■元電通マン【藤沢涼】の挑戦

プロフィール



電通を退社し、稼げる個人、輝く個人(=フリーエージェント)を量産する為に活動しております。

詳しいプロフィールはこちら

最近のコメント

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

メタ情報

藤沢涼リンク一覧




カテゴリ一覧

サイト内検索


PayPayの100億終了!ふるさと納税は残り2週間

2018年12月14日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

 

「このお祭りには、早く乗らないと損ですよー!」と、

私の記事で複数回、取り上げていた「PayPay」の

100億円あげちゃうキャンペーン」が、

開始から10日で上限に達し、昨晩、終了しました。

 

今回のことで、「知ること」だけではなく、

「早く行動すること」が、いかに大切であるかを

思い知ったという方も、きっと多いでしょう。

 

支払額の「20%」は確実に還元されて、

全額還元される可能性もあったチャンス、

逃してしまったのは痛いですよね。

 

「大好評により、さらに、100億円!」

 

というキャンペーンがあれば良いのですが、

現時点では、「0.5%」還元という、

通常の条件に戻ったままです。

 

これから、今回の施策の効果検証を進め、

認知度の拡大と、利用者の獲得コストを鑑みて、

追加の施策をするべきか否か、判断があるかと思います。

 

次も、同様の条件で再開されたら、しっかり、

そのメリットを享受したいですね。

 

さて、PayPayは「20%」(一部100%)還元でしたが、

国が主導している「30%」還元のキャンペーンも、

今年は、残り約2週間となっています。

 

きっと皆様もご存知の、「ふるさと納税」。

 

こちらも、住民税を納税している母数に対して、

利用者はまだ「5.5%」ということで、

多くの人に「知られている」のに対し、

「利用している」人が、圧倒的に少ないことが分かります。

 

来年からは、法改正によって、

現在は対象になっている一部の金券等が

利用できなくなる可能性が高まっています。

 

「中央集権から、地方分権へ」

 

国が大きく変わる可能性のある施策でしたが、

結果的には、

 

・返礼品は、寄付金の3割まで

 

・地場産品に限る

 

と、中央集権がさらに、

色濃くなったように感じます。

 

自由にさせるなら自由にして、

各地方の知恵の争いを活発にした方が、

日本がもっと盛り上がると思うのです。

 

もちろん、日本全体で見たら税収が減るという、

歪な構造になっていることは、事実です。

 

しかし、何に使われるか分からない税金より、

得するから自分の好きな地方のものを買おうと

国民がどんどん消費する方が、

日本経済にお金が回っていきますし、

そのお金を使う人の幸福度も上がるでしょう。

 

目的が、地方の特産品ではなく金券だとしても、

それを得た人がまた消費をするのですから、

お金はどんどん、社会の中で回っていきます。

 

貯めて貯めて使わないことが、

日本経済を負の連鎖に導いているので、

そういう意味では、PayPayと同じく、

乗らなきゃ損!という気持ちで、

堂々と3割(以上の)還元を受けるべきだと、

私は思います。

 

ところで、私は、

20%」「30%」得することでは

積極的には動かない方も、

消費税が「10%」へと増税された後は、

財布の紐をきつく締めることを懸念しています。

 

これも、プロスペクト理論の一種でしょうが、

打開策をしっかり用意しないと、

増税後の日本は、本当に危険ですよね。

 

追伸;

 

昨夜は、写真のお肉をいただきながら、

コミュニティにおける「自由」や「権限」を改めて協議し、

ふるさと納税の現状と近いものを感じました。

 

 

どこまで自由にするか、どこまで管理するか。

 

大切なことは、しっかり向き合い、

話し合い続けることですね。

 

より良いコミュニティにできるよう、頑張ります!

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b

日本の有給取得率「3年連続世界最下位」

2018年12月11日

※激戦の社長ランキングの中で、

藤沢涼が、光栄なことに、◯位です!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

社長ブログランキングへ 

 

エクスペディア・ジャパンの調査によると、

日本人の有給取得率は、世界19ヶ国の中で、

3年連続最下位となりました。

 

 有給消化率:50%

 

 取得日数:10

 

「働き方改革」は、実際はほとんど、

進んでいないようです。

 

ブラジル、フランス、スペイン、ドイツは、

いずれも、

 

 有給消化率:100%

 

 取得日数:30

 

という、驚くべき「差」が生まれています。

 

また、

 

「有給取得に罪悪感があるか?」

 

という調査に対しては、

 

 日本:58%

 

 韓国:55%

 

 アメリカ:39%

 

 フランス:25%

 

 イタリア:21%

 

となっており、

 

「上司が有給の取得に協力的」

 

と回答した人の割合は、

 

 ブラジル:84%

 

 フランス:74%

 

 アメリカ:72%

 

 日本:43%

 

となっています。

 

つまり、日本は、あらゆる視点から総合的に見て、

「会社の中で休むことが難しい」国なのです。

 

日本の祝日は、世界でトップレベルに多いのですが、

全員と同じ日の休みですと、どこも混雑してしまい、

ゆっくりと休むことはできません。

 

自分の意思で、自由に休める日が増えなければ、

日本の巨大なストレスは、緩和されないと思います。

 

一方で、積水ハウスは、男性社員に1ヵ月以上の

育児休業を完全取得させることを宣言しました。

 

私自身が、2人の育児をサポートしてきた経験では、

出産後の1ヶ月、母親の負担は特に大変です。

 

最近は、ネットで買い物できるので随分助かりますが、

突然必要になる買い物などを含め、

産まれたばかりの小さな命のケアを、

産後すぐの女性だけに強いることは、

有り得ないと思っています。

 

また、何か具体的なことができなくても、

隣にいて、精神的なサポートをしてあげることが、

夫の務めだとも感じます。

 

私は、国や会社に任せていたら、

自分の人生が終わってしまうと考えましたので、

自ら、大企業から飛び出しました。

 

最近は、積水ハウスのように、

変わりつつある企業も出てきましたが、

6年目の私の決断は、大正解だったと思っています。

 

1度しかない人生、

1瞬しかない産まれたばかりの我が子の育児、

その尊い時間を、大切に、大切にしていきたいですね。

 

そのために、各自ができることを、

真剣に考えなければいけないと思います。

 

追伸;

 

本日は、行きつけの焼肉屋さんにあるバーカウンターで、

お得意の「変顔」をする息子です^^

 

 

このような瞬間、瞬間を見続けられる人生に、

心から、感謝しています。

 

 

※本日の記事が少しでも有益だと感じて頂けたら、

ブログランキングにご協力頂けると嬉しいです。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 


社長ブログランキングへ

 

藤沢涼


 

◆FXで「5万円」を「1億円」にする方法

「5万円」を「5年」で「5000万円」にして、
もうすぐ「1億円」を達成するkeiさんと開催した
セミナー映像を無料で公開します!

http://fujisawa-ryo.com/kei1014_b

 

◆「Ryo’s Party」講義無料プレゼント

月収100万円プレイヤーを多数輩出する

私の最新講義を無料で差し上げます。

→ http://fujisawa-ryo.com/rp_b

 

◆「無料」の海外旅行で権利収入

月収1000万円以上の権利収入の可能性を

こちらから覗いてみて下さい。

http://fujisawa-ryo.com/wv1_b