■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「ヤマハ」著作権めぐり「JASRAC」を提訴へ

2017年05月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


日本音楽著作権協会(JASRAC)が、

音楽教室からも著作権料を徴収することに対し、

ヤマハが訴訟を起こす方針を固めました。

 

JASRACは、教室を運営する各社に対して、

年間受講料収入の「2.5%」を、

来年1月から使用料として徴収する予定です。

 

これに対し、ヤマハは、使用料率など

金額の多寡を問題とするのではなく、そもそも、

著作権が及ばないと訴えるのです。

 

著作権法では、公衆に直接「聞かせる」目的に対し、

「演奏権」を、作詞家・作曲家が持つと定めます。

 

 

この点に関して、ヤマハは、

 

「教室での演奏は技芸の伝達が目的で、

 聞かせるためではない」

 

と主張する一方で、JASRACは、

 

「人気曲で魅力を味わう以上、

 聞かせることを目的としている」

 

と反論しています。

 

JASRACは、教室への課金だけで

年間10-20億円の徴収額があると推計し、

新たな収入として見込んでいるのです。

 

注意点としては、

小中学校などの「非営利」の教育機関では、

著作権法が及びません。

 

あくまでも、「営利」であるヤマハなど

民間の教室から、著作権料を取っていくのです。

 

現行の法律では、JARACが有利でしょう。

 

しかし、民意としては、

ヤマハを支持している方が多いようです。

 

私も、とても難しい問題だと感じながら、

気持ち的には、ヤマハ側にいます。

 

私は現在、Ryos Partyメンバーの

ピアニストの方が開校するオンライン教室を

プロデュースしている最中で、

JASRACの課金が個人の音楽教室にも及んだら

価格を多少上げざるを得ず、結局、

生徒さんにもしわ寄せがいくことが一因です。

 

現状では、JASRACが狙っているのは

大手の教室だけのようですが、

これを切り口として拡大していく可能性は高いですから、

ヤマハの「音楽教育を守る会」を支持したいと思います。

 

 

CDが売れなくなり、

JASRACが焦る気持ちもわかりますが、

音楽を愛する人を増やし、

音楽業界全体の底上げをするためにも、

入り口となる「音楽教室」への課金は

するべきではない、というのが私の見解です。

 

しかしながら、

海外ではすでに課金されている国もあるようで、

まだまだ私の考察が不足している部分も

あるかもしれません。

 

訴訟の行方を見守りながら、引き続き、

社会を、そして音楽業界を、

より良くする道を考えていきたいと思います。

 

あなたのご見解もお聞かせくださいね!

 

追伸1

 

この件に関して、最も見解を聞きたいYOSHIKIは、

本日、LAで命を懸けた頚椎の手術を予定しています。

 

今回の手術が無事に成功することを、心から願っています。

 

追伸2

 

本日の写真は、私がグランドピアノや

YOSHIKIのクリスタル・ピアノを弾く写真、

ドラムの前で撮影した写真、そして、

我が家のYAMAHAの電子ピアノと、

ピアノをバックにソファーで遊ぶ、娘の写真です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

披露宴での音楽映像使用をJASRACが提訴

2017年03月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

結婚披露宴で上映される音楽入りの映像が、

「著作権の侵害」にあたるとして、JASRAC

映像制作会社「ビデオソニック」に対し、

映像の使用差し止めと損害賠償を求める訴訟を

東京地裁に起こしました。

 

映像の中で使用される音楽が、無断で複製され、

さらに、当日の様子を撮影したDVDなどが

親族等に「販売」されているという状況ですので、

JASRACの主張が正当だと言えます。

 

一方、JASRACが来年1月から、

音楽教室での楽曲使用に関しても

使用料を徴収していくという方針に関しては、

宇多田ヒカルさんをはじめ、多数の音楽関係者から

批判の声が集中しています。

 

「営利目的」への徴収は当然ですが、

「練習」のための使用に対しても使用料を徴収するのは、

制作者の意に反するということです。

 

