■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


2016年を振り返って~「命」を見つめた1年間~

2016年12月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

2016年の365日、私自身が綴った記事を読み返し、

「命」を見つめた日々を歩んできたと感じています。

 

1月は、私の誕生日を大好きな街・京都で迎え、

妊娠していた妻の「安産祈願」をしてきました。

 

 

宿泊した「ANAクラウンプラザホテル京都」に、

YOSHIKIが愛用するクリスタルグランドピアノがあり、

とても興奮したことを思い出します。

 

 

2月は、OyaGHIPHOP界の重鎮ZEEBRAから、

「格好良いオヤジ像」を教えていただきました。

 

 

そして、日本名水百選の忍野八海に家族で行き、

美しい水をいただいて妻のお腹に育つ子の安産を

引き続き願いました。

 

 

3月は、ホワイトデーに妻にプレゼントした際、

起業直後に苦しい思いをさせて、

格好悪い姿を見せたことをお詫びしたら、

 

「家族のために全力で頑張ってくれたあなたは、

 輝いていて、最高に格好良かった」

 

と言ってくれて、

翌月生まれる予定の娘のためにも、

改めてビジネスを頑張ろうと誓いました。

 

 

4月は、家族3人でマタニティフォトを撮り、

いよいよ、生まれ来る新たな命を心待ちにしていました。

 

 

また、ロータリークラブでの講演を

グランドパレスの「葵の間」でさせていただき、

娘の名前候補だった「葵」と名付けることを決めた翌日、

その葵が元気に生まれてきてくれました。

 

 

5月は、生まれてきてくれた娘の育児に毎日向き合い、

インターナショナルスクールに行かせていた息子も

家庭に戻し、家族4人の家庭保育の時間を大切にしました。

 

 

6月は、井口晃さんのご自宅を訪ね、

FAS社長の吉村さんと一緒にLAに行き、

大規模プロモーションの撮影をさせていただきました。

 

 

7月は、LAからラスベガスに移動し、セドナも訪れ、

ビジネスの成功と家族の幸せを願いました。

 

 

また、帰国後すぐに、家族4人で初めて、

ディズニーランドに行きました。

 

 

8月は、Ryos Partyの山口誠一郎さんのご結婚式で

名古屋を訪れ、貞方邦介社長とも交流させていただき、

「大衆と真逆の判断・行動をする」という成功法則を

直接学ばせていただきました。

 

 

 

 

妻の誕生日祝いでは、偶然MEGUMIさんと再会し、

水戸黄門でキャスティングさせていただいた頃を

懐かしく思い出しました。

 

 

9月は、名古屋で家族の国内旅行に目覚めた勢いのまま、

広島、徳島、愛媛を周遊させていただきました。

 

 

カープの大躍進で歓喜に沸く広島の皆さんに、

大きなエネルギーをいただきました。

 

 

10月は、電通の新入社員が

過労自殺で亡くなるという大変悲しい報道を受け、

「東京新聞」、「中日新聞」、「週刊現代」、

各紙(誌)から、元社員としての声を求めていただきました。

 

 

プライベートでは、その悲しみを忘れるように、

Visual Japan Summit」に3日間連続で興奮し、

日本発カルチャーの素晴らしさを確信しました。

 

 

11月は、電通に強制捜査が入り、報道が過熱。

TBS」、「AbemaTV」、「AERA」、「ZAITEN」など、

各マスコミで私の見解を取り上げていただきました。

 

 

その報道が落ち着いた頃、スマイリンングベイビーで

家族4人の写真を撮影させていただき、

母と息子と3人で行ったカラオケでは、

母から命を受け継ぎ、息子や娘を授かったことに加え、

電通のことなどで様々な感情が沸き起こり、

恥ずかしくも、号泣してしまいました。

 

 

12月は、今年の話題の多くを創った「週刊文春」と組み、

「電通の真実」という特集記事の制作に関わりました。

 

 

また、YOSHIKIのクラシックコンサートに感動、

 

 

雨の中のAIのフリーライブに感動、

 

 

音楽に、心を癒されました。

 

このような1年の中で、心を見つめる意識を持って

取り組んだ「エニアグラムプロジェクト」では、

多くの仲間と出会うことができました。

 

 

ということで、駆け足で1年を振り返りましたが、

前半は娘の「誕生」、後半は電通新入社員の「死」と、

「命」と向き合い続けた1年だと感じます。

 

有り難くいただいた人生、どう生きるか。

 

2017年は、このテーマを見つめ続けながら、

引き続き、私なりの視点で発信し続けていきます。

 

本年は大変お世話になりました。

関わってくださったすべての皆様に、御礼申し上げます。

 

来年も、何卒宜しくお願い致します。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「AERA」「週刊現代」に藤沢涼見解掲載

2016年11月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

本日(11/14)発売の「AERA」と「週刊現代」に、

電通の過労自殺と強制捜査に関する私の見解を

掲載していただいております。

 

AERA」は大特集「電通と過労死」の中で、

 

「電通だけじゃない、過労死寸前なのは私だ。」

 

と題して、今回の問題は、電通だけではなく、

日本社会全体で考えるべきだと主張する内容です。

 

dentsu20161114_1

dentsu20161114_6

 

