■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


電通の「週休3日」開始と、元同僚の「本音」

2018年06月08日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

本日6/9(金)から、電通で月1回の「週休3日」が

試験的に導入されます。

 

年内の実施予定日は、6/9(金)、7/11(水)、8/8(水)、

9/21(金)、10/10(水)、11/9(金)、12/12(水)の

7回ということです。

 

つまり、個々人が好きな時に休めるのではなく、

「全社一斉の強制的な休み」なのです。

 

また、「インプットホリデー」という名前の通り、

 

より良いアウトプットのために、自分にインプットする日

 

ということです。

 

高圧的な上司から、

 

「何をインプットしてきた?」

 

と聞かれるのが想像できます。

 

早速、後輩数名に、

 

「インプットホリデー、休めてる?」

 

と送ったら、

 

「残念ながら、家で仕事です!」

 

という返答がありました。

 

まあ、そうなりますよね。。

 

土日も返上で残業するような会社で、突然、

「週休3日」が成り立つはずが無いのです。

 

今、AbemaTVで、

 

「会社は学校じゃねぇんだよ」

 

というドラマを放送していて、

藤田晋社長の創業期のドラマや、

CAグループWAVEST松浦淳平社長の話をベースに

鈴木おさむさんが脚本を書いています。

 

その中で、主演の三浦翔平さんが語るのが、

 

・嘘ついちゃいけないのが学校、

 嘘も必要なのが会社

 

・ルールを守るのが学校、

 ルールを破ってでも成功を追い求めるのが会社

 

・喧嘩しちゃいけないのが学校、

 喧嘩してでも、勝ったやつが上に立つのが会社

 

このような台詞があるのですが、

今電通がやろうとしているのは

まさに「学校」のようなやり方であり、

 

「全員で一緒に休みましょうね」

 

という古い概念だと感じます。

 

・経営者が従業員を管理する

 

・全社一律の働き方をする

 

・上司が部下より偉い

 

このような今までの会社のあり方を破壊し、

フラットで個々人が活躍しやすい組織を目指すべきです。

 

とはいえ、今日、一歩進んだことは事実です。

 

元同僚たちから、

今後の前向きな変化を聞けることを

楽しみにしています。

 

追伸;

 

水が気持ち良い季節になってきたので、

私達はインプールホリデーです^^

 

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

電通「岸勇希」「はあちゅう」“パワハラ”騒動

2017年12月18日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

元電通の後輩2人が、8年前の「パワハラ」に関して、

それぞれのSNS等、個人メディアで発信し、

BuzzFeed」を巻き込んだ騒動に発展しています。

 

2人とも、入社前から高い能力を発揮していて、

社内の中でも注目されていた存在でした。

 

岸勇希氏は、退社して設立した会社に

古巣の電通が出資するという程、

その力を電通や広告業界に認められていて、

出版した本も各方面で話題になる逸材。

 

はあちゅう(伊藤春香)氏は、

大学生の頃から、ブロガーとして

独自の発信でその地位を築き、退社後は、

テレビを含めた各メディアで活躍していました。

 

ハリウッドでは、

「セクハラ・パワハラ」に関して、

被害を受けた女性達が「#metoo」を合言葉に

告発を続けています。

 

この流れが世界中に拡がり、日本では、

はあちゅうが口火を切った形になりました。

 

深夜に自宅に頻繁に呼び出されたり、

 

「お前みたいに利用価値のない人間は」

 

「お前の顔面は著しく劣っているが、

 俺に気に入られているだけで幸運だと思え」

 

「俺に紹介できる女のリストを今この場で作れ」

 

などと暴言や高圧的な指導があった上に、

公には書けない程のパワハラ・セクハラがあったようです。

 

後輩達のトラブルなので、

内心は、穏やかではありません。

 

しかしながら、昨年の過労死事件に続き、

 

「電通社内で、このようなパワハラが横行していた」

 

という現実は、

私のメディアを見てくださる方にもご認識いただき、

電通において、そして、日本において、

このようなことが繰り返されないよう、

周知させるべきだと考えています。

 

私自身も、上司の体罰によって、

首の頚椎を損傷した過去があります。

 

もう15年も前のことですが、

今でも、冬になると殴られた首が痛み、

当時の地獄のような日々を思い出してしまいます。

 

一番辛いのは、「身体」の傷よりも、

「心」に傷が残っていることです。

 

今回の騒動に関して、

 

「そんな昔のことを今さら、、、」

 

「実名で告発するのはどうか?」

 

というように、

はあちゅうを責めるご意見も拝見しました。

 

しかし、私は、

それだけの傷を彼女が抱えているのだと理解した上で、

他に被害を受けている方のために立ち上がった勇気を

讃えたいと思います。

 

「セクハラ被害を告発するかどうか迷っている人が

 一番恐れるのは平穏な日常が

 奪われてしまうことのように思います。

 

 私は自分に起きたことを語りましたが、

 人生を奪われたわけではありません。

 

 逆に言うと、被害者として振舞うことを

 世の中に強要されるのなら、

 人生を奪われたと感じるかもしれません。

 

 普段通り元気に活動している姿を見せることが

 私の今後の役割だと思っています。」

 

彼女が、この騒動を乗り越え、

また元気に活躍していくことを願っています。

 

一方で、岸氏は、ご自分の言葉である

 

「焦るな。沈むときを耐えて、次の次に備えよう。遠回りをしよう。」

 

「必要なのは、折れない情熱ではなく、折れても蘇る情熱。」

 

これらの言葉を噛み締める時かと思いますが、

非常に苦しい立場にあるでしょう。

 

心から反省して、日本に残る悪しき文化を

自ら、根絶させていくべきです。

 

追伸;

 

このような記事の時は写真に悩みますが、

息子のクリスマス礼拝の別ショットを選びました。

 

私も、明るく、前を向いて歩んでいきます。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b