■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


短期的な「負け」を認め、長期的な「勝ち」へ

2018年06月06日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

 

高度「2,500メートル」の低酸素空間で

毎週走るようになってから3ヶ月、初めて、

上級者用の高度「3,000メートル」に挑戦しました。

 

いつもよりさらに負荷が掛かる環境の中で

たっぷり走り込んだので、その後の

「お肉」と「お酒」が一気に、身体中に染み渡ります。

 

 

仲間と時間を合わせて一緒に走り、

その後に、大笑いしながら飲む!というのが、

私の人生の質を上げる素敵な習慣になっています。

 

そのトレーニング仲間の中に、

20代にして仮想通貨で大きな利益を出し、

その利益をFXでコツコツ増やしていく方も

入ってくださいました。

 

「俺が20代の頃は、もっとヤンチャしてたよ」

 

なんて武勇伝を語ってしまうあたりに、

自分の「おっさん化」を感じながらも、

世代を超えた交流が、とても幸せな日々です。

 

昨年は、仮想通貨に大きなチャンスがあり、

私も、年末までに大きな利益を確定しました。

 

今年に入ってからは、仮想通貨全体が散々な状況で、

価値が下がり続けているだけではなく、ICOさえも、

上場直後に急落しているケースが目立ちます。

 

個人の資産形成として描けていた大きな夢も、

もう、描きづらくなっていますね。

 

私は、だからこそ、

FXでコツコツ資産を積み重ねています。

 

昨年の仮想通貨のような

加速的な資産拡大は難しいですが、

複利で投資し続けられるので、5年後、10年後は

驚くような額を運用していることになります。

 

そのプロセスで大切なのは、

短期的な「負け」を認めるということです。

 

「損小利大」で投資し続ける中では、

短期的に連敗して、資産を減らすこともあります。

 

しかし、そうして「確定」していくことが

とても大切なのです。

 

たとえば、仮想通貨を今年になってから買った方は、

「含み損」のままで身動きが取れなくなっている方も

とても多くいらっしゃいます。

 

そうすると、資産を眠らせてしまうので、

次の勝負をすることができません。

 

あくまで、短期的に勝敗を確定させて、

長期的な「勝ち」へ導いていくことが重要です。

 

そのスキルを身に付けてしまえば、

こうして自由な仲間が拡大していきます。

 

あなたにも、FXの素晴らしさを感じていただきたいので、

またセミナーを開催しますね!

 

改めて、募集させていただきます^^

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「仮想通貨」1ヶ月で資産50倍が狙える裏技

私は「ビットコイン」の値上がり益だけで
資産を「10倍」にすることができましたが、
これからは、この裏技でさらに資産拡大していきます。

http://fujisawa-ryo.com/kyohei_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

「残業代ゼロ」と政労使の意識改革

2017年07月26日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ

 

労働基準法改正案の修正を巡って、

2年以上審議が先送りされた上に、連合は

政労使での合意を見送る方針を固めたことが

明らかになりました。

 

日本は早急に働き方を変えなければいけませんが、

結果的に、何も進まない形となりました。

 

私は、これからの日本において、

「国際的な競争」や「AIとの競争」を考えると、

「成果に基づく報酬」を真剣に議論して、

長時間労働から脱却していくことが

とても重要だと考えています。

 

しかしながら、

「高度プロフェッショナル制度」が、

「残業代ゼロ」とレッテルを貼られてしまい、

思考停止のままで議論されないことは、

全く意味がないと捉えています。

 

進めるべきは「残業代ゼロ」ではなく、

「残業ゼロ」です。

 

労働生産性を高めて、

労働の柔軟化、流動化を進めなければ、

日本の未来は明るくなりません。

 

ホワイトカラーエグゼンプションを、

人件費削減の手法として悪用するのではなく、

社員の心身の健康を守った上で、

努力し貢献する社員にしっかり報酬を与える制度にして、

具体的に運用を始めるべきだと思います。

 

