■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


ソフトバンク、全社員に「副業解禁」

2017年10月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

連日、数百億円から数千億円の出資話で

世界中を賑わせているソフトバンクが、

今度は、「副業解禁」を発表しました。

 

「本業に影響が無い」範囲で、

「会社の許可を得た場合」としていますので、

実は、至極当然のことでもあります。

 

本来、会社の外での活動は制限されるものではなく、

そこまで拘束されることの方が、異常です。

 

しかしながら、日本においては、

 

「会社に勤めること=会社の奴隷になること」

 

に近いような不文律が蔓延しており、

この悪しき文化をぶち壊すためには、

今回の「大企業ソフトバンク」の英断が

良いきっかけになると思います。

 

私達は、会社のために生まれてきたのではなく、

自分の人生を謳歌するために生まれてきたのです。

 

「自分の夢」と「会社の夢」が一致していれば、

人生を懸けて、会社の仕事を頑張れば良いでしょう。

 

しかし、もし、

会社の仕事をする中で「夢の不一致」を感じ、

その場所では思い描いた人生を歩めないならば、

潔く、その会社を離れるべきです。

 

たとえば、ソフトバンクから許可を得て、

副業でアプリを開発したり、何らかのプログラムで

他社に貢献した社員がいたとします。

 

そのビジネスが大成功して、本業の収入を超えた時は、

そちらの道で生きていくことも可能です。

 

ただ、もしその時に、孫さんから、

 

「君の会社に出資する。

 ソフトバンクグループの社長として、

 一緒に世界を変えていって欲しい。」

 

と言われたら、

その社員は、ソフトバンクの一員として

生き続ける道を選ぶかもしれません。

 

そして、孫さんは、その自信があるのだと思います。

 

一流の「投資家」として、社員の能力も最大化し、

ソフトバンクグループ全体の力を

底上げしていきたいのだと捉えています。

 

一方、もし私が、古巣の電通から、

 

「年収10億円を出すから、戻って来て欲しい」

 

と言われても、現時点では戻るつもりがありません。

 

私にとっては、家族とずっと一緒にいられる生活は、

お金に換算できない、プライスレスなものです。

 

ただ、仮に、育児が落ち着いた頃に、

 

「電通としても、個人の時代を到来させ、

 そのマーケティング周辺でビジネスを起こしたい」

 

とオファーを受けたら、

収入は関係無く、受ける可能性があります。

 

要は、社員は会社の奴隷では無く、

お互いに納得できる条件で契約した

平等な立場であるべきだ、ということです。

 

その当たり前のフラットな関係が、

今回のソフトバンクの決断をきっかけに

日本社会に拡がっていくことを願っています。

 

そして、私自身は、引き続き、

組織に依存しない生き方の啓蒙活動を続け、

会社の奴隷に陥り、苦しんでしまっている方を

救っていきたいと思います。

 

追伸;

 

本日は、カフェでくつろぐ妻と娘の写真です!

 

 

毎日、朝から晩までこの景色が見られる生活、

今は絶対に手放したくありません^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「元電通マン」は「前科一犯」に等しい

2017年06月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

この話題は触れないでおくつもりでしたが、

連日お問い合わせをいただいていますので、

ここに取り上げさせていただきます。

 

電通の社員・高橋知也容疑者が、

文京区内の路上で20代の女性の体を触り、

強制わいせつ容疑で逮捕された事件です。

 

結論から申し上げますと、

私が在籍した頃の電通社内には、

「金」「酒」「女」に没頭する文化が

色濃く残っていました。

 

そして、

 

「勝ち組のエリートサラリーマン」

 

という意識が蔓延し、プライドが高く、

女性蔑視の姿勢で女性との問題を起こす社員が

社内に何人もいたのです。

 

そのほとんどが、

マスコミでは公表されていませんが、

昨年の過労死問題から、電通の様々な問題が

どんどん露呈しています。

 

昨年末にも、

 

「電通社員にライターで焼かれた女子大生」

 

という記事が出ていましたが、

そういう事件があっても、社内では、

(少なくとも私の周囲の社員は)

全く驚かず、

 

「ああ、またやったか」

 

と処理されるような風土がありました。

 

私は、そのような風土に全く馴染めず、

平気でそのようなことをする同僚を嫌悪し、

退社して、起業しています。

(退社理由は、他にも様々あります)

 

もちろん、大きな会社ですから、

部署が違えば風土も違いますし、

中には、尊敬できる同僚もいました。

 

しかし、今回の高橋容疑者が証明したように、

「異常者」が多いのが、電通の深層です。

 

さて、私が、こうして

「元電通マン」としての見解を述べるたびに、

 

「結局、元電通を自慢したいだけでしょ?」

 

というご批判をいただきます。

 

