■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「批評家」で終わるか、「創造」するか

2017年08月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

 

娘がお兄ちゃんを見習って、紙とペンで

色んなものを書いて、私や妻に自慢しながら

見せてくるようになりました。

 

まだ文字や絵にはなっていませんが、

自分が何かを書いて誰かに見せるという欲求は、

人間が生まれながらにして持っているものなのだと

気付かされます。

 

SNSが発展する時代に、自分の言葉を綴り、

自らの写真とともに誰かに届けていく欲求も、

このような表現欲求、承認欲求が、

その根本にありますね。

 

私自身も、それらの欲求があるからこそ、

こうして日々、書き綴っています。

 

そして、書き続けるという習慣は、

人間の能力を間違いなく向上させると感じています。

 

常に、「何を書くか?」と、

アウトプット前提で生きるからこそ、

日常のあらゆるインプットに敏感になりますし、

感度高く、様々なものに触れることが

可能になるからです。

 

そして、そこから得られる学びをシェアすることで、

それが確実に、自分のものになっていきます。

 

その中で、注意したいことがあります。

 

それは、書くことだけに満足して、

ただの「批評家」にならないことです。

 

政治経済や人生哲学、ビジネスに関することなど、

自分の見解を発信して、それに賛否両論の反応を

していただけることは、とても楽しいものです。

 

ただ、それだけで終わってしまうと、

それ以上の発展は何も無く、

社会の中に何か具体的なものを

生み出すことはできません。

 

ですから、発信だけでは終わらせずに、

その発信で出会えた仲間と組んだり、

そこで起こった摩擦から学んだりしながら、

何かを「創造」することを考えるべきです。

 

私は、仲間と共にコミュニティを運営したり、

新たなビジネスに一緒に挑戦していくなど、

発信とは別次元の変化を、

日々の発信の延長線上に必ず起こしています。

 

そうして、情報発信の先に、

何か少しでも「創造」することを意識しているのです。

 

発信することだけでも一つの行動ですから、

何もしないよりは確実に人生に変化があるのですが、

その先に、もう一歩行動することで、

人生はさらに変わっていきます。

 

ただの批評家で終わらないように。

 

批判に屈さず、自分の信念に従いながら、

どんどん、行動していきましょう。

 

世界に貢献する何かを、

創造できることを夢見ながら。

 

追伸;

 

本日の写真は、私の両親の家のカーペットで

娘が一生懸命書く(描く)姿です。

 

 

 

これから、息子から字を習い、絵を習い、

成長していく娘がとても楽しみです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本経済の「嘘」と「真実」~三橋貴明氏講演~

2017年05月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ


 

日本経済をデータで分析し続け、社会の中にある

「嘘」と「真実」を、書籍等で発信し続けている

三橋貴明さんの講演を拝聴しました。

 

 

「国の借金が、国民1人あたり800万円」

 

「日本の借金は、1000兆円を超えた」

 

などと、日経新聞などがデタラメを書き続けますが、

三橋さんは一貫して、この「マスコミの罪」に対し、

「真実」を伝え続けてきました。

 

お金を借りているのは日本政府であり、

そのお金を貸しているのが、銀行等にお金を預けている

私達国民なのですから、真実は、完全に真逆です。

 

「私達は、日本政府に1人あたり800万円貸している」

 

ということなのです。

 

「財務省」や「マスコミ」の罠のせいで、

私達がお金を借りている「債務者」だと

誤解してしまっている方が多いのですが、本当は、

日本政府にお金を貸している「債権者」であり、

まるで反対なのですね。

 

数日前にも、

日経新聞がまた同様の嘘を書いていることに、

多くの日本人は気付いていません。

 

また、

 

「日本は破綻する!」

 

ということも良く言われますが、

日本が破綻するためには、

 

「国債の金利が急上昇すること」

 

「政府の借金が自国通貨建てではないこと」

 

が必要であり、

金利は上昇するどころか下落の一途ですし、

海外に借りている国債は全体の5%程度ですから、

破綻など有り得ないのが、現時点の日本の状況なのです。

 

三橋氏のご見解によると、

諸悪の根源は、橋本龍太郎政権。

 

1997年にバブル崩壊の後、緊縮財政をしたせいで、

極度のデフレになり、実質賃金指数も下がり続けています。

 

本来は、適度なインフレを保つ政策が必要でしたが、

全く反対に、増税などをし続けたために、

どんどん、抜け出せないデフレになっているのです。

 

