■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「定価」から「価格変動制」へ進む未来

2018年06月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

飛行機の搭乗券販売などでは当たり前ですが、

消費者の需要の強弱を見ながら、価格を調整し、

販売していく手法を、

 

「ダイナミックプライシング」

 

と言います。

 

最近は、このような価格設定が

エンターテイメント業界にも浸透しています。

 

たとえば、テイラー・スウィフトのライブチケットは、

3年前に225ドルだった席が1,500ドルになったり、

今年1月に995ドルで販売された席が

4月には595ドルまで下落するなど、

その価格が大きく変動しています。

 

アメリカの映画館でも同様の動きがあり、

リーガルという映画館チェーンでは、

「オーシャンズ8」の価格が、

時間帯によって「2倍」違います。

 

一方、オーストラリアの映画館では、

スナックやドリンクの価格も変更したところ、

批判が高まって中止となっています。

 

消費者にしっかり向き合って設定しなければ、

少なからず反発があり、販売するもののイメージを

傷付けてしまうので、注意が必要ですね。

 

日本では、チケットの転売によって、

その利益がアーティストに還元されないことが

大きな社会問題となっています。

 

このような背景もありますから、徐々に、

新たな価格制度が浸透していくでしょう。

 

先日の安室奈美恵さんの引退ライブは、

全席指定19,800円で、抽選という形式でした。

 

転売されないように、

チケットの本人確認を徹底していたようですが、

彼女であれば十分に、

ダイナミックプライシングが採用できたと思います。

 

検討はされたものの

ファンのために価格を上げることを

見送ったのかもしれません。

 

しかし、抽選に外れて悲しんでいた方も

多数いらっしゃったようなので、

どちらの方がファンのためになるのか、

判断が難しいところですね。

 

これからは、あらゆるものが

二極化していくでしょうから、

その流れの中で、様々なところで

「価格変動制」を目にすることになるでしょう。

 

そのうち、セミナーの価格なども、

販売者側の都合ではなく、

参加者側の需要によって、変動していくかもしれません。

 

私が7/1に主催するこちらのセミナーは、

これまでの過去のセミナーご参加者様から

感謝の声をたくさんいただいておりますので、

確実に、価格以上の価値があると自負しております。

 

http://fujisawa-ryo.com/keis_b

 

あなたからも、喜びの声をお聞かせいただけることを

楽しみにしています^^

 

追伸;

 

最近、水遊びにハマっている娘が可愛過ぎて、、、

 

 

もしお小遣いをダイナミックプライシングにしたら、

全財産を払ってしまいそうです^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

人は何故、左に進んでしまうのか?

2014年06月26日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

papa_tsubasa0625_1 

スーパーやコンビニにおいては

「左回り」の店舗戦略を行っています。

 

これは、人が無意識に、

「左」「左」へと進んでいく

傾向があるからなのです。

 

広島大学の消費者行動調査では、

目的地までの距離や条件が同じで

二手に分かれる道において、

90%強の人が「左」を選んだ

と発表しています。

 

また、某県警が

ひったくり犯の行動パターンを

分析したところ、

8割が左折で逃走すると分かったので、

それに基づき警察官の配置を

シフトすることによって

検挙率を大幅に上げています。

 

実際に目を閉じて歩くと、

何故か少しずつ、

左に寄ってしまうことが分かります。

 

私自身、

ジムのプールで時々やるのですが、

毎回、そうなってしまうのです。

 

この理由には、

いくつかの仮説があります。

 

・左にある心臓を守る為。

 

・右側にある肝臓が重く、

 バランスを取る為に

 左重心になる。

 

・多くの人が、手も足も

 「右利き」であり、

 右足で強く地面を蹴る為。

 

などですね。

 

いずれにしても、

人の行動にはパターンがあり、

ある程度の確率で

予測することが可能なのです。

 

例えば、

 

・カバンが大きい人は

 不安も大きい。

 

・青色のシャツを

 好む人は内向的。 

 

・両手を組む時、

 左の親指が上なら直感的、

 右の親指が上なら理性的。

 

・運動習慣の無い人は心配性。

 

などですね。

 

このような知識を付けて、

「読心術」を身に付けると、

相手の気持ちを察して

行動することが

出来るようになります。

 

確率論ですから、

もちろん外れることもあります。

 

しかし、ほんの少しでも、

相手の心に寄り添う確率を

上げられるのであれば、

学んでおいて損は無いと

思いますよ!

 

 

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料