AERA編集部が調査を実施したところ、

 

・自分も今、過労で死を考えている 3.7%

 

・過去に、過労で死を考えたことがある 27.1%

 

・近くに過労で追い込まれている人がいる 51.4%

 

と、なんと合計で8割以上の方が、

「身近に過労死がある」と答えています。

 

日本中で「仕事が人々を破壊している」という

悲しい現実に対し、独自の取材結果を元に、

これからの日本の働き方を問題提起しています。

 

その中では、「過剰品質」を求める

日本のあり方自体の是正も示唆していて、

直接的、間接的に、

 

「あなたも誰かを追い詰めている」

 

という見解は、日本社会に生きる私達全員に、

一読の価値があると考えています。

 

私自身は、この特集の中で、

電通の異常な体質の実態を語る役目を

担わせていただいております。

 

dentsu20161114_2

 

続いて、「週刊現代」です。

 

dentsu20161114_3

 

dentsu20161114_5

 

週刊現代の中で私の声を取り上げていただくのは、

今回で2回目です。

 

「天下の電通 屈辱の強制捜査 全内実」

 

と題された記事の中では、

117日に、厚労省が88名の大所帯で

電通本社および3支社を強制捜査した経緯と、

今後の展望が記されています。

 

塩崎大臣は、これまでの厚労省の是正勧告に

全く応じてこなかった電通に激怒し、

電通を「容疑者」とみなして本気で動いています。

 

「加重労働撲滅特別班(かとく)」という

特殊部隊を動かし、経営陣の責任を問うべく、

徹底的にやる準備を進めているのです。

 

この記事の中で、私は、

電通社内の残業隠蔽の実態を明かしています。

 

dentsu20161114_4

 

 

少なくとも、私が勤務していた4年前まで、

電通社内では残業を過少申告することが

「暗黙の了解」でした。

 

この悪しき風土に全く対策を講じず、

長年放置し続けてきた経営陣、特に、

石井社長の責任は極めて重いと言えるでしょう。

 

AERA」、「週刊現代」両誌の記者さんにお伝えし、

記事にも掲載していただきましたが、私は、

電通社員の労働規範「鬼十則」を見つめ直すことが、

電通にとっても、日本にとっても、

大変重要なことだと考えています。

 

電通が大きく変わることができれば、

日本も変わることができると、私は信じています。

 

そのためにも、こうして、私の声が

日本の改革に少しでも寄与できるよう、

これからも努力を続けていきます。

 

本日(11/14)発売の「AERA」と「週刊現代」、

是非、ご覧になってくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

週刊現代「電通の正体」に藤沢涼見解

2016年10月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

gendai20161031_3

 

本日発売の「週刊現代」の中で、私の見解を

大きく取り上げてくださっています。

 

gendai20161031_1

 

gendai20161031_2

 

 日本を動かしてきた「電通の正体」

 「過労死問題」は落日の始まりなのか

 

と題された特集は、

週刊現代さんの本気度が垣間見えます。

 

ご取材いただいた記者さんも、

日本を変えたいという気概を持って、

仕事に取り組んでいらっしゃいました。

 

ですから、同じ思いを持つ私の声が、

こうして、少しでもお役に立てたことを

大変光栄に思います。

 

記事の中で主張されている通り、

電通の石井社長が社員に通達した文書には、

全く、「反省」が見られません。

 

「電通は、必要以上に糾弾されている被害者」

 

という気持ちが、文面全体に溢れています。

 

しかしながら、石井社長は、

自分の方が間違っていることに早く気付くべきです。

 

女性新入社員の過労自殺という悲劇に対し、

 

「社員の自殺については厳粛に受け止めている」

 

としかコメントを発表しておらず、

社会に対して何も説明していないのは、

恥ずべき行為です。

 

尊い命を死に追い込んだ責任を感じていれば、

このような心の無い言葉で終わらせられる

訳がありません。

 

また、トヨタ自動車などへの巨額の不正請求の件も、

記者会見に社長が登場せず、代わりに、

中本副社長に謝らせていました。

 

このような姿勢を改めない限り、

新聞、雑誌の攻撃は止まらないでしょう。

 

もう、マスコミが自主規制してくれる時代は、

過ぎ去ってしまったのです。

 

実際に、私自身も次々と、

各社さんとの記事作成を進めています。

 

残るは、テレビです。

 

本来であれば、テレビの報道番組こそ、

電通トップの責任問題を取り上げるべきです。

 

しかし、石井社長の沈黙が、

まだまだ癒着構造にあるテレビに

プレッシャーを与え、黙らせているのです。

 

同様の過労死を起こしたワタミを

ワイドショーなどであれだけ叩きながら、

今回は電通に配慮して沈黙しているテレビこそ、

私は絶対に動かしていきたいと考えています。

 

そして、テレビも動かすことができた時、

日本は、いよいよ変わっていくと考えています。

 

各メディアへの働き掛けや取材の連続で、

しばらく、睡眠不足が続いています。

 

しかし、今こそが、

私の人生にとっての「勝負の時」だと捉え、

引き続き、努力していきますね。

本記事をシェアしていただけたら、大変幸いに存じます。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料