日本は、海外に貸しているお金が930兆円、

借りているお金が610兆円で、実質、

320兆円の資産があり、これは、「世界1位」です。

 

つまり、世界最大の「お金持ち国家」なのに、

破綻だ、破綻だと叫ばれているという、

異常事態になっているということですね。

 

さて、黒田日銀総裁がお金をバラまき始め、

マネタリーベースは増え続け、

日本円は300兆円も刷られ続けました。

 

しかし、2016年はインフレ率-0.2%で、

2%のインフレターゲットは全く実現できていません。

 

日本の問題は、発行されたお金が、社会に流れず、

企業や個人も、お金を使わないことです。

 

お金の量が増えたとしても、

企業がどれだけ利益を出したとしても、

それが社会や個人に還元せず、国や企業に留保されれば、

経済成長は有り得ません。

 

これから、生産年齢人口がどんどん減り、

「超人手不足」社会に向かう日本において、

国や企業が生産性を高める投資をし続け、

貴重な人材に富を還元し続けることが、

極めて重要だということですね。

 

三橋氏のご見解は明快で分かりやすいので、

これからも学ばせていただきたいと思います。

 

追伸;

 

「私」から「母」へ、「息子」から「妻」へ、

「母の日」のカーネーションをプレゼントしました!

 

 

日頃から感謝の気持ちを伝えているつもりではいますが、

こうして、イベントにも乗らせていただいて、改めて、

息子と一緒にそれぞれの母に感謝することができて、

とても幸せです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本が「世界の主役」となる可能性

2016年10月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

日本の現況や、日本の会社のあり方について、

否定的な意見を続けてきましたが、私は、

決して、希望を捨てている訳ではありません。

 

より良くなる可能性があると感じるからこそ、

苦言を呈しているのです。

 

これまでの日本社会では、大前提として、

「成長」がありました。

 

社会が経済的に成長し続ける中で、

人々も物質的欲求を膨らませて、

それが幸せにも直結していました。

 

ところが、テレビ、洗濯機、冷蔵庫という

「三種の神器」がコモディティ化してしまった今、

物欲の先には本質的な幸せが無いことが、

社会で共有されました。

 

さらに、少子高齢化で、

成長しない未来も見えています。

 

つまり、高度成長期の頃のように、

物質的な欲求をこのまま追求しても、

経済が下降していく中で不幸になってしまうことを

国民は、はっきりと認識しているのです。

 

このような現況の中で、

日本人の心のあり方は大きく変化しています。

 

私は現在、ビジネスをお教えする場などで、

あらゆる年代の方とコミュニケーションをとっています。

 

その中で、若い20代の方などは、

「大金を稼ぐ」ことよりも、

「社会への貢献」ということに

興味を見出していると感じています。

 

社会の中には、若者を否定する声が多いですが、

私は、右肩下がりの社会の中で、

未来をどう生きるかという感性を鋭くした結果、

このような価値観に至っているのだと捉えています。

 

そして、その価値観こそが、

日本を救うかもしれないと考えています。

 

日本は今、成長を多少犠牲にしたとしても、

人の幸せを考える環境にあると思うのです。

 

つまり、

「もっともっと、大きな売上を!」

という意識を、一度手放す必要があるのです。

 

これまでは、「もっともっと」が社会を発展させましたが、

それが空回りし始めたのが、何よりの証拠です。

 

また、ITが発達しているからこそ、

「もっともっと」という意識に囚われると、

仕事にもキリが無くなります。

 

その結果、労働時間は永遠に積み上がり、

心身ともに害していくことになります。

 

ですから、個人として、会社として、社会として、

何らかの成果に「もっともっと」を求め過ぎず、

心を、命を、しっかり守っていく意識を

大切にしていく時代だと思います。

 

そして、

そういうことを率先してやる会社や個人は、

結果的に周囲から愛され、認められ、

発展していくと感じます。

 

未来が悲観される日本には、実は、

大きなチャンスがあります。

 

資本主義的な文脈から離れていき、

新たな次元へと昇華することで、

いずれ世界の中で、

新たな社会を創る「主役」になれる可能性が

眠っているのです。

 

そのためにも、今は、大きな転換期です。

 

個々人が、これからの日本のあり方を、

真剣に考えて、意見交換すべきではないでしょうか。

 

そのためにも、是非、

あなたのご意見をお聞かせくださいね。

 

追伸;

 

息子が娘をしっかり守る姿に、癒されております^^

 

tsubasa_aoi20161023

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

アインシュタインに学ぶ「問題の定義とその解決」

2016年07月13日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0713

 

