■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「孫正義×柳井正」対談@UNIQLO CITY

2017年07月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

有明のUNIQLO CITY TOKYOで行われた

FAST RETAILING CAREER FORUM」で、

孫正義氏と柳井正氏の対談を拝聴しました。

 

日本「1位」と「2位」の資産家のお話を

目の前でお聞かせいただいた時間は、

とても貴重な機会となりました。

 

今回のフォーラムは、

 

「デジタル革命が、新しい世界をつくる。」

 

と題され、両者の未来展望が語られました。

 

柳井氏は、

 

ADSLで毎年1000億円の赤字が続く中、

 それでもビジネスを立ち上げた孫さんの執念は凄い。」

 

とした上で、

 

「これまでは、GAPH&MZARAが競合だったが、

 これからは、NIKEAmazonなどとの

 競争をすることになる。

 

 そして、ソフトバンクとも競争し、

 協調することになるだろう。」

 

と語っていました。

 

「服」を買うのではなく、

「ブランド」という「情報」を買う時代、

異業種格闘戦になっていくということです。

 

これに対し、孫氏は、

 

「ユニクロの服は、もちろん買っている。

 柳井さんの作品は素晴らしい。

 値段を見ることはないが、、、笑」

 

とユーモアを織り交ぜた上で、

 

「アリババが物販だけではなく金融の世界にも入るなど、

 あらゆる産業に入っていく。

 そういう意味では、ユニクロとも戦う分野が出てくる。」

 

と語られていました。

 

人工知能が発展していく未来に関しては、

柳井氏が、

 

AIの発展は素晴らしいが、

 未来を創るのは人間だ。

 

 人間の夢、理想、アイデアが、

 改めて重宝される。

 

 これからは、深く考え、考え抜く人、

 深く感じられる人、つまり、

 原点回帰して、哲学を持った人が

 リーダーとなるだろう。」

 

と語り、孫氏は、

 

「スマートロボットというメタルカラーの登場で、

 ブルーカラーだけではなく、ホワイトカラーの仕事も、

 どんどん置き換えられていく。

 

 私達は、仕事って何だろう?労働って何だろう?

 幸せって何だろう?という、哲学的な議論をし、

 人間の存在意義を何度も何度も問い続ける時代に 

 生まれてしまった。

 

 ハイテクの武器を持ち、考えに考え抜いた上で、

 美しい心を持った人が求められるだろう。」

 

とおっしゃっていました。

 

2人が共通しておっしゃっている

「心」「哲学」を大切にする人間であり続けたいと、

改めて感じました。

 

贅沢な1時間はあっという間に終わり、

2人の小さいお身体から放たれる

巨大な温かいオーラに包まれた

不思議な体験をさせていただきました!

 

追伸;

 

建物内は撮影禁止でしたので、

WEBから拝借した写真をアップしておきますが、

アリッドワークスアーキテクチャーが内装を担った

ユニクロの新社屋、素晴らしかったです。

 

 

働き方を根本から変えるという意気込み通り、

非常に魅力的な空間でした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

常に「ゼロ発想」の視点を持つ重要性

2016年12月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

マッキンゼーに転職した友人の口癖は、

「そもそも」で、何らかの問題に直面したら、

常にゼロに立ち返って考えています。

 

例えば、メーカーに勤める友人の担当事業が赤字で、

どこを見直せば黒字にできるかを議論する際、

人員編成や広告の投資先、その広告費の増減などで

それぞれが意見を言い合います。

 

ところが、彼はいつも、

 

「そもそも、それは続ける価値があるの?」

 

と、口火を切ります。

 

そんな彼の姿勢に対して、

 

「また始まったよ、、、

 継続すること前提で意見を出し合おうよ」

 

という意見も出るのですが、

私は、この「ゼロ発想」こそが、

とても大切な視点だと捉えています。

 

長く続けてきたことは特に、

当事者の視野が狭くなってしまっていて、

そのこと自体が、大きなリスクに成り得るからです。

 

これは、ビジネスだけではなく、

個人がプライベートで抱える問題にも当てはまります。

 

例えば、恋愛が上手くいっていない時、

どうしたら上手くいくのかを考えることが多い中で、

真っ先に、「別れる」というところから考えるのも、

「ゼロ発想」の一つです。

 

結果的に、「別れることはできない」と感じた際、

それまで盲点になっていた自分の「非」に気付くことも

少なくないからです。

 

最初から別れることを想定するなんて、

ドライ過ぎると感じる方も多いと思いますが、

私は、枠にはまらない思考を続けることによって、

本当に大切な決断をすることができると考えています。

 

多くの会社にとって、

マッキンゼーなどの外資コンサルの視点が

大きな価値を生んでいるのは、

このように視野を拡げるパートナーであり続け、

これまでに無い発想のお手伝いをしてくれる、

という要因が小さく無いと思うのです。

 

