■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通でまた「パワハラ」、東京五輪担当

2020年01月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

私が在籍していた8年前までの電通では、

パワハラが当たり前で、傷害事件などが、

四六時中、どこかで発生し、それが、

隠蔽されてきました。

 

何を隠そう、私自身も、頭を後ろから強く殴られ、

頸椎損傷の怪我をして、刑事事件にする直前で、

部長から口止めされました。

 

私の同期は、上司から腹に膝蹴りを食らって、

アバラ骨に、ヒビを入れられました。

 

この程度の暴力は、

 

「揉み消すのが普通」

 

の会社だったのです。

 

高橋まつりさんが亡くなった時も、

上司からのパワハラがあったことは、

彼女がTwitterに残した言葉から、明らかです。

 

彼女は、私や、私の同期のように、

殴られたり、蹴られたりはしていないと思います。

 

ところが、彼女が受けてしまった言葉の暴力こそが、

彼女の心を深く傷付け、自己尊厳を破壊しました。

 

今回、私の1年後輩である電通社員、

東京五輪担当の菅野薫さんが、

パワハラ行為で、懲戒処分を受けました。

 

今までなら、確実に揉み消されていたことを、

こうして社会に公にしていることは、

一歩前進だと言えるでしょう。

 

ただ、会社の文化を変えるのは、

本当に難しいことなのだと、今回のことでまた、

露呈してしまいましたね。

 

これはまさに、学校のイジメと同じで、

集団心理(群衆心理)のメカニズムです。

 

人間は、集団になることで、

我を忘れて興奮してしまったり、

冷静さが失われ、衝動的な行動をしてしまうのです。

 

そして、理屈では考えられないような

非論理的な行動を

とってしまうことがあるのです。

 

・集団で強くなったと錯覚

 

・罪悪感の希薄化

 

・責任感の希薄化

 

・「多数派=正義」という短絡的な思考

 

これらが、集団を蝕んでいきます。

 

ハロウィンやデモで、暴徒化する人達も同じです。

 

私も、「朱に交われば赤くなる」で、

あの電通の酷い文化に、染まりそうになりました。

 

しかし、完全に染められる前に、

あの地獄から、脱却することができました。

 

電通を「脱藩」できたからこそ、

人間として、クズにならずにすみました。

 

こうして、いつまでも変わらない古巣を見ていると、

やはり、電通はぶっ壊すべきだと感じます。

 

変わらないなら、

いや、変わる努力をしないなら、

日本社会を健全な方向に導くためにも、

ぶっ壊した方が良いです。

 

私は、「個人の時代」を創っていきます。

 

そして、それはつまり、

電通が毟り取っていた広告費の「暴利」を、

個人が奪い返すことと、同義です。

 

実際に、私が手にしている収入の一部は、

昔は、電通に流れていたであろうお金です。

 

個人が、輝けば輝くほど、

電通は苦しくなっていきます。

 

つまり、私が頑張れば頑張るほど、

電通をぶっ壊す未来に繋がる。

 

日本社会の「心」と「命」を守るために、

2020年、私はやはり、

本気で動くことを決意しました。

 

追伸;

 

電通「過労死事件」の時の

メディア出演写真をアップしました。

 

 

この数年間、電通の変化を期待していましたが、

もう、あの会社は、ぶっ壊すしかなさそうですね。

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、

現在は「1億円」以上の資産構築に成功したkeiさんと

共同で開催したセミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

感動的なX JAPAN「アコースティック」ライブ

2017年07月15日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 


激しいドラム演奏で頸椎椎間孔狭窄症を患い、

首に穴を開ける人工椎間板置換手術をした

X JAPANのリーダー、YOSHIKI

 

5月のLAでの手術からまだ2ヶ月、

手に強い痺れが残っている状態ですが、

 

「生きる目標にするために、決行したい」

 

と、ドラム無しのアコースティックライブが

大阪城ホールに続き、横浜アリーナで開催されました。

 

今回の手術は、極めてリスクの高いものであり、

事前に「遺書」を書かされたというYOSHIKIは、

 

「自分の命が無くなることよりも、

 アーティスト生命が終わることの方が

 とても怖かった。」

 

と語り、音楽家として生き続けるための

最善の選択をしたと、振り返ります。

 

それでも、手術前よりも手や指に痛みが出て、

歩行さえ困難になった手術直後の身体の状態に、

 

X JAPANを再結成しなければ、

 こんなことにならなかったのではないかと

 複雑な思いも抱えた」

 

と吐露していました。

 

その上で、

 

「音楽を自分から奪ったら、何も残らない」

 

からこそ、辛いリハビリを乗り越え、

2ヶ月でピアノを弾き続けられる状態まで回復し、

今回のアコースティックライブが実現したのです。

 

私は、今しか見ることのできないX JAPAN

この目でしっかり見ようと、妻と共に参戦。

 

 

本来はハードな楽曲も、

アコースティックのアレンジで生まれ変わり、

とても感動的な時間を過ごさせていただきました。

 

YOSHIKIは最後に、

 

「ドラマーがドラムを叩かないライブで、

 ファンの皆さんを感動させられるか不安だった。

 

 それなのに、来てくれて本当にありがとう。

 これからも、何度も転ぶことがあると思うけど、

 (本当は転びたくないけど)

 何度でも立ち上がって、挑戦を続けていきたい。

 

 皆も、辛いことがたくさんあるかもしれないけど、

 目の前の壁を、ぶち壊していって欲しい」

 

メンバーの脱退、死、洗脳、そして、病。

 

様々なドラマを乗り越えていく彼らの生き様は、

音楽の感動と共に、たくさんの学びを与えてくれます。

 

YOSHIKIToshIに、

 

「俺達、もう40年以上の付き合いだよね。

 途中10年間、ToshIは違う星に行ってたけど。

 洗脳星(せんのうせい)ね、

 なんか、本当にありそうな名前の星だね!ww

 

などと笑って言えるようになった幼馴染の絆も、

とても微笑ましくて、感慨深いものがありました。

 

久しぶりの夫婦2人だけの時間でリフレッシュできて、

明日への活力をいただいたことに、心から感謝です^^

 

追伸;

 

素敵な方々からのお花もたくさんあって、

会場の外も豪華絢爛でした^^

(残念ながら、会場内は撮影禁止)

 

 

また、両親に預けていた息子が、私達が帰宅後、

 

「つっくんも行きたかった!」

 

と言うので、

 

「小学生になるまで、もう少しの辛抱だよ!」

 

と慰め、ペンライトをプレゼントしました。

 

 

明後日のWOWOW生放送も、

家族でペンライトを振りながら、

一緒に楽しもうと思います^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料