝ち取ったものだから、

 自分だけのものとして独占しようとする

 

・成功者を妬み、失敗者を努力不足だと責める

 

このような傾向があります。

 

松下幸之助さんは、成功は90%が「運」で、

残りの10%が「努力」だとおっしゃっています。

 

この感覚を、私はとても大切にしていて、

自分を「運が良い」と認識しながら、

その上で、努力することを忘れずに、

様々なビジネスや投資に取り組んでいます。

 

現在、私が参画させていただいている

FXのコミュニティーの中においても、

同じ「勝敗」を味わいながらも、

運が良いと考える方と、

運が悪いと考える方がいらっしゃり、

両者の成果は、

時が経つにつれて2極化していきます。

 

運が良いと考えている方は、

目の前の損切からも学び、

次の機会につなげていきますが、

運が悪いと考えている方は、

損切が続くと不安が拡大し、

次のチャレンジができなくなっていきます。

 

そして、「大勝」を逃すのです。

 

昨日は、FXを学ばせていただいている

kei先生とそのご家族に、日頃の感謝を込めて

ご馳走させていただきました。

 

 

 

お会計の時間が、ルール上の決済の時間でしたので、

朝エントリーしたトレードの状況を見たら、

100pips以上」の利益となっていました。

 

つまり、お支払いした額の数十倍の金額を、

家族同士で談笑している間に稼いだことになります。

 

ですから、しっかり利確した上で、改めて、

私の自宅でも祝杯を挙げ、最高の美酒を味わいました。

 

kei先生をはじめ、

先日ご紹介したTAKA先生など、

とても素敵な方々に出会えて、

私は、本当に運が良いです^^

 

これからも、自分の運に感謝しつつ、

努力を忘れずに歩んでいきたいと思います。

 

そして、私の仲間達にも、

「運」に関する意識改革をしていただいた上で、

真剣に学び、果敢に挑戦し続けて欲しいと

心から願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「熱意ある社員」6%、世界最下位クラス

2017年05月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

社員のエンゲージメント(仕事への熱意)に関し、

日本は「熱意あふれる社員」の割合が「6%」で、

139カ国中132位と、世界最下位クラスでした。

 

これは、アメリカの人材コンサルティングを手掛ける

「ギャラップ」が、世界各国の企業を対象にした

調査結果なのですが、さらに驚くべきなのは、

 

「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」

 

が、「24%」もいて、

 

「やる気のない社員」

 

は、「70%」にも達していることです。

 

ギャラップのジム・クリフトンCEOは、

 

「日本は、上司の言ったことを、口答えせずに

 確実にやれば成功だった従来のやり方のままだ。

 

 これが時代遅れになっている。

 

 上司と部下が一緒になってどう結果を出すか、

 その過程で、部下をどう成長させるかを、

 上司が真剣に考えなければいけない。」

 

と語っていて、その通りだと感じています。

 

日本政府が主導する「働き方改革」は、

「時間」のことばかりを問題にしていますが、

それよりも、上司と部下の良好な関係こそが、

最も大切なのです。

 

そこに希望があれば、組織は活気付くし、

結果的に、経済も改善していきます。

(アメリカの熱意あふれる社員は「32%」)

 

ただ、会社や上司が変わることを待つだけでは、

人生はあっという間に、終わってしまいます。

 

ですから、やる気を失っている70%の方に対しては、

今こそ、私のメッセージを届けたいと思います。

 

現代は、組織に属さなくても生きていける時代です。

 

実際に、私は、大企業を辞めたことで、

収入が飛躍的に上がり、自由な時間も格段に増えて、

長く授からなかった子供も2人、授かることができました。

 

人生とは、こんなに幸せなものなのだということを、

今、感じることができています。

 

会社の中で、熱意あふれる「6%」の方には、

私の日々の記事は届かないでしょうし、

届いたとしても、全く響かないでしょうが、

それで良いのです。

 

そのような方は、

現在の組織の中で最大限に努力して、

日本経済に貢献して欲しいと思います。

 

一方で、今、組織の中で苦しんでいる方は、

私が歩んでいる道を知ることが、

人生を大きく変えるきっかけになると信じています。

 

個人で取り組むことが可能な、「ビジネス」と「投資」。

 

これらを組み合わせることで、

誰もが、「自由」と「富」を得る未来があります。

 

私は、「日本の働き方を変えていきたい」と、

心から願っているのです。

 

