■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


「10km完走」を、自己否定の機会に

2021年02月22日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

5月にエントリーしたトライアスロンの練習で、

まずは、ランを頑張っています。

 

これまで、5km以上走ったことなかった私が、

本番のランの距離である10kmを完走できるように、

準備してきました。

 

そして、駒沢公園で5周(約10km)に

初挑戦してみたところ、あっさりと、

完走することができました。

 

しかも、マラソン参加者の平均である

6分/kmを切って、5分/km台のスピードで、

休むことなく走り切りました。

 

 

少し前まで、

 

「10kmなんて無理・・・」

 

と思っていましたが、

チャレンジしたら、できてしまいました。

 

やはり、何事も、

 

「無理だ!」

 

と諦めてしまうのではなく、

実際に行動してみることがいかに大切か、

改めて思い知らされました。

 

さて、6分/kmですと、

私を追い抜く方もたくさんいらっしゃいます。

 

速い方は3分/kmですから、

私の2倍の速さで走っている方も

たくさんいらっしゃるのです。

 

ですから、10kmを走っている間に、

10人以上の方が、私を追い抜いていきました。

 

その時に思うのです。

 

「何が日本一だよ?

 お前はまだまだ、未熟だ!」

 

「こんなに抜かれて、悔しくないのか?」

 

「努力が足りない!」

 

今月は、ビジネスで日本一を獲得したことで、

たくさんの方からお祝いしていただいています。

 

このことは、本当に有難い限りです。

 

しかしながら、

 

「驕ってはいけない!」

 

と、自分を戒めます。

 

私の成果は、周囲の皆様のおかげ。

 

私自身は、まだまだ、成長過程にある。

 

そのようなことを、

公園でランをしていて、

追い抜かれる度に思うのです。

 

「調子に乗るなよ!」

 

そう言い聞かせるためにも、

引き続き自分を追い込み、

少しでもスピードと距離を更新できるよう、

努力を重ねていこうと思います。

 

追伸;

 

息子が自転車で伴走してくれて、

応援してくれたことが、

とても大きな力になりました!

 

 

自分の力を出し切るためには、

家族や仲間の応援が欠かせませんね^^

 

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆藤沢涼のスマホ在宅「月収5万円」プロジェクト

 

完全在宅で、まずは「月収5万円」を

着実に得ていきたいあなたへ。

 

こちらから、私のLINEにご申請の上で、

「お名前」と「スマホ在宅 月収5万円」

というメッセージをお送りくださいね。

 

http://fujisawa-ryo.com/smart_b

「新経済サミット2017」に小泉純一郎元首相登壇

2017年04月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

楽天の創業者である三木谷浩史さんとYOSHIKI

ニューオータニの「新経済サミット2017」にて対談、

特別ゲストとして小泉純一郎元首相も登壇しました。

 

豪華な3ショットで語られた日本経済の未来展望、

私が感じた一番のポイントは、

 

「日本人独特の感性を大切に、

 1つのことに熱中して何かを創り上げることが、

 経済を活性化させていく」

 

ということです。

 

日本食も、日本のアニメも、

日本人の独特な感性が開花し、

現在、世界中で評価されています。

 

ですから、あらゆる産業、エンタメなども、

同様に、私達の感性を活かして何かを生み出せば、

それが高い価値を持つようになるはずだ、

ということです。

 

この点に関して、YOSHIKIは、

 

「音楽を始めた時は、

 お金のことは全く考えていなかった。

 

 今も、『商品』を創っている感覚は無く、

 『芸術』を創っていくことに専念する意識で

 取り組んでいる。」

 

と語った上で、

 

「映画のプロモーションやコンサートで

 世界中を飛び回る生活の中、この数年で、

 急に、日本人であることがカッコ良いと

 感じられるようになった。

 

 音楽はまだまだだと思うけど、

 『波に乗る』のではなく、

 『波を創る』ことができるよう、

 これからも努力を続けたいと思っている。」

 

と結んでいました。

 