国も会社も、そして労働者も、

今こそ、意識改革するべきです。

 

私は経営者なので、当然、残業代はゼロです。

 

ですから、複数のプロジェクトを効率良く進め、

その上で、育児にもたくさん時間を使うという意識で、

仕事に取り組んでいます。

 

「時間=命」であることを強く認識しているからこそ、

目の前の「1時間」、「1分」、「1秒」を、

本当に大切にした時間の使い方をしています。

 

本来、人生において最も大切な「時間」は、

自分自身が、その使い方をコントロールするべきです。

 

しかしながら、その極めて重要な時間を

国や会社にコントロールされているのが、

現代社会の日本人です。

 

これからの時代、

国や企業は、残業代が無くても生活ができる

給与体系の設計を進めるべきですし、

労働者は、残業ゼロで今以上の成果を出せるよう、

業務の効率化を、上司や経営陣と共に進めていくべきです。

 

そのために、両者が、共に向き合い、

真剣に話し合うべきだと思います。

 

そして、国や企業に任せられないと思うならば、

自ら起業して、時間をコントロールされない立場を

手に入れるべきだと考えています。

 

追伸;

 

息子は47ヶ月を迎えました!

 

 

 

最近、ピアノとサッカーに夢中になって、

 

「パパ、一緒に練習しようよー!」

 

と毎日のように言ってくれるので、

とても愛おしいです^^

 

ということで、本日は、なぜか息子だけ裸の、

「家族でお祝い写真」です!ww

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

日本が「世界の主役」となる可能性

2016年10月23日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

日本の現況や、日本の会社のあり方について、

否定的な意見を続けてきましたが、私は、

決して、希望を捨てている訳ではありません。

 

より良くなる可能性があると感じるからこそ、

苦言を呈しているのです。

 

これまでの日本社会では、大前提として、

「成長」がありました。

 

社会が経済的に成長し続ける中で、

人々も物質的欲求を膨らませて、

それが幸せにも直結していました。

 

ところが、テレビ、洗濯機、冷蔵庫という

「三種の神器」がコモディティ化してしまった今、

物欲の先には本質的な幸せが無いことが、

社会で共有されました。

 

さらに、少子高齢化で、

成長しない未来も見えています。

 

つまり、高度成長期の頃のように、

物質的な欲求をこのまま追求しても、

経済が下降していく中で不幸になってしまうことを

国民は、はっきりと認識しているのです。

 

このような現況の中で、

日本人の心のあり方は大きく変化しています。

 

私は現在、ビジネスをお教えする場などで、

あらゆる年代の方とコミュニケーションをとっています。

 

その中で、若い20代の方などは、

「大金を稼ぐ」ことよりも、

「社会への貢献」ということに

興味を見出していると感じています。

 

社会の中には、若者を否定する声が多いですが、

私は、右肩下がりの社会の中で、

未来をどう生きるかという感性を鋭くした結果、

このような価値観に至っているのだと捉えています。

 

そして、その価値観こそが、

日本を救うかもしれないと考えています。

 

日本は今、成長を多少犠牲にしたとしても、

人の幸せを考える環境にあると思うのです。

 

つまり、

「もっともっと、大きな売上を!」

という意識を、一度手放す必要があるのです。

 

これまでは、「もっともっと」が社会を発展させましたが、

それが空回りし始めたのが、何よりの証拠です。

 

また、ITが発達しているからこそ、

「もっともっと」という意識に囚われると、

仕事にもキリが無くなります。

 

その結果、労働時間は永遠に積み上がり、

心身ともに害していくことになります。

 

ですから、個人として、会社として、社会として、

何らかの成果に「もっともっと」を求め過ぎず、

心を、命を、しっかり守っていく意識を

大切にしていく時代だと思います。

 

そして、

そういうことを率先してやる会社や個人は、

結果的に周囲から愛され、認められ、

発展していくと感じます。

 

