■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「裏切りの二乗からの出戻り」と「井の中の蛙」

2017年07月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

「パナソニック」のサプライズ人事から3ヶ月が過ぎ、

樋口泰行氏ご本人が、「裏切りの二乗からの出戻り」

であることを告白しています。

 

実は、樋口氏は、25年前にパナソニックの社費で

ハーバード大学に留学してMBAを取得し、

その半年後に、転職してしまったのです。

 

確かに、ただの転職でも

「裏切り」と揶揄される日本文化の中、

会社のお金で留学してからの転職という過去は、

「裏切りの二乗」という表現が適切なのかもしれません。

 

それを認めた上で、私は、

このような「裏切りの二乗」を自認する方を

役員として出戻りさせるパナソニックの度量の大きさを、

改めて、評価したいと考えています。

 

パナソニックを退社しながらも、

役員クラスで会社に戻るという人事は、

100年の歴史で、「初めて」のことのようです。

 

このことからも、パナソニックが、

「本気で変わろう」としていることが

垣間見えますよね。

 

一方で、私の古巣である電通にも、

今春に社長交代劇がありましたが、

現在の経営メンバーは、ほとんどが、

「同じ釜の飯」の方々です。

 

そして、

このような「井の中の蛙」のままでは、

変革を起こせるはずもなく、

電通の株価は、続落しています。

 

私も、5月に、所有していた

電通株の大半を売却しました。

 

あの時から、

下がり続けてしまっている電通株を見ると、

いかに、電通が市場から見放されているかがわかります。

 

なお、同時期からパナソニックは順調に株価を上げ、

日経平均も、2万円を突破しているのは周知の通りです。

 

ただ、私もまだ、電通株の一部を保有しています。

 

私を育ててくれた会社ですから、

何らかの形で、応援し続けたいと思っています。

 

その一環として、

自分のメディアだけではなく、

テレビ、新聞、雑誌、書籍などで、

 

「電通は、その文化を根底から変えるべきだ」

 

と訴え続けてきました。

 

電通に残る「超縦社会」と「男尊女卑」という文化、

これらが、諸悪の根源です。

 

このまま、時代の変化に合わせて

変える努力をしなければ、

確実に沈んでいってしまいます。

 

社訓「鬼十則」を捨てるだけでは、

何も変わらないのです。

 

新たなビジョンを創り、

新たな文化の土壌を創り直す必要があるのです。

 

その上に、新たな働き方が生まれていきます。

 

私の元同僚から、電通も少しずつ、

変化しているとは聞いていますが、

電通には、それを社会に知らせる義務があります。

 

私は、電通でパナソニックを

長く担当させていただいたことに、

心から感謝しています。

 

そして、変化していくパナソニックと、

変化が見えない電通の二極化を、

とても悲しく感じています。

 

日本社会全体のためにも、

電通の本気の改革を、そろそろ、

見せて欲しいと願っています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「ベーシックインカム導入」と「超ヒマ社会」

2017年05月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

FacebookCEOマーク・ザッカーバーグ氏が、

ハーバード大学の卒業生へのスピーチにおいて、

「ベーシックインカムの導入」を提唱しました。

 

シリコンバレーでは、やや遅れての支持表明ですが、

これにより、社会の中でのベーシックインカム議論が

より活発になりそうです。

 

AIなどの科学技術の進歩によって、

多くの仕事は、人間がやる必要が無くなります。

 

それによって、

 

「多くの人の仕事が奪われる」

 

と悲観されているのですが、

実は、その一方で、

 

「人が働かなくても、富を万人に還元できる」

 

社会を実現できる可能性があるのです。

 

ザッカーバーグ氏は、大学生に対して、

「テクノロジーは進化し続けている。

 

 だからこそ、生涯を通した継続的な教育の価値を

 より重視する社会を目指すべきだ。

 

 やりたいことを追い求める自由を

 すべての人が享受するには、コストがかかる。

 

 そのためのコストは、私のような人間が払うべきだし、

 君たちの多くが成功を収めたなら、

 その時は、君たちも払うべきだ」

 

と語っています。

 

まさに、尊敬すべき成功者像ですね。

 

私自身は、ベーシックインカムの導入に伴い、

社会にどんな変化が起こるのかのデータ

(個々人が生き甲斐・働き甲斐を無くすなど)

が不足しているので、慎重派でした。

 

