■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


公務員の失業手当「廃止」に関して

2017年07月05日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

自民党行政改革推進本部の河野太郎本部長が、

菅義偉官房長官に対し、失業した国家公務員に

支払う手当を廃止すべきだと提言しました。

 

公務員は、雇用保険料を負担していないのに、

失業時に給付を受けていることが、

不適切だということです。

 

勤続期間が短いなどの理由で

十分な退職金がもらえない場合のみ、

補填するという形ではありますが、

民間人との明らかな条件の違いは、

議論しなければいけないでしょう。

 

私の妻は、私より先に会社員を辞めましたので、

私が起業して社員として登用するまでの間、

失業保険を受給していました。

 

前職よりも、もう少し負荷の軽い職場を求めて

求職活動もしましたが、なかなか見付からず、

ハローワークの細かいチェックを受け続けての

受給でした。

 

しかしながら、公務員に関しては、

求職活動の有無に関わらず、

一時金で受け取れるとのことです。

 

私は、このような公務員の待遇に対して、

行き過ぎた批判をするつもりはありません。

 

公務員として、立派に勤めていらっしゃる

知人もいらっしゃり、

そのご苦労も知っているからです。

 

ところが、この失業に対する待遇の格差は、

明らかに、是正する必要があると思います。

 

公務員にも雇用保険に加入していただくか、

河野氏が求めるように、この手当を廃止するか、

いずれかに向けて、

国で議論すべきではないでしょうか。

 

日本を再建するためには、無駄を無くし、

富をより良い道に使って行くことが急務です。

 

その一つの例として、

適切な判断がなされることを願っています。

 

追伸;

 

社会は、正しい形で助け合うことが大切ですね。

 

息子が優しく、娘にアイスクリームをあげる姿を見て、

このような温かい愛が、この社会には極めて大切だと

感じております^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「心のケアと育み」、経済的成功への伴走

2016年12月21日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

格差社会、不安定な雇用環境の拡大が進む現代、

最も必要とされるのは、「心のケアと育み」、

そして、経済的成功への「伴走」だと考えています。

 

見えない不安や恐怖を抱えながら、

生きづらい毎日を懸命に生きている方が

たくさんいらっしゃいます。

 

心にぽっかりと穴が空いてしまったような、

居心地の悪い自分を感じている方が、

社会の中のすぐ隣で、苦悩を抱えています。

 

そして、どうしようもないような生きづらさを

わが身に引き受けざるを得ない方の声が、

毎日のように、私の耳に届きます。

 

その声は、決して大きいものばかりではありません。

 

多くの場合は、ささやくような小さな声で、

自らの物語を語り始めているのです。

 

私は、そのささやきにじっと耳を傾けて、

共に希望を紡ぎたいと願っています。

 

そのために、過去2回、

木村龍星さん、小堀豊さんと共に開催してきた

「エニアグラム・マスターワークショップ」は、

たくさんの方にお集まりいただき、当日は皆様に、

素敵な笑顔を咲かせてきました。

 

混迷を深める社会の中で、

闇の中にほんのり浮かび上がる「灯火」を、

共に見つけてきたのです。

 

次回、3回目となるワークショップでは、

これまでの内容に加え、経済的成功への道標も

皆様に授けていくことが可能になりました。

 

心を見つめ、心を学びながら、

新たな収入源を手にすることができる。

 

そのような希望の光を、

与えられたら嬉しいと考えています。

 

来年2017年の122日(日)13時半、

場所は「渋谷Hikarie」です。

 

先着30名様に、こちらからお申込みいただけますので、

是非、いらっしゃってくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/eniamaster_b

 

当日は17時半から懇親会も予定していますので、

「新年会」として、皆様と交流できるのを

心から楽しみにしています。

 

私達はこれからも、自らの生き方を問い、

歩み続けて行きます。

 

そして、私達が創り合うべき未来の光景を、

心をケアし、育み続ける中で、

あなたと共に描き合っていくことを願っています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

古い価値観を捨て、生き方を設計する時代

2016年09月17日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa20160917

 

息子と妻が恋人のように仲良くなっていて、

嫉妬してしまう、、、と同時に、このような光景を

毎日眺められていることを、幸せに感じます。

 

世の中には、あらゆる価値観があり、

何を幸せに感じるかは、個々人で大きく違うはずです。

 

しかしながら、日本においては、

古い価値観が支配的になっていて、

それが多くの方の「生き辛さ」に

つながっていると思います。

 