先日、そのようなことを熱く語っていたら、

ビジネスパートナーが、「Forbes」などの表紙に

私の写真を入れて加工してくれました。

 

 

「藤沢さんは、日本に革命を起こす人です」

 

最初は、ビジネスパートナーの行き過ぎた冗談だと

笑っていましたが、何度か見ていると、

 

「これを本当に現実にしたい」

 

と思うようになりました。

 

「思考は現実化する」

 

と言いますが、こうしてビジュアル化することは、

とても大切なことだと思います。

 

今は、万人に笑われるかもしれません。

 

でも、やるからには、本気で、実現させたい。

 

そのために、私にできることを積み重ね、

1人でも多くの人を、救っていく覚悟です。

 

追伸;

 

やる気を無くしている個人が意識改革する前に

国や会社が変わってしまったら、

突然の倒産や、解雇によって、

路頭に迷うことになるでしょう。

 

そうなる未来に恐怖を感じるのであれば、

自分で強く生きていく力を、今すぐ身に付けるべきです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通、SMAP、ジョージ・マイケル…

2016年12月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

昨年のクリスマス当日に、

電通の後輩社員が自死を選んだ悲劇を受け、

今年のクリスマスは、とても複雑な心境でした。

 

家族と穏やかな時間を過ごしながらも、

ふと彼女のことを思い浮かべては、

悲しい気持ちを抱えていました。

 

 

亡くなった彼女のお母様の手記は、

このような言葉で始まっていました。

 

「去年の1225日、

 クリスマス・イルミネーションできらきらしている

 東京の街を走って、警察署へ向かいました。

 

 嘘であってほしいと思いながら・・・。」

 

彼女の死が、日本の働き方を

変えるきっかけになっていることは

間違いありません。

 

しかし、生きて社会に貢献したいと願った

彼女の気持ちを考えると、彼女も、お母様も、

本当に悔しいでしょう。

 

そして、抜本的な改革が期待される電通は、まだまだ、

明確な方針を打ち出したとは言い難い状況です。

 

私は、彼女のお母様の思いを見て、完全に同意でしたので、

原文のまま、引用させていただきます。

 

「会社は、夜10時以降消灯をしているとのことですが、

 決して見せかけではなく、本当の改革、

 労働環境の改革を実行してもらいたいと思います。

 

 形のうえで制度をつくっても、人間の心が変わらなければ

 改革は実行できません。

 

 会社の役員や管理職の方々は、

 まつりの死に対して、心から反省をして、

 二度と犠牲者が出ないよう、決意していただきたいと思います。

 

 そして社員全ての人が、

 伝統を重んじることに囚われることなく、

 改善に向かって欲しいと思います。

 

 日本の働く人全ての人の意識が変わって欲しいと思います。」

 

あまりにも古いピラミッド型組織、

 

パワハラ・セクハラが横行する社内風土、

 

社員の命である「時間」を軽視する経営、、、

 

すべてをゼロから見直して、働き方を再生するべきです。

 

クリスマスには、もう一つ、悲しいことがありました。

 

クリスマスの定番ソング「ラストクリスマス」を

作詞・作曲し歌ったジョージ・マイケルが、

クリスマス当日に亡くなってしまいました。

 

また、昨夜は、想像より呆気なく、

日本のエンターテイメントを20年間も彩ってきた

SMAP×SMAP」が終了し、寂しさを抱く年末です。

 

このような世相を受け、例年より一層、自分自身を見つめ直し、

来年以降の生き方を定める年の瀬にしたいと思います。

 

追伸;

 

1/22のワークショップは、満員御礼となりました。

お申込みいただいた皆様、誠にありがとうございます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

週刊文春「電通の真実」激震ドキュメント

2016年12月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

ベッキーの不倫報道などスクープを連発し、

2016年の多くの話題を放ってきた週刊文春が、

「電通の真実」を報じています。

 

 

 

1.電通社員にライターで焼かれた女子大生

 

2.労基署に行けば解雇と通告された契約社員

 

3.ライザップへ3億円恐喝未遂で懲戒解雇の元社員

 

4.森喜朗に400万円献金、東京五輪をめぐる蜜月

 

今回の記事化にあたり、私も週刊文春の記者さんから

複数回、ご取材いただきました。

 

そして、彼らがこれだけのスクープを出せる勝因を

目の前で見せていただきました。

 

