■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「ヤマハ」著作権めぐり「JASRAC」を提訴へ

2017年05月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


日本音楽著作権協会(JASRAC)が、

音楽教室からも著作権料を徴収することに対し、

ヤマハが訴訟を起こす方針を固めました。

 

JASRACは、教室を運営する各社に対して、

年間受講料収入の「2.5%」を、

来年1月から使用料として徴収する予定です。

 

これに対し、ヤマハは、使用料率など

金額の多寡を問題とするのではなく、そもそも、

著作権が及ばないと訴えるのです。

 

著作権法では、公衆に直接「聞かせる」目的に対し、

「演奏権」を、作詞家・作曲家が持つと定めます。

 

 

この点に関して、ヤマハは、

 

「教室での演奏は技芸の伝達が目的で、

 聞かせるためではない」

 

と主張する一方で、JASRACは、

 

「人気曲で魅力を味わう以上、

 聞かせることを目的としている」

 

と反論しています。

 

JASRACは、教室への課金だけで

年間10-20億円の徴収額があると推計し、

新たな収入として見込んでいるのです。

 

注意点としては、

小中学校などの「非営利」の教育機関では、

著作権法が及びません。

 

あくまでも、「営利」であるヤマハなど

民間の教室から、著作権料を取っていくのです。

 

現行の法律では、JARACが有利でしょう。

 

しかし、民意としては、

ヤマハを支持している方が多いようです。

 

私も、とても難しい問題だと感じながら、

気持ち的には、ヤマハ側にいます。

 

私は現在、Ryos Partyメンバーの

ピアニストの方が開校するオンライン教室を

プロデュースしている最中で、

JASRACの課金が個人の音楽教室にも及んだら

価格を多少上げざるを得ず、結局、

生徒さんにもしわ寄せがいくことが一因です。

 

現状では、JASRACが狙っているのは

大手の教室だけのようですが、

これを切り口として拡大していく可能性は高いですから、

ヤマハの「音楽教育を守る会」を支持したいと思います。

 

 

CDが売れなくなり、

JASRACが焦る気持ちもわかりますが、

音楽を愛する人を増やし、

音楽業界全体の底上げをするためにも、

入り口となる「音楽教室」への課金は

するべきではない、というのが私の見解です。

 

しかしながら、

海外ではすでに課金されている国もあるようで、

まだまだ私の考察が不足している部分も

あるかもしれません。

 

訴訟の行方を見守りながら、引き続き、

社会を、そして音楽業界を、

より良くする道を考えていきたいと思います。

 

あなたのご見解もお聞かせくださいね!

 

追伸1

 

この件に関して、最も見解を聞きたいYOSHIKIは、

本日、LAで命を懸けた頚椎の手術を予定しています。

 

今回の手術が無事に成功することを、心から願っています。

 

追伸2

 

本日の写真は、私がグランドピアノや

YOSHIKIのクリスタル・ピアノを弾く写真、

ドラムの前で撮影した写真、そして、

我が家のYAMAHAの電子ピアノと、

ピアノをバックにソファーで遊ぶ、娘の写真です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「AERA」「週刊現代」に藤沢涼見解掲載

2016年11月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

本日(11/14)発売の「AERA」と「週刊現代」に、

電通の過労自殺と強制捜査に関する私の見解を

掲載していただいております。

 

AERA」は大特集「電通と過労死」の中で、

 

「電通だけじゃない、過労死寸前なのは私だ。」

 

と題して、今回の問題は、電通だけではなく、

日本社会全体で考えるべきだと主張する内容です。

 

dentsu20161114_1

dentsu20161114_6

 

AERA編集部が調査を実施したところ、

 

・自分も今、過労で死を考えている 3.7%

 

・過去に、過労で死を考えたことがある 27.1%

 

・近くに過労で追い込まれている人がいる 51.4%

 

と、なんと合計で8割以上の方が、

「身近に過労死がある」と答えています。

 

日本中で「仕事が人々を破壊している」という

悲しい現実に対し、独自の取材結果を元に、

これからの日本の働き方を問題提起しています。

 

その中では、「過剰品質」を求める

日本のあり方自体の是正も示唆していて、

直接的、間接的に、

 

「あなたも誰かを追い詰めている」

 

という見解は、日本社会に生きる私達全員に、

一読の価値があると考えています。

 

私自身は、この特集の中で、

電通の異常な体質の実態を語る役目を

担わせていただいております。

 

dentsu20161114_2

 

続いて、「週刊現代」です。

 

dentsu20161114_3

 

dentsu20161114_5

 

週刊現代の中で私の声を取り上げていただくのは、

今回で2回目です。

 

「天下の電通 屈辱の強制捜査 全内実」

 

と題された記事の中では、

117日に、厚労省が88名の大所帯で

電通本社および3支社を強制捜査した経緯と、

今後の展望が記されています。

 

塩崎大臣は、これまでの厚労省の是正勧告に

全く応じてこなかった電通に激怒し、

電通を「容疑者」とみなして本気で動いています。

 

「加重労働撲滅特別班(かとく)」という

特殊部隊を動かし、経営陣の責任を問うべく、

徹底的にやる準備を進めているのです。

 

この記事の中で、私は、

電通社内の残業隠蔽の実態を明かしています。

 

dentsu20161114_4

 

 

少なくとも、私が勤務していた4年前まで、

電通社内では残業を過少申告することが

「暗黙の了解」でした。

 

この悪しき風土に全く対策を講じず、

長年放置し続けてきた経営陣、特に、

石井社長の責任は極めて重いと言えるでしょう。

 

AERA」、「週刊現代」両誌の記者さんにお伝えし、

記事にも掲載していただきましたが、私は、

電通社員の労働規範「鬼十則」を見つめ直すことが、

電通にとっても、日本にとっても、

大変重要なことだと考えています。

 