しかし、複数の国で実験が始まっており、

現時点では、完全に否定されるべき現象は

起こっていないようです。

 

これから、もっと精査を進めるべきでしょうが、

格差を是正する1つの案として、引き続き、

検討していくべきですね。

 

いずれにしても、これからの時代には、

仕事から解放される方が続々と増えるのは事実です。

 

その変化を、慶應大学の中村伊知哉教授は、

 

「超ヒマ社会が実現する」

 

と説きます。

 

また、マレー・シャナハン氏は、

 

「製品とサービスが経済的な底辺層にも行き渡り、

 教育が平等に与えられ、空前の文化表現の時代となる」

 

と「シンギュラリティ」に書いています。

 

経済的自由、時間的自由を手にした時に、

人生において何に取り組んでいくか、

今のうちに、取り組むべき対象を

選定していくべきですね。

 

私自身は、今よりも自由になり、

今よりも収入が増えたとしても、

堕落することなく、育児に、ビジネスに、そして投資に、

楽しみながら、全力で向き合い続け、

自己成長し続けたいと思います。

 

追伸;

 

娘の表情が豊かになり、

良く笑ってくれるようになりました!

 

今日で、11ヶ月です^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本経済の「嘘」と「真実」~三橋貴明氏講演~

2017年05月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ


 

日本経済をデータで分析し続け、社会の中にある

「嘘」と「真実」を、書籍等で発信し続けている

三橋貴明さんの講演を拝聴しました。

 

 

「国の借金が、国民1人あたり800万円」

 

「日本の借金は、1000兆円を超えた」

 

などと、日経新聞などがデタラメを書き続けますが、

三橋さんは一貫して、この「マスコミの罪」に対し、

「真実」を伝え続けてきました。

 

お金を借りているのは日本政府であり、

そのお金を貸しているのが、銀行等にお金を預けている

私達国民なのですから、真実は、完全に真逆です。

 

「私達は、日本政府に1人あたり800万円貸している」

 

ということなのです。

 

「財務省」や「マスコミ」の罠のせいで、

私達がお金を借りている「債務者」だと

誤解してしまっている方が多いのですが、本当は、

日本政府にお金を貸している「債権者」であり、

まるで反対なのですね。

 

数日前にも、

日経新聞がまた同様の嘘を書いていることに、

多くの日本人は気付いていません。

 

また、

 

「日本は破綻する!」

 

ということも良く言われますが、

日本が破綻するためには、

 

「国債の金利が急上昇すること」

 

「政府の借金が自国通貨建てではないこと」

 

が必要であり、

金利は上昇するどころか下落の一途ですし、

海外に借りている国債は全体の5%程度ですから、

破綻など有り得ないのが、現時点の日本の状況なのです。

 

三橋氏のご見解によると、

諸悪の根源は、橋本龍太郎政権。

 

1997年にバブル崩壊の後、緊縮財政をしたせいで、

極度のデフレになり、実質賃金指数も下がり続けています。

 

本来は、適度なインフレを保つ政策が必要でしたが、

全く反対に、増税などをし続けたために、

どんどん、抜け出せないデフレになっているのです。

 

日本は、海外に貸しているお金が930兆円、

借りているお金が610兆円で、実質、

320兆円の資産があり、これは、「世界1位」です。

 

つまり、世界最大の「お金持ち国家」なのに、

破綻だ、破綻だと叫ばれているという、

異常事態になっているということですね。

 

さて、黒田日銀総裁がお金をバラまき始め、

マネタリーベースは増え続け、

日本円は300兆円も刷られ続けました。

 

しかし、2016年はインフレ率-0.2%で、

2%のインフレターゲットは全く実現できていません。

 

日本の問題は、発行されたお金が、社会に流れず、

企業や個人も、お金を使わないことです。

 

お金の量が増えたとしても、

企業がどれだけ利益を出したとしても、

それが社会や個人に還元せず、国や企業に留保されれば、

経済成長は有り得ません。

 

これから、生産年齢人口がどんどん減り、

「超人手不足」社会に向かう日本において、

国や企業が生産性を高める投資をし続け、

貴重な人材に富を還元し続けることが、

極めて重要だということですね。

 

三橋氏のご見解は明快で分かりやすいので、

これからも学ばせていただきたいと思います。

 

追伸;

 

「私」から「母」へ、「息子」から「妻」へ、

「母の日」のカーネーションをプレゼントしました!

