■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


古い価値観を捨て、生き方を設計する時代

2016年09月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa20160917

 

息子と妻が恋人のように仲良くなっていて、

嫉妬してしまう、、、と同時に、このような光景を

毎日眺められていることを、幸せに感じます。

 

世の中には、あらゆる価値観があり、

何を幸せに感じるかは、個々人で大きく違うはずです。

 

しかしながら、日本においては、

古い価値観が支配的になっていて、

それが多くの方の「生き辛さ」に

つながっていると思います。

 

例えば、その一つが、

 

「会社員の夫の稼ぎで、妻子を養う」

 

という、理想モデルです。

 

そのような生き方が正しいという価値観は、

社会の現状にマッチしていません。

 

少子高齢化、経済成長の鈍化、

非正規雇用の増加などによって、

この理想モデルは、大多数の日本人を

カバーすることができなくなりました。

 

ですから、どんどん変化する社会に応じて、

価値観も変化させなければいけないのですが、

それがうまくいかず、古いままの価値観に、

多くの方が苦しめられているのです。

 

その上で、

 

・新卒で就職しないと生涯年収が激減する

 

・年金破綻に備え、個人で資産形成が必要

 

・◯歳までの結婚、出産が勝ち組

 

などの社会を取り巻く偏った意識からも

大いなるプレッシャーをかけられています。

 

世界の中では裕福であるはずの日本人が、

幸福度が低くなってしまうのも、

現状に合わせて価値観を転換できていないところに

原因があるように思います。

 

私は、周囲と価値観を合わせることをやめたことで、

自分なりの幸せを感じられるようになりました。

 

・慶応、電通というブランドに固執せず、それを捨て、

 自分らしい生き方、働き方をしていく

 

・男性が働き、女性が育児をするのではなく、

 夫婦で協力し合いながら、働き、共に育児をする

 

・いつまでもお金を追い求めるのではなく、

 自由な時間を生み出すことを大切にする

 

このように、周囲と合わせていた価値観を壊して、

自分なりの価値観を定義できたことで、

自分らしく生きることができるようになったのです。

 

昔のように、「レールに乗れば幸せ」

という時代は終わりましたが、

それは悲観すべきことではありません。

 

横並び意識をやめて、素早く行動した人には、

本当の自分に出会える大きなチャンスがある時代です。

 

私達は、古い価値観を捨て、それぞれが、自分なりに、

生き方を設計していくべきですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

広島の原爆ドームから、愛媛の道後温泉へ

2016年08月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

hiroshima20160830_1

 

台風10号の影響で1日中大雨の予想でしたが、

私達の願いが届き、太陽が顔を出してくれました。

 

観光日和に恵まれた広島2日目、

私達はまず、原爆ドームを訪れました。

 

hiroshima20160830_3

 

精神的なショックは当然想定していましたが、

目の前にそびえ立つあまりにも悲惨な光景に、

言葉を失いました。

 

こうして保存し続けることは

被爆の悲惨な思い出につながると、

反対意見も多かったそうです。

 

そのお気持ちを痛い程に感じましたので、

それでも残し続けてくれて、

歴史の真実を伝え続けてくれている

広島の皆様に、心から感謝致します。

 

平和祈念資料館では、直視できないような、

被爆の実相が様々な形で伝えられています。

 

hiroshima20160830_4

 

 

hiroshima20160830_6

 

hiroshima20160830_7

 

hiroshima20160830_8

 

hiroshima20160830_9

 

hiroshima20160830_10

 

hiroshima20160830_11

 

 

私達家族にとって、

幸せを与えてくれている2人の子供達の命、

そして、194586日に、

一瞬で失われた、たくさんの尊い命。

 

そのコントラストの中から、

私達は1日、1日を、そして、この瞬間を、

より大切に生きていかなければならないこと、

また、このような悲劇を、

2度と繰り返してはならないことを、

心に刻ませていただきました。

 

hiroshima20160830_12

 

hiroshima20160830_13

 

hiroshima20160830_14

 

hiroshima20160830_17

 