電通が大きく変わることができれば、

日本も変わることができると、私は信じています。

 

そのためにも、こうして、私の声が

日本の改革に少しでも寄与できるよう、

これからも努力を続けていきます。

 

本日(11/14)発売の「AERA」と「週刊現代」、

是非、ご覧になってくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

週刊現代「電通の正体」に藤沢涼見解

2016年10月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

gendai20161031_3

 

本日発売の「週刊現代」の中で、私の見解を

大きく取り上げてくださっています。

 

gendai20161031_1

 

gendai20161031_2

 

 日本を動かしてきた「電通の正体」

 「過労死問題」は落日の始まりなのか

 

と題された特集は、

週刊現代さんの本気度が垣間見えます。

 

ご取材いただいた記者さんも、

日本を変えたいという気概を持って、

仕事に取り組んでいらっしゃいました。

 

ですから、同じ思いを持つ私の声が、

こうして、少しでもお役に立てたことを

大変光栄に思います。

 

記事の中で主張されている通り、

電通の石井社長が社員に通達した文書には、

全く、「反省」が見られません。

 

「電通は、必要以上に糾弾されている被害者」

 

という気持ちが、文面全体に溢れています。

 

しかしながら、石井社長は、

自分の方が間違っていることに早く気付くべきです。

 

女性新入社員の過労自殺という悲劇に対し、

 

「社員の自殺については厳粛に受け止めている」

 

としかコメントを発表しておらず、

社会に対して何も説明していないのは、

恥ずべき行為です。

 

尊い命を死に追い込んだ責任を感じていれば、

このような心の無い言葉で終わらせられる

訳がありません。

 

また、トヨタ自動車などへの巨額の不正請求の件も、

記者会見に社長が登場せず、代わりに、

中本副社長に謝らせていました。

 

このような姿勢を改めない限り、

新聞、雑誌の攻撃は止まらないでしょう。

 

もう、マスコミが自主規制してくれる時代は、

過ぎ去ってしまったのです。

 

実際に、私自身も次々と、

各社さんとの記事作成を進めています。

 

残るは、テレビです。

 

本来であれば、テレビの報道番組こそ、

電通トップの責任問題を取り上げるべきです。

 

しかし、石井社長の沈黙が、

まだまだ癒着構造にあるテレビに

プレッシャーを与え、黙らせているのです。

 

同様の過労死を起こしたワタミを

ワイドショーなどであれだけ叩きながら、

今回は電通に配慮して沈黙しているテレビこそ、

私は絶対に動かしていきたいと考えています。

 

そして、テレビも動かすことができた時、

日本は、いよいよ変わっていくと考えています。

 

各メディアへの働き掛けや取材の連続で、

しばらく、睡眠不足が続いています。

 

しかし、今こそが、

私の人生にとっての「勝負の時」だと捉え、

引き続き、努力していきますね。

本記事をシェアしていただけたら、大変幸いに存じます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「慶應卒」「元電通」自慢だろ?批判を受けて

2016年10月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20161014

 

「慶應」と「電通」で起こった悲劇に迫り、

私の見解を発信し続けている中で、

たくさんのご意見、ご感想をいただきます。

 

大半の方は、私の言動に賛同してくださり、

応援のコメントをいただいたり、

記事のシェアなどで支援してくださるので、

とても心強く思っております。

 

その一方で、批判的なご意見もいただきます。

 

「おまえが偉そうに語るな。」

 

「そこにある文化を変えられなかったのなら、

 あなたも共犯なのでは?」

 

結局、「慶應卒」「元電通」自慢だろ?」

 

このようなご批判を浴びると、亡くなった祖父の

この言葉を思い出します。

 

「おまえが本気で生きていけば、

 必ず、周囲からの批判が増えていく。

 

 その9割は無視しろ。

 

 でも、残りの1割に対しては、

 耳を傾けることを忘れるな。」

 

ほとんどの批判は、羨望、悪意、愚かさ、

あるいは無作法から生まれますが、

そのすべてを無視してしまうと、

気が付いた時には「裸の王様」に成り下がる

という教えです。

 

批判への基本姿勢を与えてくれた祖父に感謝しつつ、

今回のご批判は、私に更なる活力を

与えていただいたと捉えています。

 

私は、まだまだ未熟で、力不足です。

 

しかし、力を手にしてから発信しても、遅いのです。

今だからこそ、発信する意味があるのです。

 

そして、慶応、電通に在籍していた当時に

そこにある悪しき文化を変えられなかったからこそ、

今、その反省も踏まえて、変えたいと願っています。

 

ご指摘された自己顕示の欲も、当然あると思います。

 

しかし、この時期に

「慶應卒」「元電通」だけをアピールしても、

それはネガティブキャンペーンでしかありません。

 

また、慶応、電通を卒業した身でありながら、

この度の悲劇に対して何も行動を起こさない方が

無責任だと思います。

 

こうしている間にも、次から次に事件が起こり、

電通の過労自殺や慶応の性的暴行事件は、

風化してしまいます。

 

誰かが大きな声を上げ続けなければ、

日本社会変革の機会を逃してしまうのです。

 

私は、電通の過労自殺に関しては、

安倍首相が動くべきだと考えています。

 

元電通社員を奥様に持ち、

働き方改革を進めていく彼こそが、

この問題に真剣に向き合うべきではないでしょうか。

 

日本には様々な問題が山積していますが、

決して、優先順位の低い課題では無いと思います。

 

国を動かすきっかけを作るためにも、

私は一部のご批判に屈さず、

私にできることにフォーカスして、

発信を続けていきますね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料