 

 

日頃から感謝の気持ちを伝えているつもりではいますが、

こうして、イベントにも乗らせていただいて、改めて、

息子と一緒にそれぞれの母に感謝することができて、

とても幸せです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

電通・石井直社長の「引責辞任」を受けて

2016年12月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 



かつての上司達が頭を下げ続ける記者会見を見て、

心苦しくなりました。

 

 

石井社長、中本副社長、越智局長、

電通の記者会見に登壇した3名は、

私の電通人生で大きな影響を受けた方々です。

 

 

ですから、感謝の念を持つ先輩達が、

社会に対して謝罪をしている姿に、

悲しい感情を抱いたのは事実です。

 

しかしながら、石井社長の言葉の通り、

すべての責任は経営側にあります。

 

「過剰なクオリティ志向」

 

「過剰な現場主義」

 

「強すぎる上下関係」

 

電通が認めた改善点の中で、

特に、最後の「強すぎる上下関係」、

つまり、「軍隊的な超縦社会」を是正する策を

これまで全く講じてこなかったことが、

悲劇の発端だと考えます。

 

大きな会社なので、

部署によっては別会社のように風土が違います。

 

元同僚の中でも、

クリエイティブやマーケティング部門にいる社員は、

上下関係が無くフラットな環境で、自由に働いています。

 

ところが、

今回亡くなった女性社員が在籍した部署のように、

部分的にでも、部下を奴隷のように扱う

異常な文化が残っているのが、現実です。

 

私自身も、新入社員の時には

そのような文化が最も色濃く残った部署へ配属になり、

実体験として、愚かで、恐ろしい光景を目の前で見て、

生きる意味を見失った時期がありました。

 

ですから、私は何度も言い続けていますが、

次の犠牲者を出さないためにも、

この悪しき文化の抜本的な改革が急務だと考えています。

 

その改革案が発表されると期待しましたが、

石井社長は、「辞任」という形で責任をとると発表しました。

 

このことに関して、私は、とても残念に感じています。

 

「鬼十則に疑問を持ったことは無かった」

 

と言うのであれば、

 

 取り組んだら「放すな」、 殺されても放すな、目的完遂までは・・・。

 

この言葉の通り、電通の抜本的改革を成し遂げるまで、

責任を持って、命を懸けて、取り組んで欲しいと思うからです。

 

その後、記者に詰められて、

 

「鬼十則には、一部、誤解を招く表現があったり、

 時代に合わない内容があったと認識している」

 

と改めましたが、

そうであれば、現時点のトップとして、

時代に合わせた新たな社訓を掲げるなど、今こそ、

強いリーダーシップを発揮するべきではないでしょうか。

 

石井社長は、広告マンとしては、

とても素晴らしい、尊敬できる方でした。

 

だからこそ、この難局からも逃げずに、

立ち向かって欲しいと願っています。

 

そして、現役の電通社員や、関係者の皆さんも、

もっと主体的に取り組み、個々人でできることを

積み重ねて欲しいと思います。

 

今回の悲劇を止められなかったのは、

彼女の周囲の社員だけでは無く、退社した私を含めて、

あの文化を変えられなかったすべての人間に

少なからず責任があるという意識が大切だと思うからです。

 

そのような意識を持つからこそ、私も微力ながら、

こうして発信させていただいているのです。

 

発注先に無理難題を押し付けすぎていないか、

自分の後輩に厳しすぎる指導をしていないか、

生産性の低い仕事を疑問も持たずに続けていないか、

電通に関わる人間だけでは無く、社会全体が、

「自分ごと」として今回の問題を捉えることが、

「働き方改革」の大きな一歩だと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

サービス残業の実態 「電通ショック」連載2

2016年10月30日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

東京新聞「電通ショック」連載第2弾では、

私の電通勤務時代の体験談を引用していただき、

サービス残業の実態に迫っています。

 

tokyo_np20161030_1

tokyo_np20161030_2

tokyo_np20161030_3

 

私は、今回の労基署による電通への抜き打ち調査が、

もし、パフォーマンスではなく本気なのであれば、

刑事事件としての立件は間違い無いと考えています。

 

25年前の過労自殺に対して、

最高裁が会社の責任を認めた判決を出した後、

電通社内では、長時間労働抑制への取り組みを

実施しているように見せていました。

 