家族全員で、平和への祈りを込めて

「平和の鐘」を鳴らさせていただいてから、

私達は海を渡り、四国に入りました。

 

まずは、日本三奇橋の1つ、

徳島にある祖谷のかずら橋を渡りました。

 

hiroshima20160830_18

 

hiroshima20160830_19

 

11歩踏み出す度に音を立てて揺れる様を見て、

娘が絶叫、、、親子で命の危険を感じながら、

渡り終えた後の鮎の塩焼きは、唸るほどに美味でした。

 

hiroshima20160830_36

 

hiroshima20160830_37

 

 

やはり、非日常の経験は貴重ですね。

 

宿泊したのは、愛媛の道後温泉、

巨匠・黒川紀章が設計を手掛けた「道後館」です。

 

hiroshima20160830_29

 

hiroshima20160830_20

 

お部屋に入った瞬間、久しぶりの和室に、

心を癒されました。

 

温かいお茶とお饅頭を用意してくださること、

夕食の間に、お布団を敷いてくださること、

日本では当たり前になっているおもてなしの愛を、

改めて、強く感じました。

 

また、「千と千尋の神隠し」のモデルと言われる

神秘的な道後温泉本館、本当に素晴らしかったです。

 

hiroshima20160830_5

 

hiroshima20160830_27

 

hiroshima20160830_28

 

 

hiroshima20160830_30

 

hiroshima20160830_31

 

hiroshima20160830_26

hiroshima20160830_32

 

hiroshima20160830_33

 

hiroshima20160830_34

 

 

夜は外観を眺めて、その存在感に圧倒され、

早朝に個室の休憩室を確保して入浴させていただいた上で、

この地を舞台に書かれた夏目漱石の「坊っちゃん」部屋や、

天皇専用の金箔に包まれた豪華なお部屋やお手洗い、

最上の御影石で作られた浴槽(撮影不可)も見学できて、

一瞬で100年以上前にタイムスリップしたかのような、

不思議な感覚になりました。

 

hiroshima20160830_35

 

道後館での夜の懐石料理と一番搾り「愛媛づくり」、

朝食とみかんジュースも、絶品でしたよ^^

 

hiroshima20160830_2

 

hiroshima20160830_21

 

hiroshima20160830_22

 

hiroshima20160830_23

 

hiroshima20160830_24

 

hiroshima20160830_25

 

 

日中の移動中に綺麗な虹が見られたので、

本日も良いことがあることを願っております。

 

hiroshima20160830_38

 

ということで、

もう少し四国を満喫させていただいてから、

広島に戻りますねー!!

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

自分基準で「設計」する生き方

2015年04月04日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

tsubasa0404

 

子供を大学まで行かせるには

1人あたり2000-3000万円が必要と

言われます。

 

しかし、公立の小・中学校であれば

学費は無料ですし、世帯の所得によって

高校も無料になります。

 

また、大学も奨学金を借りて

本人が卒業後に返還することも可能です。

 

そうすれば、親が支払う教育費は、

実質「無料」になります。

 

海外に目を転じれば、

成績優秀者には返還不要のスカラシップも

たくさんあります。

 

マレーシアの医学部であれば、

学費は日本の4分の1程度ですし、

日本より高い教育レベルで

日本より学費が安い学校は

たくさん出てきています。

 

もちろん、日本で、

無認可保育園から

私立の小学校、中学校、大学と

行かせることを考えると、

その教育費は高額になります。

 

しかし、それは

「他人」のケースです。

 

老後資金には1億円必要だ、

というような話もそうですね。

 

定年退職後に全く働かない生き方は

現実的ではありませんが、

レアケースの「1億円」という数字に、

恐怖を感じる方は多いでしょう。

 

このような他人を含めた「平均」で

将来に不安を覚えることは、

生き方のモデルケースが

統一されていた時代の名残です。

 

これからは、

個々人が生き方を

「設計」する時代です。

 

あらゆることの「自由」を得て、

その中から「選択」していくことが

可能な時代になるのです。

 

仕事も含め、

あらゆることを「設計」し、

自分らしく生きていきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料