■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


嵐・櫻井翔さんの父親、電通の執行役員へ

2017年11月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

桜井俊・元総務次官が、来年11日付で、

電通の執行役員に就くという人事が発表されました。

 

桜井俊さんは、人気アイドルグループ「嵐」の

櫻井翔さんの父親ですから、これを受けて、

 

「電通とジャニーズの蜜月関係」

 

「これで、嵐もしばらく安泰」

 

などと揶揄されているのですが、

私が最も違和感を覚えるのは、

そこではありません。

 

「露骨すぎる天下り」

 

である上に、

電通の事業は、総務省の管轄に極めて近く、

この人事自体があって良いものなのか疑問なのです。

 

まさに今、「電波オークション」の議論もされる中、

電通に都合の良い方向に進めるための汚い「策」、

としか考えられません。

 

電通社内には、政治家の子供、芸能人の子供、

大企業やメディア関係の幹部の子供など、

「コネ」を持つ社員がうじゃうじゃいます。

 

ましてや、櫻井翔さんの弟も、

来年4月から電通に入社予定と報じられたばかりです。

(妹は、日テレ社員)

 

こうして、人と人の関係の中で

大きなお金を動かしてきたのが

電通であることも、事実です。

 

しかし、それがなかなか通用しなくなった現代において、

それでも、古い手を打ち続けるような今回の人事報道に、

私は、決して前向きでは無い感情を抱きます。

 

電通には、既得権益を守るための

使い古された策を講じるよりも、

Google」や「Facebook」、あるいは、

日本で言えば「AbemaTV」のような、

新たなメディアをゼロから立ち上げていく

「チャレンジ」をして欲しいからです。

 

私には、このように

ネガティブに感じられたニュースだったのですが、

株式市場は好意的で、日経平均が微減の午前、

電通は、約3%高くなっています。

 

きっと、国も芸能界も味方につける

「合理的な人事」という評価でしょう。

 

私はまだ、社員時代に持株会で取得していた

株の一部を保有している「電通の株主」の状態ですから、

資産価値が上がることは嬉しいのですが、、、

 

とても微妙な心境です。

 

慶應義塾大学のキャンパスに、

自然体で通学していた櫻井翔さんのことは、

私は、個人的に評価していました。

 

ただ、今回の電通の判断、

そして、櫻井翔さんのお父様のご判断は、

私は、「嫌らしい」としか考えられず、

前向きには受け止められません。

 

私が社内にいて、嫌いだった電通の1つの顔を、

久しぶりに見てしまった気分です。。

 

あなたはどうお考えでしょうか?

 

追伸;

 

今日の写真は、

櫻井翔さんや俊さんは使わず(肖像権に配慮して)、

自分のドヤ顔にしておきました!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

子どもの数、36年連続で減少し最低更新

2017年05月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

子どもの幸せを願う「こどもの日」。

 

 

悲しいことですが、本日こそ、「日本の現実」に

向き合わなければいけないと思います。

 

総務省が発表した人口推計によると、

外国人を含む14歳以下の子どもの数は、

昨年より17万人も減ってしまい、1571万人と、

36年連続の減少となりました。

 

ピークだった1954年の2989万人から、

半減近いという「激減」です。

 

少子化をこのまま放置すれば、

国が滅びてしまいますから、

日本において「最優先課題」であるはずなのに、

昨日取り上げた「教育無償化」を含め、

遅々として進まない状況です。

 

現在の日本で子どもを産み育てることは、

ますます歪になる人口ピラミッドを支えるための

「老人の奴隷を育てることになる」

という見解もあります。

 

しかしながら、だからと言って

子どもを産まない選択をする人が増えれば、

日本はさらに加速的に、破滅に向かいます。

 

ですから、「財源」の確保の前に、

子供が多いほど所得税が軽減される

NN乗方式」などの税の仕組みや、

不妊への助成などをはじめ、打てる施策を

次々と打っていかなければいけません。

 

子どもを持つ世帯の経済的な負担を軽減し、

各家庭が子どもを産み育てることを、

「国全体」で支えていくことが大切です。

 

また一方で、個々人も主体的に、

「時間」と「お金」を生み出すことを

真剣に考えなければいけません。

 

私自身も、大企業を退社して起業したことで、

育児に対して全力で向き合うことができています。

 

あのまま会社員を続けていたら、

そもそも、子どもを授かっていない可能性が

とても高いと感じていますし、

もし、幸運にも授かることができていたとしても、

プライベートの時間が無く、収入も増えずに、

育児への不安やストレスに苛まれていたでしょう。

 

国民が、国の新たな政策を期待し、

働き掛けていくことも大切ですが、同時に、

当事者である私達親世代が、未来に希望を持って、

自らの可能性を拡大していくために、

努力し続けなければならないと思います。

 

子ども達に「光」を与えられるよう、

個々人ができることを積み重ねたいですね!