文春の記者さんは、「1行の裏取り」のために、

莫大な時間とお金を掛けるというポリシーで挑みます。

 

その過程では、取材に掛けた時間やお金が

全くの無駄になることも、当然、多くあるそうです。

 

しかしながら、たとえそうなったとしても、

「疑わしきは罰せず」という精神で挑み、

明らかに「黒」であると確定したことだけを

記事にしています。

 

また、お金目的のタレコミは相手にせず、

自らの足で掴んだ情報だけを報じているのです。

 

社員手帳から「鬼十則」を削除するなど、

表向きには、少しずつ変化を見せている電通。

 

ところが、これだけ社会で問題視される中で、

女子大生の腕をライターで焼く社員がいるなど、

言語道断でしょう。(この事件は報道過熱後)

 

文春の記者さんは、こうおっしゃっていました。

 

「今回、取材を進める中で、

 驚くべき電通の実態が明らかになりました。

 1度徹底的に糾弾し、改革を促さなければ、

 電通も日本も変わらないでしょうね。」

 

私も、「長時間労働」だけではなく、

パワハラ、セクハラなどが横行する

電通社内の悪しき文化を変えなければ、

何も変わらないと訴え続けてきました。

 

ですから、今回の記事で指摘されたように、

電通の中に眠る異常な体質を早急に変えることが

極めて重要だと考えています。

 

また、昨今の電通の問題に対しては、

 

「電通をスケープゴートにするな」

 

という声も大きくなってきましたが、

私は、罪を犯した人や組織は糾弾されて当然であり、

その原因や改善策を社会で考え、

当事者以外の個人や組織の「教訓」へと昇華することが

社会を変えることにつながると考えています。

 

そして、記事の中でも触れられている通り、

「クライアントの何でも屋」である電通の問題は、

仕事を与えるクライアント側にも元凶があるのではないか、

という視点も含めて、引き続き、考察すべきだと思います。

 

インターネット広告の不正請求という詐欺事件の詳細、

強制捜査の結論が発表されるであろう年末年始、

電通が社会にどう発信し、どう変化していくのか、

私自身も古巣の言動を見つめて考察した上で、

あなたの考える機会にもしていただきたいと願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

取材を受けた電通社員に「戒告」の懲戒処分

2016年12月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo20161203

 

電通の抜本的改革を期待して待っている中、

改革とは逆行するような、社員を懲戒処分にした

悲しい事実が明らかになりました。

 

NHKの取材に対して、

「自浄能力が無い会社だと思う」

と顔を出して答えた社員に対し、石井社長は、

始末書を書かせる「戒告」処分を与えたのです。

 

これに対しては、同社の社員からも、

 

「ごく普通の意見で処分の必要無し」

 

「経営に都合の悪い話を締め付ける目的」

 

「かわいそう、、、」

 

という、同情の声ばかりが出ています。

 

石井社長は、

強制捜査の日に行われた社員への説明会で、

 

「社員の皆さんの声を取り入れたい」

 

「ご自分の考えを述べることは構わない」

 

と伝えていたのですが、

その通りに言動した社員を、

戒告処分にしてしまったという明らかな矛盾が、

そこに横たわります。

 

この現実に、「本音」と「建前」が透けて見え、

電通の軍隊気質が改めて露呈されたと言えるでしょう。

 

10月中旬には、安倍官邸に石井社長が呼び出され、

直々に注意を受けていたようですが、、、

(その安倍首相は、東京五輪への悪影響を懸念している模様)

 

会社を少しでも「変えたい」と願う社員を

このような形で潰してしまうようであれば、

これからも、大きな変化は期待できません。

 

現在ノミネートしている「ブラック企業大賞2016」も、

受賞間違い無しではないでしょうか。

 

電通に関しては、労働局の捜査結果発表や、

不正請求事件の全容発表が、これから行われます。

 

違法な長時間労働とその隠蔽が確定し、

取引先への詐欺が巨額であることが判明したら、

電通へのバッシングはさらに大きくなるでしょう。

 

私は、戒告を受けた社員が悪いとは思いません。

 

そして、その社員の年代を間違え、

モザイクなしの顔出しで報道したNHK

必要以上に責めるつもりもありません。

 

一番問題視しているのは、

社外に対しても、社内に対しても、

電通の変化に向けた言動を全くしない

経営陣や、社員達です。

 

組織や既得権にしがみつくような生き方は、

これからの時代では価値を持ちません。

 

