■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


麻生氏辞任要求拒否で国会「全面停止」

2018年04月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

私は、納税に関しては前向きに受け止め、

喜んでお支払いしたいと常々思っています。

 

日本国民として、この国がより良くなるために、

私が納めた額を正しく活用して欲しいと考えています。

 

斎藤一人さんのように、たくさん稼いで、

たくさん納めたいというのが、基本的なスタンスです。

 

現在、ちょうど、

税理士さんとの打ち合わせを重ねており、

私の会社での法人税も、

個人の方の所得税・住民税も、

引き続き右肩上がりで納められそうなので、

大変喜ばしいことなのですが、、、

 

現在の国会のあり方を見ると、

多額の納税をすることを、躊躇してしまいます。

 

野党6党は、麻生太郎財務相の辞任などの要求に

与党が応じなかったため、国会日程の協議に

応じない方針を固めました。

 

世界情勢が不安定になっている中で、

ドメスティックでチープな話題に終始する国会にも

辟易していましたが、

全く政治の本質ではないことによって

政治が動かなくなってしまうことに関しては、

理解に苦しみます。

 

国会が全面停止になってしまうのであれば、

議員報酬を受け取るべきではないのでは?

と感じてしまいます。

 

他の国であれば、暴動が起きそうな状況ですが、

日本人はおとなしいですよね、、、

 

まあ、この平和ボケしてしまっている国民性が、

日本の良いところであることも事実ですが、

さすがに、このままでは優秀な人材が

海外にどんどん流出してしまうと感じます。

 

立派な大人たちが、

他人の足を引っ張るようなことばかりで、

子ども以下の議論にうんざりですねー。。。

 

国会運営の正常化を、心から願っています。

 

追伸;

 

自分がアイスを食べる前に、

可愛いぬいぐるみに食べさせてあげる息子!

 

 

こんな息子の方がよっぽど、大人に感じます^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

インターネットで、社会は「平等」になる

2017年12月19日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

昨日取り上げた「元電通」2人の後輩のトラブルは、

パワハラの加害者とされた岸勇希氏が事実を認め、

設立した株式会社 刻キタルの代表取締役を辞任、

退社するという急展開を迎えました。

 

これを、岸氏が「逃げた」と捉えた方は、

彼を追撃するような見解を持ち、

はあちゅう(伊藤春香)氏が「追い込んだ」と捉えた方は、

逆に、彼女に反撃するような見解を持っています。

 

私は、どちらも責める感情は無く、

いよいよ、インターネットによって

社会が「平等」になってきたと感じています。

 

これまでは、既得権益を持った会社や、

年次や立場が上の人間が「絶大な力」を持っていたのが

日本社会でした。

 

しかし、インターネットの発展によって、

その「理不尽な壁」は破壊されています。

 

どんな弱者でも、インターネットの世界では

平等に力を持つことができるのです。

 

はあちゅう氏は、8年前、

岸氏から酷いセクハラ・パワハラを受けていました。

 

ところが、当時は、

それに抗う術がありませんでした。

 

電通社内で、

若手の社員が「奴隷」のように扱われるのは

あの会社の「文化」のようなもので、

それを疑問に思うような社員や関係会社の方はいません。

 

岸氏がはあちゅう氏に対して、

どんなに酷い態度で接していても、

手を差し伸べるような方はいなかったのでしょう。

 

もちろん、公には見えないところで

行われていたことが大半でしょうが、

オフィス内でも、注視すれば周囲の人が気付けたはずです。

 

私自身も、入社して間もない時期は

このような異常な体質に苦しみ、悩む日々でしたが、

私達弱者には、どうすることもできないのです。

 

しかしながら、そこにあったおかしな「歪み」は、

こうして、時間を掛けながらも、

インターネットという新たな武器で「是正」されたのです。

 

インターネットの空間には、

「資本力」も、「年齢」も、「性別」も、

どんな「差」も関係の無い、平等な世界が拡がっています。

 

それは、あらゆるものの「格差」を解消するような

強力な武器になります。

たとえば、お金の「格差」に関しても、

インターネットを上手に活用している方は、

あらゆる「ビジネス」や「投資」によって、

続々と富を形成しています。

 

