■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「電通」違法残業初公判で社長が謝罪

2017年09月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

労働基準法違反の罪に問われた電通の初公判が

今朝、東京簡裁で開かれ、山本敏博社長が

法人を代表して出廷しました。

 

山本社長は、全く争うことなく、

罪を認めて謝罪した、ということですが、

報道の中では、私が以前から問題視していた

上司からのパワハラに関して全く触れられておらず、

もし、法廷でも言及されていないのであれば、

この裁判に意味があるのか、疑問に感じました。

 

国が裁くのであれば、亡くなった高橋まつりさんを

本当に追い込んでしまったのは何(誰)なのか、

その真相に迫っていくべきだと思います。

 

また、電通の「違法残業」だけではなく、

その残業を強いているクライアントにも目を向け、

働き方の抜本的な改革につなげるべきでしょう。

 

引き続き、社会全体で見つめていくべき課題が、

電通事件にあるという認識が必要ですね。

 

さて、昨晩は、10年前からお付き合いのある

不動産会社の経営者Sさんと久しぶりに再会しました。

 

私が電通勤務時代に、不動産を1億円以上、

購入させていただいた敏腕営業マンです。

 

S社長は、区分所有をメインで扱っていましたが、

最近は一棟も含めて幅広く展開し、7年連続、

増収増益を続けているという

経営者としての大先輩でもあります。

 

彼から不動産を買った電通の元同僚達の中には、

すでに、退社している人も少なくありません。

 

その中でも特に、

私が親しくさせていただいていたのは、

ビジネスマンにターゲットを絞ったカフェを

都心で複数店舗展開しているK君と、

ゲーム系企業に転職した後、

IT企業の経営者となったE君。

 

私も含め、不動産を購入したことをきっかけに

自分の働き方を見つめ直し、S社長の

経営者としての姿勢を見せていただいたことが、

私達全員の脱サラの一因になっています。

 

K君も、E君も、現在、

電通時代以上の収入を手にしていて、

雑誌やオンラインページで

彼らの活躍を目にすることもあるので、

大変刺激をいただいています。

 

その一方、K君や私より脱サラが早そうだと

思われていたF君は、現在も電通に残っています。

 

「こんな苦しい状況だからこそ、

 やるべきことが電通に残っている」

 

そういう意識で業務に励んでいるようで、

是非、これからも頑張って欲しいと感じました。

 

それぞれが思い描く未来に向かって、

それぞれの場所で、自分の力を

最大限に発揮したいですね。

 

追伸;

 

S社長のパートナーYさんのご結婚を

お祝いさせていただくつもりが、

高価なBaccaratのグラスセットを

サプライズでプレゼントしていただきました。

 

 

S社長&Yさんのあり方から

改めて学ばせていただいた、

とてもとても素敵な夜でした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

電通・石井直社長の「引責辞任」を受けて

2016年12月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 



かつての上司達が頭を下げ続ける記者会見を見て、

心苦しくなりました。

 

 

石井社長、中本副社長、越智局長、

電通の記者会見に登壇した3名は、

私の電通人生で大きな影響を受けた方々です。

 

 

ですから、感謝の念を持つ先輩達が、

社会に対して謝罪をしている姿に、

悲しい感情を抱いたのは事実です。

 

しかしながら、石井社長の言葉の通り、

すべての責任は経営側にあります。

 

「過剰なクオリティ志向」

 

「過剰な現場主義」

 

「強すぎる上下関係」

 

電通が認めた改善点の中で、

特に、最後の「強すぎる上下関係」、

つまり、「軍隊的な超縦社会」を是正する策を

これまで全く講じてこなかったことが、

悲劇の発端だと考えます。

 

大きな会社なので、

部署によっては別会社のように風土が違います。

 

元同僚の中でも、

クリエイティブやマーケティング部門にいる社員は、

上下関係が無くフラットな環境で、自由に働いています。

 