三木谷さんは、アメリカでYOSHIKIと交流する中で、

15時間以上、英語を勉強し続けるYOSHIKIを見て、

改めて、「努力の人だと知った」と敬意を表し、

小泉さんも、映画「We are X」に甚く感動し、

壮絶な半生が素晴らしい楽曲につながっていることを

改めて評価していました。

 

会場の様子がYOSHIKIチャンネルで生中継され、

私は家族で遅めのランチをいただきながら見ていたのですが、

その数時間後には、同チャンネルの中で

Gacktとの対談も生放送されました。

 

こちらも見所たくさんでしたが、

特に感銘を受けたのは、

2人のお金が無かった頃の話です。

 

YOSHIKIは、スタジオの深夜の格安パックで

0時から6時まで、1人でドラムの練習をし続け、

Gacktは、人がいない深夜の陸橋で歌い続けた、

という過去を回想しながら、

 

「努力をしないで成功する人なんていないよ。」

 

と、互いに共感を覚えていた姿に、

私も襟を正される思いで見入りました。

 

私自身も、「点」の成功に満足することなく、

それを「線」にしていけるように心掛けながら、

自分の使命に向かいたいと改めて感じています。

 

「自由」と「富」を得る個人を多数輩出し、

「個人の時代」を本格的に到来させられるよう、

引き続き、頑張りますね。

 

追伸;

 

駒沢公園にオープンした「Mr.Farmer」、

家族でゆっくりすることができる、素敵な空間です^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

ビールの祭典!と、その帰路で見た根性論

2016年06月12日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

 

ryo_tsubasa0612

 

駒沢公園で行われているビールの祭典、

「オクトーバーフェスト(Oktober fest)2016」に

息子と2人で遊びに行きました。

 

ビール党の私には欠かせないイベントですので、

息子を、「公園に遊びに行こう!」と誘い、

アンパンマン三輪車を押してご機嫌を取りながら、

ドイツビールをたっぷり、味わってきました。w

 

たくさんの方が来場されていた会場では、

私のメルマガやブログを読んでくださっている

3組の方からお声掛けいただきました。

 

とても嬉しかったのは、3組の皆様から、

 

「自由なライフスタイルが羨ましい」

 

とおっしゃっていただいたことです。

 

ビジネスでの成功の先には、

大きなお金が得られるというのも事実ですが、

私は、「自由」を重んじ、それを表現しています。

 

疲弊している現代社会に必要なのは、

「欲」や「お金」よりも、

「自由」や「自分らしさ」だと

考えているからです。

 

私の発信の意図をしっかり汲み取って、

参考にしていただいていることを光栄に思い、

これからも、力を入れてお届けしていきたいと

思いを新たにしました。

 

さて、ビールに付き合わせた息子へのお詫びに、

会場近くの広場でたっぷり、ボール遊びや

かくれんぼをして、息子と遊んでいたところ、

その近くで走り込みのトレーニングをしている

中学生くらいの集団がいました。

 

彼らは、現代では珍しいくらい

とてもハードな運動をしていて、

 

「まだ水は飲むなよ!」

 

「ウサギ跳びで1周だぞ!」

 

などと声を掛け合っていました。

 

このような根性論には賛否両論あると思いますが、

私は、自分のバスケットボール部での経験から、

非効率的な根性論は不要だと考えています。

 

水を飲めないことで熱中症になったり、

ハード過ぎる運動で膝や腰を痛めた部員も

少なくはありませんでしたから、

根性論で若い力の未来を奪うようなことは

避けて欲しいと思うのです。

 

苦痛を伴うことに価値を見出すのではなく、

心身ともに大切にしながら能力を伸ばすことを

意識すべきではないでしょうか。

 

会社の仕事が辛いのも、この根性論が

社内に風土として残っているからという点も

見逃せません。

 

自分を大切にするために、

自ら、環境を変えていくことが重要ですね。

 

