■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「嵐」櫻井翔さんの父親、電通の副社長へ

2019年11月28日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

「嵐」櫻井翔さんの父親である桜井俊さんが、

2年前、電通の執行役員に就いたことは、

記憶に新しいかと思います。

 

そんな桜井パパは、11/14付の人事異動で、

なんと、電通持ち株会社の

「副社長」になってしまいました。

 

元総務事務次官という立場ですから、

私は2年前の記事で、

 

「露骨すぎる天下り」

 

「電通の事業は、総務省の管轄に極めて近く、

 この人事自体があって良いものなのか疑問」

 

「電通は、既得権益を守るための

 使い古された策を講じるよりも、

 “Google”や“Facebook”、あるいは、

 日本で言えば“AbemaTV”のような、

 新たなメディアをゼロから立ち上げていく

 “チャレンジ”をして欲しい」

 

と書きました。

 

その後、電通の2019年6月中間連結決算は、

純損益が12億円の赤字に転落し、

前年同期107億円の黒字から、急激に悪化。

 

インターネット広告など

デジタル分野は好調だったものの、

テレビや新聞などの既存メディア向け広告や、

中国やオーストラリアなどの海外事業が

不振であることが要因だと説明されました。

 

「5G」が本格化する中で、

既存メディアの広告離れは、

さらに加速していくでしょう。

 

ここに抜本的な対策を講じなければ、

電通の未来は、どんどん暗くなると思うのですが。。

 

桜井パパの人事は、明るい未来に繋がるでしょうか?

 

「辞めた人間が、大きなお世話だ」

 

と言われてしまうでしょうが、

良くも悪くも、「電通らしい」手を使い、

人と人の関係の中で既得権益を守る意識からは、

もう脱するべきだと思います。

 

東京五輪後、不動産市況が危ないと言われますが、

私は、広告・テレビにこそ、

大きなメスが入ると見ています。

 

「5G」が、トドメを刺すということです。

 

ただ、どこかにピンチが訪れるということは、

誰かが、チャンスを手にすることになります。

 

電通が、今よりも苦しくなる2020年以降、

大いなるチャンスを手にするのは、

インターネットメディアで力を持つ個人です。

 

圧倒的な富を持つ個人が、量産される時代へ。

 

「フリーエージェント社会」

 

の、本格的な到来です。

 

私は、その未来に勝機を見出す仲間とともに、

新たな社会を作るべく、挑み続けたいと思います。

 

追伸;

 

本日の写真は、幕張のイルミネーションです!

 

 

光の魔法!とても美しかったですよ^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「JT」と「電通」が露骨な「報道操作」

2016年08月02日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

ryo_aoi20160802

 

都知事選の「偏向報道」によって、

「報道のあり方」を見つめ直している方が

少なからずいらっしゃるようです。

 

私は、メディアリテラシーを高めることが、

日本人の脳を活性化させると考えています。

 

これまでは、マスコミの情報を鵜呑みにし、

「考える力」さえも奪われていた現実があります。

 

このままにしていたら、

日本人の能力、日本の国力は下がる一方です。

 

触れた情報の真偽を自ら確かめ、

能動的に周辺情報を探り、

自らの判断で行動していくことが、

とても重要なのです。

 

ですから、

メディアリテラシーの高い

言動をされる方が増えていくことは、

とても良いことだと思います。

 

マスコミをただ非難するだけではなく、

そこに自分なりの見解を添えて、

周囲の方に「考える機会」を与える意識を

持ち続けていただきたいと思います。

 

さて、このような観点で注目すべきは、

月刊誌「選択」7月号に掲載された

 

JTと電通が露骨な「報道操作」』

 

という記事です。

 

私の古巣である電通とJTが、

新聞や雑誌に対して、

タバコに関する偏向記事掲載を

迫っているというものです。

 

年間200億円もの広告費を出稿するJTは、

企業広告費の額が上位50社に入り、

マスコミに対して多大な影響力を持ちます。

 

さらに、JTは「定価で広告を出稿する」

数少ないクライアントの一つですから、

マスコミも頭が上がらないという構造にあります。

 

その中で何が起こっているかというと、、、

例えば、「世界禁煙デー」である531日の翌日、

厚生労働省は、受動喫煙に関する死亡者数が、

6年前の年間6,800人から倍増し、

年間15000人になったと発表したのですが、

一部の新聞紙は、これを完全に無視しました。

 

電通とJTが、新聞に対して

明らかに圧力をかけているのです。

 

また、ある新聞紙の記事では、

「禁煙によってストレスが高じてしまう状態なら、

 無理して禁煙するストレスの害のほうが大きい」

という記事が、意図的に掲載されました。

 

良く見れば不自然な記事なのですが、

「喫煙によるストレス解消という効能」を

巧妙に潜り込ませているのです。

 

広告代理店関係者は、取材に対し、

 

JTだけは、タバコに関するものは

 どんな記事でも報告を要請する。

 他の企業は、そこまで求めないのに。」

 

と打ち明けており、

元同僚の顔が浮かんでいます、、、

 

喫煙への風当たりは厳しくなっていますが、

メディア側の報道抑制が無ければ、

もっと大きな逆風が吹いてもおかしくないのです。

 

私は、このような報道のあり方に疑問を持ち、

それが、電通退社の要因の一つになりました。

そして、社会全体を、

公正な報道を実現できる環境に導きたいと

真剣に考えています。

 

今回、その一環で、某週刊誌の取材を

受けさせていただくことになりました。

 

「電通特集」として、

30ページにわたり電通の実態が取材される中に、

私が登場いたします。

 

8月中旬に発売となりますので、

また改めて、お知らせさせていただきますね。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料