■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


休むことの「罪悪感」を断ち切る

2016年06月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0610

 

 

仕事を休むことは悪いことでは無いのに、

周囲に迷惑を掛けてしまうことを懸念して

罪悪感を抱く方が多くいらっしゃいます。

 

せっかく、リフレッシュするために休んでも、

そのような感情を抱いてしまったら、

休むことの喜びは大きく目減りするでしょう。

 

罪悪感の先には、「自己嫌悪」や

「自己否定」まで始まってしまい、

さらに、その攻撃が他者に向かう方もいます。

 

「あいつは、のうのうと休んで許せない」

 

と、他人まで否定してしまう方も、

少なくはないはずです。

 

実際に、私が会社員の頃は、

そのような罪悪感や他者への否定的感情を

抱いてしまうことがありました。

 

このような厄介な感情を断ち切るには、

罪悪感が他者への攻撃の裏返しだと認識し、

そのような攻撃性を鎮める思考の変換を

随時行っていくことです。

 

具体的には、

休むことは当然の権利であるという主張を持ち、

その上で、周囲の方にお土産を買ったり、

感謝の気持ちをしっかり伝えていくこと、

さらに、休むことで、

仕事の質が大きく向上するのだと

前向きに捉えることなどですね。

 

私も、そのようにできるようになってから、

休むことがラクになりましたし、

復帰後に良いパフォーマンスを発揮することも

できるようになりました。

 

つまり、自分や他者を攻撃することは

ほとんど無くなっていったということです。

 

完全に攻撃性を持たない聖人など、

この世にはいませんから、誰もが、

少なからずこのような感情を持つでしょう。

 

しかし、休むことのプラスの側面に目を向け、

少しずつ、罪悪感を和らげて、

自分を受け入れていくようにしたいですね。

 

私は、起業してからは、

他者に関わる休みが限りなく少なくなったので、

すべては自己責任です。

 

休み過ぎると、ビジネスも減退しますし、

ビジネスに夢中になり過ぎることを

止めてくれる上司や36協定もありません。

だからこそ、休むことへの意識も

自然と高まっています。

 

仕事での成果を最大化しつつ、

心身ともに健康を保ち、

充実した人生を歩むために、

「休む」ことに真剣に向き合いたいですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

ネット社会の到来と「罪悪感」の変化

2016年03月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0309

 

「消えてください」という批判コメントで

葛藤を抱え、情報発信自体に躊躇する心境を、

以前書かせて頂きました。

 

その際には多くの方から励ましの言葉を頂き、

その力に支えられながら、

記事を綴り続けることができています。

 

そして、その後は批判的なコメントが減り、

多少のネガティブな内容があっても、

心を安定させられています。

 

亡くなった祖父から学んだ、

 

「おまえが本気で生きていけば、

 必ず、周囲からの批判が増えていく。

 

  その9割は無視しろ。

 

 でも、残りの1割に対しては

 耳を傾けることを忘れるな。」

 

このスタンスを守り、

色々なご意見に向き合っています。

 

一方で、ビジネスをスタートしたばかりの方に、

酷いメッセージが届いているとお聞きします。

 

中には、

 

「死ね」

 

「殺すぞ」

 

などと言う、

恐ろしい言葉もあるようです。

 

芸能界に接する中では、

デビューしたてのアイドルなどに

脅迫の手紙などが届くことは日常茶飯事でした。

 

つまり、まだ力の無い、

これから輝こうとしている人は

ターゲットになりやすいのかもしれません。

 

さらに、お互いに顔が見えないネット社会では、

罪悪感の希薄化が加速しています。

 

このような行為が

相手をどれだけ傷付けるのかという他者理解が、

明らかに欠落しているのです。

 

罪悪感というものは、

社会の中で、人との触れ合いの中で

学んでいくものです。

 

私の息子もワンパクになり、

レストランで騒いだり、

公園でお友達からモノを取ったりする度、

私や妻、あるいは周囲の方に注意され、

社会の中でのルールを学び、

罪悪感を覚えています。

 

ところが、ネット社会に長くいると、

そこには体温が感じられず、

感情が見えないために、

罪の意識が消え去ってしまうのです。

 

だからこそ、

対面では決して言わないような

酷い言葉を浴びせてしまうのですね。

 

このことは、これからの時代の

大きな問題だと思います。

 

自分が発する言葉が過激ではないか、

相手を傷付けないか、誤解させないか、

細心の注意を払うべきだと改めて感じました。

 

ネット社会の発展に伴い

罪悪感の欠落した人間が量産されないよう、

私達は自戒し続けなければいけませんね。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料