しかし、私はそれに反論します。

 

何度も殺人を犯している会社です。

 

全く、自慢などできません。

 

むしろ、私が「元電通マン」であることは、

「前科一犯」に等しいと捉えています。

 

電通には感謝しています。

私を生んでくれた親のような存在です。

 

しかし、何度も犯罪を犯している親なのですから、

いい加減、縁を切るし、殺人犯の息子なんて、

自慢でも何でもないじゃないですか。

 

私がしつこく「元電通」と言っているのは、

日本に残る時代遅れな常識を破壊し、

社会の変革を世に問うためです。

 

奇しくも、高橋容疑者も慶應大学出身です。

 

マスコミの記事には、

 

「慶應、電通という誰もが羨む人生」

 

と書かれていましたが、もう、

慶応も、電通も、以前のような価値はありません。

 

大学や会社の名前だけで評価された時代は

完全に、終焉を迎えました。

 

その激変を、私の人生を通して、

日本社会に問うていきたいのです。

 

一方、電通を退社した栗田紘さんが、

農業でベンチャー企業を起こし、注目されています。

 

農業の未来を創っていくという試み、

私も応援したいと考えています。

 

電通に残る人には、社内を改革して欲しいし、

電通から飛び出した私達は、社会を改革していきたい。

 

後輩の犯罪を反面教師にする一方で、

別の後輩の活躍に刺激されている昨今です。

 

これらのことをきっかけに、

私が生まれてきた意味を改めて問い直し、

日本を少しでも変えられるよう、信念を貫いて、

努力していきたいという思いです。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「人生を盗まれない」生き方・働き方

2017年04月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

私の前職の元同僚や、大学時代の友人の中で、

医師から「鬱」と診断されてしまうなどして、

休職したり、退社する人が少なくありません。

 

また、会社員として苦しんでいる方からの

私へのご相談も、昨今増え続けています。

 

このような社会情勢の中、私は、

自分の「時間」や「健康」を切り売りして、

「お金」と交換するような働き方は、

完全に時代遅れになっていると感じます。

 

人生の大半を、人生から乖離した仕事に占拠され、

「人生を盗まれてしまった」ような生き方、

働き方をしているように思うのです。

 

現在は過渡期ですが、10年後、20年後には、

現時点の会社員の働き方が「非常識」になる日が

必ず来るでしょう。

 

昔の会社とは、「命」と「お金」の「交換所」だった、、、

 

そんな回想をする日が来るように思うのです。

 

そして、現代社会を見つめると、

「陰」と「陽」の完全なる「2極化」を感じます。

 

政治や社会の愚痴や、

他人の悪口ばかりを書き綴り続けて

憂鬱そうな顔で生きている人と、

新しい仲間を続々と作り、

オンライン、オフラインの交流を

心から楽しみながら、イキイキと生きる人。

 

その「陰」と「陽」が

明確に分かれてきているのです。

 

人口が急速に減少する日本は、

経済が縮小し、倒産する企業が

急激に増えていくでしょう。

 

自然災害のリスクも引き続き高く、

その不安はストレスとして

積み重なっていきます。

 

また、世界的に情勢が不安定で、

大きな戦争や疾病の蔓延なども

示唆されています。

 

このようなネガティブな情報に

囲まれ続けていたら、

「陰」に引っ張られるのが自然です。

 

そうして、「陰」の人はますます増え続け、

鬱憤を晴らすために八つ当たりしたり、

インターネットで他人を攻撃する人が

増加していくと予想されます。

 

しかし、私は、

「陽」であり続けたいと考えています。

 

それは、それが、閉塞感溢れる日本社会での

唯一の生き残り方法だと確信しているからです。

 

人生を切り拓くためには、

「陽」でなければいけないのです。

 

そして、「陽」のパワーを拡散し、

「陽」の仲間を拡大するために

情報発信をし続けているのです。

 

そんな私のもとには、

「陰」の空間の方から批判のメッセージを

いただくこともあります。

 

以前は、その度に悩み、

苦しんでしまうこともありました。

 

しかし現在は、そのような時こそ、

私の「陽」のパワーが試されていると考えています。

 

本物の「陽」の力を宿していたら、

多少の「陰」には影響を受けません。

 

そう捉えてから、

私が所属する「陽」の空間は

どんどん力が強くなっています。

 

そして、そこに所属されるメンバーは

笑顔がどんどん多くなり、収入を高めて、

豊かで幸せな人生を歩んでいます。

 

一歩外に出たり、

インターネットの世界に入れば、

目の前に「陰」と「陽」の空間が

それぞれ果てしなく広がっていきます。

 

そのどちらを選ぶかで、

人生は全く違ったものになります。

 

あなたには、「陽」の空間を選び、

明るく素敵な未来に向かって

踏み出して頂きたいと願っています。

 