「すぐに成果を求める」という傾向は、

個人はおろか、多くの企業に拡がっている風潮です。

 

例えば、長期的な研究を放棄してしまい、

短期的な利益を狙い営業へと投資を移したり、

安易に社員を減らしてしまって、なんとか、

利益を絞り出している企業が多くあります。

 

そのような経営者の言動を見て、

社員が短期的な成果の出ない仕事を敬遠するのは、

自明の理でしょう。

 

大きな失敗をしたくないからと、

やらなければならない仕事だけをこなし、

無難な評価をもらうように縮こまってしまう

ロボットのような社員が量産されます。

 

そして、その空気が、

会社全体、社会全体に拡がってしまい、

皆が萎縮しているのが、現状だと感じます。

 

経営者も、社員も、

長期的なビジョンを失っているのです。

 

そして、「すぐに成果が出る」という

仕事やハウツーに騙されてしまっています。

 

 問題を20日で解決しなければならないなら、

 私は19日かけてその問題を定義する

 

アインシュタインの有名な言葉です。

 

これを会社の仕事で言うならば、

1ヶ月間の営業日20日のうち、

問題を解くために使うのは、

たったの1日だということです。

 

それほどに、

「何を解くべきか」が大切なのですね。

 

私は、人生における問題を解決するために、

膨大な時間を使いました。

 

電通に入社してから12年間、

 

「私の人生、このままで良いのか?」

 

という自問自答を繰り返していました。

 

電通という看板で社会的な体裁が良く、

若い頃から年間数十億円の広告費を担わせていただき、

身を置かせていただいた環境には

とても感謝していましたが、

それでも、私が心から求める人生は

そこには無いと考えていました。

 

しかしながら、どうすれば幸せになれるのか、

その解答はすぐには見付けられなかったのです。

 

それこそ、その答えを解くことに、

10年以上の時間を使いました。

 

そうして見出した「何を解くべきか」は、

 

・誰にも管理、監視されない精神的自由

 

・いつでも好きな場所に行ける時間的自由、場所的自由

 

・裕福な生活を実現する経済的自由

 

とにかく、「自由」を求める自分が

そこに問題として定義されたのです。

 

このように、ビジョンが定まってからは、

インターネットを最大限に活用して起業するという道に向かい、

あっという間に行動しました。

 

つまり、私は、

20日で解決しなければいけない問題のうち、

19日を問題定義に捧げていたことにより、

最後の行動を迷いなく行えたということです。

 

色々と焦ったり、悩んでしまう方の中には、

このような問題を自分の中で定義できておらず、

どう行動すれば良いのか確信を得られていない方が

とても多くいらっしゃいます。

 

今後の人生においては、

20日のうち、19日を「定義」に捧げることを意識して、

自分自身に、しっかり向き合っていきたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

混乱する社会で大切にするべきこと

2016年06月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0625 

 

大阪から帰京し、息子の36ヶ月という節目を

家族一同でお祝いしています。

 

息子は娘に夢中、娘は慣れないカメラに号泣で、

2人だけが、「キメ顔」です!w

(翼、葵、ごめんっ!笑)

 

さてさて、イギリスのEU離脱を起点として、

世界情勢が大混乱に陥っています。

 

日本の財政は元々、

先行きが全く見えない状況でしたが、

今後、根幹から揺さぶられる事態にまで

発展する可能性があります。

 

このような時は、お金のことや、

仕事のことをばかりを心配し、

株価や為替のことで頭が一杯になる方も

多くいらっしゃるでしょう。

 

しかし私は、今こそ、家族や親戚、

あるいは、仲間同士の心の繋がりを

大切にするべきだと考えています。

 

なぜなら、他民族からの迫害や政治的な動乱など、

過酷な歴史を経験してきたユダヤ人や中国人こそが、

家族や友人を「宝」だと考えているからです。

 

国や会社は、いざという時全く頼りにならず、

本当に頼りになるのは、血縁関係や

信頼できる友人だけだという感覚を

強く持っているのですね。

 

現代の日本人は、

親戚付き合いを煩わしいと感じたり、

友人も少ないという方が増えています。

 

日本の戦後は社会的に安定していて、

安心できる暮らしが長く続いたことで、

孤立した人生を送ることが可能になったため、

周囲と無縁で生きる選択肢が生まれたのです。

 

ところが、今こそ私達は、

これからの生き方を見直すべきです。

 

