■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


小泉進次郎の育休と、娘のマニキュア

2019年09月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

小泉進次郎氏が、育休を検討していることに、

賛否両論の声があります。

 

批判的な声は、

 

「いや、仕事ちゃんとしろよ」

 

「戻ってきても入閣はするな」

 

「国会議員は労基法対象外の経営者と

 同じ立場だから取るのはおかしい」

 

「そのままずっと休め」

 

「ベビーシッター雇えるだろ」

 

一方で、賛成のご意見は、

 

「影響力のある人が率先して育休取らないと、

 社会は変わらない」

 

「誰かが旗を振って、

 日本の風潮を変えなきゃいけない」

 

「父親の立場で育児を体験して、

 それを、今後の政治活動に活かして欲しい」

 

私は、完全に、後者です。

 

このタイミングで、

議員としての仕事の一部をリモートワーク

ZOOM活用など)で行い、

国会議員の仕事のあり方を、変えるべきです。

 

そして、ブログやTwitterを活用して、

育児の体験談をどんどん発信し、

その大変さと喜びを、社会に伝えるべきだと思います。

 

トランプ大統領のTwitterで、政治が動くように、

現代は、オンラインの発信で、世界が変わります。

 

今、国や会社を動かす人の中には、

育児の大変さと喜びを知らない、おじさんばかりです。

 

それが、育休取得率が上がらないこと、

少子化が進むことに、少なからず影響していると、

私は考えます。

 

私の子どもは、まだ2人だけですが、

それでも、育児は本当に大変です。

 

1人だけに任せていたら、

精神的にも、体力的にも、

きっと、抱えきれないでしょう。

 

母親の力に、父親が勝ることはありませんが、

微力ながら、私も支えることで、

子ども達への愛が深まり、

夫婦の絆も、強くなっています。

 

子ども2人だけでも、こんなに大変なのですから、

3人、4人、5人と育てるご夫婦のことを、

私達は、心から、尊敬しています。

 

これからの時代は、政治家が、育児をしっかりやって、

日本の未来を創るためにどうするべきか、

当事者として考えることが重要ではないでしょうか。

 

日本を、もっと子育てがしやすい国にして、

子どもが幸せに暮らせる国にできるように。

 

進次郎氏が、そのような高い志を持って、

育休を取得されることを願っています。

 

追伸;

 

妻の化粧品に興味を持ち始めた娘が、

ついに、マニキュアをし始めました!

 

 

可愛い^^

 

このような様子をずっと見られるのも、

私が、自宅で、家族と一緒にいながら、

仕事ができる環境を整えたからです。

 

注目される政治家の方にも、自ら、

そのような姿勢を示して欲しいと思っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

三菱UFJ「男性1ヶ月育休」の善と悪

2019年04月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

三菱UFJ銀行は、2歳未満の子どもを持つ

国内全ての男性行員に「1ヶ月」の育児休業取得を

促す制度を導入します。

 

3メガバンクで初の取り組みですから、

賛辞の声もたくさん拝見するのですが、

私は1点、大いなる違和感を覚えます。

 

それは、

 

「夫婦で作った育児計画を

 直属の上司に提出させる」

 

という、条件があることです。

 

ここまでプライベートなことを、

会社に報告する義務は必要でしょうか?

 

まるで、

 

「社員の人生は、会社のもの」

 

とでも言っているかのように聞こえます。

 

また、真剣に育児に取り組んだ上司は、

三菱UFJに、どのくらいいるのでしょうか?

 

計画を提出させたところで、

育児経験が乏しい上司が

それを正しく受け止められるはずもなく、

全く意味のない作業になると思われます。

 

会社は、社員が申請した育休を、

何も言わずにそのまま受け入れ、

温かく見守れば良いのです。

 

今回、先進的な施策を発表したように見えますが、

実は、時代に合わない恥ずかしい会社の体質を

露呈したように感じます。

 

もちろん、大きな一歩だとは思います。

 

私自身の体験としても、

生まれたばかりの命が、

一生懸命育っていく最初の数ヶ月、

常に近くでその成長を見ることには

大きな意義があったと考えています。

 

また、あの大変な時期を

母親1人だけに任せることは、

父親としての責任放棄だと思います。

 

近いうちに、「1ヶ月」と言わず、

3ヶ月」以上の育休を当たり前のように

取得できるような社会にしたいですね。

 

私は、自由な個人を量産することによって、

育児にしっかり向き合うことができる親を

社会に生み出していきたいと願っています。

 