ところが、

今回亡くなった女性社員が在籍した部署のように、

部分的にでも、部下を奴隷のように扱う

異常な文化が残っているのが、現実です。

 

私自身も、新入社員の時には

そのような文化が最も色濃く残った部署へ配属になり、

実体験として、愚かで、恐ろしい光景を目の前で見て、

生きる意味を見失った時期がありました。

 

ですから、私は何度も言い続けていますが、

次の犠牲者を出さないためにも、

この悪しき文化の抜本的な改革が急務だと考えています。

 

その改革案が発表されると期待しましたが、

石井社長は、「辞任」という形で責任をとると発表しました。

 

このことに関して、私は、とても残念に感じています。

 

「鬼十則に疑問を持ったことは無かった」

 

と言うのであれば、

 

 取り組んだら「放すな」、 殺されても放すな、目的完遂までは・・・。

 

この言葉の通り、電通の抜本的改革を成し遂げるまで、

責任を持って、命を懸けて、取り組んで欲しいと思うからです。

 

その後、記者に詰められて、

 

「鬼十則には、一部、誤解を招く表現があったり、

 時代に合わない内容があったと認識している」

 

と改めましたが、

そうであれば、現時点のトップとして、

時代に合わせた新たな社訓を掲げるなど、今こそ、

強いリーダーシップを発揮するべきではないでしょうか。

 

石井社長は、広告マンとしては、

とても素晴らしい、尊敬できる方でした。

 

だからこそ、この難局からも逃げずに、

立ち向かって欲しいと願っています。

 

そして、現役の電通社員や、関係者の皆さんも、

もっと主体的に取り組み、個々人でできることを

積み重ねて欲しいと思います。

 

今回の悲劇を止められなかったのは、

彼女の周囲の社員だけでは無く、退社した私を含めて、

あの文化を変えられなかったすべての人間に

少なからず責任があるという意識が大切だと思うからです。

 

そのような意識を持つからこそ、私も微力ながら、

こうして発信させていただいているのです。

 

発注先に無理難題を押し付けすぎていないか、

自分の後輩に厳しすぎる指導をしていないか、

生産性の低い仕事を疑問も持たずに続けていないか、

電通に関わる人間だけでは無く、社会全体が、

「自分ごと」として今回の問題を捉えることが、

「働き方改革」の大きな一歩だと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

週刊現代「電通の正体」に藤沢涼見解

2016年10月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

gendai20161031_3

 

本日発売の「週刊現代」の中で、私の見解を

大きく取り上げてくださっています。

 

gendai20161031_1

 

gendai20161031_2

 

 日本を動かしてきた「電通の正体」

 「過労死問題」は落日の始まりなのか

 

と題された特集は、

週刊現代さんの本気度が垣間見えます。

 

ご取材いただいた記者さんも、

日本を変えたいという気概を持って、

仕事に取り組んでいらっしゃいました。

 

ですから、同じ思いを持つ私の声が、

こうして、少しでもお役に立てたことを

大変光栄に思います。

 

記事の中で主張されている通り、

電通の石井社長が社員に通達した文書には、

全く、「反省」が見られません。

 

「電通は、必要以上に糾弾されている被害者」

 

という気持ちが、文面全体に溢れています。

 

しかしながら、石井社長は、

自分の方が間違っていることに早く気付くべきです。

 

女性新入社員の過労自殺という悲劇に対し、

 

「社員の自殺については厳粛に受け止めている」

 

としかコメントを発表しておらず、

社会に対して何も説明していないのは、

恥ずべき行為です。

 

尊い命を死に追い込んだ責任を感じていれば、

このような心の無い言葉で終わらせられる

訳がありません。

 

また、トヨタ自動車などへの巨額の不正請求の件も、

記者会見に社長が登場せず、代わりに、

中本副社長に謝らせていました。

 

このような姿勢を改めない限り、

新聞、雑誌の攻撃は止まらないでしょう。

 