誰かに何かをやらされるのではなく、

自分らしい人生を、自ら、創造していきましょう。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

演出とリアルの境界線

2014年04月29日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

 

pro_wres

 

「魅せる」ことを考えさせられた

プロレス観戦でした。

 

駒沢公園で新緑を眺めていたら、

特設会場の中に立派なリングが

設営されているのを見付けたのです。

 

「Cinco De Mayo Japan」という

メキシコ文化を楽しむイベントの一環で、

メキシカンフードの販売や

ラテンミュージックなどの

パフォーマンスに加えて、

メキシコのプロレス団体「CMLL」と

日本の「REINA女子プロレス」が合流し、

熱戦を楽しませてくれました。

 

目の前でプロレスを見たのは初めてで、

妻も息子も大興奮。

 

お決まりの場外乱闘では、

選手の汗が飛んで来るような距離で

怪獣のような巨体達がぶつかり合い、

非日常を味わわせてくれました。

 

プロレスはその他格闘技と比べ、

「ショー」の要素が大きいですね。

 

「格闘技ではない」と揶揄される方も

多くいらっしゃいます。

 

でも、国技である相撲でさえ、

八百長問題がある位です。

 

真剣勝負を重んじる日本文化の中にも、

「魅せる」という文化が

浸透してきているのだと言えるでしょう。

(その是非は個人感情があるでしょうが)

 

私は、台本の有無よりも、

目の前で起こるリアルを

どれだけ魅力的に演出できるかが

とても重要だと思います。

 

ただ、演出が過剰になると、

身を滅ぼすことになるのは

先人達が教えてくれています。

 

いかに「魅せる」か。

 

ビジネスの視点で

しっかり考察したいですね。

 

藤沢涼

 

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

駒沢公園の幸せな時間と、事件。

2013年07月28日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

0720_5

 

家族3人でサイクリング。

最高に幸せな時間です。

駒沢公園の緑は、
都会のコンクリートジャングルで
疲れた目と心を、癒してくれます。

妻と2人で来ていた時は
興味が引かれなかったサイクリングも、
息子と3人で来ると、
一番の楽しみになりました。

家族の成長に合わせ、
景色が変わるものですね!
そんな幸せな時間の中、
景色が急に曇りました。

進行方向に、
見覚えのある顔があり、
私から笑顔が消えたのです。

目の前に現れたのは、
電通時代の上司です。

電通は、
駒沢公園に隣接する場所に
「八星苑」というグラウンドを所有していて、
社員が野球やサッカー、
ラグビーなどを楽しんでいます。

そのグラウンドでのスポーツの後、
駒沢公園でゆっくりしていたのでしょう。

数名の知っている顔と共に、
談笑しながら、歩いている元上司に
遭遇したのです。

私は、思わず顔を逸らしました。

そして、苦しくなりました。

何故か?
私が、その元上司のことを
嫌いな訳ではありません。

むしろ、本当にお世話になったので、
心から感謝しているのです。

それでも、無視してしまった・・・。

その理由をお話します。
私は、電通を退社する時、
高い目標を立てました。

人間的な大きな成長を志し、
一大決心をしたのです。

しかし、現状では、
まだまだその位置に到達していない。

自分が描いた理想像と合致していない。

こんな自分では、恥ずかしい。

笑顔で挨拶出来ない・・・。

そう感じて、避けてしまったのです。

現在、月収で言うと、
300万円というレベルに達しました。

電通時代の3倍です。

でも、私が目指しているのは、
そんなレベルでは無いのです。

というか、
もう数字を追い掛けている訳でも無い。

もちろん、
月収1000万円などというラインは、
到達したいステージですが、
それよりも、人間として、
高みを目指したい。

だからこそ、私はこれで学びます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/hk_bh

 

 

人は、ある程度稼げたら、ラクしてしまう。

でも、そうすると、衰退が始まります。

人間、満足したら終わりなのです。

 

 

どれだけ勝っても、
学び続けなければいけない。

 

 

藤沢涼


社長ブログランキングへ

 

無料お薦め

 

有料