未来が悲観される日本には、実は、

大きなチャンスがあります。

 

資本主義的な文脈から離れていき、

新たな次元へと昇華することで、

いずれ世界の中で、

新たな社会を創る「主役」になれる可能性が

眠っているのです。

 

そのためにも、今は、大きな転換期です。

 

個々人が、これからの日本のあり方を、

真剣に考えて、意見交換すべきではないでしょうか。

 

そのためにも、是非、

あなたのご意見をお聞かせくださいね。

 

追伸;

 

息子が娘をしっかり守る姿に、癒されております^^

 

tsubasa_aoi20161023

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

「同質」と「異質」の矛盾に生きる

2016年04月27日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

 

ryo0427

 

日本社会は少しずつ多様化してきていますが、

未だに、周囲と「同質であること」が

求められているように感じます。

 

他人と同じでなければ、妬まれ、

同じ場所にいるよう強制されるのです。

 

また、教育においては、

「減点」が重んじられていて、

得意分野を伸ばそうとせずに

欠点にフォーカスしています。

 

つまり、平均点より劣っている部分を

是正するような指導をすることで、

全員を「同質」にしようとしているのです。

 

しかし、本来は、「減点」ではなく、

「加点」で考えていくべきです。

 

何か苦手なものがあったとしても、

一つのことで強みを持っているのであれば、

それを伸ばしていけば良いのです。

 

日本社会に行動できない人が多いのは、

この「同質」への要求と、それに伴う

「減点思考」から抜け出せないことが

主因だと感じています。

 

行動することにはリスクが伴いますから、

動いてマイナスされるのであれば、

動かない方が良い、という思考です。

 

動かないことを選択することで、

「マイナスを免れられる」

と考えてしまうのですね。

 

しかし、このように、減点を恐れるがあまり、

新しいことに踏み出せないでいるのは

大いなる損失でしょう。

 

高度成長期は、全員が同じで良かったのですが、

今はそうではありません。

 

経済環境としては、

「異質であること」が必要です。

 

なぜなら、物が溢れている現代は、

他社と同じ商品を出しても選ばれず、

誰も評価してくれないからです。

 

異質で斬新なものを提示しないと、

誰も手に取ってくれないのです。

 

つまり、私達は、

社会から2つの矛盾した性質を

求められていることになります。

 

一方では、「同質」を求められ、

また一方では、「異質」を求めらる。

 

そして、この矛盾が、

日本の「生き辛さ」に繋がっているのでは

ないでしょうか。

 

私は、そろそろ、

「異質」を認め合う社会の構築が

必要になっていると考えています。

 

それは、個々人を

バラバラ、ぐちゃぐちゃにしてしまう、

ということではありません。

 

相手の違いを尊重し、

お互いの差を評価し合える環境を作ることが、

それぞれの個性をどんどん伸ばすと思うのです。

 

ですから、あなたがもし、「同質」を求め、

「減点」で評価する思考だったならば、

これからは少しずつでも、「異質」を認め、

「加点」で評価していく思考を

取り入れていただきたいと考えています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

国富を持続させる「利他」の概念

2016年04月03日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

ryo_tsubasa0403

 

国富は自動的に形成されるものではなく、

社会の中で個々人が周囲の方に配慮し、

最善の行動を取ることによって実現します。

 

もし、現在の日本において、

年齢の高い世代が利己的な行動に走れば、

票数という力によって国の財源を使い果たします。

 

子世代、孫世代、そして、

まだ生まれていない未来の世代に対して

意識と財源を配っていく心が、

日本の豊かな経済社会を持続するのです。

 

もちろん、若い世代が上の世代から

お金を搾取すれば良いということではありません。

 

若い世代は、

豊かな日本を築いてくれた先人達に感謝しながらも、

両者が納得できる形で

格差を埋めていく仕組みづくりをするべきですね。

 

そのような観点では、

介護事業をはじめとした、

若い力が先人達を支えるビジネスに、

緩和や助成をしていく政治も必要になるでしょう。

 