例えば、その一つが、

 

「会社員の夫の稼ぎで、妻子を養う」

 

という、理想モデルです。

 

そのような生き方が正しいという価値観は、

社会の現状にマッチしていません。

 

少子高齢化、経済成長の鈍化、

非正規雇用の増加などによって、

この理想モデルは、大多数の日本人を

カバーすることができなくなりました。

 

ですから、どんどん変化する社会に応じて、

価値観も変化させなければいけないのですが、

それがうまくいかず、古いままの価値観に、

多くの方が苦しめられているのです。

 

その上で、

 

・新卒で就職しないと生涯年収が激減する

 

・年金破綻に備え、個人で資産形成が必要

 

・◯歳までの結婚、出産が勝ち組

 

などの社会を取り巻く偏った意識からも

大いなるプレッシャーをかけられています。

 

世界の中では裕福であるはずの日本人が、

幸福度が低くなってしまうのも、

現状に合わせて価値観を転換できていないところに

原因があるように思います。

 

私は、周囲と価値観を合わせることをやめたことで、

自分なりの幸せを感じられるようになりました。

 

・慶応、電通というブランドに固執せず、それを捨て、

 自分らしい生き方、働き方をしていく

 

・男性が働き、女性が育児をするのではなく、

 夫婦で協力し合いながら、働き、共に育児をする

 

・いつまでもお金を追い求めるのではなく、

 自由な時間を生み出すことを大切にする

 

このように、周囲と合わせていた価値観を壊して、

自分なりの価値観を定義できたことで、

自分らしく生きることができるようになったのです。

 

昔のように、「レールに乗れば幸せ」

という時代は終わりましたが、

それは悲観すべきことではありません。

 

横並び意識をやめて、素早く行動した人には、

本当の自分に出会える大きなチャンスがある時代です。

 

私達は、古い価値観を捨て、それぞれが、自分なりに、

生き方を設計していくべきですね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

成功確率「1%」でも挑戦するべきか?

2016年02月20日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo0220

 

人は、成功確率が低ければ低いほど、

挑戦することを躊躇います。

 

50%の確率で成功すると分かっていても、

それはつまり、50%の確率で失敗すると捉え、

挑戦しない道を選ぶのです。

 

これは、人間が命の危険から逃れる歴史の中で

DNAに刻み込まれた不変の性質ですから、

脱却することは極めて難しいものです。

 

しかし、何もしなければ、

何も変わらないということも、

頭では理解しているはずです。

 

ここで、確率論において良く例えに出される

野球のバッターの打率で考えてみましょう。

 

3割打つことができるバッターにとって、

次の打席でヒットを打つ確率は、3割です。

 

それはつまり、

7割は打てないということと同義です。

 

7割と言うとかなり高い確率ですが、

それでもバッターは諦めることなく、

ヒットを打つことに専心します。

 

そうして、1日に5打席のチャンスがあれば、

この5打席、すべてヒットを打てない確率は、

7割×7割×7割×7割×7割で、約17%になります。

 

つまり、5打席で少なくとも1回、

ヒットを打てる確率は、約83%になるのです。

 

こうして、確率を長期で換算し直すと、

対象の成功確率は自ずと高く算出されます。

 

これをビジネスに置き換えて

計算してみましょう。

 

たとえば、今から取り組むビジネスが

成功確率50%だったとします。

 

つまり、失敗も50%ですから、

1度や2度は失敗するかもしれません。

 

しかし、5回チャレンジすれば、

なんと、約97%の確率で成功すると

算出されるのです。

 

それでは、この延長線上に、本日のタイトル、

 

「成功確率「1%」でも挑戦するべきか?」

 

を計算しましょう。

 

上記と同じロジックで考えると、

たとえ、「1%」しかない成功確率でも、

230回挑戦することで、約90%の確率で

成功を引き寄せることになるのです。

 

また、400回チャレンジすれば、

その確率は約98%まで引き上がります。

 

以上の考察から、

成功確率が僅かでもあるのであれば、

諦めずに挑戦し続けることによって、

必ず成功する未来があると実証できます。

 

ただ、注意しなければいけないのは、

「大きな失敗」は命取りになるということです。

 

一つの失敗で全財産を失うような挑戦は、

無謀としか言いようがありません。

 

また、莫大な借金をしたり、

大量の社員を雇用することによって

大きな成功を目指すと、

失敗した時の損失も極めて大きく、

自分だけではなく周囲のたくさんの方に

ご迷惑を掛けてしまいます。

 

