■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「競争」ではなく「協力」ノーベルの逸話

2018年01月10日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

動物の世界では、日々、「競争」があり、

それに勝たなければ、長く生き残り続けることは

できません。

 

人間も同じという部分もあるかもしれませんが、

私は、誰かと「競争」して生き残るよりも、

誰かと「協力」することによって、

仲間とともに強く生き続けたいと思います。

 

ノーベル賞を創設する遺産を残したノーベルには、

少年時代に以下のようなエピソードがあります。

 

ノーベルは、試験でいつも、「2位」でした。

 

ところが、「1位」だった子が病気になり、

長期入院することになりました。

 

周囲は、今度こそ、

ノーベルが「1位」になると考えましたが、

勉強にブランクがあったはずの退院した子が、

また、「1位」をとったのです。

 

実は、ノーベルは毎日、この入院した子のために、

病院まで学校のノートを持って行き、

丁寧に授業の内容を教えていたのです。

 

偉人のエピソードに関しては、

美化されている部分もあるかもしれませんが、

いずれにしても、私はこのような意識を

大切にしたいと感じます。

 

苦しんでいる人を蹴落とすのではなく、

助けてあげて、支えてあげることで、

一緒に前を向いて歩むのです。

 

自分がそういう姿勢で言動すれば、

自然と、そのような意識の方が集まります。

 

そして、同じビジョンを持って、

共に未来を切り拓いていくことができると信じています。

 

さて、妻がまだ本調子ではないので、

息子と娘と、3人でお肉を食べに来ました。

 

 

息子にハンバーグを切ってあげて、

娘にコーンとご飯を食べさせてあげて、、、

 

そうする間に、

自分のステーキは冷めてしまうのですが、

それでも、1人で食べるより、

子供達の笑顔が見られるので、

ずっと美味しく感じられますし、幸せです。

 

 

 

我先にと競争して食べるより、

自分のことは構わず、こうして協力して、

いつまでも与えられる人間でありたいと思います。

 

、、、と、そんな私に、ご褒美が、、、

 

私達の様子を見ていた店員さんが、

 

「お肉、焼き直しましょうか?」

 

と優しいお言葉を!!

 

愛のある接客に感動しながら、

熱々のステーキを頬張るのでした^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

織田信長「逃げること」が可能なリーダー

2017年05月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

浅井長政が織田信長を裏切った時、信長は迅速に、

陣を引き上げて逃げたと言われます。

 

面目もあり、戦う力も残っていましたが、

一度逃げて体制を立て直し、改めて、

浅井長政を攻め、勝利に至ったのです。

 

「金ヶ崎の退き口」として語り継がれる話で、

様々な歴史的解釈や逸話がありますが、

この「逃げる」という判断は、リーダーとして、

そして、人生において、とても大切だと感じます。

 

東芝などのダメになる会社を見ていて思うのは、

早いうちに、「ここでやめよう」という撤退を

決断できなかったことが大きな問題としてあるからです。

 

「逃げる」

 

ということは自分を否定することになり、

「認知的不協和」を起こすことになるため、

現実的には逃げた方が良い場面でも、

逃げられなくなってしまうことが多くあります。

 

信長の時代は、特に、武士道の格好良さが説かれ、

現代よりも不協和が起きやすかったにも関わらず、

ドライな現実主義者として、

 

「今は逃げるべきだ」

 

という現実的な答えを出すことができたのです。

 

このようなことは、

ノウハウコレクターと揶揄されてしまう、

空っぽのノウハウを買い続けてしまう方にも

当てはまります。

 

詐欺のような手口でガラクタを買わされたものの、

その「無能だった自分」を認めたくないために、

また、次のガラクタを買ってしまうのです。

 

詐欺師は、このようにして

心の弱い方の「認知的不協和」につけ込むのが、

とても上手いのです。

 

投資で失敗する方も、

自分が読んだトレンドと違う方向に進んだ時、

潔く切ることができません。

 

特に、資産を大きくするに従い、

そのような傾向は大きくなります。

 

途中まではラッキーで資産を拡大できたとしても、

いつの日か、小さな損切りができなかったがために、

すべての資産を失うのです。

 

しかしながら、正しいルールに従ってトレードし、

もし、間違った判断をした時には潔く損切りをする、

これが徹底できれば、資産はどんどん膨らみます。

 

私は、以前学んだ「歴史」と、

現在、真剣に学んでいる「投資」が、

このようにリンクしていくことに、今、

感動を覚えています。

 

人生において大切なことの本質は、

あらゆる分野において、共通しているのですね。

 

追伸;

 

人生の質を下げるリスクのあるものは、

どんどん損切りしていこうと決断しました。

 

家族で美味しい食事をいただく幸せな時間を、

いつまでも維持していけるように。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

人の命を救った「背理法」の逸話

2017年04月07日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

私は理系で、元来、文章が苦手なのですが、

「背理法」を学んだことによって、

ロジカルに読み、書く力を得たと考えています。

 

そして、情報が氾濫する社会の中では、

あらゆるものを「否定」し、「真理」を導く力が、

ますます必要とされていくと思います。

 

そのためにも、背理法を理解しておくことが

とても大切だと思うのです。

 

たとえば、刑事ドラマや推理小説などで、

容疑者のアリバイが成立して

無罪が確定するシーンなどは、

典型的な背理法によるものです。

 

その手順は、

 

1.結論の否定を仮定する

 

2.その矛盾を導く

 

となります。

 

つまり、容疑者が有罪だと仮定すると、

アリバイがあることにより矛盾するので、

その容疑者は無罪となる、という形です。

 

とてもシンプルで、わかりやすいものですし、

物事の真実を知るために、重要なものです。

 

この背理法が、「人の命を救った」として、

語り継がれる逸話があります。

 

あるユダヤ人の村に、ユダヤ人を迫害する暴君と

その家来たちが訪れました。

 

彼らは村長に対して、

 

「この箱の中には、2枚の紙がある。

 片方には、『生』、もう片方には『死』と書いてある。

 お前が選んだ紙が『生』ならば、今回は見逃す。

 しかし、『死』を選んだならば、全村民を処刑する。」

 

と言いました。

 

実は、暴君は極悪非道で、

2枚とも『死』と書いていたのです。

 

賢明な村長は、それを見抜き、なんと、

突然、1枚の紙を食べてしまいました。

 

そして、

 

「もし、残りの紙が『死』ならば、

 私が選んだ紙が『生』だ。」

 

と言い放ったのです。

 

自らの謀略の逆手を取られた暴君は、あっさり敗北。

 

村長の機転によって、

村民たちは一命を取り留めたということです。

 

この暴君が仕掛けたような酷い罠が、

現代社会にはたくさんあります。

 

それこそ、そこら中にある

 

「絶対儲かる話」

 

などは、背理法でその矛盾を導き、

騙されずに正しい言動ができるようにしたいですね。

 

追伸;

 

 

本日の写真は、娘から、

 

「パパの口には騙されないわよ!」

 

と言われているところです^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料