もう、マスコミが自主規制してくれる時代は、

過ぎ去ってしまったのです。

 

実際に、私自身も次々と、

各社さんとの記事作成を進めています。

 

残るは、テレビです。

 

本来であれば、テレビの報道番組こそ、

電通トップの責任問題を取り上げるべきです。

 

しかし、石井社長の沈黙が、

まだまだ癒着構造にあるテレビに

プレッシャーを与え、黙らせているのです。

 

同様の過労死を起こしたワタミを

ワイドショーなどであれだけ叩きながら、

今回は電通に配慮して沈黙しているテレビこそ、

私は絶対に動かしていきたいと考えています。

 

そして、テレビも動かすことができた時、

日本は、いよいよ変わっていくと考えています。

 

各メディアへの働き掛けや取材の連続で、

しばらく、睡眠不足が続いています。

 

しかし、今こそが、

私の人生にとっての「勝負の時」だと捉え、

引き続き、努力していきますね。

本記事をシェアしていただけたら、大変幸いに存じます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通がトヨタなどに巨額の不正請求

2016年09月25日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_aoi20160925

 

元社員として本当に情けないことなのですが、

電通が犯してしまった今回の罪に関して、

私も触れざるを得ません。

 

電通は、インターネット広告において、

広告を掲載していないにも関わらず

クライアントに請求していた額が、

少なくとも23000万円あることを発表しました。

 

会見で頭を下げる元上司たちを見て、

「怒り」や「悲しみ」が込み上げてくると同時に、

予想通りの未来が現実になっていることに、

複雑な感情を覚えています。

 

不正が行われたのは、201211月からで、

それは、私が退社した直後のことです。

 

あの頃の電通は、

明らかにおかしくなっていました。

 

マスコミの凋落を止めることができず、

インターネットの繁栄には追い付けない、、、

 

時代の急激な変化に対応できない恐竜は、

明らかに焦り、苦しんでいました。

 

その綻びの果てに、不正を起こしたのです。

 

電通は、今回の不正により、

長い年月で積み重ねた信用を、一瞬で失いました。

 

東京五輪の賄賂や、パナマ文書の脱税は、

なんとか、うやむやにしていましたが、

今回は、もう逃れられません。

 

そして、これは氷山の一角であり、

さらに大きな問題が出てくると考えています。

 

「不正の発覚は、

 トヨタさんからの指摘が最初だが、

 報道ではそのことを書かないで欲しい」

 

謝罪会見における中本祥一副社長のこの発言は、

「謝罪」する立場の人間がするものではなく、

メディアへの圧力を行使してきた古い文化、

そして、隠蔽体質を露呈しています。

 

事実、今回の報道は海外メディアが先に報じ、

日本のメディア(特にマスコミ)はしばらく、

沈黙を貫いていました。

 

このような文化は、もう終わりです。

 

インターネットで、すべてが露わになります。

 

インターネットが持つ巨大な力に、

社会はどんどん飲み込まれていくのです。

 

その流れの中で、

マスコミや古い大企業は淘汰され、

個人の力が加速的に強くなっていきます。

 

実際に、マスコミの広告に頼らずとも、

個人のメディアで、

化粧品や洋服が爆発的な売上を見せたり、

不動産なども売れていく時代になっています。

 

好きなことを追求した個人が、

年収数千万円、あるいは、数億円を手にし、

組織に属さずに自由に生きているのです。

 

私自身も、電通時代の労働量の数分の一、

精神的には、「千分の一」程度の負担で、

当時の何倍もの収入を得ています。

 

電通の不正自体は、本当に腹立たしいことですが、

私の使命は、新たな「生き方」、「働き方」を、

私自身の「生き様」で示していくことだと、

改めて感じております。

 

電通が今回の件をどう「消火」し、

体制を立て直していくのか(立て直せるのか)、

しっかりと見守りながら、私なりの視点で切り取り、

これからもお伝えしていきますね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料