誰かに、あなたの大切な人生を盗まれないように。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

定期的な「感情のクリーニング」の実践

2016年12月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ネガティブな情報が蔓延する情報化社会では、

意識的に「感情のクリーニング」を取り入れ、

心をクリアにすることが大切だと思います。

 

インターネットにおいては

人間の感情の悪い部分が増幅しやすく、

情報を的確に取捨選択しなければ

心が汚れやすくなってしまうからです。

 

個人でできるビジネスをインターネットで完結させ、

「自由な時間」と「新たな収入」を得られるチャンスが

目の前にあることは、とても素晴らしいことです。

 

ところが、その一方で、

「負のもの」に汚染されやすいという

インターネットが持つもう一つの側面があることに

私達は注意しなければいけません。

 

パソコンやスマホで

ネガティブな情報に接してしまった際に、

その関連情報を次から次に追い掛けてしまい、

いつの間にか心を毒されてしまわないように

気を付けなければいけないのです。

 

そのためにできることは、

決して難しいことではありません。

 

たとえば、意識的に

「映画」を観たり、「音楽」を鑑賞するなど、

心を動かしてくれるものに触れて

溜まってしまった汚れを

洗い流す意識を持つだけでも、

心の状態は明らかに変わっていきます。

 

また、現代は、自宅から外に出なくても

生活できるような便利な時代ですが、

それでも、積極的に自宅から外に出て、

街並みや気温の変化を感じることが重要です。

 

外に出ると、実社会にも

インターネット上と同じような光景が

あることに気付きます。

 

人口が集中する都市は、

排気ガスで空気が汚染され、

気持ち良く息を吸うことができません。

 

その汚染された空気は、長い時間を積み重ねる中で、

身体を蝕んでいきます。

 

利便性が高いからこそ

たくさんの情報が集中し、その中で、

情報自体が汚染されていく構造と同じなのです。

 

だからこそ、情報が過密したところから離れ、

感情をクリーニングする時間を持つことが大切です。

 

都市の中において、

幹線道路から離れたところにある小さな公園が、

心や身体を癒してくれるのと同じですね。

 

私自身、あらゆる問題に挑んで

感情が大きく揺れ動いたこの数ヶ月、

妻とロックやクラシックのコンサートに行ったり、

家族全員で散歩して公園で遊ぶような時間が

最適な感情のクリーニングになっています。

 

あなたも、ご自身のベストなクリーニング法を見付けて、

是非、積極的に習慣化していただきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本にブラック企業が蔓延する理由

2015年03月23日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_0323

 

日本のサラリーマンは、建前で会社を愛し、

本音では会社を嫌っています。

 

経済学者である

小池和男氏の調査によると、

 

「私の価値観は、

 この会社の価値観と全く同じだ。」

 

と答えた社員は、

日本で19.3%に対し、

アメリカでは、41.5%。

 

「今認識していることを

 入社前に知っていたとしても

 この会社を選ぶ。」

 

と答えた社員は、

日本が23.3%で、

アメリカが69.1%です。

 

同様の調査は多数あり、

どれも共通した結果ですし、

長くサラリーマンをやった私の体感としても、

同僚達はおおよそ、このように考えていたと

感じています。

 

つまり、日本人は、

本当は会社を愛していないのに、

 

「会社に骨を埋める」

 

という意識で

勤勉に責任感を持って働くのです。

 

そして、その気持ちを悪用する会社が、

サービス残業、長時間労働を強いることで

「ブラック企業」へと変貌していくのです。

 

日本人にはどうして、

このような「労働倫理」が

植え付けられてしまったのでしょうか?

 

歴史を溯ると、

その答えは江戸時代に見えてきます。

 

当時、農民は土地に縛り付けられ、

狭い土地を徹底的に有効利用する

「労働集約型」の農業をしていました。

 

その中では、

労働者の「勤勉」こそが

生産性を上げることに繋がります。

 

ですから、

怠け者は村八分にするという仕組みで、

労働者の自発性を引き出したのです。

 

また、農業技術が発達すると

本来は人間の労働を牛馬に代替しますが、

逆に、牛馬を人間に代替していったのです。

 

これが、速水融氏が定義する

「勤勉革命」ですね。

 

このような「空気」の同調圧力が

300年もの間、

労働者の心を支配したのです。

 

そしてそれが、現代の労働者の心にも

埋め込まれてしまっているのですね。

 

昨今、過労で健康を損なったり、

精神的に追い詰められてしまう方が

大変増えています。

 

私達は今こそ、

自らの力で生きていく働き方に

転換していくべきです。

 

江戸時代の幻想は断ち切って、

建前ではなく本音で、

心の底から愛せる仕事に

取り組んでいきましょう。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料