自分が大富豪になることを目指して、

周囲の方にご迷惑を掛けてしまう人生を選ぶか、

被害を最小限にして、自分も、周囲も、

幸せに導く道を選ぶか、しっかり考えるべきですね。

 

インターネットの登場は、

成功確率を上げてくれただけではなく、

挑戦できる回数を飛躍的に多くしてくれたことに

一番の冥利があると感じています。

 

現実においては、

成功確率を正確に見極めるのは難しいですし、

その確率を上げていくことも大変です。

 

しかし、そうであれば尚更、

挑戦し続けることでしか人生は変わらない。

そう確信しています。

 

あなたの目の前に、

成功の光が少しでも感じられる道があるのならば、

迷わずに、怖がらずに、歩み出してくださいね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

会社の退職が「不道徳」である理由

2015年11月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1116

 

雇用は会社と社員の互恵関係が前提ですから、

持ちつ持たれつの「フェア」な関係のはずです。

 

しかし、日本では、この両者の契約解除に対して、

「不道徳」であると見られることが多くあります。

 

会社側が主導する「解雇」も、

従業員側が主導する「退職」も、

いずれも、ネガティブに捉える風潮があるのです。

 

本来、双方が提供し合うメリットに

アンバランスが生じてしまった場合、

契約解除することは当たり前のことで、

そこに、「美徳」も「不徳」も無いはずです。

 

それなのに、なぜ、会社を退職することが

「不道徳」だと捉えられてしまうのでしょうか。

 

私は、この問題には日本の給与システムが

大きく関係していると考えています。

 

日本の多くの会社では、

 

 22歳~30歳 成果<給与

 30歳~45歳 成果>給与

 45歳~60歳 成果<給与

 

となるように

給与が設計されているはずです。

 

新入社員から58年程度は、

会社にとっては「先行投資」の期間です。

 

この期間に社員が辞めてしまうと、

投資した分の回収ができないことになります。

 

一方で、最も働き盛りの30代~40代前半は、

会社に与える成果よりも、手にする給与が

少ない時期が続きます。

 

そして、40代後半から最後までは、

それまでの収支が合うように、

「おつり」がもらえるはずの時期だ、

ということです。

 

つまり、

これらの期間に「解雇」されることは、

暗黙の「後払い」の約束の不履行だと捉えられ、

不誠実だと考えられているのでしょう。

 

もちろん、会社による差異がありますし、

同じ会社の中でも、個人差があります。

 

しかし、一般的にこのような概念があることが、

日本における退職のイメージを

悪くしている要因だと考えています。

 

ところが、このシステム自体が

機能しなくなっている現実があります。

 

会社に預けておいたはずのデポジットが、

減給、あるいは最悪の場合倒産という形で

将来に払ってもらえなくなるリスクが

あらゆる会社で顕在化しているのです。

 

これまでのように、

勤め続ければ収支が合う時代では

無いということです。

 

それでも、私はこの環境下に

一つの光を見ています。

 

有能なはずの日本人は、

高度経済成長期に作られた給与システムに依存し、

本来の能力を発揮できていなかったはずです。

 

それが、給与システムが破綻しつつある現在、

成果に見合った給与を与える会社に飛び出したり、

自ら起業して「成果=給与」とする人が増え、

その仲間達がお互いの能力を創発し合うように

なると考えているからです。

 

実際に、私の周囲では現在、

そのような変化が目の前で起こっています。

 

労働の流動性を高めて、

私達が本来持つ能力を最大限に発揮し、

日本をもう一度、輝かせていきたいですね。

 

追伸;

 

garrettのポップコーンに家族でハマり、、、

やめられない、とまらない、、、

 

これは太りますね!危険です!!!w

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「あきらめる」という「心の安全基地」

2015年10月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

息子が一目惚れした金髪の女の子に、

「Hi!」と話し掛ける直前の写真です^^

 

この後、息子は豪快に無視されて、

ハワイでの初恋が撃沈することに

なるのですが、、、w

 

本日は、息子の失恋を話題の入り口として、

人生で「あきらめる」ことに関して

考察したいと思います。

 

昨日の記事のテーマは「他人を許す」でしたが、

本日のテーマは「自分を許す」になります。

 

さて、私達日本人は、

「努力する」「がんばる」「あきらめない」

ということを大切にしています。

 