自分にとって、煩わしさの無い、

居心地の良い環境の中で生きるのではなく、

違う年齢、学歴、職歴、価値観を持った

「異文化」の方と助け合い、支え合うことで、

絆を強くしていくことこそが、

中長期的には自分の身を守ると思うのです。

 

現在、お金持ちである人も、

誰とも本当の絆を持っていなければ、

そのお金が紙くずになった途端、

周囲の人は離れていき、

生きていくことさえできなくなります。

 

しかし、親族や仲間に信頼され、

多くの方に愛されている人は、

世界に何が起ころうとも、

食事や寝床を必ず誰かに与えられて、

物々交換の中で助け合い、

生き長らえていくことが可能です。

 

ですから、まずは身近なところから、

「恩」を送り、また、有り難く受け取り、

その「恩」をまた誰かに送っていくことを

大切にしたいですね。

 

経済を学び、資産を守ることも、もちろん大事です。

 

しかし、私は、「絆」の重要性こそを、

これからの社会の大混乱が示すことになると

捉えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

会社の退職が「不道徳」である理由

2015年11月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1116

 

雇用は会社と社員の互恵関係が前提ですから、

持ちつ持たれつの「フェア」な関係のはずです。

 

しかし、日本では、この両者の契約解除に対して、

「不道徳」であると見られることが多くあります。

 

会社側が主導する「解雇」も、

従業員側が主導する「退職」も、

いずれも、ネガティブに捉える風潮があるのです。

 

本来、双方が提供し合うメリットに

アンバランスが生じてしまった場合、

契約解除することは当たり前のことで、

そこに、「美徳」も「不徳」も無いはずです。

 

それなのに、なぜ、会社を退職することが

「不道徳」だと捉えられてしまうのでしょうか。

 

私は、この問題には日本の給与システムが

大きく関係していると考えています。

 

日本の多くの会社では、

 

 22歳~30歳 成果<給与

 30歳~45歳 成果>給与

 45歳~60歳 成果<給与

 

となるように

給与が設計されているはずです。

 

新入社員から58年程度は、

会社にとっては「先行投資」の期間です。

 

この期間に社員が辞めてしまうと、

投資した分の回収ができないことになります。

 

一方で、最も働き盛りの30代~40代前半は、

会社に与える成果よりも、手にする給与が

少ない時期が続きます。

 

そして、40代後半から最後までは、

それまでの収支が合うように、

「おつり」がもらえるはずの時期だ、

ということです。

 

つまり、

これらの期間に「解雇」されることは、

暗黙の「後払い」の約束の不履行だと捉えられ、

不誠実だと考えられているのでしょう。

 

もちろん、会社による差異がありますし、

同じ会社の中でも、個人差があります。

 

しかし、一般的にこのような概念があることが、

日本における退職のイメージを

悪くしている要因だと考えています。

 

ところが、このシステム自体が

機能しなくなっている現実があります。

 

会社に預けておいたはずのデポジットが、

減給、あるいは最悪の場合倒産という形で

将来に払ってもらえなくなるリスクが

あらゆる会社で顕在化しているのです。

 

これまでのように、

勤め続ければ収支が合う時代では

無いということです。

 

それでも、私はこの環境下に

一つの光を見ています。

 

有能なはずの日本人は、

高度経済成長期に作られた給与システムに依存し、

本来の能力を発揮できていなかったはずです。

 

それが、給与システムが破綻しつつある現在、

成果に見合った給与を与える会社に飛び出したり、

自ら起業して「成果=給与」とする人が増え、

その仲間達がお互いの能力を創発し合うように

なると考えているからです。

 

実際に、私の周囲では現在、

そのような変化が目の前で起こっています。

 

労働の流動性を高めて、

私達が本来持つ能力を最大限に発揮し、

日本をもう一度、輝かせていきたいですね。

 

追伸;

 

garrettのポップコーンに家族でハマり、、、

やめられない、とまらない、、、

 

これは太りますね!危険です!!!w

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

教育の「経済格差」と「情報格差」

2015年10月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

東京大学では、年収400万円以下の

家庭の学生の授業料が全額免除になり、

この層の合格者が増えています。

 

これは、2008年から

始まっている制度ですが、

まだ、ご存知無い方も多いようです。

 

教育に関しては、「経済格差」によって

子供の所得も大きく差が出てしまうと言う

「格差の再生産」が叫ばれていますが、

「情報格差」も、見逃すことができません。

 