こうして、資本力の逆転劇までをも、

インターネットが演出してくれているのです。

 

後輩2人の今回の顚末を見て、

私は、これからさらに平等な社会になる中で、

いつまでも驕らず、初心を忘れず、

チャレンジし続けたいと考えさせられました。

 

そして、今回は罪を認め、社会的制裁を受けた岸氏ですが、

きっとまた、あの才能を開花させてくれる時が来ると

期待しています。

 

インターネットが生み出す新たな社会は、

本人が誠実な心で言動する限り、

必ず救ってくれると思うからです。

 

追伸;

 

両親を連れて、車で自宅近くのお店を開拓しました!

 

 

子供が騒いでも寛容なイタリアン、

こちらもネットで見付けられて有り難いです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

電通・石井直社長の「引責辞任」を受けて

2016年12月29日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 



かつての上司達が頭を下げ続ける記者会見を見て、

心苦しくなりました。

 

 

石井社長、中本副社長、越智局長、

電通の記者会見に登壇した3名は、

私の電通人生で大きな影響を受けた方々です。

 

 

ですから、感謝の念を持つ先輩達が、

社会に対して謝罪をしている姿に、

悲しい感情を抱いたのは事実です。

 

しかしながら、石井社長の言葉の通り、

すべての責任は経営側にあります。

 

「過剰なクオリティ志向」

 

「過剰な現場主義」

 

「強すぎる上下関係」

 

電通が認めた改善点の中で、

特に、最後の「強すぎる上下関係」、

つまり、「軍隊的な超縦社会」を是正する策を

これまで全く講じてこなかったことが、

悲劇の発端だと考えます。

 

大きな会社なので、

部署によっては別会社のように風土が違います。

 

元同僚の中でも、

クリエイティブやマーケティング部門にいる社員は、

上下関係が無くフラットな環境で、自由に働いています。

 

ところが、

今回亡くなった女性社員が在籍した部署のように、

部分的にでも、部下を奴隷のように扱う

異常な文化が残っているのが、現実です。

 

私自身も、新入社員の時には

そのような文化が最も色濃く残った部署へ配属になり、

実体験として、愚かで、恐ろしい光景を目の前で見て、

生きる意味を見失った時期がありました。

 

ですから、私は何度も言い続けていますが、

次の犠牲者を出さないためにも、

この悪しき文化の抜本的な改革が急務だと考えています。

 

その改革案が発表されると期待しましたが、

石井社長は、「辞任」という形で責任をとると発表しました。

 

このことに関して、私は、とても残念に感じています。

 

「鬼十則に疑問を持ったことは無かった」

 

と言うのであれば、

 

 取り組んだら「放すな」、 殺されても放すな、目的完遂までは・・・。

 

この言葉の通り、電通の抜本的改革を成し遂げるまで、

責任を持って、命を懸けて、取り組んで欲しいと思うからです。

 

その後、記者に詰められて、

 

「鬼十則には、一部、誤解を招く表現があったり、

 時代に合わない内容があったと認識している」

 

と改めましたが、

そうであれば、現時点のトップとして、

時代に合わせた新たな社訓を掲げるなど、今こそ、

強いリーダーシップを発揮するべきではないでしょうか。

 

石井社長は、広告マンとしては、

とても素晴らしい、尊敬できる方でした。

 

だからこそ、この難局からも逃げずに、

立ち向かって欲しいと願っています。

 

そして、現役の電通社員や、関係者の皆さんも、

もっと主体的に取り組み、個々人でできることを

積み重ねて欲しいと思います。

 

今回の悲劇を止められなかったのは、

彼女の周囲の社員だけでは無く、退社した私を含めて、

あの文化を変えられなかったすべての人間に

少なからず責任があるという意識が大切だと思うからです。

 

そのような意識を持つからこそ、私も微力ながら、

こうして発信させていただいているのです。

 

発注先に無理難題を押し付けすぎていないか、

自分の後輩に厳しすぎる指導をしていないか、

生産性の低い仕事を疑問も持たずに続けていないか、

電通に関わる人間だけでは無く、社会全体が、

「自分ごと」として今回の問題を捉えることが、

「働き方改革」の大きな一歩だと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料