祖母がお世話になっている施設では、

若い方が朝から晩まで、一生懸命働いています。

 

しかし、彼らが受け取っている賃金は、

決して高いものではありません。

保育事業も含めて、「命」に関わる仕事は、

国家的事業として、もっと重んじられるべきですね。

 

また、現在の社会福祉制度は、

日本の高度成長期に設けられたものですから、

少子高齢化を迎えた現代には相応しくありません。

遠くない未来に、

人口の半分が65歳以上になる日本は、

社会設計の抜本的な改革が必要です。

 

金融資産の6割以上が、

60歳以上に偏っている世代間格差を、

至急、是正していかなければいけないのです。

 

このような過程においては、

それぞれの世代が利己だけを考えることなく、

利他の心を忘れないようにしたいですね。

 

結婚生活においても、

会社の同僚とのコミュニケーションにおいても、

あらゆる場面でそうですが、

利己に走ってしまうと、その関係は破綻します。

 

いかに相手を思いながら、

社会全体の国富を維持していくかを

個々人が考えなければいけない時代ですね。

 

そして、そのような気持ちを土台に行動すれば、

どのような行為も、関係も、ビジネスも、

価値のあるものになると信じています。

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

会社の退職が「不道徳」である理由

2015年11月16日

※激戦の社長ランキングの中で、

 藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

tsubasa1116

 

雇用は会社と社員の互恵関係が前提ですから、

持ちつ持たれつの「フェア」な関係のはずです。

 

しかし、日本では、この両者の契約解除に対して、

「不道徳」であると見られることが多くあります。

 

会社側が主導する「解雇」も、

従業員側が主導する「退職」も、

いずれも、ネガティブに捉える風潮があるのです。

 

本来、双方が提供し合うメリットに

アンバランスが生じてしまった場合、

契約解除することは当たり前のことで、

そこに、「美徳」も「不徳」も無いはずです。

 

それなのに、なぜ、会社を退職することが

「不道徳」だと捉えられてしまうのでしょうか。

 

私は、この問題には日本の給与システムが

大きく関係していると考えています。

 

日本の多くの会社では、

 

 22歳~30歳 成果<給与

 30歳~45歳 成果>給与

 45歳~60歳 成果<給与

 

となるように

給与が設計されているはずです。

 

新入社員から58年程度は、

会社にとっては「先行投資」の期間です。

 

この期間に社員が辞めてしまうと、

投資した分の回収ができないことになります。

 

一方で、最も働き盛りの30代~40代前半は、

会社に与える成果よりも、手にする給与が

少ない時期が続きます。

 

そして、40代後半から最後までは、

それまでの収支が合うように、

「おつり」がもらえるはずの時期だ、

ということです。

 

つまり、

これらの期間に「解雇」されることは、

暗黙の「後払い」の約束の不履行だと捉えられ、

不誠実だと考えられているのでしょう。

 

もちろん、会社による差異がありますし、

同じ会社の中でも、個人差があります。

 

しかし、一般的にこのような概念があることが、

日本における退職のイメージを

悪くしている要因だと考えています。

 

ところが、このシステム自体が

機能しなくなっている現実があります。

 

会社に預けておいたはずのデポジットが、

減給、あるいは最悪の場合倒産という形で

将来に払ってもらえなくなるリスクが

あらゆる会社で顕在化しているのです。

 

これまでのように、

勤め続ければ収支が合う時代では

無いということです。

 

それでも、私はこの環境下に

一つの光を見ています。

 

有能なはずの日本人は、

高度経済成長期に作られた給与システムに依存し、

本来の能力を発揮できていなかったはずです。

 

それが、給与システムが破綻しつつある現在、

成果に見合った給与を与える会社に飛び出したり、

自ら起業して「成果=給与」とする人が増え、

その仲間達がお互いの能力を創発し合うように

なると考えているからです。

 

実際に、私の周囲では現在、

そのような変化が目の前で起こっています。

 

労働の流動性を高めて、

私達が本来持つ能力を最大限に発揮し、

日本をもう一度、輝かせていきたいですね。

 

追伸;

 

garrettのポップコーンに家族でハマり、、、

やめられない、とまらない、、、

 

これは太りますね!危険です!!!w

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼

———————

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【無料の海外旅行で権利収入】

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

無料お薦め

有料

品格なき経営者こそ「カネの亡者」

2015年04月25日

※藤沢涼は今何位??