もちろん、どんなことでも、

「終わらせる」視点が正解だと言うのではなく、

一度「ゼロ発想」からスタートすることによって

視野を拡げていくことが、「最適解」を見付けることに

つながっていくということです。

 

日本人は特に、

「積み重ねていく」美学を持ちますし、

それによって唯一無二の文化を築いてきた

自負があるのですが、今一度、

この「ゼロ発想」の視点の重要性も意識したいですね。

 

私自身も、自分が取り組むビジネスを定期的に

ゼロ発想で見つめ直しますし、

それでも続けていく決断をすることに対し、

深い意義を感じながら取り組むことができています。

 

もし、あなたが現在、何らかの課題を抱えていたら、

一度、「ゼロ発想」で捉え直してみて、

これまで見えていなかった解決策を見出す可能性に

着目していただきたいと思います。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

一足早いX’mas Stay@DAIBA

2015年12月09日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

daiba1209_1

 

恋人が集う街「お台場」に来て、

一足早いクリスマスステイを家族で

楽しんでいます。

 

daiba1209_2

 

クリスマスツリーやイルミネーション、

東京タワー、レインボーブリッジの夜景が

とてもロマンチックで、クリスマス気分を

盛り上げてくれる街ですね。

 

daiba1209_3

daiba1209_4

daiba1209_5

 

私が住む世田谷からは

車で約20分の距離なのですが、

東京湾を超えるので、

心理的にはもっと遠い印象です。

 

近くにありながら、

遠くに来たような感覚で、

3泊、このお台場を拠点にして、

家族でゆっくりしたいと思います。

 

さて、この街のブランド向上には

フジテレビが大きく貢献してきました。

 

ところが、そのフジテレビに現在、

激震が走っています。

 

2015年度上期が開局以来の赤字、更に、

11月末のゴールデンタイムの視聴率が

テレビ東京に抜かれたという事態です。

 

私が、浜崎あゆみさんを起用して

フジテレビで番組制作していたのが

今から10年程前です。

 

当時のフジテレビは、

圧倒的No.1という地位を築き、

全社員が誇りを持って働いていました。

 

ただ、「誇」りを通り越して、

「驕り」になっていた様子も

散見されました。

 

例えば、番組制作に関しては、

「天下のフジテレビに口を出すな」

「スポンサー、代理店は黙ってろ」

というような横暴なスタンスを感じました。

 

電通とのパワーバランスで見ても、

他局は同じ目線で会話していましたが、

フジテレビだけは上から目線で、

電通を顎で使うような印象だったのです。

 

そのような様子を見て、

フジテレビの栄光は長く続かないだろうと

感じていました。

 

いくら実力があったとしても、

周囲の関係各社を見下し、

不要なストレスを与えるようでは、

その傲慢さがいずれ露呈し、

視聴者からも見放されると考えたのです。

 

そして、今現在、

私の予想した通りの事態になっています。

過去には、

革新的な番組をたくさん創っていたし、

私も大好きな放送局でした。

 

ですから、

現況を見て、とても残念に思うと共に、

成果が出ている時こそ、気を引き締めなければ

あっという間に失墜するのだと

自分を戒めています。

 

「勝って兜の緒を締めよ」

ということですね。

 

この4日間、フジテレビを見つめながら、

その栄枯盛衰から人生を学ぶ

良い機会にしたいと考えております。

 

追伸;

 

今回の旅も、無料で楽しませて頂いております。

 

総額45万円の私からの豪華旅行プレゼント、

12/15まで募集中ですよ!!

 

http://fujisawa-ryo.com/?p=6382

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

ジョブズが愛したSONYの凋落

2014年02月25日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

20140225_1 2 

「VAIOにMac OSを搭載して、

新しい世界を作りたい。」

 

SONYを愛したジョブズの思いは、

ジョブズが亡くなった後も、

実現することはありませんでした。

 

VAIOの事業売却という終末。

 

日本が誇るPCブランドが、

ついに切り離されることに

なってしまったのです。

 

SONYに、

一体何が起こっているのか。

 

SONYの

今期連結決算見通しは、

300億円の黒字から

1100億円の赤字へと

大幅に下方修正されました。

 

円安の効果により、

パナソニック、

日立、

シャープが

軒並み息を吹き返している中、

一人負けの状況です。

 

また、2012年に

1万人のリストラを

行ったばかりなのに、

更に追加で、

5000人のリストラを

予定しています。

 

トップの経営戦略が見事に外れ、

その責任が現場社員を締め付けている、

そんな負のスパイラルが

垣間見れます。

 

こうなると、

5年後、10年後の為の

研究開発にもお金が回せず、

このまま凋落していくしかない・・・

というのが関の山でしょう。

 

SONYの輝きは、

日本人であることを

誇らしく感じさせてくれました。

 

あの頃の輝きを、

なんとかもう一度、

取り戻してくれないか・・・。

 

それが僅かな可能性でも、

願い続けたい。

 

そんな思いです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料