 

追伸;

 

ますます「変顔」が上手になる息子と、

父親の「髭剃り」を「スマホ」と間違える娘。w

 

 

この子達の様子を見つめ続ける人生は、

笑いが絶えず、最高の幸せを感じられて、

生まれて来てくれたことに感謝する毎日です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

民放5社「ネット配信提携」という横並び意識

2017年04月01日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

民法5社がシステム会社に共同出資して、

動画配信の中核システムを開発するという報道に、

違和感を覚えた方も多いと思います。

 

「放送と通信の融合」が叫ばれてから10年以上、

あまりにも動きが遅いことだけでは無く、

こうして「横並び」でしか前に進まないことを、

私も、残念に感じています。

 

総務省に免許で守られ、

安い電波料に甘えてきたテレビ業界は、

既得権益を維持することに必死だ、

と言っても、過言ではありません。

 

コンテンツの質の低下が如実に表れている昨今、

同じ視聴環境でネット上の様々なコンテンツに

次々と敗れてしまう未来を不安視し、

業界内で群れているのだと言えるでしょう。

 

その一方で、現場で働く方々は、

優秀な方が多いと感じています。

 

企画力、プレゼン力、実行力、

どの視点で見ても、優れたビジネスマンが

とても多く働く業界です。

 

私の弟や親友が現在も働いているので、

贔屓目もあるかもしれませんが、個々の社員は、

批難するべきではないと思うのです。

 

問題なのは、「組織」として、

既得権益にまみれてきたために、

環境の変化に対応し、強く生き抜く力が無いことです。

 

ですから、番組を創る能力はあっても、

会社を経営していく力に欠けていると感じるのです。

 

今後、「TVer」をどのような位置付けにするのか、

出演者の権利処理をどうするのかなどの問題も山積ですが、

私が一番気になるのは、以前から指摘している視聴率の件です。

 

ビデオリサーチ1社で、

関東で900世帯しか調査しないという

異常な「ブラックボックス」が、いよいよ、

ガラス張りになるのですから、

その番組を「本当に見ている人の数」が

社会で共有されるようになります。

 

まあ、そうならないように、

5社で組むのかもしれませんが、、、

 

いずれにしても、スマホやパソコンで

あらゆる映像を視聴できるようになる未来、

高い質のコンテンツを創る個人や会社と、

低俗なものしか創れないそれらとの2極化が

ますます加速していくのは間違いありません。

 

昨日記事にさせていただいた

AbemaTV」「Abemaビデオ」の展開含め、

ネット上の「放送」に関しては、

これから激戦になっていくでしょうね。

 

サイバーエージェントは、

R25」のMedia Shakersを買収するので、

本気で、メディア事業を拡充していくと期待しています。

 

インターネットでの発信に巨大企業も乗り出す中、

個人も、それぞれの能力を最大化し、

多くの人の心にそれぞれのメッセージを届ける力を

身に付けていくべきだと考えています。

 

追伸;

 

娘の11ヶ月お祝いケーキ、少し遅れましたが、

家族で(ほとんど息子が w)美味しくいただきました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「おもてなし」の二つの語源

2015年03月18日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0318

 

総務省が発表した

「情報流通インデックス」によると、

世の中に流通している「流通情報量」のうち、

実際に生活者が知覚する「消費情報量」は、

たったの【0.004%】だそうです。

 

つまり、情報の99.996%は、

誰にも知覚されずに消えてしまうのです。

 

それでは、知覚された0.004%は、

どのような情報だと思いますか?

 

そのキーワードは、

 

・自分ごと

 

・共感

 

・感動

 

この三つです。

 

これらの三つに当てはまる情報だけを、

人は「知覚」することが

分かっています。

 

つまり、

「人の体温が伝わるような表現力」が

必要になるということですね。

 

それでは、

そのような表現力を身につけるためには、

何が必要だと思いますか?

 

私は、テクニックよりも、

「裏が無い」ことが

とても大切だと考えています。

 

日本には、

「おもてなし」という

素晴らしい文化がありますね。

 

この「おもてなし」には、

二つの語源があります。

 

一つは、「もて成す」の丁寧語です。

 

その意味は、

「ものを持って成し遂げる」

になります。

 

商品である「もの」の価値を

できる限り高められるように、

心を込めて成し遂げていく

ということですね。

 

もう一つは、「表無し」です。

 

これは、「表裏が無い」

ということです。

 

つまり、「表裏の無い」心で

お客様に接するということですね。

 

このことから分かるように、

日本人は昔から、

「裏が無い」ことを

重んじてきたのですね。

 

以上を鑑みると、

「裏の無い」情報を、

「体温と共に」伝えていくことが、

情報化社会で勝つ秘訣だということです。

 

コミュニケーションの

テクニックを追い掛けるよりも、

このような本質を理解した上で

情報発信していきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

働き方革命~「社会人」と「会社人」~

2014年02月08日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140208 2

 

歴史的な大雪に、息子も大興奮です^^

 

でも、隣の駐車場に出るまでに、

二回も滑ってしまいました。

 

くれぐれも、ご注意下さいね!