これらは至上の美徳と信じられていますし、

この風潮が高度経済成長を招いたことは

間違いないでしょう。

 

しかし、経済が縮小に向かう現代では、

この日本人らしさが、自分を苦しめていると

認識するべきだと思います。

 

あきらめるべき時にあきらめないことが、

人生を負の方向に導いている側面を

知るべきだということです。

 

例えば、終身雇用、年功序列が当然の過去には、

会社員として、あらゆることを我慢することが

幸せへの近道でした。

 

理不尽な上司、過労やストレス、自由の欠如、、、

 

このようなものを我慢し、乗り越えて、

そのご褒美として出世していくことが、

幸せの階段を登ることに繋がったのです。

 

ところが、現代では、出世の道は

あっという間に、閉ざされてしまいました。

 

例え、運良く出世できたとしても、

責任だけが増えて、収入が増えない時代です。

 

そのような環境では、

「あきらめない」と意固地になることで、

かえって、不幸に導かれてしまうのです。

 

私は、出世をあきらめました。

 

エリートサラリーマンであり続けることを

あきらめました。

 

社会的体裁を気にする人生をあきらめました。

 

そうすることで、

私の人生のビジョンは明確になり、

本当に望んでいた人生を手にすることが

できるようになったのです。

 

つまり、「あきらめる」ことで

幸せを手にするという、

これまでの日本の美徳と真逆の価値観で

生きているのです。

 

仕事、結婚、恋愛、体裁、美貌、友情、、、

 

大切な何かを「あきらめる」ことは、

喪失体験を伴いますので、苦しいものです。

 

しかし、あきらめられないことが、

心をもっと苦しめて、うつ病などの疾患に

追い込まれていることも事実です。

 

ですから、私達は、時に、上手に

あきらめる方法を手にすべきです。

そして、小さなあきらめを重ねることが、

より深いところにおいては

「あきらめない」生き方になるのだと

知ることです。

 

私が電通マンであり続けることをあきらめ、

家族との時間に溢れたライフスタイルを

絶対にあきらめなかったように。

 

あきらめ方を知らず、

自分を追い込んでしまう生き方は

これから、もっともっと、

苦しくなってしまいます。

 

あきらめる自分を許して、

一度、心の安全基地に逃げて下さい。

 

そうすると、エネルギーが回復して、

本当の自分の願いに向かって

突き進む力が得られます。

 

あなたも、あきらめられない自分を責めて、

心を壊してしまわないようにご注意下さいね。

 

ということで、

初恋で豪快に失恋した息子にも、

「あきらめる」ことを覚えてもらって、

人生を一歩、前に進めてもらいたいと思います^^

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

超セルフマネジメント時代

2015年07月09日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ

 

 

tsubasa0709

 

終身雇用や年金制度など、

今まで「保障」されてきたものが

「無」になる時代に私達は生きています。

 

このような環境の中では、

既存の制度や古い常識に身を委ねるだけでは、

経済的破綻を招き、人生を台無しに

してしまうでしょう。

 

自分軸で考えて、

自分で新しいことを始めない人は

駆逐されてしまう時代なのです。

 

価値観や選択肢の多様化が進む中で、

自分の魅力を自分で磨き続け、

自分の在り方にも明確な指針を持つことが

要求されているということです。

 

つまり、

自分を伸ばす方法を自分で見付け、

自分のことを自分で変えていくという

「超」セルフマネジメント時代だと

言えるのです。

 

あなたが会社員であれば、

会社以外に何かを始めることがとても重要で、

そうしなければ、生き残っていくことが

できなくなってしまいます。

 

多くの方はそう感じているし、

頭ではそう考えています。

 

しかし、その通りに

「行動」している人は、極一部の人です。

 

何かを始めないと

当然、何も変わらないのに、

頭で考えているだけでずっと、

何もしない人が多いのです。

 

それでは、どうすれば

「行動」できるかと言うと、

それは、「中途半端」を許容することです。

 

すべてを完璧にしようとしなくて良いし、

少し始めて、途中で撤退しても構いません。

 

忙しい現代人には、

「極める」時間などありませんから、

まずは「始める」ことだけに

意識を向けることです。

 

そして、始めたことを続けるか、

やめるかを選べば良いのです。

 

始めたことを続けるにしても、

やめるにしても、自分で答えを出すのは

とても気持ちが良いことです。

 

周囲の人の決定に

依存するクセがついてしまっている人は、

自分で決めることができる気持ち良さを

忘れてしまっています。

 