坂本龍馬が「脱藩」したように、

織田信長が「新たな社会体制」を作り上げたように、

混乱する時代の中では、横紙破りな存在が必要です。

 

会社に「依存」するのではなく、

少なくとも、「心の脱藩」をして、俯瞰的に、

自社や自分を見つめることが重要なのではないでしょうか。

 

私は、電通に関しては、年末年始に、

きっと大きな動きがあると睨んでいます。

 

その中で、状況を注視しながら、

私自身のフィルターを通した問題提起を、

発信し続けたいと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通「鬼十則」社員手帳掲載中止検討へ

2016年11月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

oni20161118_2


 

電通は、この度の過労自殺問題を受け、

4代社長の吉田秀雄氏の遺訓であり、

電通社員の労働規範である「鬼十則」について、

社員手帳への掲載中止を検討しています。

 

oni20161118_1

 

oni20161118_3

 

私は、自らの媒体での発信だけではなく、

新聞、雑誌、テレビの取材に対しても、ずっと、

「鬼十則を廃止すべき」と言い続けてきました。

 

やっと、巨艦・電通が動いたことになりますが、

このスピードの遅さと、まだ「検討」と言っている

決断力の無さに関しては、非常に残念に思います。

 

ここで改めて、鬼十則とはどのようなものなのか、

ご紹介させていただきます。

 

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。

 

2.仕事とは、先手先手と働き掛けて行くことで、

 受け身でやるものではない。

 

3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事は己れを小さくする。

 

4.難しい仕事を狙え、

 そしてそれを成し遂げるところに進歩がある。

 

5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは

 

6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、

 永い間に天地のひらきができる。

 

7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、

 そして正しい努力と希望が生まれる。

 

8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、

 そして厚味すらがない。

 

9.頭は常に全回転、八方に気を配って、

 一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

 

10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、

 でないと君は卑屈未練になる。

 

私自身は、この鬼十則を部分的に評価しています。

 

なぜなら、この「魂」があったからこそ、

電通の発展があった訳ですし、日本の高度経済成長も、

このような命を削った努力の上で成り立ってきたことは

疑いようの無い事実だからです。

 

そして、私が起業してから、

現在のような「自由」と「富」を手にできたのも、

鬼十則から学んだ哲学が寄与しているのは間違いありません。

 

しかしながら、経済が右肩下がりで

将来の不安ばかりが叫ばれる現代において、

過去の栄光のままに新入社員を洗脳しようとするのは

時代錯誤も甚だしいと言えます。

 

特に、ご遺族も問題視している、

5の「殺されても放すな」に関しては、

この言葉が1人歩きしたことによって、

今回の悲劇が起こってしまったと言っても

過言では無いでしょう。

 

鬼十則を残した第4代社長の吉田秀雄氏は、

「睡眠はしっかりとれ」と言っています。

 

しかし、その「行間」を伝えられるような上司が、

電通の中間層にはいなくなってしまった。

 

そのような中で、軍隊的な悪しき文化だけが残り、

鬼十則の表面的な言葉でエスカレートしていって、

長時間労働、パワハラ、セクハラにつながっているのです。

 

鬼十則は、経営者にとっては、

現在も重宝される部分があるでしょうが、

現代の労働者には、強制できるものでは無いでしょう。

 

国民の声の中には、

 

「電通は早く倒産しろ」

 

「経営陣を全員逮捕しろ」

 

このような声が多くなっています。

 

しかし私は、それが直接的な解決策になるとは思いません。

 

 最も強い者が生き残るのではなく、

 最も賢い者が生き延びるのでもない。

 唯一生き残るのは、変化できる者である。

 

電通は今こそ、この言葉を噛みしめて、

変化する恐怖を乗り越えなければいけない。

 

これまでの成功を捨てて、

ゼロから、新たな道を創造していくべきです。

 

そして、その姿が、日本社会をも変えていく。

 

そんな未来を願い、石井社長の言動に期待しています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

社員の「命」を軽視し過ぎている日本企業

2016年11月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

family0161110

 

現在の日本企業は、高度成長期の余韻のまま、

社員全員に「滅私奉公」を押し付けています。

 

しかしながら、会社が社員の人生を背負い、

保障してくれる時代は、すでに過ぎ去りました。

 

社員がどれだけ忠義を尽くしても、

会社に切り捨てられたり、会社自体が

消滅してしまう時代なのです。

 