 

さて、我が家では、

それぞれが好きなことを仕事にし、

自宅にお客様をお招きしています。

 

家事や育児は分担し、

夫婦2人で家庭を構築することが

出来ています。

 

同世代の皆さんはどうでしょうか?

 

ここで、日本国民の「働き方」を

見てみたいと思います。

 

総務省の「労働力調査」によると、

就業率の「男女差」は、

フランス8.5%、ドイツ9.6%に比べて、

日本は20.1%と2倍以上の開きがあります。

 

特に、子育て期間の

30歳~39歳に絞ると、

EU諸国全体が15%前後であるのに対し、

日本は30%にまで広がってしまいます。

 

それもそのはず。

 

日本では、子供が出来ると

6割以上の女性が離職するのです。

 

女性は、自分のキャリアを

犠牲にしているのが現状、

と言えますよね。

 

安倍首相は、

成長戦略の一貫として

「育休3年(3年間抱っこし放題)」

を推進するよう経済界に求めました。

 

しかし、大企業の正社員である

一部の女性だけが育休を3年取っても、

女性の社会進出には繋がりません。

 

ですから私は、

働き方自体に革命を起こす

必要があると思います。

 

そもそも、

社会に出た私達は、

「社会人」であるはずです。

 

それが、すべての時間を会社に捧げる

「会社人」になってしまっています。

 

そこに、大きな疑問を感じるべきです。

 

もっと世の中を考え、

社会に関わらなければいけないのです。

 

家庭の中においても、

夫が「大黒柱」で妻が「専業主婦」

というのも、まやかしなんです。

 

私は、以上のような疑問点から、

夫婦でサロネーゼというスタイルを

築き上げて来ました。

 

もちろん、

私のように起業することだけが

答えではありません。

 

会社においても、

育児の必要性を主張し、

夫の育休の取得や

残業を減らす交渉など、

夫婦ともに、家庭の時間を

創出する努力が必要です。

 

そのようにして

会社に働きかけることで、

会社も、国も、

やっと、動き出すのです。

 

政治任せではいけません。

 

現場の私達が、

あるべき姿を訴えかける。

 

そうすることで、

少しずつ、「働き方」に

革命を起こしていきましょう!

 

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料

 

信号機に依存する人生は危険だ

2013年11月13日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 1112_1

「青信号なら道路を渡って良し。
赤信号では渡ってはいけない。」

小さい頃から
教えられてきましたね。

集団社会の中で
ルールに従うことは
大切です。

しかし、
車が全く通らない道で
青信号を待つ人や、
青信号になった途端に
左右の確認もせずに
歩き出す人を見ると、
恐怖を感じます。

なんか、ロボットみたい・・・。

アメリカやヨーロッパでは、
もっと柔軟に判断しています。

ルールはルールだけど、
最後は自分で判断しようね、
という健全な感覚です。

ルールを守らない人が多い分、
お互いに気を付けているので
実は事故が少ないのです。

総務省統計局の
「世界の統計2013」によると、
自動車1億台キロメートル当たりの
事故件数は、

韓国:168
日本:99
ドイツ:48
イギリス:33
アメリカ:33
スペイン:22
フランス:13

なのです。

欧米の幼稚園では、

「皆の顔が違うように、
人間は一人ひとり、
感受性も考え方も
違うものだ。」

と教えます。

だからこそ、
相手を慮る精神が
身に付くのです。

「ルール」という結論だけ教え、
従順にそれを守るのが日本人。

ただ、「何故そうするのか?」
というロジックが分からないと、
ただのロボットになるでしょう。

そんな生き方は、危険です。

私は、「ルールを破れ!」と
言いたいのではありません。

ルールを守るべきシーンで
守らない人が増えてしまうと、
それこそ集団社会が崩壊します。

そうではなくて、
ルールを大切にした上で、
最終的には、自分の頭で
判断することを忘れないこと。

そう意識すべきだと思うのです。

「こうあるべきだ。」

という幻想は抱かずに、
自分の身は自分で守りましょう。

息子には、
そのような教育を
していきたいと思います。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料