■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


孫正義「いかがわしくあれ!」

2019年04月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

「平成」から「令和」へ向かうにあたり、

Yahoo!の起業家へのインタビューの中で、

孫正義ソフトバンクグループ会長が、

 

「いかがわしくあれ、

 新しい文化に立ちすくむな」

 

とおっしゃっています。

 

スティープ・ジョブズの

 

Stay hungry, stay foolish

 

と相通じるものがある、

大変強いメッセージだと感じます。

 

「新しい文化というのは常に

 いかがわしいところから生まれる。

 

 ビートルズだって、当時、

 僕らが子どもだったころは、いかがわしいと。

 あんなのを聴いたら不良になると

 言われたわけですよ。

 

 でも今では音楽の教科書にも出てくるでしょう。

 

 幕末の志士たちも、

 当時はいかがわしい連中だったんですよ。

 

 当時の“大人”たちは幕府の側にいたわけですからね。

 

 でも、いかがわしい若者たちが、

 新しい時代をつくった。」

 

私が、電通を退社したことを

「脱藩」だと言っているのは、まさに、

現代では“大人”と言われる方たちがあの会社にいて、

そこから抜けた私は、“いかがわしい”存在だと

自覚しているからです。

 

しかしながら、幕末の志士たちのように、

そして、ビートルズのように、

私も「新しい時代」を創りたいと願っています。

 

組織に縛られず、個人で自由に生きて、

大きな富を築くことができる社会を、

その先頭集団の1人として、到来させたい。

 

そのために、努力をしています。

 

「これから新しい時代、新しい競争、

 新しい革命が始まるんだから、

 まずは自分たちが未来を切り開いていこうという

 大それた絵を描く。

 

 そういう気概や器を持った、

 いわゆる“大ぼら吹き”が、日本にも必要だと

 僕は思います。」

 

孫さんのお言葉を拝読して、

改めて、未来への希望を抱きました。

 

私は、

 

「東京ドームに

 5万人のフリーエージェント(輝く個人)を集めて、

 祝杯を挙げたい」

 

と、電通退社直後から7年、

ずっと言い続けています。

 

そして、その光景が見られた時、きっと、

革命が起こったことが証明されると信じています。

 

“大ぼら吹き”だと言われようが、

いつまでも、自分が描いた未来に向かって

果敢に挑み続けたい

 

いよいよ新元号に向かうにあたり、

初心に立ち返らせてくださり、

私の思いをさらに強くさせてくださった孫さんに、

心から、感謝を申し上げます。

 

追伸;

 

本日の写真は、大宮鉄道博物館ではしゃぐ

私の子ども達です!

 

 

「パパは“大ぼら吹き”だけど、“いかがわしい”けど、

 この日本を少しでも、変えてみせるよ!」

 

息子と娘に、胸を張って伝えたいと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

第2の故郷「京都」を、家族で満喫

2019年01月31日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

 

私は5年以上、「水戸黄門」の制作を担当し、

撮影スタジオがあった京都に頻繁に出張して、

俳優の皆さんや、制作スタッフの方々と

コミュニケーションを重ねていました。

 

映像制作の中でも、特に上下関係が厳しい

「東映太秦」という過酷な環境の中で、

パナソニック(当時:松下電器)さんに

ご提供いただく番組をより良いものにするため、

私の20代を捧げたと言っても、過言ではありません。

 

松下幸之助さんからの学びと、電通DNAを、

あの時代に、徹底的に叩き込まれたことで、

私は大きく成長しました。

 

ですから、京都は、私にとって、

「第2の故郷」だと感じています。

 

楽しかった思い出とともに、

辛かった思い出もたくさんありますが、

あの日々が無ければ、今の私は有り得ません。

 

そんな京都を、妻がお腹の中に娘を宿した時、

妻のお義父さんや、妻の妹、姪っ子もご招待して、

旅行したのが、2016年の1月。

 

あれから3年が経ち、無事に産まれた娘も

29ヶ月となって、今度は家族4人で、

この地に降り立つことを幸せに思います。

 

今回のテーマは、

 

「子どもでも楽しめる、京都」

 

だからこそ、初日は鉄道博物館を選んで、

先にたっぷり楽しんでもらった上で、2日目は、

「カラフルな空間」をメインに選びました。

 

まずは、「建仁寺」の襖絵と天井絵。

 

 

「線画」には、あまり反応しない子ども達も、

「色」が入ると、急に興味を持ちます。

 

また、美しい「石庭」を、息子と娘が肩を並べて

ずーっと見ていた後ろ姿を、私達夫婦は、

その後ろからずっと見つめて、感動していました。

 

 

続いて訪れた「随心院」には、

小野小町を想って描かれた華やぎの襖絵があり、

こちらも、とても美しかったです。

 

 

妻は、

 

「きれいになれますように」

 

と、絶世の美女と言われた小野小町の

「蓮弁祈願」にお願い事をしていたので、

 

 

「それ以上、綺麗になってどうするの?」

 

と、おきまりのツッコミをしておきました。笑

 

平成が終わる直前に、

2人とも行ったことがなかった「京都御所」も訪れ、

「天皇」の歴史を改めて学ぶことができて、

快晴に恵まれた中、とても充実した1日を過ごせました。

 

 

 

最後に、帰りの新幹線まで少し時間が余ったので、

「京都タワー」から、京都の街を見下ろし、

今回の旅への感謝を伝えてきました。

 

 

宿泊は「京都ブライトンホテル」を選びましたが、

こちらも、とても快適でしたよ!

 

 

早く、また次の旅がしたいです^^

 

追伸;

 

写真は300枚以上あって

選ぶことが難しかったですが、

なんとか、約40枚まで絞り込みました!

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b