さらには、今回の電通の過労自殺報道で

社会全体に周知されている通り、

日本のトップ企業と言われる会社が、

社員の「命」を軽視してしまっているのが、

この国の真実です。

 

これ以上の犠牲者を出さないよう、

「国」や「会社」のあり方を、可及的速やかに、

変えていかなければいけない。

 

そのために、私は批判を覚悟で、

あらゆるメディアと組み、発信を続けています。

 

その一方で、「国」や「会社」の変化を

待っているだけでもいけません。

 

私達は、何かに依存せずに生きていけるよう、

自ら変化していかなければいけないのです。

 

そのための第一歩は、

個人のビジネススキルを伸ばしていくことです。

 

できるだけ早く、会社の給料以上の収入を

個人で得られるような力を手にすることが、

絶対的に必要です。

 

会社から理不尽な要求があった時に、

「いつでも辞められる」という状況にあれば、

心や体を必要以上に害される心配はありません。

 

だからこそ、

私は個人のコンサル「Ryos Party」を主宰し、

多くの方に高いレベルのビジネススキルを

授けられるよう努力していますし、今後も、

様々な素晴らしい講師陣を迎えて、

ビジネススクールを展開していこうと考えています。

 

そして、ビジネススキルという

戦う「武器」だけではなく、

大切な心を守る「鎧」も必要だと考えています。

 

その1つが、現在、力を入れている

「エニアグラム心理学」です。

 

これは、スピリチュアルなものではなく、

古代ギリシャから伝わる「データ解析」に基づいた

「究極の心理学」で、人を9種類に分類し、

それぞれの特性を知るものです。

 

この知識を得てから、

私は自分を深く知ることができて、

他人のことも、深く理解できるようになりました。

 

人間関係のストレスが少しでも緩和されれば、

人生の苦悩を減らすことができますし、

自ら命を絶つような悲劇も、減らしていくことができる。

 

そう信じています。

 

そのエニアグラムの本質を、半日で学ぶワークショップ、

11/23(水・祝)、渋谷Hikarieで開催しますので、

いらっしゃってくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/eniamaster_b

 

40名様に拡大させていただきましたが、

 残り席は僅かとなっておりますので、お急ぎください。

 

可愛い子供達に素敵な日本を残すために、

私らしく生きて、私にできることを続けます!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通幹部事情聴取へ「組織的な残業隠蔽」

2016年11月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

社長ブログランキングへ

 

電通への強制捜査を受けて、元社員としての

私の見解を各メディアが求めてくださり、

昨日は「TBS」に加え、「テレビ朝日」と

「サイバーエージェント」が手掛ける

AbemaTV」に出演させていただきました。

 

いよいよ、テレビも本格的に動いてくださり、

「日本人の働き方を、今こそ変えたい」と願う、

私の声を日本全国に届けてくださったことに、

心から感謝申し上げます。

 

放送していただいたのは、

 

TBSNスタ」

 

dentsu20161108_1

 

TBSNEWS23

 

dentsu20161108_2

 

TBS「あさチャン!」

 

dentsu20161108_5

 

dentsu20161108_6

 

AbemaTVAbema Prime

 

dentsu20161108_3

 

dentsu20161108_4

 

4番組です。

 

放送後、多くの方から、

「テレビ見ました!」とメッセージをいただき、

テレビが持つ力を再認識しています。

 

そして、テレビが動けば日本が変わると

これまでお伝えしてきた通り、これからの日本は、

きっと変わっていくと信じています。

 

これまでの電通への捜査で、少なくとも30名の社員が、

100時間以上の残業の過少申告をしていた実態が

明らかになりました。

 

最大の資産が「人」であるとする電通が、

人にとって最も貴重な「時間」を軽視するという、

明らかなる矛盾が発覚したのです。

 

私自身も、電通に勤務していた時代には

サービス残業に涙を飲んできましたし、

電通だけではなく、他の多くの会社の社員も、

似たような苦しみを味わっているでしょう。

 

だからこそ、まずは電通を変えて、

日本全体に「働き方改革」を拡げていくことが

急務だと思います。

 

当然、「セクハラ」「パワハラ」という

企業風土も同時に変えていくことが大前提です。

 

今回、「Abema Prime」で共演させていただいた

NHKアナウンサーの堀潤さん、

博報堂の現役社員でいらっしゃる原田曜平さんも、

同じ問題意識を持っていらっしゃることがわかり、

心強く思いました。

 