追伸;

 

本日の写真は、

「キティちゃん車掌さん」

のぬいぐるみを買ってもらって、

ついに電車に興味を持ち始めた娘と、

こうして妹に、「電車愛」を教育できて、

とても嬉しそうな息子です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

妻の育休申請のワケ(仕事と家庭のバランス)

2016年07月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

family0714

 

妻の産休期間が終了し、夫婦で協議した結果、

このまま、育休に入ってもらうことにしました。

 

インターネットを活用するビジネスは、

育児をしながら、在宅で行うことが可能です。

 

ですから、妻も、産休明けには

ビジネスの再開を望んでいましたし、

私も、自宅にいながら社会復帰をして、

社会と繋がる機会を創ってあげたいと思っていました。

 

しかしながら、まだ2ヶ月の娘と、

やんちゃ盛りの3歳半の息子という

2人の子育ての合間に、「片手間」で仕事をするのは、

お客様に失礼だと感じました。

 

物販であれ、アフィリエイトであれ、

その他どんな個人でできるビジネスであっても、

私達にお金をお支払いいただく

お客様がいらっしゃいます。

 

そのお客様にご満足いただけるよう、

目の前の仕事を全うするためには、

それだけの「情熱」と「時間」が

絶対的に必要だと感じたのです。

 

それを100%実現できない環境であれば、

妻のビジネスの再開は延期するべきだと、

2人で合意いたしました。

 

家事をアウトソースしたり、

保育園や幼稚園などに子供達を預ければ、

子育てとビジネスの両立も可能でしょう。

 

実際に、子育てを誰かに助けてもらいながら、

インターネットビジネスで月収100万円以上を得る

主婦の方もたくさんいらっしゃいます。

 

私も、妻にそのような形で活躍してもらい、

日本の多くの主婦の方に、新たな収入源のチャンスを

ご提供していきたいという思いもありました。

 

しかし、いざ2人の子供と一緒の生活をすると、

どうしても、このまま成長を見守り続けたい、

もうしばらくは、この子達と離れたくない、、、

という思いの方が大きくなりました。

 

それは、私達夫婦がそれぞれ、

片親で育つという幼少期を過ごしていて、

そこに少なからず寂しさを抱えてきたからでしょう。

 

私が会社員のままだったなら、

今のように子育てを手伝うことは

とても難しかったでしょうし、

主婦が在宅で収入を得るという知恵も

持っていなかったと思いますから、

このような選択肢を持てていること自体が、

本当に幸せなことだと感じます。

 

また、育休期間は最大3年間、

社会保険料が免除され、健康保険料はゼロ、

厚生年金もゼロでありながら、産休前の標準月額報酬で

自動的に年金が積み立てられるというのも、

本当に有難い制度ですね。

(年金破綻の問題もあるので、もらえたらラッキーという認識ですが、、、)

 

家族のために、

 

1円でも多く稼ぐ!」

 

なのか、

 

1秒でも長く一緒にいる!」

 

なのか、

夫婦でしっかり話し合いながら、

人生の中での仕事のバランスを

しっかり考えていきたいですね。

 

私は、お金よりも時間の方が

圧倒的に貴重だと考えますので、

その貴重な時間を、惜しげもなく家族に捧げることを

最高の贅沢だと感じ、それができている現在の環境に、

心から、感謝しております。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

男性の育休取得に対する批判について

2016年01月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0107

 

宮崎謙介衆議院議員の育休取得に関して、

男性の国会議員としては史上初とのことで

賛否両論が巻き起こっています。

 

奥様が金子恵美衆議院議員であり、

夫婦で公的な立場にあることも、

様々な議論を呼んでいますね。

 

「これを機に、男性の育児参加を

 社会に拡げて欲しい」

 

という賛成派の意見に対し、

 

「税金で働いているのだから、

 安易に公務を休むべきではない」

 

「任期中に出産するのは計画性が無い」

 

などの反対意見が散見されます。

 

宮崎議員のブログを拝見すると、

育休期間中の収入を国庫に返納したいと

考えているようです。

 

しかしながら、現状の制度では

公職選挙法違反になるということで、

困惑されているのが現状です。

 

「女性が輝く社会づくりを」

 

「抜本的な少子化対策を」

 

などと言っている国政の

「本音」と「建前」が、

ここに浮き彫りになっていますね。

 

私が驚いたのは、国会幹部から、

以下のような声が上がっていることです。

 

「国会議員全体の評判を落とす」

 

「生まれてくる子供を使って

 名前を売っている」

 