子供達のために、親が真剣に情報を取り、

最適な判断をしていくべきですね。

 

お金の運用を考えても、以前は、

郵便局や銀行に預けているだけで

高い金利により自動でお金が殖えました。

 

しかし、現代は(特にこの数年は)、

いくら大きなお金を持っていたとしても、

銀行に預けているだけだと

世界基準で見て資産が減ってしまいます。

 

金融の知識を身に付け、

リスクを取って投資しなければ

お金は殖やせない時代なのです。

 

正しい情報と

的確な判断力を持った人だけが、

富を構築していくことが可能だ、

ということですね。

 

教育も全く同じで、

子供の豊かな未来を確保するために、

正しい情報を掴んで、

実行していく行動力が必要なのだと

感じています。

 

さて、東京大学をはじめ、複数の大学が、

親の年収によって学費を全額、

または一部免除する施策を行っていますが、

あなたはどう思いますか?

 

私は、賛成です。

 

親が高収入であれば、

質の高い教育を受けられて当然です。

 

でも、そのような至れり尽くせりの環境で

学んで来た子供は、他者に甘えていて、

主体性の無い人間になっている可能性も

内在していると思います。

 

一方、親が高収入ではない家庭でも

必死に学んで学力を高めた学生は、

ガッツがあって、未来を切り拓く方だと

感じるのです。

 

もちろん、反対意見も多い事案だと

考えています。

 

そもそも、

これからの時代に学歴は必要なのか?

東京大学に行く価値はあるのか?

などの議論もあるかと思いますが、、、

 

その点はまた別の機会で考えるとして、

まずはこの施策に関して、

あなたのご意見もお聞かせ頂けると幸いです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「お金」より「家族の時間」

2015年07月25日

※「億」を稼ぐ社長達の中で、

 藤沢涼は現在、な、なんと!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0725

 

息子が生まれてから2年7ヶ月、

ずっと、家庭保育で育ててきました。

 

息子が成長する一瞬一瞬を見逃さず、

家族3人で歩んできました。

 

この環境は、

私にビジネスを教えて下さった方、

ビジネスに協力して下さっている方、

そして、私からビジネスを学んで下さっている方、

皆様のおかげで成り立っています。

 

私に関わって下さっているすべての皆様に、

心から、感謝を申し上げます。

 

私の実の父は、愛人を作って家庭から消え、

2番目の父からは、虐待を受けました。

 

ですから、私が幼少の頃に

受け取ることができなかった「父の愛」を、

私が何倍にも膨らませて、

息子に注ぎ続けたいと考えています。

 

つまり、私が、

「父にこう接して欲しかった」という願いを、

私自身が父として息子に接していくことで叶え、

心のバランスを取っているように感じています。

 

そして、そんな自分を見つめて、

悲しい過去があったからこそ、

幸せな現在を創り出せていると捉えています。

 

一方、起業した経営者としては、

もっともっと大きな利益を

狙っていくべきかもしれません。

 

経済の発展のためにも、

利益至上主義であるべきだという

ご指摘もあるでしょう。

 

しかし私は、

家族の時間が過度に失われてしまうビジネスには

取り組むつもりがありません。

 

特に今は、息子にとって、

とても大切な時期です。

 

少しの成長も見逃したくないですし、

常に、そばにいて守ってあげたいと思います。

 

だからこそ、お金を追うことよりも、

家族の時間を失わないことを

第一義に考えています。

 

そして、私から学んで下さっている方にも、

ある程度豊かな生活ができる収入を確保したら、

それ以上の収入を目指すよりも、

自由な時間を創出することを考えて頂いています。

 

そもそも、個人ビジネスにおいては、

個人のお客様から、直接的、間接的に

お金を頂くことになります。

 

つまり、収益が上がるということは、

それだけ、多くの方を成功に導き、

何らかの形で利益を還元していく

責務を負うということだと言えます。

 

その責務を果たしていないのに、

次のお金を追い続けてしまうということは、

誰かの不幸を生み出すことに繋がると

捉えるべきではないでしょうか。

 

私には、5万人のフリーエージェントを生み出し、

東京ドームで祝杯を挙げるという夢があります。

 

そのために、再現性が高く、

「自由」と「富」を創出するビジネスを学び続け、

それを実践し続けながら、

実際に家族の時間を生み出し、

その時間を大切にする姿勢を示して、

共感して下さる方に

すべての叡智を継承していくことが

使命だと考えています。

 