また、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんも、

私に賛同してくださり、彼の言葉で、

働き方の改善への提言をしてくださって、

感謝しています。

 

これからも、各メディアからのご依頼に応え、

私なりに、社会に提言し続けていきますね。

 

さて、その一方で、、、

 

慶應ではまた、不祥事が起こってしまいました。

 

交際相手を駅のホームから線路に突き落とした慶應生が、

「殺人未遂容疑」で逮捕。

 

駅員が緊急停止ボタンを押さなければ、

列車が突入し、大惨事になるところでしたので、

本当に腹立たしい事件です。

 

このような社会情勢の中で、日本人は、

「心のあり方」を見つめ直さなければいけないと、

思いを日に日に強くしています。

 

私が真剣に取り組んでいく「エニアグラム」、

あなたにも、是非、学んでいただきたいです。

 

11/23(水・祝)、渋谷Hikarieでお待ちしていますね。

 

http://fujisawa-ryo.com/eniamaster_b

 

残り「5名様」になりました。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

愚策を通達した電通・石井社長への提言

2016年10月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161018

 

電通の石井社長は、新入社員の過労自殺を受けて、

「月間労働時間の上限を5時間引き下げる」などと、

社員に通達しました。

 

この報道に対して、「素早い行動だ」と

一部で賛辞の声が上がっているようですが、

内情を少なからず知る私は、「愚策でしかない」

と捉えています。

 

そもそも、亡くなった新入社員に

多大なサービス残業があったことは明白です。

 

その風潮を是正せずに、時間短縮だけを命ずるのは、

社員にさらなる負担と、サービス残業を強いるだけです。

 

そして、電通の経営陣にとっては、何の痛みも無く、

高い人件費を圧縮できる好機に過ぎないということです。

 

電通には、中堅以上と若手の労働量に、

圧倒的な格差があります。

 

他の会社でも見られる光景でしょうが、

電通社内では、それが異常なほどに存在します。

 

特に、新入社員は、

早朝から深夜まで、トイレに行く時間も無い程に

大量の仕事が押し寄せてくる環境の中で、

先輩の弁当やタバコを買いに行かされます。

 

それに少しでも不快な表情や言動をすると、

殴られたり、蹴られたり、罵声を浴びせられる、

そういう文化です。

 

そのような軍隊さながらの環境の中で、

入社前までに持っていた自尊心は見事に破壊されて、

上司の犬になることを求められます。

 

そして、広告ビジネスではその悪しき文化を材料に、

クライアントを口説いていくのです。

 

「こいつが3日風呂に入らず、会社に寝泊まりして、

 今回のプレゼン資料を作ってきたんですよ」

 

滑稽な根性論で、

 

「電通さんなら、何でも気合いでやってくれる」

 

という評価を勝ち取り続けてきたということです。

 

一方で、仕事のスキルが、上司と部下で

逆転していることも少なくありません。

 

私が新入社員の頃は、

パワーポイントやエクセルを使いこなせない

無能の上司が、社内に無数にいました。

 

死ぬ程働いている自分が年収700万円程度、

パワポもエクセルもできずに、

部下に丸投げの上司が年収2000万円以上。

そんな会社のあり方に、

疑問を持たない方がおかしいでしょう。

 

また、電通の時代錯誤を象徴するのが、

鬼十則をいつまでも重宝しているところです。

 

例えば、その1つは、

「取り組んだら放すな、殺されても放すな、

 目的完遂までは……。」

私自身は、鬼十則を完全には否定しません。

 

むしろ、起業して少なからず成功できたのは、

鬼十則からの学びによるところも大きいと感じています。

 

しかしながら、この異常な根性論を

前向きに受け止められるのは、

私の世代が最後ではないでしょうか。

 

今の20代は、生まれてきてからずっと、

日本が右肩下がりであり、根性を強いても

素直に従えるはずがありません。

 

石井社長は、時代にそぐわなくなった鬼十則を

破り捨てることから始めるべきだと思います。

 

そして、今回、

新入社員にセクハラ、パワハラをした上司達と共に、

自ら率先して重い刑を受けるべきです。

 

彼女を死に追い込んだ犯人達が

今回もお咎めなしなら、

電通の文化は全く変わりません。

 

このまま、上が痛みを味わわず、

下に責任を押し付け続けるなら、

必ず、次の犠牲者が出ます。

 