「どちらかが議員を辞めろ」

 

50年後、100年後の日本の未来を考えた時、

最も大切なのは新しい命のはずです。

 

子供をどう生み、どう育てるかを

真剣に議論すべき状況であるはずなのです。

 

それなのに、国を動かす中枢から

このように新しい命を軽視するような発言が

出てくることが、私は許せません。

 

私は、長男が生まれてから3年間、

子育て最優先で生きてきました。

 

そして、育児の大変さと共に、

育児の喜びを全身で感じてきました。

 

人間として未熟な私が、社会への関わりを

真剣に考えられるようになったのも、

育児を通して息子と触れ合えたおかげです。

 

起業前、電通の先輩が高収入でありながらも

幸せそうでは無く感じたのは、

家族の時間が大きく欠落していたからです。

 

夫婦の会話が無くて

夫婦間に距離ができてしまったり、

親子の愛が確立されていなければ、

得たお金もただの金属や紙切れに過ぎません。

 

お金は、身近な人との愛が育まれてこそ、

価値を生み出していくのです。

 

宮崎議員は、反対意見と

対峙し続ける道を選んでいて、

私は、その勇気を讃えたいと思います。

 

彼に期待したいのは、

育休中もスカイプを活用するなどして

公務の一部を全うすれば、新たな働き方を

国政から一般企業に拡げられる効果があることです。

 

また、育児に向き合って気付いた視点から

新たな政策をどんどん出してくれたら、

国を変えることに少なからず繋がると思うので、

その第一線を担って欲しいと思います。

 

北欧では男性の1年間の育休も当然であり、

日本は、あまりにも遅れています。

 

私は、国や会社に任せていたら

何も変わらない、自分の人生が終わる、、、

と考えて、起業を選びました。

 

そして、新しい働き方、生き方を

個人の立場から提言する人生を歩んでいます。

 

だからこそ、宮崎議員の言動を支持しています。

 

私自身、母子家庭で育ち、

育児に特別な思いがありますので

このような話題には熱くなってしまいます。

 

ただ、私が思い描く未来展望は、

日本が進むべき道と一致しているはずです。

 

社会全体で新しい命を生み、

育てていくという意識が、

今ほど大切な時は無いのではないでしょうか。

 

あなたはどう思われますか?

 

是非、ご意見をお聞かせくださいね!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「藤沢涼はイクメン」に物申す!

2015年04月16日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0416

 

「イクメン」という言葉がある日本は、

今まで男性が育児参加していないことの

裏返しであり、恥ずべきことと思います。

 

海外では、男性が育児に参加することは

極めて当たり前のことであり、

育児をする男性を指した言葉は

全く見当たりません。

 

厚生労働省は、男性の育休取得率が

少しずつ改善していると言いますが、

まだ、2.03%です。

 

10年前は0.3%でしたから、

多少は上昇していますが、

まだまだ、圧倒的に少数派なのです。

 

また、育休を取得したとしても、

その期間は驚く程に短いのが現状です。

 

なんと、1~5日が4割、

5日~2週間が2割ですから、

ほとんどの方は、数日~数週間程度の

「なんちゃって育休」を取っているに

過ぎないということです。

 

これは、世界的に見れば本当に「異常」で、

例えば、スウェーデンでは80%の父親が

半年から1年の長期育休を

堂々と取得しています。

 

安倍政権は、2020年までに

男性の育休取得率を13%まで

上げると言っていますが、

それは実現しないでしょう。

 

実際、私の友人が

会社に長期の育休申請をしたのですが、

同僚からは冷たい視線を浴びせられ、

上司から、

 

「頼むから、1週間で復帰してくれ。」

 

と言われてしまったそうです。

 

日本人は、まだまだ、

 

「夫は外で働き、

 妻が家庭を守るべきである。」

 

という価値観に支配されています。

 

その証拠として、

この価値観に反対する男性は、

スウェーデンが74.5%、

日本ではたったの、8.2%なのです。

 

私は、このような考え方は

戦前の価値観を引きずっているとしか

思えないのですが、私のような見解こそが

現段階では「異常」なのでしょう。

 

国や会社に任せていたら、

生まれたばかりの子供と

触れ合う人生は送れません。

 

もし、あなたが、

自分の子供に向き合い、しっかり育てるという

父親として当たり前の生き方を望むなら、

自分の力で人生を変えるしかありませんね。

 

私は、「イクメン」ではなく、

「人として当たり前の父親」を

増やしていきたいと願っています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料