そして、誰かの判断を仰がないと

行動することができなくなっています。

 

自分の意志で

何か新しいことを始めたり、

やめたりするのは、

「自由の証」です。

 

その自由を謳歌しながら、

超セルフマネジメント時代を

生き抜いていきたいですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

消費税増=非正規雇用増

2014年09月25日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

mama_tsubasa0925

 

 

会社経営を学べば学ぶ程に、

「消費税増」の恐怖を感じます。

 

消費税を増やすことが、

非正規雇用を増やすことに

繋がるからです。

 

消費税額の計算式は、

下記の通りです。

 

(売上ー経費)×消費税率

 

この中の「経費」ですが、

実は、「人件費」は含まれません。

 

社員の給料には

消費税が掛からないので、

支払い消費税の計算から

外さなくてはいけないのです。

 

つまり、人件費が大きい企業ほど、

多額の消費税を払うことになります。

 

私の知人の起業家の中には、

社員の給与をどんどん上げて

還元している人が多いのですが、

彼らは口を揃えて、消費税増が

経営を酷く苦しくすると嘆きます。

 

給与を下げさせてもらうか、

非正規雇用に雇用形態を

変えざるを得ないと言うのです。

 

企業としては、

人件費を払って社員を雇うより、

派遣社員の業者や外注に払った方が

消費税のコストダウンになるからです。

 

以上により、

消費税が上がる環境の中では、

 

「正社員を減らし、非正規雇用を増やす」

 

という方向に舵を取らざるを得ないのです。

 

そして既に、多くの大企業が、

その方向に向かっています。

 

そして、ここにもう一つ、

大きな問題があります。

 

正社員の既婚率は、約40%。

 

非正規雇用の既婚率は、約10%。

 

消費税増で、日本はますます、

少子高齢化に向かいます。

 

完全な負のスパイラルです。

 

だからこそ私は、

会社を大きくして社員を増やすのではなく、

社長の仲間を増やすことが大切だと考えます。

 

日本が沈没しても、

生き残れる強い個人。

 

そんな仲間の拡大の為、

出来ることにフォーカスします。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

ワークライフバランスへの勘違い

2014年09月05日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

fujikyu0904

 

ワークライフバランスを、

「労働時間を減らして

 プライベートの時間を増やす」

と、表面的に受け取ってはいけません。

 

ただ単に、労働時間を減らし、

それに比例してアウトプットが減れば、

収入が減ったり、仕事を失ったりして、

生活が脅かされるような恐れが

あるからです。

 

本来のワークライフバランスは、

労働の効率を上げることによって、

自動的に時間資産が増えるシステムを作り、

その不労所得的な時間資産によって

仕事とプライベートのバランスを

取っていくことなのです。

 

現代の労働環境には、

二つの大きな変化があります。

 

一つは、

肉体労働から知識労働への変化です。

 

肉体労働は、時間そのものが

尺度になります。

 

働けば働いただけ

収入が増えますが、

どうしても、限界がありますね。

 

一方で、知識労働の世界は、

時間で労働の成果を測れません。

 

また、与えられたゴールが無いので、

いつまでも終わりがありません。

 

その中で大切なのは、

限られた時間の中での

選択と効率化と言えるでしょう。

 

そして、それらが上手くいけば、

短時間で高収入を得ることが可能です。

 

もう一つの労働環境の変化は、

終身雇用、年功序列の崩壊です。

 

会社の言う通りに働けば、

将来が保証されるという

時代では無くなりました。

 

また、ホワイトカラー・

エグゼンプションに向かい、

労働時間に対する賃金から、

成果に対する賃金へと

仕組みが大転換していますね。

 

もう、会社は、

「時間」で社員を

買ってくれなくなるのです。

 

以上から、

これからの時代は、

労働の効率性に着眼しないと、

生き残れないと分かります。

 

現在、先進主要七ヶ国中で

労働生産性が最低になっている日本。

 

私達は、国や会社に依存していると、

グローバル社会の中で確実に

取り残されてしまいます。

 

だからこそ、

時代の変化を先取りして、

個人で生き残る術を

組み立てなければいけないのです。

 

私は、そんな未来の為に、

このプロジェクトを発足しています。

 

 

→ http://fa-tribe.kir.jp/fats/faq

 

 

この時代の変化を、

「恐怖」と感じるか、

「勝機」と感じるか。

 

その二つを分かつのは、

 

「知っているか、知らないか」

 

ただそれだけです。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料