ですから、これ以上の犠牲者を出さないために、

石井社長に提言をさせていただきます。

 

今回の文書の最後にある「この難局を打開する、、、」は、

「難局」と言っている時点で、当事者意識も

責任感も全く感じません。

 

もし、石井社長が少なからず責任を感じているならば、

抜本的改革のために、以下3点を早急にご検討ください。

 

1.鬼十則の廃止(少なくとも一部改訂)

 

2.彼女を死に追い込んだ社員への懲戒と刑罰(経営陣含む)

 

3.無能社員の減給・リストラ、若手社員の増員・待遇改善

 

賛否両論あると思いますが、

あなたはどう思われますか?

 

これは電通だけの問題ではなく、日本社会全体の問題です。

ご意見いただけると幸いです。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

藤沢涼

 

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通社員が過労死、繰り返される悲劇

2016年10月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

dentsu20161008

 

私が電通に入社する10年前、当時入社2年目の社員が

過労を苦に自殺したことを受けて、最高裁が、

電通に16800万円の支払いを命じるという

「電通事件」が起こりました。

(判決が出たのは、私が入社する1年前の2000年)

 

従業員の過労自殺に関わる損害賠償請求に関し、

因果関係を日本で初めて認めた、重大な事件です。

 

その反省をして環境改善していると期待し、

新入社員として働き始めた私に突き付けられた現実は、

想像を絶するような、地獄の日々でした。

 

「おまえは奴隷だ、発言権は無い。」

 

「終わるまで帰るな、寝るな。」

 

「おまえに残業をつける権利があると思うな。」

 

業務中に、突然、殴られ、蹴られ、恫喝される。

 

軍隊のような異常な縦社会の中で、

根性を叩き込むのが正義であるという文化が、

目の前にあったのです。

 

そして、悲劇は繰り返されました。

 

2015年、東京大学を卒業して

電通に入社した女性社員(当時24歳)が、

同年のクリスマスに、社員寮から投身自殺したのです。

 

彼女は、インターネット広告を扱う部署、

つまり、先日発覚したトヨタなどへの不正請求に

関連する部署に所属していました。

 

テクノロジーの進化が人間のリテラシーを超え、

マネジメントが追い付かない中で、

電通は古い体質を脱さないままに

根性で乗り越えることだけを若い社員に求め、

「不正請求」や「過労死」を起こしたのです。

 

亡くなった彼女のTwitterを見ると、

 

「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」

 

「会議中に眠そうな顔をするのは管理ができていない」

 

「髪ボサボサ、目が充血したまま出勤するな」

 

「今の業務量で辛いのはキャパがなさすぎる」

 

辛辣な言葉を上司から浴びながら、

毎日早朝までの長時間残業に耐えていたことがわかります。

 

これらが有力な証拠となり、労働基準監督署も早期に、

「過労死」と認定することになったのです。

 

私は、電通退社後、

「電通の闇」が「日本の闇」であると捉え、

様々な観点で情報発信し、問題提起してきました。

 

「過労死」が、国際語「karoshi」になるという、

恥ずかし過ぎる日本社会の現実に関しても、

一刻でも早く変えなければいけないと願ってきました。

 

私のメッセージが彼女にも届いていれば、

彼女の命を救うことができたかもしれないと、

自分の力不足を悔やんでいます。

 

電通で同じような苦しみを味わった私と、

彼女にもし接点があれば、私の叡智を、

彼女に授けることができたのですが、、、

 

東大を卒業し、電通に入社するという人生は、

一般的には、「勝ち組」だと思われるでしょう。

 

しかしながら、そこには本当の幸せが無いことを、

私は知っています。

 

一流大学、一流企業というレールには、

もう、過去のような幸せはありません。

 

時代は、大きく変わっているのです。

 

それでも、変わらぬ一般常識の中で、

社会的な体裁の良さと現実のギャップに

社員の心はどんどん破壊されていき、

逃げ出すことさえできず、刃が自分に向かうのです。

 

これからは、組織に属さずに、

個人がそれぞれの幸せな生き方を

自由に選択できる時代です。

 

だからこそ、

電通を脱藩した私が、自分の生き様を通して、

時代の変化を社会に示していきたいと考えています。

 

そして、これ以上、尊い命を自ら絶ったり、

心身を壊してしまう犠牲者を出さないように、

引き続き、情報発信力を磨いて、

社会に提言を続けていきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料