■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「国税ファック」青汁王子の暴露本

2019年03月06日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

10億円の保釈金を払い、作業服姿で現れた

ゴーン前会長の大ニュースで霞んでいますが、

脱税で起訴された三崎優太被告(青汁王子)も、

6000万円の保釈金を払い、保釈されました。

 

確定申告の締切が迫るこのタイミングで、

国民の納税の意識を上げるための

「プロパガンダ」のようにも感じますね。

 

三崎被告は罪を認めましたが、ゴーン被告は、

一貫して起訴内容を否認しているため、

今後の行方が注目されます。

 

ところで、

 

NewsPicksVS「幻冬舎」

 

に関して、私が感じたことを先日書きましたが、

やはり、想像した通りのようです。

 

自社内に出版部門を立ち上げることで

“自社生産”に切り替え、幻冬舎と離れて、

硬派な学術本や翻訳本も刊行したいNewsPicks

 

それを幻冬舎に伝えないまま進めたことが発覚し、

見城徹社長が激怒したということでした。

 

仲介する立場の箕輪厚介さんが、

 

「会わなくていいです。僕らが説明するので」

 

と判断したということですが、

NPの佐々木紀彦CCOは、

 

「今となっては反省している」

 

と、週刊文春の取材に答えています。

 

ZOZOのARIGATOキャンペーンの時にも、

関係各社に会いに行って説明せずに

メールで済ませたことで怒りを買った、

という報道がありました。

 

やはり、ビジネスパートナーにはいつまでも、

誠実に向き合い続けることが大切だと感じています。

 

話を戻して、青汁王子ですが、

渦中の幻冬舎から「国税ファック」という

暴露本を出す計画があったそうです。

 

どうしても税金を払いたくないのであれば、

静かに海外移住した方が良いと思うのですが、、、

出版が実現したら、話題になるでしょうね。

 

日本が増税に向かう中で、

税を嫌う方は増えるでしょうから、

グローバル社会の中での、各国の税のあり方も、

より深く議論されるべきだと感じます。

 

さて、私は本日、確定申告を済ませました。

改めて確認すると、所得税額には驚きますが、

これが、日本に住む私達の義務。

 

色々と思うことはありますが、

この国のこの環境の中で、

ビジネスや投資が順調であり、

大きな額を納税できていることに、

感謝したいと思います。

 

追伸;

 

夫婦で確定申告に行っていた間、

両親が息子と娘を預かってくれました。

 

本日の写真は、私達が戻ってきた時の、

笑顔の息子と、泣きベソの娘!w

 

 

 

寂しかった娘も、美味しいお寿司の差し入れで、

すぐにご機嫌が良くなりました^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

電通、検察が立件へ 国策捜査とその深層

2017年04月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

 

電通の違法残業事件で、ついに検察当局が、

法人としての電通を立件する方針を固めました。

 

長時間労働を容認する企業体質が根付いていたため、

個人の刑事責任を問うのは困難だという理由で、

本支社幹部の4人は起訴猶予となる公算が大きいようです。

 

ただ、強制捜査着手から、1部の書類送検までには

たったの1ヶ月半しか掛かっておらず、

検察幹部も「国策と言われても仕方ない」と

語っているほどです。

 

この裏にあるのは、日露接近を恐れている米国が、

それを主導する大物政治家と、その政治家と共に

大きなお金を動かす電通を追い込んでいるためだ、

という説もあります。

 

違法残業をさせている企業は無数にあるので、

電通だけがここまでやられるのは、確かに、

何らかの深層があるのでしょう。

 

働き方改革の広告塔(見せしめ)、

というだけでは無さそうです。

 

しかしながら、私は、そこを追及することには

興味がありません。

 

今回の事件の発端となった、

過労自殺してしまった電通の新入社員、

高橋まつりさんが苦しんだのは、

残業だけでは無いはずです。

 

人を死に追い込む、残酷な企業風土(パワハラ)が、

そこにあったのです。

 

それなのに、こうして「残業時間」だけが

取り上げられ続けることに、強い違和感を覚えています。

 

東大に入る努力をして、一流企業に入ったのに、

奴隷のように扱われ、自己尊厳を破壊されて、

生きる気力を失ってしまった。

 

そこにこそ、再発防止策を講じて、

社会全体に周知していく必要があります。

 

就活生に関わる友人に聞くと、

昨年末にあれだけ社会問題になっても、

電通を希望する学生はあまり減っていないようです。

 

そうすると、電通が抜本的に変わらなければ、

必ず、また苦しむ若者が生まれてしまいます。

 

そして、電通だけではありません。

 

現在、有名企業を含んだ多くの会社員が、

会社を辞めて個人で生きていくことを望み、

私のアドバイスを求めてくださっています。

 

ですから、私の知見がお役に立てるのであれば、

そして、今苦しんでいる方に希望を与え、

命を救うこともできる可能性があるのなら、

私は、もっと積極的に啓蒙活動をして、

多くの方と出会っていきたい。

 

そう願って、新たなプロジェクトを立ち上げました。

 

本日の写真は、そのために撮影したものの中の、1枚です。

 

私に賛同してくださり、力強く支えてくださる

素敵なプロジェクトメンバーにも恵まれ、

全員の力を合わせて、社会を改革していきたいと

意気込んでいます。

 

幸せな「働き方」、「生き方」を、

日本中に拡げられるように。

 

全力で、挑んでいきます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料