具体的には、ゲートでの入退館時間を記録して、

申告した勤務時間とのズレがあれば、

会社がその理由を随時確認していくことで、

適正な勤務管理をするという姿勢を示していたのです。

 

しかしながら、実際は、「抜け穴」だらけ。

 

36協定で制限されている「月70時間」を超えないよう、

「休憩」「食事」「自己啓発」「情報収集」という嘘で、

勤務していなかったことにせざるを得えませんでした。

 

中には、実態通りに申告するように部下に指導し、

会社に対して一緒に戦ってくれるような、

心ある上司もいました。

 

しかし、それは本当に一握りです。

 

大半の上司、部長は、

 

「他の部員も、70時間以内に抑えている」

 

「俺が若い頃は、もっと酷かった」

 

「おまえの効率が悪い」

 

と、若い社員に対して

サービス残業を強いていました。

 

これは、電通だけの問題ではありません。

 

日本社会全体の中で、

 

「サービス残業は当たり前」

 

という風潮があります。

 

しかし、本当にそれで良いのでしょうか?

 

私は、

 

Time is Money

 

ではなく、

 

Time is Life

 

だと考えています。

 

時間こそが、「人生」であり、「命」なのです。

 

サービス残業が当たり前で、

その時間は「無価値」と定義するなら、

命も「無価値」と言っているようなものです。

 

そんな愚かな考え方が蔓延しているから、

先進国の中でも異常なほどに、

命を投げ出してしまう人が多いのだと思います。

 

私達は、命そのものである「時間」を、

もっともっと、大切にしなければいけません。

 

今こそ、日本の無駄な働き方を是正し、

労働生産性を高めていかなければいけないのです。

 

そのことを真剣に考える一材料として、

本日の東京新聞の連載記事に

向き合っていただきたいと願っています。

 

追伸;

 

「過労社会 電通ショック」の連載に関して、

東京新聞と中日新聞は同日掲載だと認識していましたが、

東京新聞から1日遅れで、中日新聞に掲載されています。

 

つまり、中日新聞では、本日から、連載が始まっています。

 

訂正して、お詫び申し上げます。

 

東京新聞 TOKYO Webにも記事掲載されています。

 

 連載1 新人は奴隷 超タテ社会

 

 連載2 残業70時間超えれば・・・作文

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

超セルフマネジメント時代

2015年07月09日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0709

 

終身雇用や年金制度など、

今まで「保障」されてきたものが

「無」になる時代に私達は生きています。

 

このような環境の中では、

既存の制度や古い常識に身を委ねるだけでは、

経済的破綻を招き、人生を台無しに

してしまうでしょう。

 

自分軸で考えて、

自分で新しいことを始めない人は

駆逐されてしまう時代なのです。

 

価値観や選択肢の多様化が進む中で、

自分の魅力を自分で磨き続け、

自分の在り方にも明確な指針を持つことが

要求されているということです。

 

つまり、

自分を伸ばす方法を自分で見付け、

自分のことを自分で変えていくという

「超」セルフマネジメント時代だと

言えるのです。

 

あなたが会社員であれば、

会社以外に何かを始めることがとても重要で、

そうしなければ、生き残っていくことが

できなくなってしまいます。

 

多くの方はそう感じているし、

頭ではそう考えています。

 

しかし、その通りに

「行動」している人は、極一部の人です。

 

何かを始めないと

当然、何も変わらないのに、

頭で考えているだけでずっと、

何もしない人が多いのです。

 

それでは、どうすれば

「行動」できるかと言うと、

それは、「中途半端」を許容することです。

 

すべてを完璧にしようとしなくて良いし、

少し始めて、途中で撤退しても構いません。

 

忙しい現代人には、

「極める」時間などありませんから、

まずは「始める」ことだけに

意識を向けることです。

 

そして、始めたことを続けるか、

やめるかを選べば良いのです。

 

始めたことを続けるにしても、

やめるにしても、自分で答えを出すのは

とても気持ちが良いことです。

 

周囲の人の決定に

依存するクセがついてしまっている人は、

自分で決めることができる気持ち良さを

忘れてしまっています。

 

そして、誰かの判断を仰がないと

行動することができなくなっています。

 

自分の意志で

何か新しいことを始めたり、

やめたりするのは、

「自由の証」です。

 