社長ブログランキングへ 

 

papa_tsubasa0425

 

2002年から2008年までの

景気拡大期には、役員報酬が倍になり、

株主への配当は3倍にもなっています。

 

しかしなんと、

従業員の平均給料は

下がってしまっています。

 

この期間で

名目GDPは25兆円増えたのですが、

働く雇用者の報酬は、

2兆円も減ったのです。

 

これは、大部分の企業の経営者が、

自分達の報酬を増やすことに専念し、

従業員のことを考えていなかったことを

証明しています。

 

つまり、彼らは「カネの亡者」と

言っても過言ではないということです。

 

高度成長が終わり、

低成長時代になっても、

彼らの強欲は終わりません。

 

自分達の所得を増やし続けるために

現場にシワ寄せし、現場で額に汗して

働く社員達への報酬を出来るだけ

払わないようにしています。

 

つまり、従業員を含めた

最大多数の幸福を願う経営をせずに、

自分達の懐を豊かにするために

社員の給料を聖域にしない

コストカットに精を出したのです。

 

その先に、現在の苦悩があります。

しかしながら、現実を嘆くだけでは、

何も解決しません。

 

私達は、こんな時代を

生き抜く為の教養を身に付け、

自らの力で立ち上がらなければいけません。

 

昨今、アベノミクスによる円安で

驚異的な利益を出す企業が、

社員の給料を数千円しか

アップしない報道を見て、

呆れている方も多いでしょう。

 

会社員は、収入が途絶えるリスクを

全員で分散している一方で、

どれだけ頑張っても、

利益も全員で分散するという建前で

カネの亡者の経営者に奪われている

と言えますよね。

 

だからこそ私は、

個人で収入を得られる

複数のビジネスを展開しています。

 

個人でビジネスをしている同志の中には、

「カネの亡者」と揶揄されてしまう方も

いらっしゃいます。

 

しかし、あなたの会社の経営者を

良くご覧になってみて下さい。

 

従業員に還元せず、

私腹を肥やそうとしていませんか?

 

そのような品格の無い経営者の方が、

よほど、カネの亡者だと思います。

 

今、もしかしたら、

あなたの目の前の道は暗いかもしれません。

 

しかし、暗い道にも、

必ず光が差し込みます。

 

そして私は、

その光を担いたいと願っています。

 

その為に、

インターネットを武器にした

あらゆるビジネスを展開し、

誰もが生き抜ける知恵を構築して、

多くの仲間にシェアしていきたいと

考えております。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【6,166,125円を完全自動で得た方法】

 

インターネットビジネスの最大の魅力は

このようなシステムから生まれます。

 

http://fujisawa-ryo.com/hk_bm

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

お金はお墓に持って行けない

2014年10月25日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

train1025

 

日本人は亡くなる時が一番お金持ちで、

平均3000万円を残して命を終えます。

 

生きている間にしか使えないものを

貯め込んだまま、亡くなるのです。

 

戦争経験者は、

いつ何があっても良いようにと

過剰に貯めてしまっているのでしょうし、

高度経済成長経験者は、

右肩上がりの幻想に縛られ、

貯金も減らしたくないと

考えているのでしょう。

 

そして、このことが、

日本を不況に導いています。

 

だからこそ国は、

消費税、所得税を増税し、

更に、インフレにすることで、

富を民から国に移転させようと

しているのですね。

 