このような「権利」に関する問題は、

以前は芸能人、アーティスト、マスコミ関係者など、

特定の人だけの問題でした。

 

しかしながら、個人が情報発信する現代、

これは万人が考えなければいけない問題になっています。

 

たとえば、この記事を書いているのが、

私の自宅近くにあるカフェなのですが、

このお店はハワイ発の「ウベパンケーキ」が大人気で、

多くの芸能人の方がいらっしゃっている写真が

お店の前に掲載されています。

 

 

このような店頭での

肖像権(パブリシティー権)の使用は許諾されていても、

もし、お店が多角的な経営を始めて、その他の商品に関しても、

これらの芸能人の写真を活用して

インターネットなどで販促をしていくと、

訴訟される可能性があります。

 

また、私が、この写真を活用して、

 

「芸能人がたくさん来るこのお店で、セミナーをします!」

 

などと営利目的に使用することも、当然NGです。

JASRACの話に戻しても、

個人が作成するコンテンツにおいて、

アーティストの楽曲を無断で映像や音声に使用することは、

著作権違反になります。

 

現代は、まだまだ無法地帯のような状態で、

肖像権、パブリシティー権、著作権など、

ほとんど問題視されていない状況ではありますが、

今回の映像制作会社への提訴をはじめ、

これから、どんどん厳しくなっていくでしょう。

 

誰かの力を自分の利益のために使用することは、

両者とその関係者で合意が取れていない限り、

トラブルの元であると認識した情報発信を、

心掛けていきたいですね。

 

追伸;

 

この紫色、着色料など使っていない

天然のウベ(紫山芋)なのです!

 

 

美肌効果・老化防止効果・整腸作用があって、

ほのかな自然の甘さでオススメですよー^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

独創性豊かな人間の秘密

2013年11月14日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

1114_1

息子のピアノ演奏が
独創的になってきました(*^_^*)

おもちゃより、
ずっと飽きずにピアノに
触れている様子を見て、
将来が楽しみになっている
親バカであります^^

さて、音楽家は、
独創性豊かで、
きっと才能を持って
生まれてきたのだろうと
考えますよね。

これに対して、
音楽家の坂本龍一さんが
興味深いことを話していました。

「自分には独創性など無い」

と明言されていたのです。

これは、
著作権延長の議論が
起きた時の、彼のコメントです。

独創的な音楽を
作曲することで
世界中に知られている彼が、
このように発言されることに
驚かれた方も多いと思います。

それでは、
どうしてあのような楽曲を
世に放てるのでしょう?

坂本さんは、
幼少時から音楽を
聴くのが大好きで、
ご両親が、彼が欲しがる
レコードをすべて
買ってくれたそうです。

気に入った音楽を
片っ端から繰り返し
聞くことが出来た。

だからこそ、
あのような作曲が
出来るようになった
ということです。

彼の頭の中には、
世界中の音楽が無数に
インプットされているのです。

作曲する際には、
その素材の中から
適切な素材をピックアップして、
うまく組み合わせているのです。

私も作曲をする際、
そのような感覚を持っています。
(彼のような能力はありませんが・・・)

坂本さんは、
こうも言っています。

「素材がゼロの状態から
新たに音楽を生み出すことは
不可能である。」

意識的に他人の作品を
模倣しているということではなく、
あくまでも「素材」が必要だと
言っているのです。

だからこそ、
著作権は短い方が良い、
という見解を出されたのです。

独創性豊かな芸術も、
突き詰めれば
インプットの質と量で決まります。

文章も同じです。

人の心を動かす文章は、
圧倒的な質と量の
インプットをした人にこそ
創ることが出来るのだと
考えています。

 

 

【Ryo’s Video】

・vol.1 「コミュニケーションデザイナーになろう」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2793

・vol.2 「電通SIPSの考察」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2802

 

【Ryo’s Voice】

・vol.1 「情報業界ってどうなの?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2729

・vol.2 「就職はすべきかどうか?」

→ http://fujisawa-ryo.com/?p=2767

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料