その自由を謳歌しながら、

超セルフマネジメント時代を

生き抜いていきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

第2のSONY、HONDAの創出

2015年06月13日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0613

 

私は起業することを奨めていますが、

もし就職活動をする学生に戻ったら、

一度は会社に就職することも視野に入れます。

 

ただ、世間一般的に有名な一流企業ではなく、

中小企業を探してみたいと思います。

 

JALや東京電力のように、

超優良企業と思われていた企業が

続々と苦しくなるような時代ですし、

大企業病に冒された巨体の中が

想像を絶する病態であることを

知ってしまっているからです。

 

栄華を極めたSONYも、

現在は非常に厳しい状態にありますし、

HONDAも、かつての輝きはありません。

 

ただ、日本中を見渡せば、

第2のSONY、HONDAが存在します。

 

そのような企業の中に入り、

同志達と共に一時代を築いていくのは

非常に素晴らしい経験になると考えています。

昨今の学生達の会社選びは、

玉の輿を狙い過ぎだと言えるでしょう。

 

皆が知っている企業にばかり

エントリーが集まって、

「100社受けても内定がもらえない」

と嘆く学生もいるようです。

 

大切なのは、現在の知名度ではありません。

5年後、10年後に日本を変え得るような

将来性のある企業を見抜くことです。

 

その上で、ドラッカーの言う通り、

「自分の強みを活かす」ことも

強く意識すべきです。

 

営業で何度断られても平気だとか、

数字なら何時間扱っても飽きないとか、

英語が堪能、金融に詳しいなど、

自分が得意なスキルを生かせる業態を

選ぶべきですね。

 

 いかなる職業でも

 自分が支配する限り「愉快」であり、

 服従する限り「不愉快」である。

 

フランスの哲学者アランの言葉ですが、

これは真理をついていると思います。

 

自分の強みを見出だし、

未来に輝く企業を見付けて

愉快に仕事に励む若者が増えれば、

第2のSONY、HONDAが続々と

生まれて来ると期待しています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

無料お薦め

有料

研鑽し合う超高級スイートルーム

2015年02月22日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

papa0222

 

会員制ホテルのスイートルームにて、

Free Agent TRIBE Projectの合宿を

開催しています。

 

200平米以上の最上級の空間で、

これからの日本を変え得る志士達と

研鑽し合っています。

 

人生を変えるには、

3つの「間」を変えるしかありません。

 

「時」の「間」=【時間】。

 

「空」の「間」=【空間】。

 

「仲」の「間」=【仲間】。

 

これらの3つを見直していくことが、

人生を変えていくのです。

 

まずは、時間です。

 

人は弱いですから、

あらゆる誘惑に負けてしまいます。

 

テレビ、お酒、ゲーム・・・

「ダラダラ」することに時間を使うと、

人生は堕落していきます。

 

同僚との仕事の愚痴、

生産性の無い交流会なども、

徹底的に排除していくべきです。

 

時間はすべて、

自己成長に繋がることに

投資していきましょう。

 

続いて、空間です。

 

いつも同じ空間にいることは、

脳の働きを止めることになります。

 

色々な空間の刺激を与えることが、

脳を活性化させます。

 

もし、掃除していない部屋と

ごちゃごちゃしているデスクを往復し、

その度に、負のオーラが溢れる

満員電車で過している、、、のなら、

それは最悪です。

 

それらの空間が、

いかに自分にダメージを与えているか、

ご認識頂くべきです。

 

そしてまずは、自宅だけでも

良質な空間に変化させましょう。

 

最後が、仲間です。

 

「自分の収入は、

 親しい友人5名の収入の平均になる」

 

というのは、本当です。

 

仲間が変われば、

手に入れられる情報が変わるのです。

 

毎日、ドリームキラーに

夢を壊され続ける生活と、

向上心溢れる人達の輪の中で

学び続ける生活を想像してみて下さい。

 

どちらが成功するか、明らかですね。

 

これら3つの「間」を変えるのが、

Free Agent TRIBE Projectです。

 

合宿にご参加された皆さんの表情が

どんどん変わっています。

 

このような「時間」、

そして「空間」を共に過ごし、

新たな「仲間」になれることが、

とても幸せです。

 

日本に革命を起こす同志として、

皆さんと力を合わせて歩んでいきますね!

 

是非、ご期待下さい!

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

 

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

 

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料