■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


現代に生きる「幸せ」と「不幸」

2016年03月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa0311

 

動物にとっての本来の「幸せ」とは、

「親と同じように生きること」です。

 

親になれずに命を落とす確率の高い生物は、

親になって自分も沢山の子を作ることが、

「幸せ」なのです。

 

人間も動物である限りは、

基本的には同じはずです。

 

実際に、例えば江戸時代であれば、

親と同じになれることは幸せだったと思います。

 

当時はまだ、半数の子供は

大人になれずに亡くなったので、

生き長らえて一生を全うすることが、

子供の希望だったでしょう。

 

しかし、現代では、

「親と同じ人生なんて嫌だ」

と思う方が大半だと感じます。

 

大金持ちになったり、

社会的に高い地位を獲得することを

追い掛け続ける方が多くいらっしゃるからです。

 

つまり、可能だと感じる範囲が極端に広がり、

必要以上の夢を見てしまっていると感じます。

 

そして、可能な幸福と

実現できる幸福の差が「不幸」なら、

現代人はより不幸な時代を生きている

と言えるかもしれません。

 

もちろん、

現状に満足して全く努力をしなければ、

怠惰で何の価値も生み出さない人生になります。

 

しかし、現代の問題は、

必要以上の幸せを求める過剰な欲望であり、

それがリーマンショックを生み出して、

今も不安定な世界経済に結び付いています。

 

江戸時代は、身分も決められ、

人生の可能性の幅も狭いものでした。

 

でも、その分、

「幸せを感じられた時代」

だったのではないでしょうか。

 

東日本大震災から5年。

 

本日は特に、

バランスを欠いた現代人の心を

是正するべき日だと思います。

 

命があることの幸せに心から感謝し、

お亡くなりになった方々の

ご冥福をお祈り申し上げるとともに、

被災された皆様に対して、

心よりお見舞い申し上げます。

 

  

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

失敗による「消去法」で学ぶ

2015年11月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1103

 

息子が、食べこぼしをしたり、

スプーンを落としたりする度に、

悲しい顔をするようになりました。

 

少し前までは、わざとご飯をこぼして、

遊んで笑っていたのですが、

少しずつ、そのことが恥ずかしいことだと

認識してきたようです。

 

つまり、自分の中で、

これは「失敗」なのだと

理解し始めているのですね。

 

こうして、失敗を覚えながら、

正しい方法を学んでいるプロセスに

いるということです。

 

脳科学者の池谷裕二氏は、

 

「人間の脳は失敗による消去法でしか

 学ぶことができない」

 

と言っています。

 

以前は、私は成功体験からの学びもあると

考えていたのですが、自らの経験や

周囲の方の栄枯盛衰を拝見することで、

池谷氏に同意するようになりました。

 

成功は、自信を身に付けさせてはくれますが、

学びには、なかなか直結しません。

 

むしろ、成功からしか学ばないでいると、

いずれ、傲慢になっていくように思います。

 

そうして、その先の大失敗に繋がるのです。

 

ですから、失敗を冷静に分析して、

次に同じことを繰り返さないようにすることが、

長期的に成功し続ける秘訣ですね。

 

私は現在、

お教えする生徒さんとの関係の中で、

「失敗」を経験し、多くのことを

学ばせて頂いています。

 

私から学び始めて下さってから、

あっという間に100万円以上の収入を

手にする方もいらっしゃれば、

しばらく、10-30万円程度の収入から

抜け出せない方もいらっしゃいます。

 

成果が少ない方を、

その方の行動が足りないからだと

片付けるのは簡単です。

 

しかし、行動させられないのも、

指導者の責務です。

 

そう考えると、私の失敗なのです。

 

それぞれの生徒さんの適正を見極めて、

カスタマイズした指導法で引き上げる。

 

その繰り返しで、私も失敗を減らしながら、

すべての方を成功に導けるように

努力しています。

 

そうした努力の先に、先日、

しばらく月収数十万円だった方が、

指導スタートから1年後に、

 

「先月、ついに300万円を突破しました!」

 

とご報告頂くことができました。

 

彼は、治療院への集客を

インターネットを最大限に活用することで

何十倍にもしてみせたのです。

 

しかも、固定費が膨らまないように

施策を練ったことにより、

利益が大幅に跳ね上がりました。

 

予定よりかなり時間が掛かってしまい、

申し訳なかったですが、

このような生徒さんの成功が、

今は何より、嬉しく思います。

 

失敗による消去法を繰り返し、

実践者としても、指導者としても、

日々、向上していけるように、

努力を続けたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

17分に1人、前立腺ガンで命を落としています。

2014年08月17日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

mizuasobi_mama0817

 

「手術の失敗率は、28%です。」

「手術の成功率は、72%です。」

 

全く同じことを言っていますが、

印象が違いますよね。

 

あなたは、どちらの説明の方が

この手術を受ける気になるでしょうか?

 

これは、

「フレーム効果」と言われる、

情報バイアスの一種です。

 

手術を「成功率」で示すと、

意識に「成功のフレーム」がはめられて、

失敗のリスクが見え辛くなります。

 

逆に、「失敗率」で示すと、

「失敗のフレーム」がはめられて、

成功の可能性が見え辛くなるのです。

 

つまり、

冒頭の文例だと、

後者の「成功率が72%」の方が、

手術に対してより前向きに

なりやすいということですね。

 

数字やデータは客観的で、

中立的なものだと考えがちです。

 

しかし、

その伝え方次第で、

相手の意思決定や感情が

大きく変わるのです。

 

例えば、

あなたがコンビニの店長だとして、

バイトの面接を受けに来た方が、

 

「私は週に5日、働きたいです!」

 

と言う場合と、

 

「私は週に2日、休みたいです!」

 

と言う場合、どちらを

採用したくなりますか?

 

いずれも

同じことを言っていますが、

きっと、前者ですよね。

 

あるいは、夫が妻に、

 

「週に2日は、皿洗いするね!」

 

と言うのと、

 

「週に5日は、皿洗いしてね!」

 

と言うのでは、

明らかに、

前者の方が喜ばれますよね。

 

このように、

フレーム効果を意識して使えば、

届けるメッセージが変わるのです。

 

米国では、

こんなキャンペーンがありました。

 

「17分に1人、

 男性が前立腺ガンで

 命を落とします。」

 

米国では、毎年、3万人以上が

前立腺ガンで亡くなるのですが、

これを「年単位」ではなく「分単位」の

フレームにすることで、

読み手の心理を更に刺激しますね。

 

日常のコミュニケーションや

情報発信・受信において、

この「フレーム効果」を

意識してみて下さい。

 

そうして、

より効果的に

メッセージを届けたり、

相手の意図をしっかりと

読み取るようにしたいですね。

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料