そうして、幸せな家庭を生み出すことで、

日本社会を少しでも良くすることが出来たら

私自身も本当に幸せです。

 

 

藤沢涼

※本日の記事が少しでもお役に立てたなら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

これからの時代の「働く意味」

2015年06月24日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0624

 

資本主義の経済では、利益追求の競争で

社会が発展していくという前提があります。

 

ですから、

 

「仕事は会社の利益を上げるためにする」

 

という考え方が主流になります。

 

しかし、利益を追求するだけでは、

社会は良くなっていきません。

世界の政治や経済のシステムは

残念ながら完璧とはほど遠い状態であり、

 

貧困、格差、地球温暖化、紛争、テロ、、、

 

と、地球規模の課題がこれだけ

起こっているのが、何よりの証拠です。

 

もちろん、これらを解決するのは

国や政治家の仕事です。

 

しかしながら、

グローバル化が進み、

国境を越えて資本や情報が

行き来している現代では、

国や政府という枠組みを超えて

解決を図る必要があります。

 

ここで、私自身が、

個人でそんな大層なことができると

言いたいのではありません。

 

しかし、今現在も

救いの手を必要とする人がいる現実があるのに、

その人達に手を差し伸べることをせず、

「誰かがやってくれる」と見ないフリをするのは

大きな問題だと思います。

 

また、「正しい」と思われていた価値観が

一瞬で壊れる今の時代においては、

もはや自分だけが幸せになるための

働き方や生き方というものは有り得ないと

多くの方が気付いているはずです。

 

ですから、一人一人が、

自分だけではなく、他人を幸せにして、

社会をより良くしていくという

意識を持つことが極めて大切です。

 

そして、仕事においても、

他人や社会にどう貢献するかという

観点を持ち合わせることが

これからの時代の「働く意味」に

繋がると捉えています。

 

そのためにも、

個人ビジネスで「稼ぐ」というだけでなく、

社会にどう関わるかという意識まで

情報共有していくことが、

先に成果を出している人間の「使命」

なのではないでしょうか。

 

これは個人的見解であり、

誰かに強要するつもりもありませんが、

少なくとも、私から学んで頂いて

成果を出された皆さんには、

この理念を継承したいと考えています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

日本人男性は最も孤独である

2015年05月31日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0531

 

人は孤立してしまうとメンタルを壊し、

身体的な健康も害されてしまいます。

 

米ブリガムヤング大学の研究チームは、

 

「孤独であることは、

 アルコール依存症や

 タバコを毎日15本吸うのと同程度、

 健康に悪い。」

 

と、孤立することの危険性を訴え、

 

「家族や友人、隣人に恵まれた高齢者は、

 孤独な高齢者に比べて、

 生き延びる確率が1.5倍高い。」

 

と、健康に生きる上では、

人付き合いがとても大切であることを

発表しています。

 

これらは、世界で過去に行われた

148種類、計30万人を対象とする

長期調査をまとめて分析したものですので、

信頼性の高いものです。

 

日常的に人付き合いがあることは、

心理面だけでなく、身体の健康面にも

直接メリットがあるのですね。

 

「愛の反対は、憎しみではなく無関心」

 

と言いますが、まさに、

無関心であることは命を脅かすのです。

 

たとえケンカばかりだとしても、

人との交流があることが

人の健康を維持するのです。

 

その観点で見ると、

更に気になる調査結果があります。

 

経済協力開発機構(OECD)は、

「OECD諸国の女と男」において、

OECD21ヶ国の中で、

 

「日本人男性は最も孤独である」

 

と発表しているのです。

 

例えば、

友人や同僚と業務外で外出する経験は、

日本人男性の16.7%が「ほとんどない」

と答えており、10%を超えているのは

日本だけです。

 

このような「つながり」の希薄化が、

日本企業の弱体化へと

結び付いているのでしょう。

 

会社の中で、将来に夢を持てず、

周囲の人にも無関心である人達が、

日本全体を蝕んでいます。

 

これらの問題を、

企業の中から抜本的に改革することは

とても難しいでしょう。

 

やはり、どんどん「個」が飛び出し、

強く逞しくなった「個」が改めて結集することで、

屈強なチームができていくと思うのです。

 

実際に、私が

大企業にいた時の同僚の「つながり」と、

起業してからの仲間の「つながり」は、

後者の方が圧倒的に強く、温かいです。

 

現在、どんどん進んでいる

「フリーエージェント社会の到来」が、

日本をもう一度輝かせると信じて、

その中心で活動を続けていきますね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料