日本人は、

お金の流れをしっかりと考え直して、

お金との付き合い方を見直さなければ

いけないと思います。

 

多くの人の勤労意識は、

会社に時間をプレゼントして、

上司に理不尽な難題を吹っかけられ、

我慢料として給料を受け取る

というものです。

 

しかし、

そのお給料は本来、

サービスや商品の対価として、

誰かが払ったお金です。

 

そこに価値があるからこそ、

お客様が払い、

流れてきたものなのです。

 

この本質に気付かず、

お金が降って来ることを

願っていてはいけません。

 

いつまでも、

「子供のお小遣い感覚」で、

我慢の代償として

お金を受け取ることは

卒業しなくてはいけません。

 

この本質を知れば、

収入を上げる為には

自分の価値を高める努力が

絶対的に必要だと気付きます。

 

社会において

自分が提供出来る価値が上がれば、

必然的に収入が上がっていき、

そのお金を無駄に貯め込まずに

次の自己投資に使うことで、

経済が発展していくのです。

 

お金を抱え込むのは

社会が不安だからと

多くの方が言いますが、

それは極めてパッシブ(受動的)な

被害者意識だと思います。

 

もっとアクティブ(能動的)に、

世の中を変えていこうという

気概を持つことが大切ですね。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料

 

アフルエンザと草食系

2014年10月18日

※藤沢涼は今何位??

社長ブログランキングへ

 

tsubasa1017

 

草食系をバカにする人には、

時代の変化が見えていません。

 

彼らは、一生懸命働いてお金を稼ぎ、

モノをたくさん買ってきた親を見て、

それが「幸せでない」ことに

気付いているのです。

 

高度経済成長期に生きた先輩方は、

何も無い状態からスタートしているので、

モノを得る喜びを感じて当然だと思います。

 

しかし、今の若者は生まれた時から、

溢れるモノの中で生きているのです。

 

相対的に、モノの価値が

急降下しているのですね。

 

だからこそ、

古い価値観の人から見たら、

現代の若者は欲が無くて、

やる気が無くて、

全然ダメだとなる訳です。

 

それでは、新たな価値観で

重宝されるのは何でしょうか?

 

新しい幸せの価値観においては、

モノではなく、経験から得られる

精神的な部分が大きくなっています。

 

これを満たす為には、

「時間」が必要です。

 

だからこそ、

がむしゃらに働いて

モノを得るのではなく、

出来るだけ働く時間を減らして、

自由な時間を得ることを

志向するのです。

 

モノ、お金よりも、

時間を得ることこそが

幸せだということです。

 

アメリカでは、

「アフルエンザ」という言葉が

流行しました。

 

「アフルエンス(豊かさ)」

 

 

「インフルエンザ」

 

を組み合わせた造語で、

豊かさに病み付きになる

病的な状態を揶揄した言葉です。

 

今、40歳以上のバブル経験者は、

アフルエンザに罹っている方が

多いのではないでしょうか。

 

(もちろん、新たな価値観に

 シフトしている方もいます)

 

私は、アフルエンザ層と

草食系に挟まれた世代です。

 

そして、

モノやお金より、「時間」だと

考えています。

 

幸せの価値観に対する

パラダイムシフトは、

これから急激に起こるはずです。

 

私は、私より年下の

草食系と呼ばれる世代の方から、

今までの常識をぶち壊す

超人が出て来ることを

心から楽しみにしています。

 

 

藤沢涼

※ブログランキングにご協力お願い致します。


社長ブログランキングへ

 

ーーーー

【Free Agent TRIBE Project】

 

半田やすひろさんと私が、

組織に依存せずに働く仲間を

拡大するプロジェクトです。

 

→ http://t.fujisawa-ryo.com/fatp

 

【Ryo’s Party講義無料プレゼント】

 

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

 

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

【公式メルマガ】

 

→ http://fujisawa-ryo.com/mail-magazine

 

 

無料お薦め

 

有料